【2021年4月最新】おすすめのマイカーリース比較ランキング!人気サービスを徹底調査!

2021.04.01


マイカーを手に入れる方法といえばローンを組む、もしくは現金で車を購入するというのが一般的でした。それに加え、現在注目が集まっているのがマイカーリースという新しいマイカーのかたちです。

マイカーリースが注目を集めている背景には、初期費用を抑え、毎月定額支払いでマイカーに乗れるという点があります。

しかし、いざカーリースを選ぼうと思っても人気サービスが増えてきているため、どのカーリース会社を選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで、本記事では2021年4月現在における最新のマイカーリースについて徹底調査。

  • そもそもカーリースとは?
  • マイカーリースのメリット・デメリットは?
  • おすすめのカーリース会社は?

といったポイントをまとめました。

本記事を読むだけで、おすすめのカーリース会社が分かるだけでなく、マイカーリースの基礎知識やお得に利用できる方法を分かるので、必見ですよ。

おすすめのカーリース9選

マイカーリース(カーリース)とは?


マイカーリースとは、一言でいうとお客様(契約者)が選んだ好みの車を月々定額支払いで乗れるサービスのこと。

レンタカーとマイカーの中間のような位置づけで、車は借りている状態だけど、契約期間中は常に自分が利用できる状態であるイメージです。

以前まではカーリースは法人向けが主流で、個人向けは注目され始めたのはここ数年です。今では毎年のようにマイカーリース利用者が増加していて人気サービスへと成長しました。

なぜカーリースが人気なのか?といった点や、カーリースの具体的な使い方、そして料金システムについては以下で詳しく解説していきます。

カーリースの使い方

ここでは個人向けカーリースの見積もり・申し込みから契約、そして納車までの基本的な流れを解説します。

カーリースを利用するための手順
  • 1.Webサイトで申し込み・見積もり
  • 2.審査
  • 3.書類で契約
  • 4.納車

まずはカーリースサービスのWebから欲しい車や貸出期間を選び見積もりを行います。
オンライン上で手続き可能なので、気楽に進められます。

そして見積もり情報を元に、審査が行われます。見積もり終了後は、書類で契約です。
審査・契約についてはマイカー購入とほとんど変わりません。

最後にナンバーを決めるなどして納車されます。レンタカーやカーシェアと違って「わ」「れ」のナンバーにならないのも人気ポイントの1つですね。

マイカーリースの使い方はマイカーを購入する時と比べてもあまり違いありません。

おすすめのカーリース9選

カーリースをおすすめする理由

マイカーリースをおすすめする理由は大きく分けて以下の3つ。

  • 月々同じ額で車を利用できる
  • 頭金なしで新車に乗れる
  • 車での予想外の出費を無くせる

おすすめ理由にあるように、金銭的なメリットがマイカーリース人気を押し上げている要因と言えるでしょう。

月々の支払いが定額で乗れる

カーリースをおすすめする理由の1つ目として「毎月定額支払い」という点があります。車をローンで購入した場合も毎月の支払いはほぼ一定ですが、ボーナス払いなどの場合もあり、必ずしも定額とは言えません。

また購入となれば毎年の自動車税や、2年(初回検査は3年)に1回は車検代というまとまった費用を支払う必要があります。これらのお金をあらかじめ用意しておけばスムーズですが、うっかり忘れていたときは焦ってしまいますよね。

定額支払いであれば支払い計画が組みやすく、そういった意味ではお財布にも優しいマイカーの所有方法と言えるでしょう。

頭金なしで新車に乗れる

これもカーリースをおすすめする理由として大きなポイントの1つです。

新車の購入方法は現金払いとカーローンの2つが多いと思いますが、マイカーローンを利用する場合、頭金を用意しないと全額ローンになることに加え、審査ハードルが上がります。

カーリースには残価設定方式という仕組みがあり、頭金なしでも新車に乗ることが出来ます。

残価設定方式というのはリース満了後の下取り価格を差し引いた金額で月々の支払い金額を決める方法で、頭金なしでマイカーに乗れるだけでなく、手に届かなかったワンランク上の車に乗ることも不可能ではありません。

車での予想外の出費を無くせる

車の維持費といっても色々なものがあり、まとまった金額が発生する車検や税金はマイカーを持つ上でネックとなる要素と言えるでしょう。

マイカーリースの場合は車検や税金といった必ず発生する維持費もコミコミになっているケースが多く、もちろん本記事でおすすめするカーリース会社は全て車検・税金はコミコミ対応です。

その他に自賠責も毎月の定額に含まれており、任意保険については各社によって取り組みが異なるようです。これは後半の各社紹介で詳しく説明しますね。

おすすめのカーリース9選

マイカーリースはお得なの?

マイカーリースを利用するか、マイカーを買うか悩んでいる方にとって、マイカーリースがお得なのか気になりますよね。

結論から言うと、全ての方にとってお得なサービスとは言えません。

分割で料金を払う場合は利息が発生します。その利息は車自体の価格が高いほど大きくなるのは理解できると思います。

カーリースの場合、車自体の価格から下取り分の額を引いた額が請求されるので、利息の対象になる額もその分小さくなります。そのため一括ではなく分割購入を考えているならお得に利用できます。

一方でカーリースは下取りをする前提で車を安く手に入れることができるサービス。
下取りする際には車の状態も重要な要素となり、汚れや傷があると最終的に追加料金を支払う必要もでてきます。

そのため車の中で頻繁に飲食物を摂取したり、左折が苦手で擦りやすい方にとってはマイカーを利用した方がお得と言えます。

おすすめのカーリース9選

カーリースは安い?高い?

カーリースで月々に支払う額は10,000円台から。車種によってはリース会社への支払いが月々10,000円を切るケースも。
どの車種でも同じではなく、選んだ車種の車体価格が高くなればなるほど、月々の支払額も当然多くなります。また契約年数を短くすれば月々の金額は高くなりやすいです。

とはいえ頭金の用意が必要なく、毎月10,000円支払って車のある生活が手に入ると考えれば安いと考えることもできますよね。

先ほど述べたように月々の支払い金額が決まっていて車検費用などのスポットで発生する費用がないので、まとまったお金を用意しなくて済むという観点で安いと感じるケースもあるでしょう。

カーリースのメリット・デメリット


カーリースを利用する前に知っておきたいメリット・デメリットを紹介していきます。

カーリースのメリット・デメリットを分かりやすくするために、マイカーを購入するときと比較しながらまとめてみました。

良いことだけでなく、悪いところも包み隠さずに紹介していくので、これからカーリースを検討している方は失敗しないためにも必見ですよ。

カーリースのメリット

マイカーリースを利用するメリット
  • 見積もりがインターネットで簡単にできる
  • 頭金が必要ない
  • 月々に支払う額が一定
  • かかる金額が計算しやすい
  • 分割で支払う場合の利息がマイカーよりも少ない
  • 経費として利用でき節税効果がある

見積もりがインターネットで簡単

マイカーリースの使い方のところでも解説しましたが、見積もりがインターネット上で済ませられます。

マイカーを購入する場合はメーカーごとにディーラー(お店)を回りますよね。
しかしカーリースを利用すれば移動無しで様々なメーカーの色々な車種・色を一同に見ることができます。

月々の支払額も分かりやすく表示されているので、あなたの予算に合わせた車選びもやりやすいですよ。

おすすめのカーリース9選

頭金が必要ない

審査はありますが、頭金不要なので、契約時に多額の貯金をしている必要はありません。
欲しい車があるけど頭金を貯めるの大変という方でも、憧れの車が身近になったり選べる車種の選択肢が広がったりします。

そのためマイカーに比べて車を所有しやすくなります。

月々に支払う額が一定

車の額に加えて、車検代・メンテ費用・保険代を合計した金額を利用期間で割って計算するので、月々の支払額がほぼ一定となります。

とくに車検や自動車税って一度にかかる負担がかなり大きいですよね。車検費用だと10万円を超えることもあるので、まとまったお金の準備が必要になります。

それらの支払いも分割できるので、貯金をしておかなという心配や、一度に大金を手放すという心理的負担も減らすことができますよ。

かかる金額が計算しやすい

月額料金×契約期間にガソリン代の平均を足すだけで、車にどれだけのお金がかかるか簡単に計算できます。車検費用を用意してなかった等で焦る必要もありません。

出費があらかじめわかっておけば、他に欲しい物を買う際にお財布事情は大丈夫か考えやすいですね。

おすすめのカーリース9選

利息がマイカーよりも少ない

色々な費用をまとめて支払えるから利息が高くなることを心配される方がいるかもしれません。

ご安心ください。先ほども解説しましたが、マイカー購入に比べると支払い総額が少なくなるので、その分支払う利息も安く済ませることが可能です。

経費として利用でき節税効果がある

法人や個人事業主の方はカーリースの月額料金を経費として算出可能なので、節税することができます。

仕事で車を使うことがある場合、カーリースであれば月々の費用負担が分かりやすいですし、単に経費として計上できるだけでなく財務管理もしやすくなりますね。

おすすめのカーリース9選

カーリースのデメリット

カーリースにはメリットだけでなく、デメリットもあります。これからカーリースの利用を検討しているあなたが知っておくべきデメリットは以下の通り。

カーリースのデメリット
  • 月々に走行できる距離が限られている
  • 汚れや傷を残してはいけない
  • 途中解約の場合は違約金が発生する

月々に走行できる距離が限られている

カーリースでは走行可能距離に上限が定められていることがほとんど。毎月1,500kmぐらいが上限です。
そのため車で長距離移動することが多い場合は利用しづらいサービスと言えます。

汚れや傷を残してはいけない

キレイな状態で返却する必要があるため、車内を汚したり、擦ったりして傷を付けるのはNG。状態が悪くなると、返却の際に追加料金が発生してしまうことだってありえます。

小さなお子さんがいる家庭でカーリースを検討している方は要注意ですよ。

途中解約は違約金が発生する

契約時に車の利用期間を決めますが、それよりも早く解約すると違約金が発生してしまいます。
また廃車になってしまった場合でも、買い替え費用の他にお金が発生してしまうデメリットもあります。

とはいえ事故を起こさなければ特にデメリットに感じないでしょう。

おすすめのカーリース9選

カーリースはこんな人におすすめ

カーリースがおすすめな人、そうでない人を以下の表にまとめました。

カーリースがおすすめな人 カーリースをおすすめしない人
  • 月々定額料金で車を利用したい方
  • 長距離の移動はしない方
  • 車の中ではあまり飲食しない人
  • ネット上でササッと車を選びたい方
  • 小さな子どもがいる家庭
  • 長距離の移動を良くする人
  • 長期間同じ車を利用したい人
  • 運転に慣れていない人

新車に乗りたいと思っていて、おすすめの条件を多く満たしている人はカーリースを利用してマイカーを持つのに向いていると言えるかもしれません。

補足として、車内で飲食する人には向かないというわけではなく、食べこぼしに気を付け掃除していれば多くの場合は問題ありません。
またカーリース利用者の大半は車内で飲み物を飲んでいますので、要するに綺麗に乗るよう心掛けましょうということです。

頭金の準備や、車検等のまとまった金額の支払いが心配という方は、特にカーリースが合うと言えるでしょう。

お得なマイカーリースのおすすめはどこ?選び方を解説


マイカーリースを利用する場合は以下の3点を踏まえて選ぶことでお得に利用できますよ。

  • 選べる車の種類
  • リースの期間
  • 走行距離の上限

選び方について以下で深堀りしていきます。

おすすめのカーリース9選

カーリースの選び方1:選べる車の種類

メーカーから直接車を購入するマイカー購入とは違い、カーリースはリース企業から車を借りることになります。そのためあなたの欲しい車が選べるとは限りません。

事前にリースする車を決めておきその車を選べるサービスを利用しましょう。カーリースの車選択画面を開くと、魅力的な車がたくさん。他の車も良いと思ってしまうので注意です。

カーリースの選び方2:リースの期間

最長で11年ほどのリース期間がありますが、多くは5年、7年、9年のプラン。
期間が短ければそれだけ支払額も増えることになり、長すぎると車にガタが来てしまうということになります。

おすすめは5年か7年ですが、あなたの都合に合わせてリース期間を決めるようにしましょう。

おすすめのカーリース9選

カーリースの選び方3:走行距離の上限

走行距離に上限があるカーリースサービスが多いですが、企業によってその上限はバラバラです。

通勤にしか利用しないという方であればそこまで気にしなくていいですが、ちょっとしたお出かけで遠出する可能性があるならできるだけ上限に達しにくい距離のカーリースを選ぶのが重要です。

評価の高いカーリースおすすめランキング

数あるカーリースサービスの中から、選び方のポイント、評価や口コミの高さを考慮して9つを厳選。

2021年4月現在における最新カーリースランキングは以下のようになりました。

1位:定額カルモくん

月額料金 12,870円~
選べるメーカー 国内全メーカー
リース期間 1~11年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 自賠責保険、各種税金、登録費用、車検代
公式HP 定額カルモくん

実店舗を持たず、コストカットをすることで安さを実現できるのが定額カルモくん

割引があるためお得に利用できる他、最長11年間リースすることができるので、月々の支払額もかなり抑えることが可能です。

車を自宅まで届けてくれるので、引取にいく手間も省くことができます。

契約満了時に追加請求の無いクローズエンド契約なのも人気である要素の一つです。

また2021年3月31日まで限定で、審査申し込みをするとアマゾンギフト券が当たるくじ引きを引くことができます。

1,000円分当たれば車に必要な小物を買うことだってできます。まずは気になる車を選び審査してもらってはどうですか?

\ネット申込で最大49,500円割引/

定額カルモ公式HP

2位:SOMPOで乗ーる

月額料金 15,500円~
選べるメーカー 国産車全車種/輸入車
リース期間 3年、5年、7年
新車・中古車 新車
料金に含まれるもの 登録諸費用、自動車取得税、自動車税、重量税(車検時)、自賠責保険、任意保険
公式HP SOMPOで乗ーる

SOMPOと、DeNAが提供するカーリースサービスです。頭金0円でかつ車検/保険料など全てコミコミの月額定額で持つことができるのがサービスの特徴。
輸入車も利用出来るので、輸入車に乗りたいという方におすすめです。
専任の担当者が契約満了までサポートしてくれるので、あまり知識のない方でも安心して利用出来ます。

SOMPOで乗ーる公式HP

3位:KINTO

月額料金 33,000円~
選べるメーカー トヨタ、レクサス
リース期間 トヨタ車:3年、5年、7年
レクサス車:3年
新車・中古車 新車
料金に含まれるもの 任意保険、自賠責保険、各種税金、登録費用、車検代、メンテンス代、税金
公式HP KINTO

KINTOは自動車メーカーTOYOTAのグループ会社が運営するトヨタ、レクサス車のカーリースに特化したサービスです。

一般的なカーリースサービスであれば、自賠責保険や税金などは料金に含まれますが、任意保険は各自で入る必要があります。

KINTOなら毎月の保険料も支払額に含まれ、更にはオイル交換などのメンテナンス料も含まれているため、リース代+ガソリン代だけで車を維持することが可能になります。

リース期間は短期なので、短期でいろいろな車を利用したい方におすすめできるサービスです。
トヨタ車を選ぶなら他のリースサービスを利用するよりも安く済ませることができます。そのためトヨタ車をリースしたい方はKINTO一択ですよ。

KINTO公式HP

4位:リースナブル

月額料金 7,000円~
選べるメーカー トヨタ、マツダ、日産、ホンダ、ダイハツ
リース期間 3年、5年
新車・中古車 新車
料金に含まれるもの 車両代金・税金・保険・車検代等
公式HP リースナブル

頭金・登録料0円のリースナブル!Ju×Oricoの年間総合グランプリで1位に選ばれているカーリースです。
スピード納車、メーカー保証5年付きも特徴の一つ。

全国のディーラーでサポートが受けられ、好きな時に解約(乗り換え)が出来るのも人気の理由です。

リースナブル公式HP

5位:カースタくるまリース

月額料金 11,000円~
選べるメーカー 国産メーカー全車種
リース期間 3年、5年、7年
新車・中古車 新車
料金に含まれるもの 車両代金・税金・保険・車検代等
公式HP カースタくるまリース公式HP

成約者には楽天ポイント30,000ポイントプレゼント!
さらに全国約18,000ヵ所以上の施設(飲食店、ホテル、レジャー施設)で優待特典を受けられる「えらべる倶楽部」が特典として付いてくるので、付帯サービスが充実したカーリースを利用したい方におすすめです。

カースタくるまリース公式HP

6位:コスモMyカーリース

月額料金 15,180円~
選べるメーカー 国内全メーカー、全車種
リース期間 3年、5年 、7年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 登録時の諸費用や各種税金
公式HP コスモMyカーリース

ガソリンスタンドのコスモ石油が行っているカーリースです。
国産車のほぼ全ての車種に対応しているので、自分の乗りたい車に乗ることが可能です。

契約期間内はコスモ石油でガソリン代・メンテナンス代の割引が受けられるという特徴も人気の一つです。

コスモMyカーリース公式HP

7位:MOTAカーリース

月額料金 15,500円~
選べるメーカー 商用車以外の国産メーカー全車種
リース期間 5年、7年、11年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 車検・税金・メンテナンス費用などがすべて
公式HP MOTAカーリース

自動車メディア「MOTA(モータ)」が運営するカーリースの『MOTAカーリース』です。
追加料金なしで契約満了時に車がもらえ、最長で11年契約が可能です。

車検・税金・メンテナンス費用がコミコミで分かりやすく、家計の管理も安心です。

MOTAカーリース公式HP

8位:カーコンリース

月額料金 8,000円~
選べるメーカー 国内乗用車全車種
リース期間 3年、7年、9年
新車・中古車 両方あり
料金に含まれるもの 登録費用、車検、自動車税、自賠責保険、自動車重量税
公式HP もろコミカーコンカーリース

CMが有名なカーコンカーリース。月々最安で8,000円から利用することができ、国内全メーカーの車種を選ぶことができるので、かなり利用しやすいサービスです。

7年リースと9年リースの「もろコミ」は普通のリースと異なり下取り価格の設定がありません。そのため契約満了まで利用することで車を引き取ることも可能。

払う総額が安くなる恩恵は受けれないですが、車の状態や走行距離を気にする必要が無く、月々一定額で済ませることができるので利便性の良いプランですよ。

9位:オリックスカーリース

月額料金 13,860円~
選べるメーカー 国内全車種
リース期間 5年、7年、9年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 車検代、自動車税、自賠責保険、オイル交換、登録費用
公式HP オリックスカーリース

レンタカーかカーシェアリングでも有名なオリックスのカーリースサービスです。

5年、7年、9年から選べるのであなたの都合にも合わせやすいです。さらに契約開始から2年後には返却・乗り換えが可能。違約金もかからないので単身赴任や子供の成長に合わせた使い方もできます。

9年と7年のリースプランであれば、リース期間の終わりに車をもらうことができ、その間のオイル交換や車検の無料クーポンをもらえるので、マイカー購入に比べてもかなりお得ですよ。

人気のカーリースの比較表

人気カーリース12社のサービスが一同に分かるよう、以下の表にまとめました。

サービス名 月額料金 リース期間
定額カルモくん 12,870円~ 1年~11年
SOMPOで乗ーる 15,500円~ 3年、5年、7年
KINTO 33,000円~ 3年、5年、7年
リースナブル 7,000円~ 3年、5年
カースタ 11,000円~ 3年、5年、7年
コスモMyカーリース 15,180円~ 3年、5年、7年
MOTAカーリース 15,500円~ 3年、5年、7年、11年
カーコンカーリース 8,000円~ 3年、7年、9年
オリックスカーリース 13,860円~ 5年、7年、9年
フラット7 8,800円~ 7年
オートフラット 13,970円~ 3~7年
ニコニコマイカーリース 10,000円~ 5年

まとめ

カーリースの使い方や、2021年4月現在における最新おすすめのカーリース人気ランキングを紹介しました。

本記事を通して気になったカーリースサービスはありましたか?リース期間や走行距離の上限、月額料金を考慮して、あなたにぴったりのサービスを選んでくださいね。

\ネット申込で最大49,500円割引/

定額カルモくん公式HP