MENU

【2022年5月最新版】中古車の"格安カーリース"おすすめランキング!

2022.05.06

格安

「とにかく安く車に乗りたい!」

「カーリースで中古車って利用できるの?」

という方向けに、中古車カーリースを利用するメリット・デメリット、格安会社5選を紹介します。

とにかく毎月の支払額を抑えて、お得に車に乗りたい方は、この記事を参考に利用を検討してみてください。

なお、本記事は2022年5月時点の情報を元に記載しています。

中古車カーリースについて

ついて

新車と比べると、中古車を扱っているサービスは少ないですが、新車よりも車両価格が安く、より月々の費用を抑えてお得に利用することができます。

中古車カーリースの基本的な仕組み

中古車を利用する場合の基本的な仕組みを解説します。カーリースは毎月決まった費用を支払うだけで、初期費用なしで車に乗ることができます。

リース会社が車を購入するか、すでに所有している中古車を利用者に提供するサービスです。毎月定額費用を支払うだけで、基本的に自由に車に乗ることができ、まとまった貯金がない方でも利用でき、家計管理をしやすい特徴があります。

中古車カーリース
おすすめ格安ランキング5選

中古車カーリースのメリット

中古車を利用するメリットは以下の通りです。

中古車カーリースのメリット
  • 新車よりも安い
  • すぐに乗れる
  • 短期契約が可能

中古車なので、当然新車よりも車両価格が安い大きなメリットがあります。車両価格と契約期間によって、毎月の支払額が決まり、月々の支払いを少なく抑えることができます。

なるべく安く車に乗りたい方は中古車を選ぶのがおすすめです。そして、中古車では、新しく中古車を購入するのではなく、在庫がある車種から選択できるので、納車を待つ必要がなく、すぐに乗ることができます。

急な出張でとにかくすぐに車が必要な場合は、中古車が便利です。また、新車では契約できない短期間だけの利用が中古車では選択できます。1ヶ月〜半年ほどの期間の利用でも、中古車であれば費用を抑えて乗ることができるでしょう。

中古車カーリースのデメリット

中古車を利用するデメリットは以下の通りです。

中古車カーリースのデメリット
  • 長期間乗れない
  • 途中解約ができない

当然中古車では前の持ち主の走行距離や、車の扱い方によって不具合が発生したり、多くのメンテナンスが必要になる可能性があります。新車と全く同じように、不自由なく快適に乗れるとは限らないので、把握しておきましょう。

また、中古車では契約期間の途中で解約することができず、どうしても解約したい場合は、違約金を支払う必要があります。

中古車カーリース
おすすめ格安ランキング5選

中古車カーリースと購入の違い

違い

中古車カーリースと購入の違いは以下の通りです。

中古車カーリースと購入の違い
  • 初期費用
  • 税金・車検費用
  • 維持費

初期費用

初期費用は以下のようにかかるコストが異なります。

車両購入 中古車カーリース
頭金
環境性能割
登録代行費用
車庫証明代行手数料
預かり法定費用(印紙代)
納車費用
ナンバープレート取得費用
リサイクル料金
なし(※登録料がかかる場合あり)

車両を購入する場合は、頭金や納車費用など様々な費用がかかります。カーリースを利用すれば、初期費用が基本的に一切かかりません(登録料がかかる場合あり)

税金・車検費用

税金や車検費用も、以下のように異なります。

車両購入 中古車カーリース
年1回 自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割) なし
車検時 車検費用
自動車重量税
自賠責保険料
なし(プランによる)
都度 燃料代
駐車場代
メンテナンス代
燃料代
駐車場代

中古車をカーリースで利用すれば、車検や税金を支払う必要なく、プランによってはメンテナンスも定期的に受けられるプランもあります。

維持費

次に、毎月かかる維持費は、以下のように異なります。

車両購入 中古車カーリース
車両価格の分割払い 車体利用料
環境性能割
登録代行費用
車庫証明代行手数料
預かり法定費用(印紙代)
納車費用
ナンバープレート取得費用
リサイクル料金
自動車税(種別割)・軽自動車税(種別割)
車検費用(プランによる)
自動車重量税
自賠責保険料
メンテナンス代(プランによる)

カーリースの項目が多いと感じるかもしれませんが、中古の軽自動車であれば、全ての費用を合わせても月1万円台に抑えることも可能です。

中古車カーリース
おすすめ格安ランキング5選

新車カーリースと中古車カーリースの違い

違い

新車と中古車の違いは以下の通りです。

新車カーリースと中古車カーリースの違い
  • 車両やオプションの選択肢
  • 納車までの期間
  • 月々の費用

車両やオプションの選択肢

新車と中古車では車両やオプションの選択肢が異なります。新車の場合は、購入したメーカーの新車保証が適用されるので、利用者が負担する必要はありません。

反対に中古車の場合は、メーカーの保証期間が過ぎており、会社で検査した状態で、利用が始まるので、故障やトラブルを起こすと、月額費用に別途修理費用の負担が必要になる可能性があります。

納車までの期間

新車を購入した場合は、納車までに1〜2ヶ月ほどかかる可能性があり、すぐに車が必要な方に新車のカーリースはおすすめできません。一方中古車であれば納車まで1〜2週間と早く乗ることができます。

急な出張で車が必要になった場合でも、すぐに利用契約をすれば、高額なレンタカーを利用しなくても、中古車なら間に合うかもしれません。

月々の費用

解説した通り、中古車では車両価格が安いので、月々のリース費用の支払額を抑えることができます。新車の場合は期間を長く契約しても、それなりの金額がかかるので、なるべく月々の支払額を抑えたい方は中古車がおすすめです。

中古車カーリース
おすすめ格安ランキング5選

こんな方には中古車カーリースがおすすめ

おすすめ

中古車がおすすめの方は以下の通りです。少しでも安く車に乗りたい方は、中古車を選ぶのが良いでしょう。

中古車カーリースがおすすめの方
  • 定期間だけ車に乗りたい
  • セカンドカーとして乗りたい
  • 月々のリース費用を抑えたい
  • 法人もしくは個人事業主

定期間だけ車に乗りたい

1ヶ月〜半年未満といった、短期間だけ車に乗りたい場合は、少しでも安く乗るために、中古車を選ぶのがおすすめです。支払う費用は車両価格をリース期間で割った費用なので、短期間しか利用しないのに新車を選んでしまうと、費用が高額になってしまいます。

セカンドカーとして乗りたい

メインで利用している車があり、セカンドカーとしてなるべく安く手軽に乗れる車が欲しい場合は、中古車カーリースがおすすめです。

あくまでセカンドカーとして利用するだけなので、新車で綺麗な必要はなく、最低限動いてくれれば問題ないという方に最適です。

月々のリース費用を抑えたい

月々のリース費用をなるべく安く抑えたい方は、当然新車よりも中古車を選ぶのがおすすめです。中古車でリース期間を長くすれば、かなり安い金額で車に乗ることができます。中古の軽自動車であれば、毎月1万円台で利用できるでしょう。

法人もしくは個人事業主

新車の一括購入の場合は、減価償却という仕組みによって、購入年に一括で経費にすることができません。しかし、カーリースを利用すれば、毎月支払うリース費用を経費にすることができ、固定資産として計上する必要もありません。

なので、法人や個人事業主の方で事業に関係する車として利用する場合は、経費計上がしやすい中古車が最適です。

中古車カーリース格安ランキングTOP5

TOP5

中古車カーリースの格安ランキングは以下の通りです。

中古車カーリース格安ランキング
  • ①定額カルモくん
  • ②コスモMyカーリース
  • ③MOTAカーリース
  • ④もろコミカーコンカーリース
  • ⑤ニコノリ

①定額カルモくん

月額料金 11,220円~
選べるメーカー 国内全メーカー
リース期間 1~11年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 自賠責保険、各種税金、登録費用、車検代
公式HP 定額カルモくん
定額カルモくんおすすめポイント
  • 月1万円代から好きな車に乗れる
  • メンテナンスプランで安心安全
  • 新車と中古車を両方選べる

定額カルモくんは月に1万円代から新車と中古車のどちらでも乗ることができます。また、メンテナンスプランを利用すれば、好きなタイミングでメンテナンスを受けることができ安心です。

最長で11年のリース期間を選べるので、月々の支払額を安くしたい方に最適です。

また、新車・中古車ともに2022年3月1日~5月31日まで「申し込み10万人突破キャンペーン」として、審査申し込みをすると現金最大10万円が当たるキャンペーンをやっています。

定額カルモくん公式HP

②コスモMyカーリース

月額料金 8,030円~
選べるメーカー 国内全メーカー、全車種
リース期間 3年、5年、7年、9年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代
公式HP コスモMyカーリース
コスモMyカーリースのおすすめポイント
  • 月1万円代から好きな車に乗れる
  • コスモ石油のガソリン代がお得に利用できる
  • 短期での契約が可能

コスモ石油が提供しているだけあって、カーリースに契約している期間中ガソリン代を割引きで利用できることです。走行距離が長い方はガソリン代の出費を大きく減らすことができるはずです。

走行距離は500km、1000km、1500kmから選ぶことができるので、走行距離を超過することなく、利用シーンに合わせて契約できます。

コスモMyカーリース公式HP

③MOTAカーリース

月額料金 5,940円~
選べるメーカー 商用車以外の国産メーカー全車種
リース期間 5年、7年、11年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 車検・税金・メンテナンス費用など
公式HP MOTAカーリース
MOTAカーリースのおすすめポイント
  • 契約期間満了時に車が貰える
  • 最長で11年の契約が可能
  • 各種税金費用もコミコミ

リース期間は5年・7年・11年から選ぶことができ、最長の11年で契約すれば月額費用もかなり安くできます。

月額費用には車検や税金、メンテナンス費用もコミコミで含まれていて、毎月定額で支払うだけなので家計管理が行いやすいです。

また、有料オプションなどナシで全プラン契約満了時に車がもらえるため、長く乗りたい方にもピッタリです。

MOTAカーリース公式HP

④もろコミカーコンカーリース

月額料金 7,700円~
選べるメーカー 国内乗用車全車種
リース期間 7年、9年、11年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 登録費用、車検、自動車税、自賠責保険、自動車重量税
公式HP もろコミカーコンカーリース
もろコミカーコンカーリースのおすすめポイント
  • 月々8,000円以下から利用可能
  • 最短3年から利用可能
  • 車を引き取ることも可能

CMが有名なカーコンカーリース。月々最安で8,000円以下から利用することができ、国内全メーカーの車種を選ぶことができるので、かなり利用しやすいサービスです。

「もろコミ」は普通のリースと異なり下取り価格の設定がありません。そのため契約満了まで利用することで車を引き取ることも可能。

払う総額が安くなる恩恵は受けれないですが、車の状態や走行距離を気にする必要が無く、月々一定額で済ませることができるので利便性の良いプランですよ。

もろコミカーコンカーリース
公式HP

⑤ニコノリ

月額料金 5,500円~
選べるメーカー 主要大手メーカー全車
リース期間 1年〜9年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 自動車税・自賠責保険・重量税・車検・オイル交換などの定期的なメンテナンス
公式HP ニコノリ
ニコノリのおすすめポイント
  • 月々5,500円から利用可能
  • 最短1年から利用可能
  • 車を引き取ることも可能

ニコノリは全ての費用がコミコミで月々5,500円から利用することができるカーリースで、期間も最短1年から1年単位で選択できます。費用に含まれているのは、自動車税・自賠責保険・重量税・車検・オイル交換などの定期的なメンテナンス費用です。

契約期間終了後は、そのまま車を引き取ることもできることも特徴です。

ニコニコリース公式HP

新車カーリース格安ランキングTOP5

新車カーリース格安ランキングは以下の通りです。中古車ではなく、新車でなるべく安く利用したい方は以下を参考にしてください。

新車カーリース格安ランキング
  • ①リーズナブル
  • ②定額カルモくん
  • ③カースタくるまリース
  • ④コスモMyカーリース
  • ⑤MOTAカーリース

①リースナブル

月額料金 6,600円~
選べるメーカー トヨタ、マツダ、日産、ホンダ、ダイハツ、スズキ
リース期間 3年、5年
新車・中古車 新車
料金に含まれるもの 車両代金・税金・保険・車検代等
公式HP リースナブル
リースナブルのおすすめポイント
  • 頭金・登録料0円
  • スピード納車・メーカー保証5年付き
  • 好きなタイミングで乗り換え可能

リーズナブルは月額6,600円から新車に乗ることができる、業界最安のカーリースで、リース期間は3年と5年を選ぶことができます。リース期間は長くないものの月額費用が安いのが大きな特徴です。

全国のディーラーでサポートが受けられるのに加え、好きな時に解約(中途解約or買取)が出来るのも人気の理由です。

リースナブル公式HP

②定額カルモくん

月額料金 11,220円~
選べるメーカー 国内全メーカー
リース期間 1~11年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険
公式HP 定額カルモくん

前項で紹介した定額カルモくんは中古車だけでなく、新車も選ぶことができ、期間を11年と長く契約することができるので、月々の支払額を安く抑えることができます。

定額カルモくん公式HP

③カースタくるまリース

月額料金 11,000円~
選べるメーカー 商用車以外の国産メーカー全車種
リース期間 3年、5年、7年
新車・中古車 新車
料金に含まれるもの 車両代金・税金・保険・車検代等
公式HP カースタくるまリース

カースタくるまリースは契約期間満了時に車を貰うことができるカーリースで、最初はカーリースで期間中だけ利用しようと考えていた方も、最終的にマイカーとして所有したくなった場合でも安心です。

カースタくるまリースのおすすめポイント
  • 月額1万円台から新車に乗れる
  • 契約期間満了時に車の買取可能
  • 全国の店舗もあるから安心

カースタくるまリースで扱っている車は全て新車で、リース期間は3年・5年・7年から選ぶことができます。

7年契約で月額1万円台から利用できるのはお手頃で、運営元が伊藤忠グループで店舗があるのも安心です。

④コスモMyカーリース

月額料金 8,030円~
選べるメーカー 国内全メーカー、全車種
リース期間 3年、5年、7年、9年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 車両代金、登録諸費用、各種税金、自賠責保険、車検代
公式HP コスモMyカーリース

前項で紹介したコスモMyカーリースも新車と中古車どちらでも利用することができます。国内全メーカーの全車種から選べたり、走行距離の上限を長くすることも可能です。

コスモMyカーリース公式HP

⑤MOTAカーリース

月額料金 5,940円~
選べるメーカー 商用車以外の国産メーカー全車種
リース期間 5年、7年、11年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 車検・税金・メンテナンス費用など
公式HP MOTAカーリース
MOTAカーリースのおすすめポイント
  • 契約期間満了時に車が貰える
  • 最長で11年の契約が可能
  • 各種税金費用もコミコミ

前項で解説したMOTAカーリースも新車と中古車を両方選ぶことができ、最長で11年の契約ができるので、新車でも毎月の支払額を安く抑えることが可能です。

MOTAカーリース公式HP

まとめ

今回は中古車カーリースを利用するメリット・デメリット、中古車カーリースおすすめ格安会社5選紹介しました。

中古車カーリースを利用すれば、月1万円台の格安費用で、車に乗ることができます。この記事で紹介したカーリース会社が最も安いサービスを提供しているので、この中から検討してみてください。