MENU

大学生におすすめなカーリース5選!利用の仕方や審査のコツをまとめみた

2022.04.28


近年サブスクという言葉を多く耳にしますが「車のサブスク」という言葉は聞いたことあるでしょうか?
カーリースという言葉だとイメージが湧く人や、聞いたことある人もいるのではないでしょうか。

月々定額で好きな車に乗れるというサービスです。
カーリースの定額料金の中には税金や車検、メンテナンス費用も含まれているため急な出費がなく生計が立てやすい特徴があります。

実はこのカーリースは大学生におすすめなサービスなのです。
「カーリースって聞いたことあるけどどんなサービスなの?」や「なんで大学生におすすめなの」と疑問を多く持っている方も多いのではないでしょうか。

本記事では大学生におすすめな理由や、審査の通し方などを詳しく解説します。
「カーリースを検討しているがいまいちわからない」という方は参考になる内容になっているので、ぜひ最後までご覧ください。

大学生でもカーリースは利用可能?


大学生でも運転免許証を取得していればカーリースを利用することが可能です。
しかしカーリースを利用するためにはリース会社の審査があり一定の条件をクリアしなければいけません。
安定した収入がないと審査は通りにくく、学生の場合は家族などの連帯保証人を立てる必要も出てくるのです。

一般的には20歳以上が利用可能

カーリースの利用は一般的には20歳以上で運転免許証があり、リース会社の審査を通過すれば利用できます。
リース会社によっては年齢問わず運転免許証があれば契約できる場合もあるのです。

未成年の場合は親権者の同意で審査可能になりますが、未成年でも20歳以上でも収入が安定していない場合には連帯保証人をたてる必要がでてきます。

カーリースに年齢制限がある理由

カーリースの利用には一般的に20歳~75歳と年齢制限があります。
年齢制限がある理由は、支払い能力と運転技術による事故のリスクを鑑みたうえで年齢制限が設けられています。

未成年の場合には支払い能力や運転経験などを考慮し、事故のリスクなどが高いと契約できない場合もあるのです。
高齢者の場合は収入が年金のみなどまとまった収入が得られにくいことと、判断能力の低下で事故のリスクが高くなるため契約できないこともあります。

未成年でも利用できるカーリースもある

カーリースを取り扱っている会社はさまざまな会社がありますが、未成年でも利用可能なカーリース会社もあります。
未成年で利用する場合には、親権者の同意の書面を記入することと連帯保証人を付けて審査基準をクリアする必要があるのです。

連帯保証人が必要な場合が多い

カーリースを大学生で利用する場合には連帯保証人が必要となることが多いです。
大学生の場合は収入を安定させることが難しく、カーリース契約で定める一定基準の収入をクリアすることも困難なため連帯保証人が必要になります。

カーリースを利用するには定められる基準をクリアすることが条件となるため、連帯保証人を立ててリース契約の基準をクリアしなければなりません。

カーリースが大学生におすすめな理由


カーリースが大学生におすすめな理由は以下の4つです

カーリースが大学生におすすめな理由
  • 頭金なしで車に乗れる
  • 月々定額料金で維持しやすい
  • 購入より手続きが簡単
  • 自由に使える車が手に入る

大学生は何かと出費があったり、友人と出かけたりすることも多いかと思います。
カーリースを利用すれば費用を抑えながらも自由に車を利用できるようになるので大学生にはカーリースがおすすめです。
以下で詳しく解説します。

頭金なしで車に乗れる

カーリースは頭金を用意しなくても車に乗ることができます。
従来の購入方法のマイカーローンなどは頭金と言われるまとまった現金を最初に支払い、残債を月々に分散して返済をしていきます。

一方でカーリースの場合は頭金なしでも車に乗ることができ、月々定額料金を支払っていくだけなのです。
「初期費用をかけたくない」と思っている大学生にピッタリな車の乗り方になります。

月々定額料金で維持しやすい

カーリースは月々定額で維持しやすいこともおすすめな点です。
車を所有するに当たり、毎年の税金や2年に1回の車検、その他必要なメンテナンスなど車を乗るうえで必要な費用は非常に多いです。
その都度資金繰りをし、現金を準備しなければなりません。

カーリースなら以上のような費用はその都度払う必要がなく、毎月のプランに含まれているので出費を安定させることができます。
毎月定額なので生計が立てやすいこともおすすめポイントです。

購入より手続きが簡単

カーリースは車を購入するよりも手続きが簡単です。
一般的に車を購入する場合、販売店へ行き車の説明や契約など手続きがさまざまあります。
カーリースであればWEBから審査をすることも可能で、審査に通れば最寄の販売店に行き最終契約するだけで手続きが完了するのです。

店舗に行かなくても手続きできることもあるので、隙間時間など都合のいい時間で手続きができます。
「学業が忙しくてなかなか店舗に行ってられない」という大学生でも利用しやすいです。

自由に使える車が手に入る

カーリースを契約すると自由に使える車が手に入ります。
レンタカーなどのように返却時間などの制約なども一切ありません。

契約時には希望ナンバーも申請できるので、好きなナンバーの車に乗ることもできるのです。
カーシェアリングのように使いたいときに使えないなんてこともありませんので、いつでも自分が利用できる車として乗ることができます。

大学生におすすめなカーリースとは?


大学生におすすめなカーリースは以下の5つの項目を網羅しているカーリースがおすすめでしょう。

大学生におすすめのカーリースとは
  • 未成年でも申し込みができるか
  • 幅広い車種を取り扱っているか
  • 契約期間の選択肢があるか
  • プランやオプションが選択できるか
  • 契約は「クローズドエンド方式」がおすすめ

契約内容にかかわる重要なこともありますので詳しく解説します。

未成年でも申込みができるか

カーリースを契約する際、未成年でも申し込み可能なリース会社を選びましょう。
大学生になると行動範囲も広くなり、車移動が必須になるかと思います。
入学と同時にカーリース契約ができれば在学中は費用的な見通しも立てやすくなり生活しやすくなります。

さらに5年で契約すれば社会人2年目には車を乗りかえることもできるのです。
未成年のうちからカーリースの申し込みできれば、社会人になって車の用途が変わっても出費がなく用途に合わせた車に乗れるのです。
以上のことから未成年でも申し込みできるカーリースを選択することで、その後の車選びが楽になります。

幅広い車種を取り扱っているか

カーリースを契約するときにどれだけの車種を扱っているかを確認し、できるだけ多くの車種を取り扱っているカーリースを選択しましょう。
特定のメーカーのみの取り扱いしかないと、予算にあった車種が出てこないこともあります

予算内で自分に合った車種を選択するためにも、幅広い車種の取り扱いがあるカーリースを選びましょう。

契約期間の選択肢があるか

カーリースを契約する前に契約期間の選択肢があるか確認しましょう。
一般的には3年・5年・7年の期間がカーリース期間です。

カーリースは途中解約ができないサービスになるため、契約金は慎重に選ぶ必要があります。
今後のライフスタイルを見据えて無理のないプランで契約をしましょう。

プランやオプションが選択できるか

カーリース契約前にプランやオプションの選択ができるか確認が必要です。
プランについては税金のみ含まれているプランや、車検や日々のメンテナンスまで含まれているプランなどさまざまあります。

新車の場合は車のオプションや装備品も選ぶ必要もでてきます。
プランやオプションが固定ではなく、購入者の希望通り選択できるかを事前に把握しておきましょう。

契約は「クローズドエンド方式」がおすすめ

大学生でカーリースを契約する場合はクローズドエンド方式がおすすめです。
カーリースではオープンエンド方式とクローズドエンド方式の2種類があります。

オープンエンド方式は月額利用料が少し安いが契約満了時に車両の残価精算が発生するリスクがあります。
そのためまとまった現金が必要になることも。
一方でクローズドエンド方式は月額利用料は少し高いですが契約満了時に精算はないので、学生でも安心して契約できます。

大学生がカーリースの審査に通るには?


大学生がカーリースの審査を通過するために必要なことは以下の3つです。

大学生がカーリースの審査に通るには
  • 連帯保証人をたてる
  • 収入に見合う車種を選定
  • 信用情報の確認

1つずつ解説します。

連帯保証人をたてる

大学生がカーリースの審査を通過するには連帯保証人をたてる必要があります。
どうしても収入の面で安定しないことからリース会社の審査が通りません。
そのため収入の安定している親が連帯保証人となってカーリース審査を通す必要があります。

収入に見合う車種を選定

大学生がカーリース審査を通すためには収入に見合う車種を選定することです。
先述した連帯保証人の収入なども関係してきます。
収入に対しての返済額の割合である、返済負担率が目安となるのです。

年収の3割に収まっているようであれば、無理なく支払える可能性が高いということから審査も通りやすいです。
返済負担率を参考に車種選定をしましょう。

信用情報の確認

カーリース審査を通す前に信用情報の確認をしておきましょう。
携帯電話やクレジットカードなどの料金滞納や遅延があると信用情報機関に記録されてしまいます。

記録されてしまうと審査通過に不利な条件となるのです。
個人でも情報開示請求ができますので、カーリース申し込み前に確認しておきましょう。

大学生におすすめのカーリース向け車種5選


大学生におすすめのカーリース向け車種を5種類選びました。
どの車も学生ならではの車の走行にピッタリの車種です。
各車両の特徴を紹介します。

【ダイハツ・タント】実用性が高い車


大学生におすすめの車種の1台目は「タント」です。
タントは車内空間も広々としていて実用性の高い車両です。
例えば友人と買い物に出かけ手荷物が多くなった場合でも、スライドドアの開口部が広いため荷物の車内への積み込みが楽にできます。

ギリギリまで車内空間を広くいているので、運転席も圧迫されることなく広々と運転することが可能です。
フロントガラスの付き方が角度ある付き方になっているので、視認性もよく運転しやすい車両です。

【スズキ・ハスラー】 個性も出せる人気車種


大学生におすすめの車種2台目は「ハスラー」です。
ハスラーは女性に人気なデザインになっており、カラーバリエーションやオプションなどで個性を出すことができます。
2トーンカラーも出ているのでかわいい印象で乗りたい方や、ワイルドな印象で乗りたい方どちらを選択することもできる車両です。

地面からフロアまでの高さがある分、車内は圧迫されるイメージですが車内空間も申し分ない広さを備えています。
丸目が特徴的で、自分のカラーを出していきたい方におすすめな車両です。

【トヨタ・パッソ】 初心者でも運転しやすい車


大学生におすすめの車種3台目は「パッソ」です。
パッソはハンドルの取り回しがしやすく、初心者でも運転しやすい車両です。
大学生は年齢的に運転免許初心者の方も多いかと思います。

初心者の方でもパッソであれば、狭い道の運転やショッピングモールなどでの駐車などもしやすい車と言えます。
「慣れるまで運転が怖い」と恐怖心がある方は、初心者向けのパッソを選択するといいでしょう。

【トヨタ・アクア】 優れた燃費性能


大学生におすすめの車種4台目は「アクア」です。
アクアはハイブリッド車でとても燃費の良い車になります。

運転免許を取得したばかりだと、楽しいことが多く友達と遠出なども増えることでしょう。
そこで気になるのがガソリン代かと思います。
アクアであれば燃費が良いので、1回の満タンで800キロ~1000キロは走るのです。

そのためガソリン代の節約にはピッタリな車両です。
「車を持ったらさまざまな場所に出かけたい」と思っている方は、アクアを選ぶと維持しやすいでしょう。

【トヨタ・ルーミー】 快適な室内空間


大学生におすすめの車種5台目は「ルーミー」です。
ルーミーは普通車の車格で室内空間を最大限広くしてある車両となります。
友達4人で車に乗っても十分な広さを体感できる車です。

スライドドアなので乗り降りしやすいのはもちろん、前席と後席の足元も広々としているので後部座席に乗る方もゆったりと乗ることができます。
フロントガラスの視認性もよく、圧迫感がないので運転もしやすい車両です。

大きさはコンパクトカーと同じなので小回りも効き駐車も簡単にできることでしょう。
「みんなでゆったり遠出したい」と思っている方におすすめできる車両です。

カーリースは比較して選ぶのがおすすめ!


大学生でカーリースをの利用をする場合は比較してリース会社を選ぶことがおすすめです。
リース会社によって取り扱いのある車種や取り扱いのない車種もあります。
さらには契約プランや毎月の料金も変わってくるのです。

さまざまな見積もりや、カーリースプランを比較し購入希望者のライフスタイルや資金繰りに合った車種やプランを選ぶ必要があるのです。
カーリースのプランや金額を複数社比較し、最適なプランを選択するようにしましょう。

マイカーリース契約で損をしないためにも、ぜひ下記の記事をカーリース会社選びの参考にしてみてください。
↓↓↓

【最新】おすすめのマイカーリース比較ランキング

カーリースに関する記事をもっと見る