MENU

MOTAカーリースの評判・口コミは?審査のコツ等を詳しく解説!

2021.10.07


近年、月々定額で頭金のないカーリースを利用して車に乗る人が増えてきています。

しかし、それに伴ってカーリース会社も増えているため、どのカーリースを利用しようか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、老舗の自動車webメディアであるMOTA(モータ)が運営する「MOTAカーリース」について、その評判や口コミ、審査に通るコツなどを詳しく解説していきます。

簡単におさらい!カーリースとは?


カーリースは頭金なしで新車に乗れるという便利なサービスですが、はじめにその仕組みやメリットについて簡単におさらいしていきましょう。

購入・ローンとカーリースの違い

車が欲しいと思った時は、現金一括で購入するか、あるいはカーローンを組んで購入するという選択肢がありますが、このような購入・ローンという従来の方法と、カーリースはどこが違うのでしょうか。

購入・ローンの場合は、購入時にまず頭金がかかり、そして車両代金、税金や保険料、メンテナンス代に車検代など様々な車両維持費がバラバラにかかります。

たとえば自動車税は年に1度、車検は2年に1度、メンテナンス代は随時といった具合です。

一方、カーリースでは頭金がなく、車両代金に加え税金、保険料、メンテナンス代、車検代などが月々定額のリース料にコミになっています。

どちらも同様の維持費がかかりますが、支払う方法や時期が異なってくるのです。

カーリースのメリット

カーリースの大きなメリットとしては、頭金がないことと、月々定額であることという2つが挙げられます。

まず、カーリースでは車を購入する際に必要な頭金がなくて済むため、マイカー貯金などをすることもなく、必要な時に車が持てるという便利さがあります。

たとえば結婚や引っ越しとともに車を持ちたいという場合も多いと思いますが、頭金が高いことで諦めていた方も多いでしょう。

そんな時、カーリースであれば頭金がなくてもすぐに新車に乗り始めることができます。

続いて月々定額である点ですが、不定期で数万円単位のまとまったお金がかかるよりも、毎月同じ金額を支払う方が家計のやりくりもしやすく安心です。

また、税金の払い忘れや面倒な支払い手続きもないため、車の維持管理にまつわる労力や手間が減るのも嬉しいポイントです。

カーリースの仕組み

このように、頭金がなく月々定額で新車に乗れるカーリースですが、一体どうしてこのようなことが可能なのでしょうか。

ここで、大まかにカーリースの仕組みをご説明しましょう。

まず、利用者が希望する新車を、リース会社が利用者に代わって購入します。この車両代金に税金や保険料などを合わせ、総額をリース期間で割ったものが月々定額のリース料となります。

一般的なカーリースではリース期間満了後に車両を返却しますが、契約時にあらかじめこの車両の残価(返却時の車の価値)を差し引いて計算するため、リーズナブルな月額料を実現できるのです。

いわば、下取り価格をあらかじめ引いた値段で車が買えるというようなもので、これを「残価設定型」と呼びます。

このような「残価設定」という背景があるため、カーリースでは車両の返却のほか、月々の走行距離が制限されていたり、車のカスタムが禁止されていたりという独特の制限事項があります。

カーリースを利用する時は、こういったカーリースならではのポイントを押さえておくことがカギとなります。

MOTAカーリース公式HP

MOTAカーリースの5つの特徴


それではここから、MOTAカーリースについて紹介していきましょう。

まずは、MOTAカーリースとはどのようなリースなのか、その特徴を5つピックアップしてみます。

特徴1:契約満了時に自分の車になる(要オプション加入)

一般的に、カーリースでは車はあくまでリース会社から借りているものであり、リース期間満了時には車を返却しなくてはなりません。

しかしMOTAカーリースでは、契約満了とともにリース車両をそのまま自分の車にすることができるオプションが用意されています。

これにより、リースした車が気に入れば契約満了後はそのまま自分の車として乗り続けることができますし、またリース車の乗り換え、売却という選択も可能です。

従来のカーリースに比べ、リース期間満了時の選択肢が幅広いのがMOTAカーリースの嬉しいポイントです。

特徴2:最長リース期間が11年

カーリースでのリース期間は、一般的に5年、7年程度がメインとなっています。

その点、MOTAカーリースでは5年・7年のほか11年というリース期間が選択可能です。

リース期間が長ければその分月々のリース料金が抑えられるため、毎月の負担を軽くして車に乗ることができます。

特徴3:すべての国産車対応

カーリースは、リース会社ごとに取り扱うリース車両のラインナップが異なります。特定のメーカーのみであったり、人気車のみであったりと様々です。

そんな中でMOTAカーリースは、国産の全メーカー・全車種が選択可能となっており、グレードやカラー、オプションも自由に選ぶことができます。

せっかくサービスが気に入るリース会社があっても、希望の車種がなければ意味がありません。

MOTAカーリースなら、「希望の車種は扱っていないかもしれない」という心配をすることなく、安心してサービスを吟味することができます。

もし公式サイトに載っていないモデルがあったとしても、相談すれば個別に見積もりを取ることも可能です。

特徴4:新車7年延長保証のサービス

MOTAカーリースでは、「延長保証」という独自のオプションが用意されています。

これは、新車を購入した時に付帯するメーカーの一般保証・特別保証を7年まで延長できるというものです。

一般保証とは、新車登録から3年または走行6万キロまでといった範囲で車の消耗部品をメーカーが保証してくれるものです。

特別保証とは、新車登録から5年または走行10万キロまでといった範囲で、エンジンなどにまつわる重要な部品をメーカーが保証してくれるものです。

MOTAカーリースでは有償オプションに加入することで、この期間を2つとも7年へと、走行距離無制限で延長することが可能です。

この延長保証はMOTAカーリースならではのサービスで、他にない大きな魅力と言えます。

特徴5:安心のアフターフォロー(要メンテナンスパック加入)

MOTAカーリースでは、車にあまり詳しくない方、整備はすべてお任せにしたい方などにおすすめのメンテナンスパックが用意されています。

内容は、通常の「メンテナンスパック」と、さらにタイヤやバッテリー、点火プラグなどの交換までついた「メンテナンスパック プレミアム」の2種類。

全国5500拠点の中から最寄りの工場で点検や部品交換をしてもらえるので、長く快適に車に乗り続けることができます。

また、メンテナンスパックの料金はもちろん月々の定額料金にコミになるので、交換部品の費用をいちいち考える手間もなく、毎月の走行距離が多い方も安心です。

カーリース名 MOTAカーリース
取扱い車種 国産全車種から選べる
契約期間 5年・7年・11年
月額料金 11,220円~(オプションやボーナス併用なし)
メンテナンスプラン メンテナンスパック、メンテナンスパックプレミアムの2種(つけないことも可能)
走行距離の上限 なし
車のカスタム 自由
魅力的なオプションサービス 「車がもらえるオプション」「新車7年延長保証サービス」

MOTAカーリース公式HP

MOTAカーリースの評判・口コミ

評判
このようにたくさんのメリットがあるMOTAカーリースですが、実際のところ、評判や口コミはどうなのでしょうか。

ここでは、MOTAカーリースの良い評判・口コミと、そして悪い評判・口コミを両方ピックアップしてみました。

MOTAカーリースの良い評判・口コミ

延長保証が決め手!
  • 中古車ともいろいろ迷いましたが、車が新車で、しかもメーカー保証が普通は5年のところ、MOTAカーリースは延長で7年になるのが安心だと思いました。これなら10年以上安心して乗っていられます。

▲MOTAカーリースの「新車7年延長保証」サービスは、通常のメーカー保証終了後でも無料で修理が受けられる点が魅力です。これまで長く様々な車に乗ってきた方ほど、メーカー保証の安心感を認識し、重要視しているようです。

小さな子どもがいても安心!
  • うちは子どもが小さいので、車内の汚れが気になります。カーリースだと返却しなくてはならなくて、その時汚れていると追加でお金がかかるというので、中古車を検討していました。
    でもMOTAカーリースなら車がもらえるというので、決めました。子どもが車を汚さないようにいちいち気にしながら乗るなんて無理ですので。

▲小さなお子さんがいると必ず懸念されるのが、車内の汚れです。カーリースはこの点で敬遠されがちですが、車がもらえるMOTAカーリースであれば安心です。

車をこすってキズがついても大丈夫!
  • 運転初心者なので、こすったり、キズをつけるのが心配でした。リース車は返却する時に修理しなきゃならず、高くなってしまうと聞いたので、車をもらったり売却できるMOTAカーリースならいいかなと思いました。
    それに、オプション装備とかメンテナンスパックが充実していて、お得だと感じました。

▲前述の小さなお子さんによる車内の汚れと同様、若い方や女性、運転初心者の方などが心配するのがボディのキズです。こちらも、MOTAカーリースであれば車がもらえるので運転初心者でも安心です。

走行距離制限がないので車通勤もできる!
  • 車通勤なので、毎日結構長距離を走ります。あと休日は友人とドライブが趣味なので、カーリースは走行距離制限があるから最初は考えていませんでした。それに、カスタムもしたかったので。
    でもMOTAカーリースは走行距離とカスタムの制限がなくて、しかも傷をつけた時の修理費用請求もないというので、こちらにしました。

▲MOTAカーリースは月々の走行距離制限がなく、カスタムも自由なので、キズが心配な運転初心者だけでなく、クルマ好きの男性からも多く好評を得ています。特に、カスタム自由なのはMOTAカーリースならではの注目ポイントです。

11年プランで月々の支払いがラクに!
  • 安い軽自動車ならいいかなと新車を検討していましたが、オプションを色々つけると結局高くなって、迷っていました。MOTAカーリースは11年プランがあって、毎月の支払いが安く済む。支払い総額で見るとちょっと高いのですが、月々の支払額で決めました。
    あと、税金の支払いやメンテナンスとか、そういうところも普通に買うより楽なので。

リース期間11年が選べるカーリースは決して多くはなく、月々のリース料を抑えたい方には魅力となります。

MOTAカーリースの悪い評判・口コミ

支払い総額が高い
  • 頭金と初期費用は0円というので契約しましたが、現金一括購入やローンの方が、支払い総額が安かったです。計算してみたら100万円ほど差があり、ショックでした。

▲支払い総額で見た時、MOTAカーリースに限らず、確かにカーリースは現金一括購入などに比べて高くなります。ただ、購入した場合は税金の支払いの手間などに加え、メンテナンスや車検の業者を自分で選んで見積もりを取って依頼したりと、様々な労力がかかります。

支払い総額と管理の手間などをあわせて、自分がカーリースに向いているか検討するのがおすすめです。

月額料に任意保険が含まれていない
  • 毎月定額で全部コミコミの料金というけど、保険は自賠責だけで、任意保険はコミじゃなくて別に入らなくてはなりませんでした。任意保険までコミのプランも用意されていたらもっと良かったと思いました。

一般的なカーリースでは、任意保険はリース料に含まれておらず、リース契約とは別に加入する必要があります。

MOTAカーリースでも任意保険は別途契約となりますが、保険の紹介は可能となっています。

解約や乗り換えができない
  • 7年契約にしましたが、この度家族が増えたので、コンパクトカーはちょっと手狭になってしまいました。なるべく月々のリース料を安くしたくて長めの期間にしたのですが、今更解約ができないので失敗でした。
    本当はミニバンに乗り換えたいけど、どうにもできないようです。

▲MOTAカーリースでは、リース期間中の乗り換えはできず、中途解約では解約金が発生します。長期間契約の場合は、なるべくライフイベント等を考慮した車種選びをするのがおすすめです。

他のリース会社と比べ、高い?
  • 車がもらえるのがいいなと思ったんですが、他のカーリースに比べると、ちょっと高い気がします。

MOTAカーリースは、一般的なカーリースと違って「残価設定」をしていません。車両返却時の残価を想定してあらかじめ差し引くことをしていないため、やや割高と感じるかもしれません。ただその分返却時に、想定した残価を下回っていたという追加精算もありませんので、安心して乗ることができます。

また、MOTAカーリースでは日本最安値に挑戦しているため、他のカーリースよりも高い場合は商談時にその旨を相談してみましょう。

メンテナンスパックが負担
  • 便利そうだからといろいろとオプションをつけたら、最初の想定よりずいぶん高くなってしまいました。特に、メンテナンスパックはつけておきたい内容だけど、月額料がちょっと負担です。

▲MOTAカーリースのメンテナンスパックの月額料金は、たとえば5年プランだと支払い回数36回(3年)、7年プランだと60回(5年)となっており、支払い回数が終了すればそれ以降はかかりません。つまり、やや前払いとなっているので少し割高に感じるのです。

また、自分で安くメンテナンスができる方などは、メンテナンスパックをつけず、月額料金を下げるという選択もおすすめです。

MOTAカーリース公式HP

MOTAカーリースがおすすめな人


それではここで、数あるカーリース会社の中でもMOTAカーリースがおすすめな人をご紹介しましょう。

ぜひ、カーリース選びの参考になさってください。

最長リースで最安値で車に乗りたい人

リース期間11年というのは、カーリース業界の中でも最長クラスです。

長く乗りたい、月々の負担を最小に抑えたいという方には11年リースが可能なMOTAカーリースがおすすめです。

リース期間が長ければそのぶん月額料金が低くなりますが、それとは別に、MOTAカーリースでは日本最安値に挑戦しています。

他のカーリースよりも高ければ、商談時にその旨を相談してみることも可能です。

車をもらいたい人

リース期間終了後、車を返却するのではなくそのままもらえるというMOTAカーリースのオプションは非常に魅力的です。

リース期間中は定額払いやメンテナンスパックなどカーリースのメリットをめいっぱい活用でき、その後はマイカーとして乗れるというのは新しいカーライフの形かもしれません。

カーリースでは期間終了後に何も手元に残らないのがネックという方も多いため、車がもらえるならカーリースにしようという意見も多く見られます。

また、もし気に入らなければ売却や下取りという選択肢もあるため、柔軟に決めることが可能です。

車をカスタムしたい人

一般的にカーリースでは、車両を返却する際に原状回復義務といって、クルマを元の状態にして返すことが基本です。

そのため、すぐに取り外して元に戻せるカスタムなら可能な場合が多いですが、本格的なカスタムは禁止されているカーリースがほとんです。

レンタカーやカーシェアではカスタムしようなどとは思わないものですが、カーリースはマイカーのように使えるため、乗っているうちにあれこれ手を入れたくなることもあります。

そんな時、他のカーリースでは許容範囲内のカスタムなのかどうか、個別に相談することが推奨されていることもあります。

その点、MOTAカーリースはあらかじめ「カスタムOK」を謳っている数少ないリース会社であり、カスタムに興味がある人はMOTAカーリースがおすすめとなります。

走行距離を気にしたくない人

カスタムと同様、走行距離についてもほとんどのカーリースでは制限が設けられています。

月に1,000キロ程度が上限となっていることが多く、日常の買い物程度ならほとんど問題になりませんが、毎日通勤に使う方などはカーリースに向いていません。

その点、MOTAカーリースであれば走行距離制限がないため、現状で車通勤をしている人も、今後その可能性がある人も、安心してリースすることができます。

他のカーリースでも、オプション加入すれば走行距離制限がなくなるところもありますが、MOTAカーリースではオプション加入ナシでも走行距離制限がないのが嬉しいポイントです。

修理費の請求をされたくない人

こちらも上記のカスタム・走行距離と同様、リース車両返却の際の「残価」を気にしなくてもよいMOTAカーリースであれば、ボディのキズやへこみなどの修理費を気にする必要はありません。

一般的には車にキズやへこみがあると原状回復のための修理費が必要となり、カーリース利用者が負担して精算することになります。

MOTAカーリースでは修理費の請求がないため運転初心者でも安心して乗ることができます。

また「キズをつけたらまずい」というプレッシャーを感じたくないという方にもうってつけです。

頭金、ボーナス払いに対応してもらいたい人

カーリースの月額料金を抑えたいと思った時、リース期間を長くすることのほか、ボーナス払いを併用することもその方法の一つです。

MOTAカーリースではボーナス払いに対応しているため、基本の月額料を負担のない範囲に抑えることができます。

また、基本的にカーリースでは頭金は不要ですが、MOTAカーリースでは頭金にも対応しています。

支払い方法として柔軟な選択肢があるため、月額料金に不安がある方は相談してみるのがおすすめです。

MOTAカーリース公式HP

MOTAカーリースの審査のコツ


カーリースでは契約の前に必ず審査が行われ、利用者の支払い能力や信用情報などがチェックされます。

ここでは、MOTAカーリースでの審査に通るコツを見ていきましょう。

収支バランスをチェック

審査で最もポイントとなるのは、やはり支払い能力となります。

そこで重視されるのは利用者の「年収」となりますが、審査に通るためには単純な年収の金額だけでなく、収入と支出のバランスをチェックしておくのがコツです。

たとえ年収が高かったとしても、今回のカーリース以外のローンを多く抱えていたり、支出が多いと支払い能力に疑問符が付いてしまう可能性があります。

年収が高くて支出も多いよりは、年収がそれほど高くなくても、支出が少ないと審査に通りやすくなります。

審査の前に、他のローン等を見直しておくのがおすすめです。

債務履歴をチェック

債務履歴とは、これまでのローンやキャッシング、借り入れ、クレジットカードの支払いなどの金融情報のことです。

審査の際にはこれらの履歴が照会されるため、たとえばブラックリストなどに入ってしまっている場合は審査の通過は難しくなります。

債務状況をチェック

審査に通るためには、これまでの債務状況をチェックし、たとえば支払いを忘れていたり延滞している債務がないかを確認しておくことも大事です。

ただ、延滞していたものをすぐ完済したとしても、延滞したという事実は残ってしまい、消し去ることは出来ません。

万が一そのようなことがあった時は、審査の際に事実をそのまま伝えると誠実さを示すことができます。

信用情報をチェック

カーリースを始め、不動産やクレジットカード作成など他の審査でも落ちたことがある方などは、自身の信用情報をチェックしておくのがいいかもしれません。

自分で自分の信用情報を確認することも可能なので、専門の情報確認先にアクセスして、知らぬ間にブラックリスト入りしてしまっていないかなど調べてみましょう。

ブラックリストに入ってしまうと一定の期間を経ないと解除されませんが、解除の時期が分かれば今後の対策も立てやすくなります。

保証人を用意する

審査では、収入面や債務履歴の点でやや難がある場合であっても、保証人を立てることでそれらをカバーできる可能性があります。

収入力のある方が保証人になってくれれば、審査に通る確率は高くなります。

なお、保証人になるための条件などは特に設けられていないため、たとえば上司や遠い親戚などでも構いませんが、できれば信頼関係のある実の親や兄弟などが望ましいでしょう。

頭金を用意する

カーリースでは基本的に、頭金や初期費用を用意する必要はありません。

ただ、頭金として先にまとまった額を払うことができればリース料の総額が少なくなり、年収などのハードルも下げることが可能です。

MOTAカーリースでは頭金に対応しているため、審査が不安な方は頭金を視野に入れるのも有効となります。

ただ、頭金を払うことで家計の状況が不安になってしまっては本末転倒。あくまで預貯金や今後の収入とのバランスを考え、慎重に検討してみましょう。

車種のグレードを下げる

前述の頭金と同様、リース料の総額を少なくする手段として、車種のグレードを下げるという選択肢があります。

同じ車種でもいわゆる上級グレードとスタンダードグレードではリース料が異なってきます。

車種自体を見直さなくとも、まずはグレードダウンを検討することで審査が通りやすくなる可能性があります。

他のオプション装備を検討するなど他の方法でグレードを補えることもあるため、審査に不安がある方はリース担当者に相談してみるのがよいでしょう。

MOTAカーリース公式HP

MOTAカーリースで車を想いのままに乗りこなそう!


今回は、MOTAカーリースについて口コミや評判、特徴、審査に通るコツなどをご紹介しました。

たくさんあるカーリース会社の中でMOTAカーリースは比較的新しいサービスとなりますが、自動車メディアとして20年以上の実績を持ち、車のスペシャリストでもあるMOTAが運営しています。

車にこだわりのあるMOTAだからこそ、走行距離やカスタムが自由であったり、メーカー保証の延長サービスであったりと、快適なカーライフを送るための工夫が随所に凝らされたカーリースとなっています。

車好きの方、カーライフを楽しみたい方にはMOTAカーリースがおすすめです。

MOTAカーリース公式HP