MENU

ホイールのインチアップとは?タイヤ・ホイールの選び方や注意点を徹底解説!

2021.05.04

自慢の愛車をさらにカッコよくするインチアップ。その大きく目立つホイールの圧倒的な存在感を求めて多くの車好きがインチアップを楽しんでいます。

ただ、物事にはメリットもあればデメリットもあります。いい点と悪い点から注意点やホイールの選び方までをしっかりと頭に入れて、できるだけ乗り心地を犠牲にしないインチアップで運転も楽しみましょう。

ホイールのインチアップとは?

ホイールのインチアップとは、タイヤの外径を変えずホイールの径を大きくすることです。

メタリックなホイールが強調されたその姿は、純正タイヤを履いた元の姿より引き締まった高級感のある印象を与えることでしょう。

様々な大きさ・デザインのホイールが販売されており、履き替えるだけでお手軽に個性を出せるので、ワンランク上の走りとデザインを目指す方におすすめです。

インチアップのメリット・デメリット

インチアップの特徴は「タイヤが薄くなる」「ホイールが大きくなる」でした。
次は、これらが自動車にどのような影響を与えるのかを見ていきます。

インチアップのメリット

ホイールのインチアップをすると下記のようなメリットがあります。

  • 見た目が良くなる
  • 操縦安定性が向上する
  • コーナリングの性能が向上する
  • グリップ性能が向上する

最も分かりやすいメリットは「見た目が良くなる」です。自動車を横から見たとき、タイヤの黒いゴムの面積が減って輝くシルバーのホイールが目立つようになります。多くの人が見た目のラグジュアリー感を求めてインチアップをしています。

そして、得られるもう一つの恩恵は運動性能の向上です。インチアップをすると、タイヤの側面(サイドウォール)が薄くなりタイヤ幅(地面と接するエリア)が広がります。

サイドウォールが小さくなると、車体の重さを受けて発生するたわみも少なくなります。たわみによる「よれ」を減少させれば、ハンドルからのレスポンスを機敏にし操縦安定性やコーナリング性能のアップを実現可能です。

また、タイヤ幅が広がり地面との接地面が増えると、グリップ性能が向上しキビキビとした走りに繋がります。

インチアップのデメリット

インチアップをすると運転性能が向上しますが、以下のように快適性能は低下します。

  • 走行音が大きくなる
  • 乗り心地が悪くなる
  • 燃費が悪くなる

インチアップをするとサイドウォールの「たわみ」が少なくなることは紹介しました。「よれ」の減少は、運動性能アップさせる代わりに路面からのショックをよく伝えるようになってしまいます。このような理由でわだちにハンドルを取られやすくなったり、走行音が大きくなったりします。

また、タイヤの幅が広がりグリップが大きくなるとハンドルも重くなり乗り心地が悪くなります。

最後に、接地面の大きなタイヤは転がり抵抗(進行方向と逆向きに発生する抵抗)が大きくなるため、その分燃費が悪化する傾向にあります。

ホイールをインチアップする際の注意点

ホイールをインチアップする際、メリットデメリットの他に頭に入れておきたい3つの注意点があります。

  • どんなホイールでも装着できる訳ではない
  • タイヤの価格が高くなる
  • ホイールのガリ傷に注意する

ホイールは大きささえ合っていればどれでも装着できるわけではありません。自動車とホイールをつなげる部分であるハブの穴数、そしてそれらの間隔が適したホイールを選んでください。

一般的に、16インチ以上のタイヤはハブの穴数が5つ、それ以下は4つのものが多いです。穴の数は分かりやすいですが、それらの間隔にも要注意です。ハブの穴の中心線を結んでできる円の直径はP.C.Dといい、ホイールを装着するときに重要な数値です。ホイールのP.C.Dはどこかに刻印してあったりシールに記載されています。自動車と一致するホイールを選んでください。

また、タイヤの価格が高くなることにも注意です。インチアップした際に履く低扁平タイヤ(薄いタイヤ)は、「需要が少ない」「強度を保つため多くのワイヤーが使われていて材料費がかさむ」といった理由で通常のものと比較して高価な傾向があります。

ホイールのガリ傷にも注意してください。インチアップするとリムの位置が地面と低くなります。普通のタイヤだとゴムの部分に当たる高さの障害物でも、ホイールを擦ることになります。今まで以上に運転に気をつけなければいけません。

ホイールに合うタイヤの選び方

ホイールが決まったら次はタイヤ選びです。以下の3点に注意していきましょう。

  • タイヤの外径は純正とほぼ同じものを選択する
  • タイヤ幅は車体との接触やはみ出し装着にならないものを選ぶ
  • 標準タイヤと同等以上のロードインデックスを持つタイヤを選ぶ

まずは、タイヤの外径はできるだけ変えないようにします。外径を変えるインチアップをすると、タイヤの車体への接触の原因になります。タイヤの外周の長さが変わるためスピードメーターの誤差も引き起こします。

インチアップするとタイヤ幅が広がることが多いですが、車体からはみ出さないようにしてください。法律違反ですし、車体や外部との接触の可能性が大きくなって危険です。

最後に、ロードインデックス(荷重指数)という値も見ておかなければいけません。ロードインデックスはタイヤ一本で支えられる最大負荷能力のことで、標準タイヤと同等以上のタイヤを選ぶ必要があります。また、ロードインデックスの関係で適正空気圧も変わることがあるのでカタログで要チェックです。

正しいインチアップをして愛車をクールに仕上げよう

お手軽に自動車をランクアップさせるインチアップについて解説しました。色々気にしなければいけない点があって難しく感じたかもしれません。不安な方はカーショップのプロに相談すれば問題はないはずです。

自慢の愛車をさらにドレスアップして素敵なカーライフをお楽しみください。

関連記事

・タイヤ幅?リム幅?正しい知識で自分に合うパーツの選び方を知ろう
・偏摩耗?ローテーション?アライメント?基礎知識とメリット・デメリットをご紹介!
・知っておきたい!タイヤのパンクの原因・対処法と、やってはいけないことまとめ