MENU

車の任意保険が安い場合は危ないって本当??コスパと補償内容を徹底調査!

2021.05.04

車の任意保険が安い場合は危ないって本当??コスパと補償内容を徹底調査!

「車の任意保険が安い場合って危ないの?」

「任意保険をなるべく安く利用する方法は?」

という不安や疑問がある方向けに、この記事では任意保険が安い会社を選ぶ際のコツや、任意保険の基本的な特徴、補償範囲などを解説し、おすすめの大手保険会社を5社紹介しています。

自動車を購入して任意保険の加入を考えている方は、安くお得に任意保険に加入する方法を紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

記事後半では無料で自動車保険の見積もりを一括で行えるサービスも紹介しています。

車の任意保険が安い会社を選ぶコツは?

コツ

「車の任意保険はできるだけ安い会社を利用したい」と考えている方は多いはずです。保険内容が同じであれば、安い会社を利用するのがお得なるので、以下のコツを参考に検討してください!

任意保険が安い会社を選ぶコツ
  • 補償内容を知る
  • 契約方法を知る
  • 個人属性を知る

そもそも任意保険とは?

自動車保険には自動車を所有している方が必ず加入しなければならない「自賠責保険」と加入が義務付けられていない「任意保険」の2種類があります。

任意保険に加入する理由としては、自賠責保険だけでは最低限の補償しか受けることができず、重大な事故を起こした場合は、自賠責保険では対応できないからです。

なので車を運転する多くの方は任意保険に加入して、自賠責保険で対応できない部分まで補償できるようにしています。

補償内容を知る

任意保険を選ぶ際は、適用できる補償内容を把握した上で料金を考えることが大切です。当然のことですが、補償内容を充実させれば保険料が高くなります。

なので任意保険に加入する場合は補償内容を詳細に確認して、必要な保険はしっかり適用させるようにしてください。

契約方法を知る

任意保険の契約方法としては、次の2種類があります。

任意保険の契約方法
  • 代理店型
  • ダイレクト型

まず代理店型の契約方法では、自動車を購入したお店や修理店が保険の代理店となり加入する方法で、自動車購入時にまとめて任意保険に加入することが可能です。

手続きを自分で行うのが面倒な方や、対面で保険について確認したい方におすすめの契約方法ですが、ダイレクト型と比べて保険料が高くなります。

次にダイレクト型は代理店を利用せずに、直接保険会社と契約する方法で、保険料を安くしたい方はこの方法がおすすめです。

記事後半で紹介している「一括見積もりの保険市場」を利用すれば、直接契約する場合でも簡単に行えます。

個人属性を知る

任意保険の保険料は補償内容や契約方法の他に、個人の属性によっても変わります。個人の属性としては等級などの過去の事故歴や年齢・性別など様々な要素があります。

個人属性を知ることで、なぜ自分の保険料が高いのかが分かります。

おすすめの任意保険5選

任意保険の補償内容について

補償内容

任意保険の補償内容は大きく分けて以下の3つです。

任意保険の補償内容
  • 相手への補償
  • 自分への補償
  • 自分の車の補償

相手への補償

自賠責保険では相手への補償として、死亡やケガなどを一定の補償限度額内で対応できますが、補償金額が少ないので、任意保険に加入してカバーします。

また、相手の自動車やモノへの補償は自賠責保険でカバーできないので、任意保険で対応します。

相手への補償は、対人賠償保険と対物賠償保険の2種類があり、名前の通り人かモノかの違いになります。任意保険に加入する場合は、相手への損害が最も大きな損害になるので、どちらも適用させるのが推奨されています。

自分への補償

次に自分への補償は、死亡や怪我などへの補償で、自賠責保険では対応できません。任意保険で加入できる保険としては、搭乗者障害保険・人身障害補償保険・自損事故保険・無保険車障害保険の4つがあります。

安いという理由で任意保険の内容を調べずに加入してしまうと、自分への補償が充実していない可能性もあるので、注意が必要です。

自分の車の補償

自分の車の補償としては、車両保険があり、自分の自動車に生じた損害を補償することができます。

他の自動車との衝突や盗難、火災や台風などによる破損、単独事故などに適応されます。

補償内容の選択により任意保険が安くなる

相手・自分・自分の車の3つの補償内容の選択によって任意保険料金は変わるので、安い料金だけにこだわるのではなくて、必要な補償内容を適用させた上で、保険会社を選択することが大切です。

おすすめの任意保険5選

その他の任意保険が安くなる条件

条件

任意保険は補償内容によって保険料が安くなることを解説しましたが、他にも以下のような条件によって安くなります。

任意保険が安くなる条件
  • 等級(事故歴)
  • 免許の色
  • 年齢
  • 車種
  • 使用目的
  • 走行距離
  • 地域
  • 安全装置
  • 車の所有台数

任意保険の保険料は上記のような様々な要素によって異なるので、自身に当てはめて考えてみてください。

等級(事故歴)

等級といって過去の事故歴から分けられる20のランクによって、保険料が異なります。過去に事故歴がなく、保険金の支払いがない人は支払い歴がある方よりも保険料が高くなります。

免許の色

保険会社によっては免許証の色によって保険料が安くなる可能性があります。グリーンやブルー、ゴールドなど色によって割引率が変わるので事前に確認しておきましょう。

年齢

事故率の高い年齢の方は基本的に保険料が高くなります。当然事故を起こす可能性が高い方は保険会社にとってリスクが大きいので、保険料が高くなることは分かるかと思います。

事故率の高い年齢は、免許を取り立ての20代前半の方や、高齢者の方です。反対に運転経験がある30代や40代の方は比較して保険料は安くなります。

車種

保険を適用させる車の車種や型式によって、保険料が異なります。過去に保険の支払い実績が多い車種や型式の車ほど保険料が高くなってしまいます。当然事故の多い車を乗っている方はリスクが高くなるので、保険料も上がってしまいます。

使用目的

日常やレジャー、通勤通学、業務使用など車の使用目的によって、保険料が変わります。保険料は日常やレジャー使いの方が最も安く、業務使用が最も高いです。

日常やレジャー使いの場合は、車の利用頻度が少なく事故が発生する可能性が低く、業務使用の場合は毎日利用して事故の発生確率が高くなるので、保険料が高くなります。

走行距離

使用目的に合わせて、走行距離も保険料を決める要素です。年間予定走行距離によって保険料が変わり、走行距離が短い方ほど安くなります。

地域

運転する地域によっても保険料が異なります。これは都道府県の過去の支払い金額に基づいて計算されて、事故が多い都道府県では保険料が高くなってしまいます。

保険料のために引っ越すことはできないとは思いますが、保険料が高いと感じる場合は地域の条件が当てはまっている可能性があります。

安全装置

保険に適用する車に、指定の安全対策装置が装備されている場合は、保険料を安くできる可能性があります。これは保険会社によって指定されている安全対策装置の内容が異なるので、事前に確認が必要です。

車の所有台数

車の所有台数の多い方は、一つの保険会社でまとめて契約することで割引を受けることが可能です。保険会社によって割引率や割引対応しているかも異なるので、事前に確認してください。

自分にあった保険選びが大事!おすすめ任意保険大手5社

大手5社

任意保険は様々な条件や、補償内容に変わることを解説したので、自分にあった保険を選ぶことができる、おすすめの任意保険大手5社を紹介します。

おすすめ任意保険大手5社
  • セゾン自動車火災保険
  • イーデザイン損保
  • チューリッヒ保険
  • SBI損保
  • ソニー損保

どの保険会社を選べば良いか分からない方は、保険の相談を行っており、多くの方が利用している大手サービスの中から検討するのが良いでしょう。

セゾン自動車火災保険

セゾン自動車火災保険

保険名 おとなの自動車保険
保険会社 セゾン自動車火災保険株式会社
契約型 ダイレクト
補償内容 対人賠償保険
被害者救済費用
無保険車傷害
人身傷害保険
車両保険
サポート ロードサービス拠点約13,000ヵ所
修理工場拠点約920ヵ所
レッカーサービス
バッテリー切れ
ガス欠補給サービス
タイヤ交換
キー閉じ込み
宿泊費・交通費サポート
事故対応 事故現場急行サービス
警察・救急車への連絡
事故相手との会話代行
通話料無料

セゾン自動車火災保険株式会社のおとなの自動車保険は、事故率が低い40代と50代の保険料を割安にすることで、保険料を平均約16,000円も安くなるメリットがあります。

35歳を超えると保険料は変わらないという一般的な自動車保険の仕組みではなく、1歳きざみで安くなります。他にも継続することでよりお得になったり、走行距離に応じた割引もあります。安いだけでなく、万が一の時のサポート体制も万全なので安心して車に乗ることができるでしょう。

イーデザイン損保

イーデザイン損保

保険名 イーデザイン損害保険
保険会社 東京海上ホールディングス株式会社
契約型 ダイレクト
補償内容 対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害保険
搭乗者傷害保険
無保険車事故傷害保険
自損事故傷害保険
車両保険
弁護士費用等保険
他者運転危険保険
サポート ロードサービス拠点約9,300ヵ所
修理工場拠点約900ヵ所
レッカーサービス
バッテリー切れ
ガス欠補給サービス
事故対応 事故現場急行サービス
事故相手との会話代行

イーデザイン損保の自動車保険は「専門家が選んだ自動車保険ランキング7年連続1位」に選ばれています。現場かけつけサービスがついており、事故対応が当日中であっても24時間体制で受け付けています。

保険料はダイレクト型なので安く、年齢や等級、免許や車両で保険を最適化させれば非常に安く加入できます。走行距離によってもお得になるので、あまり車に乗らない方でも安く利用可能です。

チューリッヒ保険

チューリッヒ保険

保険名 チューリッヒ保険
保険会社 チューリッヒ保険会社
契約型 ダイレクト
補償内容 車両保険
対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害保険
搭乗者傷害保険
サポート レッカーサービス
バッテリー切れ
キー閉じ込み
宿泊費・交通費サポート
事故対応 通話料無料

チューリッヒの自動車保険は業界最高レベルの無料ロードサービスを提供しており、具体的にはレッカー100kmまで無料で行えたり、ガス欠の場合最大で10Lまで給油を無料で受けられます。

ダイレクト型で保険料も安く抑えることができ、ネットから申込むと最大で21,000円の割引になります。以下の公式サイトから無料見積もりを行えるので、試してみてください。

SBI損保

SBI損害保険

保険名 SBI損保の自動車保険
保険会社 SBI損害保険株式会社
契約型 ダイレクト
補償内容 車両身の回り品特約
弁護士費用特約
自動車傷害特約
ファミリーバイク特約
個人賠償責任特約
サポート ロードサービス拠点約10,000ヵ所
修理工場拠点約800ヵ所
レッカーサービス
バッテリー切れ
ガス欠補給サービス
タイヤ交換
キー閉じ込み
宿泊費・交通費サポート
事故対応 代車手配
通話料無料

SBI損保の自動車保険はダイレクト型の保険で、インターネットから新規申し込みを行うと保険料が12,500円割引で加入できます。保険料の安さに特化している自動車保険になっています。

現場かけつけサービスなどは行っていませんが、保険料が安いからといって補償内容が悪いということはありませんので安心して利用できるでしょう。

ソニー損保

ソニー損保

保険名 ソニー損保
保険会社 ソニー損害保険株式会社
契約型 ダイレクト
補償内容 対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害補償保険
搭乗者傷害保険車両保険
サポート ロードサービス拠点約9,700ヵ所
修理工場拠点約410ヵ所
レッカーサービス
バッテリー切れ
ガス欠補給サービス
タイヤ交換
キー閉じ込み
宿泊費・交通費サポート
事故対応 事故現場急行サービス
警察・救急車への連絡
事故相手との会話代行
代車手配
通話料無料

ソニー損保の自動車保険の特徴は充実したサポート&補償内容です。万が一の事故の際も24時間・年中無休で事故受付をしてもらえて、事故相手とのお話も経験豊富なプロの担当者が代わりに行ってくれます。

さらにセコムの緊急対処員が事故現場に急行して、事故状況を確認して救急車やレッカーの手配までしてもらえます。

任意保険は一括見積もりがカンタン!

紹介した任意保険の各会社ごとにお問い合わせを行っても良いですが、任意保険は一括で見積もりを行える方法があり、忙しい方でも簡単に最適な保険会社を知ることができます。

無料!一括見積もりで任意保険の料金比較

料金比較

任意保険の一括見積もりサービスは無料で利用することができ、各会社の保険料金を分かりやすく比較できます。一括見積もりを行う際に、自分のライフスタイルを入力して調査を行うので、自分に最適な保険内容と会社が分かります。

一括見積もりを利用した方は、1年間で約25000円も節約できる可能性があるので、利用しない理由がありません。

一括見積もりなら保険市場

保険市場

一括で任意保険の見積もりを行いたい方は、保険市場を活用するのがおすすめです。

ネットから最短5分で見積もりを行えて、必要な方は電話相談も可能なので、始めて任意保険に加入する方でも安心して見積もりを行うことができます。

最短5分で無料の一括見積もり
保険市場 公式HP↓↓

まとめ

今回は車の任意保険が安い場合は危ないのは本当なのか?コスパと補償内容を徹底調査しました。任意保険は必ず加入する必要がある保険ではありませんが、万が一重大な事故を起こしてしまった際に、自賠責保険では対応できないので、この記事で紹介したような大手保険会社を活用するのがおすすめです。

任意保険を選ぶ際は、ただ保険料が安いだけでなく、補償内容をしっかり確認してから加入するようにしましょう!

おすすめの任意保険5選