MENU

ドアバイザーって必要なの?新車で減少傾向にある理由とは

2022.05.05

ドアバイザーはサイドガラスの上部に付いている樹脂製のパーツ。
天気が悪い日に換気しようと窓を少し開けたいとき、雨が車内に降り込むことを防止してくれます。

新車を買うときにオプションで付けられますし、納車後や中古車でも自分で簡単に取り付けられます。
そんな便利なドアバイザーですが、近頃は新車で装着する人が減少傾向にあります。
実際、ドアバイザーは本当に必要なの?と感じている方も少なくないかもしれません。

今回はそんなドアバイザーの役割や効果、なぜドアバイザーをつける人が減少傾向にあるのか、そして取り付け・取り外しについて解説します。

ドアバイザーは便利な存在ですが、全員必須だというわけではありません。
自分の車の使い方だとドアバイザーが必要なのかを、この記事で確かめてみてください。

ドアバイザーの必要性とは?


ドアバイザーとは車のサイドガラスの上部に付いている流線状で黒色の樹脂製パーツです。
サイドバイザー、雨避けなどと呼ばれることもあります。

ドアバイザーには窓を開けたときに雨の車内への侵入を防ぐ役割があります。
そのため、悪天候時に窓を開けて換気したいときにドアバイザーの恩恵を受けられます。

新車でドアバイザーをつける人が減少傾向


近頃、新車でドアバイザーをつける人が減少しています。
その理由と、ドアバイザーが必要な人・不必要な人はどんな人なのかを解説します。

ドアバイザーが減少傾向の理由

ドアバイザーが減少傾向の主な理由は以下の通りです。

  • 取り付けにお金がかかる
  • 掃除がしにくい
  • 見た目がダサい
  • そもそも窓を開けない

ドアバイザーはオプションなので取り付けにお金がかかります。
車種にもよりますが、ドアバイザー本体と取り付け工賃を合わせて2万円程度は必要です。

また、ドアバイザーは窓側が掃除しにくく、水滴やホコリが溜まりがちです。

そして、ドアバイザー自体を古臭い・ダサいと感じる人もいます。
外国車は多くの場合ドアバイザーがついておらず、大げさですが日本独特な文化です。
外国車に憧れがある人、もしくは外国車に実際に乗っている人からすると余計なものなのかもしれません。

最後に、そもそも窓を開けないという人も多くいます。
昔に比べて車内でタバコを吸う人も少なくなっていますし、空調も高性能になっていることがその理由です。
 

ドアバイザーが必要な人

車内のにおいが気になる人はドアバイザーをオススメします。
タバコや飲食物などのにおいがシートに染み付いてしまうと下取り価格が下がってしまいますし、何より車内が不快になってしまいます。

ドアバイザーをつければ、窓を少しだけ開けていつでも空気を入れ替えられます。

ドアバイザーが不必要な人

ドアバイザーがダサいと感じる人は不要でしょう。
今の車は昔に比べて空調も性能が高いですし、窓を開けなくても空気の入れ替えができます。

ドアバイザーの取り付け、取り外しについて


ドアバイザーの取り付け、取り外しについて以下の3点を解説します。

  • 取り付けタイミング
  • 取り外しは可能?
  • ドアバイザーにかかる金額

 

ドアバイザーの取り付けタイミング

ドアバイザーの取り付けはいつでもできます。
新車購入時にオプションとして付けられますし、後から自分で購入して付けることもできます。

ドアバイザーが必要か迷っている人は、最初はナシで新車を購入して、やはり欲しいなと感じたら後付けするのもよいでしょう。

 

ドアバイザーの取り外しは可能? 

ドアバイザーは多くの場合クリップと両面テープ(もしくは糊)でボディにくっついているだけなので簡単に外せます。

タコ糸や釣り糸など細くて丈夫な糸をバイザーとボディの間に入れ、クリップをうまく避け糊をはがすように少しづつ移動させていきます。
その後クリップを外すとバイザーが外れます。
あとはヘラやパーツクリーナーでボディに残った糊を綺麗に除去すれば終了です。

取り外しが自分でできるか不安な方は、ディーラーやカー用品店に相談してみてください。
金額はまちまちですが工賃1万円くらいで作業してくれるでしょう。

 

ドアバイザーにかかる金額 

ドアバイザーをつけるとき、本体価格は確実に、そしてお店に依頼するのなら取り付け費用も必要です。
本体価格が1万円、取り付けも1万円だと考えて2万円程度は必要になるでしょう。
外すときの工賃も1万円程度です。

ドアバイザーで快適な車内空間を実現しよう


ドアバイザーの効果や取り付け・取り外しについて解説しました。

ドアバイザーには雨の日でも窓を少し開けて車内の空気を入れ換えられるというメリットがあります。
ただ、近頃は車内でタバコを吸ったりする人も減りましたし空調も昔と比べて進化しているので、ドアバイザーを装着しない車が増えています。

ドアバイザーは新車購入時にオプションで付けられる他、後付けも簡単にできます。
取り外しも難しい作業ではありません。

高温多湿な日本ではドアバイザーが大活躍してくれます。
自分に必要だ!と感じた方はドアバイザーをぜひ付けてみてください。

関連記事

・新車のオプション費用は?何を付ける?元ディーラーが教えるユーザー事情
・【新車購入の豆知識】メーカーオプションとディーラーオプションの違いとは?
・梅雨時期の車メンテナンスはこれでOK!自分で出来る対策とトラブル対処方法