MENU

オイルランプが点灯する原因とは?対処方法や予防策を知ろう

2021.12.06

車のスピードメーター付近には不具合を知らせる警告灯が複数あります。
オイルランプも数ある警告灯のひとつで、エンジンオイル系統の異常事態が発生したときに点灯します。

警告灯が点灯したらどうしたらいいか分からず不安に感じる方もいるでしょう。

しかし、何も問題ない運転していても、経年によりエンジンオイル系統が経年劣化してオイルランプが点灯します。
点灯した後に正しく対処すれば全く問題ありません。

今回はオイルランプの基礎知識や点灯したときの対処法、そもそも点灯させないための予防策を紹介していきます。
この記事を読んで、オイルランプ点灯時にするべきことを知って安心したドライブを実現させましょう。

オイルランプの点灯が表す意味

オイルランプの点灯はエンジンオイル系統の不調を表しています。
そもそもオイルランプはどこにあるのか、そしてどんな故障があるのかを解説します。

オイルランプって、どれのこと?

オイルランプはスピードメーターやガソリンメーターが設置されるパネルであるインストルメントパネル内にある警告灯です。

運転席に座ればオイルランプを含む複数の警告灯が目に入るでしょう。オイルを補給するための「じょうご」を表したランプがオイルランプです。
球切れなどがないか確認できるようエンジンをかけたときに数秒だけ全ての警告灯が点灯する仕組みになっているので、そのうちに探してみてください。

オイルランプが点灯する原因

オイルランプはエンジンオイルの油圧が低下したら点灯する仕組みです。
ただ、なぜ油圧が低下しているのかはランプの点灯だけでは分かりません。
つまり、オイルランプの点灯は何らかの理由でオイルの圧力が低下していることだけを示しています。

オイルの圧力低下はエンジンオイル系統の不調が起因しており、以下の2つがよくある原因です。

  • エンジンオイルの量が減っている
  • オイルポンプが故障している

エンジンオイルは故障と経年により減少します。
エンジンオイル系統のどこかが破損していると、そこからオイルが漏れだします。破損がなくても、ガソリンの燃焼時に少しずつオイルも燃やされるため、だんだんと量が減っていきます。
エンジン内を循環するエンジンオイルが少なくなると圧力も下がってしまうため、オイルランプが点灯するという仕組みです。

また、エンジンオイルが十分に残っていても、それを循環させるオイルポンプが故障していると油圧低下を引き起こします。
十分にエンジンオイルを吸い上げられなくなって油圧低下を起こすため、オイルポンプの故障はオイルランプの点灯に繋がります。

オイルランプが点灯したらどうする?

警告灯は赤・黄の2つの色が種類によって決められており、赤の方が重大な不具合を示しています。
そして、オイルランプは赤色に点灯します。
オイルランプが点灯したら直ちに車を止めて下のように対処が必要です。

オイルランプが点灯したらどうする?

オイルランプが点灯したら、下の手順で対策していきましょう。

  • 1.車を安全な場所に止める
  • 2.オイルの残量をチェックする
  • 3.ロードサービスに連絡する

まずは車を安全な場所に止めます。このとき、状況に応じて三角表示板や発煙筒も使用するとより安全でしょう。
停車したら、エンジンは切っておきます。

続いてオイルの残量をチェックします。
エンジンルームを覗くと黄色やオレンジの輪っかがついたオイルレベルゲージがあるので、それを引っ張るとオイルの残量を確認できます。
オイルレベルゲージの先端にあるふたつのマークの間にオイルの上限(オイルレベル)があれば正常です。
もしオイルレベルが下限より低かったらエンジンオイルの補充が必要です。
幸運にも歩いていける距離にカー用品店やガソリンスタンドがあれば買いに行けますが、ない場合は無理に車を走らせずロードサービスに連絡しましょう。

JAFや加入している任意保険会社、ディーラーに電話で相談してみるとロードサービスを手配してくれるでしょう。

オイルランプが点灯しないための予防策

オイルランプの点灯は重大な警告。なので、点灯させないよう下の3つの予防策を普段から意識することが大切です。

  • エンジンオイルの品質を保つ
  • オイル漏れや極端な減りに注意
  • 定期的な点検

エンジンオイルは消耗品です。エンジン内の摩擦を減らす効果がありますが、長期間使っていると鉄粉などが混ざったりして潤滑性能が低下します。
摩擦が増えるとエンジン内部が削れて隙間が増え、エンジンオイルの揮発や燃焼がおきます。そして、エンジンオイルの量の低下およびオイルランプの点灯を引き起こします。

また、オイル漏れや極端な減りに注意してください。
エンジンオイル系統のパーツの破損によりオイルが漏れると、すぐに警告灯が点灯するくらいオイルが減ります。
車体の下にオイルが漏れた跡が残っていたら、オイル漏れを疑いましょう。

そして、最も重要なのが定期的な点検です。
オイルレベルを定期的にチェックしていれば、オイルの減少はもちろん、汚れや漏れに素早く気がつけます。
月1回程度で大丈夫なので、ぜひ定期的に愛車の状態をチェックする習慣をつけてください。

オイルランプが点灯したら直ちに停車して、適切に対応しよう

オイルランプが点灯する原因はエンジンオイルの減少やオイルポンプの故障に起因する、オイルの圧力の低下です。

オイルランプが点灯は重大な故障の可能性を示しています。直ちに走行をやめ安全な場所に停車してロードサービスを呼んでください。

オイルランプが点灯して焦ることのないように、普段から定期点検を欠かさないようにしましょう。

関連記事

・ブレーキの異音・鳴きはブレーキパッドが原因?交換時期や費用も解説
・ファンベルトの交換時期や費用は?鳴き・異音への対策はどうすればいい?
・ファンベルトの交換時期や費用は?鳴き・異音への対策はどうすればいい?