MENU

熱い車内の温度を早く下げたい!夏場に効果的な対策方法やグッズをご紹介

2021.07.03

ドライブの楽しい時期になってきました、いよいよ夏です。
夏の車内で気になることといえば、車に乗った時のムワッとした熱気ではないでしょうか。

屋根付きや地下駐車場ならば幾分マシとはいえ、やはり快適なカーライフを過ごしたいものです。今回は熱い車内温度を早く下げるための対策やグッズについてご紹介していきます。

車内が暑くなる理由

夏の炎天下に車を置いておくと、車内の温度は50~60度まで上昇します。
密閉空間ですので、エクステリアや車内パネル、シートが温まり熱気を車内に蓄熱します。

車内に留まった熱気を入れ替えればすぐに冷えるわけではないのはこれが原因です。
空気だけでなく、熱くなった部材もある程度冷えなければ意味がないのです。

暑い車内の温度を1番早く下げる方法

乗車した瞬間が一番不快な暑さといっていいでしょう。
とにかく温度を下げる必要がありますので、手っ取り早い方法を順番に行い、合わせ技にしていきましょう。

窓を全開にする

車内温度が50~60度であれば、まず外気のほうが温度は低いはずです。
まずは窓を全開にしましょう。

エアコンを入れる(外気導入)

上記の窓を全開にすることと合わせて、エアコンを外気導入にすれば早く室内の空気を入れ替えることができます。

同時にA/CをONにしておき、コンプレッサーも動かしておきます。一通り外気で車内を満たすころには冷風が出始めるでしょう。

走行する

窓を全開にし、外気導入も使い、車を走らせればさらに外気が勢いよく車内に入ってきます。ドライバーも外の風に直接当たれるので、より体感温度も下げることが可能です。

窓を閉める

とりあえず車内の熱気と外気を入れ替えることができたならば、次のステップです。窓を全て閉めてしまいます。

エアコンを切り替える(内気循環)

エアコンを内気循環に切り替え、一気に車内を冷やしましょう。
内気循環は車内の空気をグルグル回すイメージです。エアコンで冷えた空気のみを循環するため、ここまで来れば車内もだいぶ快適になっているでしょう。

その他、車内の温度を下げる方法

他にも車内の温度を下げる方法もあります。さらなる合わせ技となりますので、自身で可能な範囲で行ってはいかがでしょうか。

ドアの開閉

ドアを団扇で仰ぐように開け閉めしてみましょう。ドアを閉めきらずに連続で行うことで車内の空気を外に押し出すことができるでしょう。
出来れば他のドアは窓を開けておくのが理想です。
また道路沿いなどでは歩行者や他車に危険が及ばない範囲で行いましょう。

車に水をかける

そもそも車外エクステリアが熱々では車内も温まってしまいます。
車に水をかけ、熱を逃がすことも有効です。
水は蒸発し気体になる際、周りの熱を奪いますので車内の温度を上げさせない対策として有効です。

一方で注意も必要です。太陽が出ている環境下ではウォータースポットなどを作ってしまう可能性があるのです。特に、黒や深い青などの濃色の車は特に発生しやすいので注意が必要です。
具体的には水滴を残してしまうと、レンズの役割をしてボディの塗装面を傷つけたり、劣化させたりしてしまいます。結果塗装面に凹凸をつけてしまいます。
また水分に含まれるミネラルが蒸発する際に残り、塗装面に付着して白いリング跡を残してしまうこともあります。

高温化において水を少量かけるとすぐに蒸発してしまいますので、たっぷりかけてボディを冷やしましょう。そしてきれいにふきあげることを忘れないで下さい。

グッズの活用

車内の温度を下げるグッズ・温度を上げないグッズを活用することもおすすめです。自身の予算や車両にあった方法を探してみましょう。

おすすめの暑さ対策グッズ5選

実用的な暑さ対策グッズをご紹介いたします。使いやすい!と思えるものがあると思いますので、検討してみましょう。

サンシェード

太陽光を遮断するサンシェードは停車時に設置しておけば良いだけで、効果も抜群です。全窓に設置するのが理想的ですが、一番大きくダッシュボードなど太陽光の被照射範囲も大きなフロントガラスだけでも使えば効果を得られるでしょう。

ハンドル日よけカバー

ハンドル日よけカバーも有効です。実際に人体が触れる部分が熱くならないようにすることで体感温度も大分変わります。
特に黒いハンドルは熱々で触ることもできないこともありますので、出発時間にも関わってきてしまいます。

カバーを買わずとも、白いタオルを掛けておくだけでも温度の上昇をいくらか抑制することが可能です。

冷却スプレー

車内に噴霧することで温度を下げることが可能です。
毎日使う場合は費用もですが、空き缶の廃棄がめんどうかもしれません。

車内に置いておくと爆発の恐れがありますので、必ず家の中など安全な場所に保管しておきましょう。

ウィンドーネット

後部座席などに張ることができるネットですが、黒い目の細かい網戸のようなものです。

直射日光を避けることで、車内の温度上昇を抑制することが可能です。
窓が多く、大きいミニバンなどには特に有効といえるでしょう。

カーフィルム

後部サイド・リアウィンドウに張ることで赤外線を遮断するなど機能が期待できます。
商品ごとに色・機能に違いがありますので、お店で確認をしましょう。
商品によっては車検非対応といったものがありますので、注意が必要です。

また施工はプロに任せることをお勧めします。きれいにフィルムを貼るのはとても難しく、素人仕事では気泡だらけ・歪みだらけとなってしまいます。

まとめ

暑い車内も工夫次第で快適に過ごすことが可能です。
予算を掛けずとも車内の温度を下げることができますが、便利なグッズも沢山あります。

夏のドライブに備えて準備を始めてはいかがでしょうか。

関連記事

・カーエアコンの仕組み・構造とは?メンテナンス方法までを詳しく紹介します
・2021年版!キャンプ向きの軽自動車は?車中泊の注意点やおすすめグッズも紹介
・車が汚れる原因と洗車方法を季節ごとに解説