元整備士が教える!ヘッドライトのLED交換の工賃は?取り付け方法も解説!

2021.04.19

自動車のヘッドライトには主に3種類、「ハロゲン」「キセノン(HID)」「LED」があります。近頃は最も明るいLEDを標準装備する車種も増えてきましたが、昔ながらのハロゲンランプを採用している自動車も残っています。
ハロゲンの光量に物足りなさを覚え、LEDに交換したいと思う方も多くいるでしょう。そこで今回はLEDライトに交換する工賃やDIYのやり方を紹介していきます。
また、LEDがハロゲンと比較して全てが優れているわけではありません。ハロゲン・キセノン・LEDのそれぞれの特徴も、同時におさらいしていきましょう。

LEDのヘッドライトとは?

LEDとは「Light Emitting Diode」の頭文字を繋げた言葉で、日本語でいうと「発光ダイオード」です。電気を流すと発光する半導体素子だと考えてよいでしょう。

LEDのメリット

LEDには下記のような大きなメリットがあるため、近頃は標準装備している車種も増えてきました。

  • 長寿命
  • 省電力
  • 最大光量になるまでのラグが少ない

LEDは1万時間もの長寿命を持っています。1日2時間毎日ヘッドライトをつけるとしたら、1万時間に到達するには約13年もかかります。13年もあれば一回もライトを交換せずに乗り潰すこともありえます。
また、他のライトと比較して省電力なので、バッテリーへの負担も減少します。
そして、ライトをONにして最大光量になるまでのラグがほとんどありません。

LEDのデメリット

LEDはメリットだけでなく、もちろん以下のようなデメリットも存在しています。

  • 熱が発生しないので、雪が溶けない
  • 高価

LEDは発光の仕組み上、熱が発生しません。ヘッドライトに積もった雪が勝手に溶けることはありません。
そして、他のランプに比べて初期費用や交換代金が高価な傾向があります。LEDはバルブとヘッドライトユニットが一体化しているため、バルブだけの交換ができません。

ハロゲン・キセノン・LEDの違い


自動車のヘッドライト「ハロゲン」「キセノン」についてLEDと比較していきましょう。例えば、以下のような違いがあります。

  • 発光する仕組み
  • 寿命
  • 色や視認性

ハロゲン・LEDの違い

ハロゲンはフィラメントを通電させて発光させる仕組みで、最も昔ながらの発光方法です。発光の仕組み上、熱が発生しやすくてヘッドライトに雪が積もりにくいメリットがあります。
しかし、寿命が長くて3年程度と短いデメリットを持っています。
柔らかく赤みを帯びた色合いの光は、LEDの白い光と比較して雨天時に路面に反射しにくく視認性が高いですが、光量は劣ります。

キセノン・LEDの違い

キセノンはキセノンガスに放電して発光する仕組みです。特徴はちょうどハロゲンとLEDの中間で、多くの自動車に採用されています。
寿命は5年程度とLEDに比べると短いですが、十分な寿命を持っています。
白い光は非常に明るく視認性もいいですが、点灯してから安定するまで数秒〜数十秒かかるデメリットもハロゲンの大きな特徴のひとつです。

ヘッドライト交換の工賃や手順・注意点

ヘッドライトを交換するときの手順を、お店に頼む場合とDIYする場合の2パターン紹介していきます。

ヘッドライト交換の工賃目安

LEDライトの交換は部品費用込みで1万円〜1万2千円程度です。
ただ、LEDライトの種類は非常に多く、3千円程度の安価なものから1万円を超えるものまであり、価格も多岐に渡ります。自動車や選んだLEDライトの種類によっても装着方法が変わる可能性があるので、複数のカーショップに工賃を確認するのがおすすめです。

ヘッドライト交換のDIY やり方と注意点

ヘッドライトをハロゲンからLEDに交換するには、以下の手順を参考にしてください。車種によって交換手順が異なる可能性もあることに注意です。自動車のオーナーズマニュアルに交換手順が載っている場合もあるので、ぜひチェックしてみてください。

  • 1.バッテリーのマイナス側を抜きビニールテープを巻き保護する
  • 2.ハロゲンバルブに電源を供給しているコネクターを抜く
  • 3.防水用のゴムブーツを外す
  • 4.スプリングフックを外す
  • 5.バルブを外す
  • 6.LEDバルブのアダプターをヘッドライト本体に取り付ける
  • 7.防水用のゴムブーツをつける
  • 8.上下を間違えないように、LEDバルブを取り付ける
  • 9.コネクターをLEDバルブに取り付ける
  • 10.バッテリーのマイナス端子をつける

複数の手順がありますが、もともとあったバルブを抜いて用意したLEDバルブに変えるだけです。1番の手順は感電防止のために必ず行うようにしてください。
光軸のずれとLEDバルブの向きに注意してください。対向車にハイビームで注意されることが増えたら光軸がズレていないか疑いましょう。迷惑ですし、車検にも通りません。

ヘッドライトのLED化で快適な夜間のドライブを手に入れよう

ヘッドライトのLED化について解説してきました。かっこよくて光量もあり長寿命なLEDは、お手軽で人気なカスタムのひとつです。
メリットとデメリットを把握した上で、最も自分が求めるヘッドライトを装着して快適ドライブを楽しんでください!

関連記事

・エンジンオイルのセルフ交換の道具・手順・注意点について
・必ずやっておきたい!車を長持ちさせるメンテナンス(初心者・入門編)
・【自分で出来る】エンジンルームの清掃方法とは?掃除の頻度と注意点について