MENU

カーリースで後悔しないために実践すべき5つのこと!車種・サービスの選び方を伝授

2021.09.02

カーリースで後悔しないために実践すべき5つのこと!車種・サービスの選び方を伝授

「カーリースってホントにお得なサービスなの?」「契約後に後悔したくない!」という方向けに、この記事ではカーリースの利用を後悔しやすいタイミングや、後悔しないためのポイントを解説します。

カーリースは頭金なしで好きな車に乗れるサービスです。しかし、サービス内容や契約方式をよく理解してから契約しないと、後々後悔してしまう可能性があります。

本来お得なサービスだからこそ、カーリースの利用で後悔しないためにも、この記事で解説する内容を参考にして利用を検討してください。

カーリースを後悔しやすいタイミング

カーリースを後悔しやすいタイミング

カーリースの利用を後悔しやすいタイミングは以下の通りです。

後悔しやすいタイミング
  • 途中で解約したくなった時
  • 月々の支払いが厳しくなってきた時
  • 車をカスタムしたくなった時
  • 追加請求を求められた時
  • 契約終了時に車を返却する時
  • 事故を起こしてしまった時

途中で解約したくなった時

カーリースは基本的に途中解約できず、どうしても解約したい場合は、解約違約金を支払う必要があります。

カーリースで支払う毎月の定額費用は、主に車両価格と契約期間によって決まっているので、途中解約できない決まりとなっています。

契約後に「やっぱり他の車が良いな」「やっぱり車はいらないな」と思っても途中解約はできないので、注意が必要です。

車検を待たずに車を乗り換えることが多い人は、短い期間で契約できるカーリースを利用することをおすすめします。

月々の支払いが厳しくなってきた時

カーリースは月々決められた金額を支払うだけで、好きな車に乗れるサービスですが、無理な金額で契約してしまうと家計を圧迫してしまいます。

契約前に毎月の支払額は把握できますし、支払い可能額から逆算して乗れる車を探せるサービスもあるので、途中解約できないことからも余裕のあるプランで契約することが大切です。

車をカスタムしたくなった時

カーリースでは取り外しが簡単なパーツやグッズの取り付けは可能です。ただしエアロパーツを装着するような大がかりなカスタマイズすることはできません。

あくまでもカーリース会社が所有する車を使用している仕組みになるので、マイカーのように扱えないことは理解しておきましょう。

車をカスタムすることが好きな方は、契約期間満了後にそのまま車を所有できるカーリースを利用してください。

追加請求を求められた時

契約期間満了後に追加請求を求められる可能性があります。

走行距離の制限を超えてしまった場合や原状回復費用が必要な場合などに請求されます。

車を手放すタイミングで追加請求を求められるのは酷なので、契約時に決められたルールを守って車に乗るようにしてください。

契約終了時に車を返却する時

カーリースでは最低でも1年以上の期間で契約して、自由に車に乗ることができるので、返却が辛い問題もあります。

返却したくない方は、期間満了後にそのまま車を所有できるカーリースを利用しましょう。

事故を起こしてしまった時

事故を起こしてしまうと、車両の原状回復費用が請求されます。

各種自動車保険の保険料が定額費用に含まれているカーリースを利用すれば、事故を起こした場合でも安心できるでしょう。

後悔しない!おすすめの
カーリース会社5選

カーリースで後悔しないために実践すべき5つのこと

カーリースで後悔しないための5つポイント

カーリースで後悔しないために実践すべき5つのポイントは以下の通りです。

後悔しないためのポイント
  • 1.自分に合う契約方法を選ぶ
  • 2.無理のない月額料金の設定
  • 3.カスタムが可能な範囲を確認しておく
  • 4.月間の走行距離を想定しておく
  • 5.自動車保険の確認

1.自分に合う契約方法・契約期間を選ぶ

契約終了時に残価精算を行う必要があるオープンエンド方式とカーリース会社が負担してくれるクローズドエンド方式の2種類の契約方式があるので、支払い総額を考えて選ぶことが大切です。

また途中解約ができないので、ライフプランをよく考えて慎重に契約期間を決める必要があります。

短期で利用したい場合は、1年刻みで設定できるカーリースがおすすめです。

長期で契約した場合が最も月額費用を安くできるので、支払い金額も考えて契約期間を検討しましょう。

2.無理のない月額料金の設定

カーリースは毎月定額費用で車に乗れて、家計管理を行いやすいメリットがありますが、反対に毎月の支払いが負担になってしまうデメリットもあります。

月額料金は車体価格・契約期間・保険料・税金・その他オプションによって変わります。

月額料金は安さだけにとらわれずに、ライフスタイルにあった契約内容かに着目して決めることが大切です。

3.カスタムが可能な範囲を確認しておく

ドレスアップ・カスタムといった車の改造を希望される場合、各カーリース会社によって可能は範囲が異なります。

簡単に取り外しが出来る程度のパーツであれば概ね問題ありませんが、純正パーツに戻せるように必ず保管しておきましょう。

またリースナブルのようにカスタムOKというカーリース会社もあるようです。

4.月間の走行距離を想定しておく

1ヶ月あたりの走行距離に上限が定められているカーリースがほとんどで、上限を超えた場合は追加料金を支払う必要があります。

走行距離の上限はカーリース会社によって異なるので、契約前に確認しておくことが大切です。

毎日車を使用して、走行距離が長くなる可能性がある方は、走行距離の制限がないサービスを利用するのがおすすめです。

5.自動車保険の確認

カーリースを利用する際、自賠責保険は付いてきます。だからといって自動車保険は問題無しというわけではありません。自動車保険には自賠責保険と任意保険の2種類があり、一般的によく自動車保険と呼ばれるのは任意保険の方です。

カーリースで利用する車の修理費用は借主負担になるので、月額料金に自動車保険料も含まれているか確認することも大切です。

カーリース会社によって、加入できる任意保険の内容やサービス特約内容が異なるので、安心して車を利用できるサービスを利用しましょう。

後悔しない!おすすめの
カーリース会社5選

カーリースで後悔しないための車種選びのコツ

カーリースで後悔しないための車種選びのコツ

カーリースで後悔しないための車種選びのコツは以下の通りです。

後悔しないための車種選びのコツ
  • 車の利用シーン
  • カラー・ボディタイプ
  • 燃費などの維持費
  • 自分の中での優先順位

車の利用シーン

まず最も大切になるのは車の利用シーンです。

日々の通勤・通学に使用する場合と休日のお出かけにのみ使用する場合では、車種選びが変わってきます。

普段使いが多いのであれば軽自動車やコンパクトカーが乗りやすいですし、荷物の運搬や大人数でお出かけするのであればワゴンやミニバンなどが良いでしょう。

カラー・ボディタイプ

車の変更は基本的に行えないので、カラーやボディタイプも慎重に選びましょう。

軽自動車やコンパクトカーなどは、車体が小さく街乗りもしやすいですし、駐車場に困る可能性も少なくなります。

また、車両価格も安いので、契約期間によっては毎月1万円台に抑えることも可能です。

実用性を求めるのであれば、ステーションワゴンやSUVを選ぶと良いでしょう。

見た目や乗りやすさを総合的に考えて、カラーやボディタイプを選んでみてください。

燃費などの維持費

燃費などの維持費を考えて選ぶことも大切です。

利用頻度の多い場合は、燃費の良い軽自動車やハイブリッドカーを選ぶと良いでしょう。

また、車検代も軽自動車の場合は抑えられるのでおすすめです。

自分の中での優先順位

最終的には、後悔しないように自分の中での優先順位に従って決めることが大切です。

月額料金をなるべく抑えたい方は、軽自動車やコンパクトカーなどの車両価格の安い車を選ぶなどです。

後悔しない!おすすめのカーリース会社5選

後悔しない!おすすめのカーリース会社5選

最後に、後悔しないおすすめのカーリース会社5選を紹介します。

おすすめのカーリース会社5選
  • KINTO
  • 定額カルモくん
  • SOMPOで乗ーる
  • リースナブル
  • MOTAカーリース

おすすめ①KINTO

4位:KINTO

月額料金 29,590円~
選べるメーカー トヨタ、レクサス
リース期間 トヨタ車:3年、5年、7年
レクサス車:3年
新車・中古車 新車
料金に含まれるもの 任意保険、自賠責保険、各種税金、登録費用、車検代、メンテンス代、税金
公式HP KINTO

KINTOはトヨタ車とレクサス車の車種から選ぶことができるカーリース会社で、他の会社でトヨタ車を契約するよりも安い価格で利用できるのが特徴です。

KINTOのおすすめポイント
  • トヨタ車がお得な価格で契約できる
  • 料金に保険・税金・車検・メンテナンス代が含まれる
  • 最短3年から契約可能

KINTOはトヨタ車とレクサス車に乗りたい方に最適なカーリース会社で、月額費用が他社よりも高くなりますが、料金には保険や各種税金、車検、メンテナンス代が全て含まれているので、トータルで考えるとお得に車に乗ることができます。

中古車は選ぶことができず、全て新車からになります。新車を最短3年から契約できるので、短期間だけ乗る予定がある方におすすめです。

KINTO公式HP

おすすめ②定額カルモくん

1位:定額カルモくん

月額料金 12,400円~
選べるメーカー 国内全メーカー
リース期間 1~11年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 自賠責保険、各種税金、登録費用、車検代
公式HP 定額カルモくん

定額カルモくんは名前の通り、毎月定額料金で利用できるカーリース会社で、最安月10,000円代から好きな車に乗ることができます。

定額カルモくんおすすめポイント
  • 月10,000円代から好きな車に乗れる
  • メンテナンスプランで安心安全
  • 新車と中古車を両方選べる

契約できる最長期間は11年間までで、期間を長くすることで毎月の支払額を低く抑えることができます。

長く契約したとしてもメンテナンスプランという車検料や修理費用も定額料金で支払うことができるプランがあるので、安心して車に乗り続けることが可能です。

メンテナンスプランでは、店舗に車を持っていくことでプロのメンテナンスを追加費用なしで受けることができます。

また、定額カルモくんでは利用者の要望に応えるために、新車と中古車の両方を取り扱っており、費用を抑えたい方や新車が利用したい方どちらにもおすすめです。

定額カルモくん公式HP

おすすめ③SOMPOで乗ーる

3位:SOMPOで乗―る

月額料金 19,000円~
選べるメーカー 国産車全車種/輸入車
リース期間 3年、5年、7年
新車・中古車 新車
料金に含まれるもの 登録諸費用、自動車取得税、自動車税、重量税(車検時)、自賠責保険、任意保険任意保険
公式HP SOMPOで乗ーる

SOMPOで乗ーるは損保ジャパンとDeNAが運営しているカーリースで、新車を最短10日から乗り始めることができ、すぐにでも契約したい方におすすめです。

SOMPOで乗ーる
  • 月10,000円代から好きな車に乗れる
  • 最短10日間で納車されるスピード
  • 最短3年から契約できる

毎月定額で短期から契約することができ、契約期間は3年・5年・7年の中から選ぶことが可能です。

期間を長くした場合は月10,000円代まで支払額を抑えることができます。

現在貯金がない方でも月10,000円の支払いで車に乗れるので、ライフプランを立てやすいです。

SOMPOで乗ーる以上に最速で納車されるカーリース会社はないので、すぐに車に乗りたい方は公式サイトから料金シュミレーションを行ってみてください。

さらに今なら「乗り換え・下取りキャンペーン」を2021年8月31日まで行なっており、どんな車でも最低10万円保証になります。

SOMPOで乗ーる公式HP

おすすめ④リースナブル

月額料金 6,600円(税込)~
選べるメーカー トヨタ、マツダ、日産、ホンダ、ダイハツ
リース期間 3年、5年
新車・中古車 新車
料金に含まれるもの 登録費用、車検、自動車税、自賠責保険、自動車重量税
公式HP リースナブル

リースナブルはJu×Oricoの年間総合グランプリで4年連続1位に選ばれたカーリースサービスです。

頭金や登録金が必要ない他、車検代や自賠責保険料なども月々の支払いに含まれているため家計のやりくりが非常に楽になります。

プランも非常にシンプルで、車両のグレードを決めた後は、2種類のメンテナンスプランかメンテナンスプランに加入しないかを選ぶだけです。

ボーナス払いを利用すれば、毎月6,600円の支払いで車に乗ることができるカーリースサービスとなっています。

短期でのカーリースを検討している方には、リースナブルがおすすめですよ。

好きなときに解約できるのも人気なポイントの一つです。

リースナブル公式HP

おすすめ⑤MOTAカーリース

月額料金 15,500円~
選べるメーカー 商用車以外の国産メーカー全車種
リース期間 3年、5年、7年、11年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 車検・税金・メンテナンス費用などがすべて
公式HP MOTAカーリース

自動車メディアのMOTAが提供するカーリースで、契約満了時に車をそのまま所有することができます。追加費用がかかることもなく、車を所有するまで月額1万円代で利用可能です。

MOTAカーリースのおすすめポイント
  • 契約期間満了時に車が貰える
  • 最長で11年の契約が可能
  • 各種税金費用もコミコミ

リース期間は3年・5年・7年・11年から選ぶことができ、最長の11年で契約すれば月額費用もかなり安くできます。

月額費用には車検や税金、メンテナンス費用もコミコミで含まれていて、毎月定額で支払うだけなので家計管理が行いやすいです。

MOTAカーリース公式HP

まとめ

今回はカーリースの利用を後悔しやすいタイミングや、後悔しないためのポイントを解説しました。

サービス内容や契約方式をよく理解せずに契約してしまうと、後々後悔してしまう可能性があります。

カーリースは途中解約ができないことや、契約終了後に追加請求が求められる場合があるので、車種や契約期間などをよく考えて契約することが大切です。

カーリースの利用を検討している方は、後悔しないようにこの記事を参考にしてください。

後悔しない!おすすめの
カーリース会社5選