MENU

カーリースはカスタムNG?どこまでがセーフ?ルールを理解して自分好みの車にしよう

2022.02.04


月々定額のリーズナブルな価格で、マイカーのように自由に車を使えるカーリース。

ただ、自由に使えるのであれば、アクセサリーを付けたりカスタムやドレスアップをしてもいいのだろうかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、カーリースでカスタムはNGなのかセーフなのか、そのルールを解説するとともにおすすめのカーリース会社もご紹介していきます。

カーリースのカスタムはOK?NG?


カーリースというのは好きな新車を月々定額で借りられる便利なサービスですが、リース期間中は車をマイカーのように自由に使えるのが特徴です。

カーリース車両はレンタカーやカーシェアなどに比べ毎日「自分のクルマ」として乗れるため、自分好みにカスタマイズしたいと思う方も多いかもしれません。

しかし、勝手に改造を施してもいいのだろうかと考えた時に、「カスタムはOKなの?NGなの?」という疑問がわくことでしょう。

では、その答えを次項から見ていきましょう。

カーリースは原則としてはカスタム禁止

結論から言うと、カーリースでのカスタムは原則として禁止となっています。

これはカーリース会社やプランなどによって若干異なってくるのですが、一般的にはカスタムは不可であり、違反してしまうと違約金が発生したり追加精算が必要になる場合もあります。

カーリースのカスタムが禁止の理由

カーリースのカスタムが禁止である理由は、カーリース車両の価値(=残価)を守るためです。

カーリースの車両はあくまで借りているもので所有権はカーリース会社にあり、車両を返却した時の状態が重要なものとなります。

多くのカーリースでは「残価設定」と言って、契約終了し返却した時の車の残価をあらかじめ差し引いて月々のカーリース料を決定しているのです。

これは言わば、契約終了後の車両の下取り金額を先に値引いているようなものです。

元の状態に手を入れて変えてしまう(カスタムしてしまう)と想定された残価を下回ってしまう可能性があり、そのためカスタムは禁止となっているのです。

カスタムしたい人におすすめ
カーリース会社5選

カーリースのカスタムが認められる場合


カーリースでは一般的に残価を守るためカスタムは禁止となっていますが、一部、カスタムが認められる場合もあります。

純正オプションを装着する場合

カスタムはカスタムでも、その車両の純正オプション品を装備するのであれば認められる場合が多くなっています。

カーリースでは契約の際、プラン内でオプション装備を選択できる場合があるので、希望の装備がある場合はその時に指定することが可能です。

また契約後に自分で取り替える場合は、念のためカーリース会社に確認を取ってから交換し、元々付いていた純正装備品は車両返却時まで大事に保管しておきましょう。

取り外しが簡単なアクセサリを装着する場合

カーリースでは契約終了後、車を元の状態で返却する必要がありますが、原状回復が容易なモノであればカスタムOKな場合があります。

例えば取り外しが簡単なアクセサリなどで、返却時にすぐ外せるようなものであれば問題ない場合が多いでしょう。

ただ、取り外しの際に内装に傷をつけてしまったりしないよう気をつける必要があります。心配な場合は無理に取り外さず、そのままの状態でカーリース会社に相談しましょう。

カーリース会社が必要な装備だと判断した場合

個々でカーリース会社に相談し、必要な装備だと判断されればカスタムが認められる場合があります。

例えば、身体的な障害を補助するためのオプション部品であったり、安全に使用する上で必要であると判断された場合であれば、カーリース会社の指示の範囲内でカスタムが可能となります。

契約時にあらかじめ相談しておくのが基本ですが、契約途中にこれらの装備が必要になった場合も速やかにカーリース会社に相談しましょう。

カスタムしたい人におすすめ
カーリース会社5選

カーリース会社に許可を得ずにカスタムしたらどうなる?


それではもしも、カーリース会社に許可を得ずにカスタムしてしまったら、一体どうなるのでしょうか。

原状回復ができれば問題なし

カーリース会社に許可を得ず勝手にカスタムしてしまった場合、実は、返却時に原状回復が可能なようであれば、問題にならないことが多くなっています。

要点としては「原状回復=残価を下げない」ことが大事ですので、リース期間中にカスタムを行ったかどうかよりも、返却時の車の状態が元の状態なのかどうかが大切になるのです。

ただし、結果的に原状回復ができさえすればOKというわけではなく、各カーリース会社によってカスタムについての規約がある場合がありますので、個々の契約内容をよく確認する必要はあります。

また原状回復可能かどうかに関わらず、違法な改造や車検に通らないような過度なカスタムは不可ですのでその点は留意しましょう。

なお、原状回復にかかる費用は自己負担となります。

原状回復ができない場合は違約金が発生

カーリース会社に許可を得ず勝手にカスタムし、自分で原状回復も難しい場合は、車両返却時に違約金が発生する場合があります。

たとえ自分なりに、あるいはカスタムファンにとっては価値の高い改造だったとしても、一般的な「車の価値」としては下がってしまうことがあるため、積極的にカスタムを楽しみたい人にはカーリースは向いていないとも言えるでしょう。

また、原状回復をしようとして内外装や装備品を傷つけてしまっては本末転倒となってしまいます。

自分で容易に原状回復ができない場合、違約金を払うよりは業者に頼んで何とかしてもらおうとする方もいますが、業者の手を入れずそのままの状態でカーリース会社に相談するのが一番です。

カスタムしたい人におすすめ
カーリース会社5選

カーリースの車をどうしてもカスタムしたい時は?


「車の外装をかっこよくしたい」「最新のナビにしたい」「乗り降りの負担を減らすステップを取り付けたい」等々、車をカスタムしたい理由は様々あります。

カーリースでは原則としてカスタム禁止ですが、それでもカスタムしたい場合はどのような選択肢があるのでしょうか。

カーリースの車をどうしてもカスタムしたい時の方法
  • 原状回復できるかどうかを確認した上で行う
  • カスタムした場合は元パーツを必ず保管
  • 違約金を把握した上で行う
  • 契約満了時に車がもらえるプランを選ぶ
  • 契約満了時に車を買い取る
  • 最初からカーローンでマイカーを買う

原状回復できるかどうかを確認した上で行う

前述のように、カーリースのカスタムの重要なカギは「原状回復」にあります。

そのため、装備品の販売店や業者などに原状回復が可能だと確認した上でカスタムを行えば、車を元の状態に戻して返却することができるでしょう。

その際、原状回復が容易であっても念のためカーリース会社に相談しておくと安心です。

また、現状回復が難しそうであればカスタムは行わない方が無難です。

カスタムした場合は元パーツを必ず保管

原状回復が可能なカスタムをする場合、元から付いていた装備やパーツは必ず保管しておきましょう。

保管の際は、壊れないような箱に入れたり直射日光を避けるなどパーツに応じた保管方法を選び、交換の日にちや状態などをメモしておくと安心です。

元パーツは借りたカーリース車両の一部となりますので、万が一にも廃棄したり売ってしまったりすることがないよう、たとえ小さな部品であっても注意して保管しましょう。

違約金を把握した上で行う

どうしてもカスタムしたいけれども原状回復が難しい場合、カーリース会社に相談し、違約金を把握した上でカスタムを行うという手もあります。

あまりおすすめはできませんが、契約途中で病気やけがをしてしまった場合など、やむを得ない事情がある際は仕方がないでしょう。

ただ、違約金の大まかな額を把握したとしても、返却時の実車の状態によっては金額が高くなることもあり得ますので注意が必要です。

契約満了時に車がもらえるプランを選ぶ

カーリースがカスタム禁止となっているのは車両返却時の残価を守るためとご説明しましたが、もし「車がもらえるプラン」を選択している場合、車両を返却する必要がなくなり、従ってカスタムも禁止されません。

カーリース契約満了後に車がもらえるというプランや有料オプションを用意しているカーリース会社は増えてきているため、そのプランで契約すればカスタムを自由に楽しむことが可能となります。

ただ、カーリース期間中はあくまでカーリース会社に所有権がありますので、違法改造や車検に通らないようなカスタムは不可となります。

契約満了時に車を買い取る

前項の「車がもらえるプラン」はカーリース契約時に該当のプランを選択したり有料オプションに加入する必要がありますが、契約満了時に車を返却するか、あるいは買い取るかを選べるカーリース会社もあります。

この時に買い取りを選択すればカスタムの原状回復も不要となるため、結果的にカーリースでもカスタム可能ということになります。

ただ、前項と同様、カーリース期間中はあくまでカーリース会社に所有権がありますので、違法改造や車検に通らないようなカスタムはできません。

最初からカーローンでマイカーを買う

上記のように、カーリースでもカスタムが可能となる方法はありますが、本格的にカスタムがしたいのであればやはりマイカーを買うのが安心でしょう。

その際に一括購入ではなくカーローンを組むことで、まとまった出費を抑えることは可能です。

ただ、カーローンの月額には税金や車検代などは含まれませんので、カーリースのように月々定額で車を維持できるわけではありません。

カーリースの利点とカスタムの必要性などを検討の上、カーリースかカーローンかを慎重に決めるとよいでしょう。

カスタムしたい人におすすめ
カーリース会社5選

車をカスタムしたい人が選ぶおすすめのカーリース会社


それではここで、車をカスタムしたい人にぜひおすすめしたいカーリース会社を5つご紹介します。

車がもらえるプランが用意されていたり、カスタムOKが謳われているなど、カーリースでカスタムをしたい方にはうってつけとなっていますので、ぜひ参考になさってください。

おすすめその1:定額カルモくん

カーリース名 定額カルモくん
取扱い車種 国産全車種から選べる
月額料金 月額1万円台~
月額料金に含まれるもの
  • 車体本体価格
  • オプション装備代金
  • 自動車税
  • 重量税
  • 自賠責保険
契約期間 1~11年まで1年単位で選べる
カスタムの可否 原則として不可
車がもらえるプラン あり(有料オプション)

定額カルモくんは、契約期間が1~11年まで1年単位で選べるカーリース会社です。

長期契約が可能なため月額1万円台から利用できるのが嬉しいポイント。

また、7年以上の契約の場合、月々わずか500円の「もらえるオプション」に加入すれば契約満了後に追加精算なしで車をもらうことが可能。

「もらえるオプション」ならカスタムも自由なので、自分好みの車に長く乗ることができます。

定額カルモくん公式HP

おすすめその2:リースナブル

カーリース名 リースナブル
取扱い車種 乗用車約30車種、商用車約7種
月額料金 月額6,600円~
月額料金に含まれるもの
  • 車体本体価格
  • オプション装備代金
  • 自動車税
  • 重量税
  • 自賠責保険
  • 車検点検料
契約期間 3年・5年
カスタムの可否 OK
車がもらえるプラン なし(買い取りは可能)

リースナブルは月額6,600円から新車に乗れる、その名の通りリーズナブルなカーリースです。

取り扱う車種は限られますが、特に人気のある車に絞ってラインナップされているため、欲しい車がこの中にある場合はチェックしておくのがおすすめのカーリースとなります。

また、リースナブルではカスタムOKとなっており、契約満了後に車を買い取ることも可能となっています。

リースナブル公式HP

おすすめその3:ニコノリ

カーリース名 ニコノリ
取扱い車種 国産全車種から選べる
契約年数 1年~9年
月額料金に含まれるもの
  • 車体本体価格
  • オプション装備代金
  • 自動車税
  • 重量税
  • 自賠責保険
カスタムの可否 原則として不可
車がもらえるプラン あり(9年契約)

ニコノリは月額5,500円~という大変リーズナブルなカーリースです。

9年契約であれば車がもらえるプラン「もらえるパック」があるほか、「もらえるパック」未選択の場合でも契約後に車を買い取ることが可能です。

契約前に専任のカスタマースタッフが丁寧に説明してくれるほか、メールやLINEでの相談も可能なので、気になった方は気軽に問い合わせをすることが可能です。

ニコノリ公式HP

おすすめその4:MOTAカーリース

カーリース名 MOTAカーリース
取扱い車種 国産全車種から選べる
月額料金 月額5,610円~
月額料金に含まれるもの
  • 車体本体価格
  • オプション装備代金
  • 自動車税
  • 重量税
  • 自賠責保険
契約期間 5年・7年・11年
カスタムの可否 OK
車がもらえるプラン あり(全車必ずもらえる)

MOTAカーリースは、MOTA(モータ)という老舗の自動車ウェブメディアが運営するカーリースです。

MOTAカーリースでは全車、どのプランであっても必ず車がもらえる設定となっており、走行距離制限やカスタム制限がないという車好きには嬉しいサービスを展開しています。

契約期間も最長11年と長期で、新車7年延長保証オプションなども用意されているため、リーズナブルな価格で安心してカーライフを送ることができます。

MOTAカーリース公式HP

おすすめその5:コスモMyカーリース

カーリース名 コスモMyカーリース
取扱い車種 国産全車種から選べる
月額料金 8,140円~
月額料金に含まれるもの
  • 車両代金
  • 登録諸費用
  • 各種税金
  • 自賠責保険
  • 車検代
契約期間 3年・5年・7年・9年
カスタムの可否 原則として不可
車がもらえるプラン あり(9年契約のみ)

コスモMyカーリースはガソリンスタンドでおなじみのコスモ石油が運営するカーリースです。

系列SSでガソリン代が最大5円/L引きになるサービスもあり、燃料代もお得になります。

ネットではなく店舗で契約する場合は9年リースで車がもらえるプランを選択することが可能となりました。

また通常プランでも契約満了後に車を返却ではなく買い取ることもできるため、カスタムについて柔軟に検討することが可能です。

コスモMyカーリース公式HP

まとめ


今回は、カーリースでカスタムはNGかOKか、またおすすめのカーリース会社などをご紹介しました。

カーリースでは車の所有権がカーリース会社にあり、かつ返却時の車の価値を下げないためにカスタムは禁止とされているのが一般的です。

返却時に原状回復できる範囲であればカスタムを楽しむこともできますが、原状回復ができないと違約金が発生してしまう場合があります。

ただ、最近は契約が満了しても車を返却せず、そのままもらえるプランを用意するカーリース会社が増えてきました。

頭金なし・月々定額で便利に使えるカーリースで、カスタムも自由となる「車がもらえるプラン」はカーリースとマイカーのイイとこ取りと言えるでしょう。

使い方や好みに応じて、ぜひご紹介したカーリースを参考にしてみてください。

カスタムしたい人におすすめ
カーリース会社5選