MENU

ロードサービスで自動車保険を選ぶ時に知っておきたいこと

2020.08.19

トラブルの時に強い味方!ロードサービスとは

朝、車に乗ろうと思いエンジンをかけるがかからない時や、走行中にパンクをしてしまい走れなくなった時に、頼りになるのがロードサービスです。
しかしながら、普段はあまり利用することがないため、意外とロードサービスで受けられる内容がわからない方も多いのではないでしょうか?
そこで、ここではロードサービスの内容や、迷った時に選び方のポイントについて解説します。

ロードサービスとは

ロードサービスとは、車に関するトラブルが起こった時に、対応してくれるサービスです。
ロードサービスと言えば、JAFを思い浮かべる方も多いのでないでしょうか?
しかしながらロードサービスにはいくつか種類があります。

JAFのように、ロードサービスを専業にしている会社もあれば、クレジットカード会社や自動車保険会社が提供するロードサービスがあります。
それゆえ、もしかしたら気づかない内に複数のロードサービスに加入していることも。
JAFの場合は年会費、自動車保険に付帯のロードサービスの場合は別途料金が発生しています。
そのため、ロードサービスの内容を見直すことで、自動車保険の保険料を節約できる可能性があります。

ロードサービスで受けられる主なサービス

ロードサービスを利用したことがない人の中には、ロードサービスでどのようなサービスが受けられるの?と思っている方も多いのではないでしょうか?
ロードサービスで提供されるサービスは、会社によって異なりますが、ここでは一般的なロードサービスの内容について解説します。

・搬送サービス
故障や事故で車で自走できない場合に、修理工場までレッカーや積載車で、自動車を牽引もしくは搬送するサービスです。無料で搬送してもらえる範囲が条件は会社によって異なります。

・応急作業
応急作業で対応してもらえる内容には、バッテリー上がりやスペアタイヤの交換、インロックなどがあります。また、脱輪や乗り上げした場合の落輪引き上げ・引き降ろし作業も応急作業に含まれます。会社によって、無料で対応してもらえる範囲が異なります。

・ガス欠
燃料切れの際に、燃料を配達してくれるサービスです。会社によって、回数制限があったり、無料で対応できる条件があったりするので、利用前に確認しておくと安心です。

ロードサービス内容で迷ったら搬送距離をチェック

ロードサービスの内容で迷ってしまった場合は、搬送サービスの無料の搬送距離を確認するのがおすすめです。

ロードサービスで、意外と費用が高額になってしまうのが搬送費用です。
搬送費用は搬送距離が長くなるほど高額になってしまいます。
そのため、車で頻繁に遠方へ行く機会が多い方は、無料の搬送距離が長いロードサービスを選んでおくと安心です。
一方で、車で遠方に行く機会があまりないなら、無料の搬送距離が短くても問題ないでしょう。

 

保険会社のロードサービスがあるならJAFは不要?

自動車保険のロードサービスにすでに加入されている方の中には、JAFに入ったほうがいいか?悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
ここでは、自動車保険のロードサービスとJAFの違いについて解説します。

対象範囲が異なる

自動車保険とロードサービスとJAFの一番の違いは、対象範囲です。自動車保険のロードサービスは、契約車両が対象です。
一方でJAFの場合は、個人会員なら入会した人が対象です。

そのため、自動車保険のロードサービスに加入中でも、契約車両以外の車のトラブルの際には、自動車保険のロードサービスは対象外です。
しかし、仮にJAFに加入しているなら、この場合、ロードサービスの対象となります。

このように、自動車保険のロードサービスとJAFでは、対象範囲が異なります。

サービス範囲が異なる

次に、自動車保険のロードサービスとJAFではサービス範囲が異なります。
JAFは、保険会社のロードサービスでは対応しない、スタックやパンク修理、タイヤチェーンの脱着なども対応します。
そのため、JAFの方がサービスの範囲が広いでしょう。

また、搬送時にJAFは2人までレッカー車や積載車へ同乗可能です。
しかし、自動車保険のロードサービスの場合、原則、同乗不可のケースが多いです。

このように自動車保険のロードサービスとJAFではサービス範囲が異なります。
そのため、車の利用状況によっては、JAFにも加入した方が安心なケースもあります。

 

保険会社のロードサービスに関するよくある疑問

ここでは、意外と知られていないロードサービスに関する疑問についてお答えします。

ロードサービスを使用すると等級はどうなる?

ロードサービスを使ってしまうと、等級が上がってしまうのでは?と思われている方も多いにではないでしょうか?
結論からお伝えすると、ロードサービスを利用することで、等級は上がりません。
そのため、車のトラブルでロードサービスが必要な際には、安心して利用してください。

代理店型とダイレクト型で違いはあるのか?

代理店型とダイレクト型で、ロードサービスに違いがあるのでは?と思われてしまいがちです。
基本的には受けることができるサービス内容に、さほど違いはありません。

 

まとめ

車のトラブルが起こった時に頼りになるのがロードサービスです。
トラブルの時にしか利用することがないため、加入していてもどのようなサービスが受けられるか?分からない人も多いと思います。
そのため、よかったらこの機会にご自身が加入しているロードサービスの内容をチェックしてみてくださいね。