MENU

ボーナス払い無しでカーリースは利用できるの?料金を抑えるコツを徹底解説!

2022.05.09


カーリースとは月々定額で車に乗ることができるサービスで、定額料金の中には税金やメンテナンス費用、車検費用が含まれているプランもあります。
実際にカーリースを契約するときに特に気にするポイントは、月々の支払金額ではないでしょうか。

カーリースの見積もりを見て支払金額が高いや安いなどさまざまな価値観があると思いますが、月々の支払金額を下げるにはボーナス払いをおすすめしている業者も多いです。
宣伝広告などをよく見てみると月々の支払金額が安いですが、小さく「ボーナス5万円払い」など記載されていることもあります。

ボーナスは勤め先から出ているものですが、いつ貰えなくなるかわからない収入のため不安定な収入と言えるでしょう。
カーリースを契約するときにボーナス払い無しで利用することを希望される方もいるかと思います。

「ボーナス払い無しでもカーリースを利用できるの?」や「月々の料金をできるだけ抑えたいけどどうすればいいの?」と不安を思っている方も多いことでしょう。
本記事ではこのような不安を解消できるようカーリースのボーナス払いや、料金を抑えるコツを徹底解説します。
「カーリースの料金について詳しく知りたい」という方はぜひ最後までご覧ください。

ボーナス払い無しでカーリースは利用できるの?


ボーナス払い無しでもカーリースを利用することは可能です。
カーリースを契約する際にボーナス払いを「なし」か「あり」かを、選択ができるカーリースもあります。

各業者が取り扱っているカーリースで大きく変わりますので契約前に確認が必要です。
一度契約すると途中で契約内容の変更はできませんので、ボーナス払いについては購入希望者のライフスタイルを鑑み慎重に選ぶ必要があります。

ボーナス払い無しで利用可能

カーリースは月々定額で車に乗ることができる手段なので、基本的にボーナス払いをする必要がありません。
ボーナス払いをすると、年2回まとまったお金が必要になる事から月々定額というメリットが薄れてしまいます。
そのためボーナス払いは必要なく毎月定額で車を利用できるので、生計が立てやすい車の乗り方といえるでしょう。

ボーナス払いの選択ができるカーリースもある

カーリースの契約ではボーナス払いを選択できるプランもあります。
ボーナス払いを選択することで年2回の大きな出費は出てきますが、毎月の支払金額を抑えることが可能になるのです。
カーリースのプランによってボーナス払いの金額を「決められた金額」から選択する仕組みになります。

ボーナス払いが必須のカーリースもある

カーリースのプランによってはボーナス支払いが必須のプランもあります。
比較的自由に内容を決めることができるプランもあれば、パッケージ商品のような決められた内容のプランもあるのです。
ボーナス払いを必須にし月々の金額を抑える仕組みのプラン内容になります。

カーリースはボーナス払い無しの方がいい?


カーリースというサービスは「月々定額で車を利用できる」というサービスなので、ボーナス払い無しの方がカーリースとしてのメリットを受けられるでしょう。
ボーナス払いを有りにすると年間2回は大きな支払いが発生します。

一方でボーナス払い有りにするとメリットもあります。
ボーナス払い「無し」と「有り」ではどのようなメリットやデメリットがあるか以下で詳しく解説します。

ボーナス払い無しのメリットメリットとデメリット

ボーナス払い無しのメリットとデメリットを表にまとめました。

ボーナス払い無しのメリットとデメリット
メリット
  • 月々定額で利用できる
  • まとまった出費がない
  • 万が一ボーナスがもらえなくても支払いに困らない
デメリット
  • 月額料金が若干高くなる

ボーナス払い無しの場合は月々の金額は若干高くなりますが、カーリース特有の月々定額という利点を上手く利用する事ができます。
さらにボーナスが支給されなくても支払いに困ることがないので、心置きなく車の利用が可能です。

ボーナス払い有りのメリットとデメリット

ボーナス払い有りのメリットとデメリットを表にまとめました。

ボーナス払い有りのメリットとデメリット
メリット
  • 月々の料金を安くすることができる
  • 余裕のある月に支払いをまとめられる
  • ワンランク上のグレードにすることもできる
デメリット
  • 年2回の支払額が大きくなる
  • ボーナスが支給されなかったら支払いに困る
  • 途中でボーナス払いの設定を変更できない

ボーナス払い有りにすると月々の支払金額が安く抑えられたり、金額次第ではワンランク上のグレードの選択も検討できるでしょう。
一方で、ボーナス支給がなかった場合には支払いに困る可能性もでてきます。
契約の途中でボーナス支払いの設定を変更することができませんので、以上のことを鑑みて慎重にボーナス払いを選択することが必要です。

ボーナス払い無しがおすすめな人

カーリースを利用する場合にボーナス払い無しがおすすめな人は以下の人です。

ボーナス払い無しがおすすめな人
  • 大きな出費を抑えて月々定額で利用したい人
  • 生計を立てやすくしたい人
  • 支払いの心配をしずに車を利用したい人

ボーナス払い無しにすることで月々決められた金額で車を利用することができます。
月々定額であれば、収入と支出のバランスを取りやすく先を見据えた生計を立てることが可能です。

さらにボーナスカットや、ボーナス減額となっても慌てることなく生活ができます。
計画的に生活したい方は、ボーナス払い無しがおすすめでしょう。

ボーナス払い無しで利用できるカーリース会社5選


ボーナス払い無しで利用できるカーリース会社のおすすめを5社選びました。
カーリースを検討している人は参考にしてください。
1社ずつ解説していきます。

【定額カルモくん】月額1万円台から乗れる


定額カルモくんは月額1万円台から乗れる車種もあるほど、リーズナブルな価格で契約をすることができます。
契約期間は最長11年まであり、契約期間を長期にすることで月々の利用料金を抑えることが可能です。

ネットからなら24時間受付で利便性にも優れており、ネット申し込みだと割引が付くのも嬉しいサービスでしょう。
「なるべく費用を抑えたい」という方は一度見積もりを依頼してみましょう。

【MOTAカーリース】もらえるカーリース


MOTAカーリースは契約満了後はそのまま車がもらえる新車のカーリースです。
残価設定なしのカーリースのため、契約満了後は乗りなれた新車を自分の車にできます。

契約期間は5年・7年・11年から選択可能で、カスタムなど自由に車を利用できるのです。
「制約が少ない方がいい」という方は見積もり依頼してみましょう。

【ニコノリ】オンライン販売対応


ニコノリはメンテナンスパックが比較的安価で利用できるので、月額利用料も抑えることができるカーリースです。
国産全車種取扱いしているので、複数社見回らなくても希望車種を見つけることができます。

オンライン販売が可能なので購入希望者のペースで車種選定からプランまで決めれるので利便性にも優れているのです。
「メンテナンスも安く全て任せたい」という方は一度ネットから見積もり依頼してみましょう。

【リースナブル】いつでも乗換可能


リーズナブルは頭金なしで契約可能でき、残価設定するため月々の金額も抑えられるカーリースです。
一般的にカーリースは値引きがありませんが、リーズナブルでは車両価格からの値引きをしてもらえます。

契約期間いつでも乗換可能なのでライフスタイルが変わるたびに車を変えることができるのです。
「カーリースを利用したいが先を見据えるのが難しい」という方は、一度相談してみましょう。

【KINTO】トヨタ、レクサスに特化


KINTOはトヨタ、レクサスに特化したカーリースサービスです。
一般的なカーリースは任意保険を自分で入る必要がありますが、KINTOならカーリースプランに含むことができるのです。
トヨタ車に特化しているので、トヨタ車のカーリースならどこよりも安く利用もできます。
「トヨタ車でカーリースを検討している」という方は、一度KINTOで見積もりを出してもらいましょう。

カーリースで損をしないためには、さまざまなカーリース内容を比較すること大切です。
下記記事を参考にしたいただき最適なカーリースを選択してください。
↓↓↓
【最新】おすすめのマイカーリース比較ランキング

ボーナス払い無しでカーリース料金を抑えるコツ


ボーナス払い無しでもカーリース料金を抑えるコツがあります。

ボーナス払い無しでカーリース料金を抑えるコツ
  • 契約期間を長くする
  • 安い車種を選ぶ
  • 頭金を用意する
  • プランやオプションは自分に合わせて選ぶ
  • 残価設定を利用する

以上5つの項目はカーリースの料金を抑えるにあたり、重要な項目になりますので一つずつ詳しく解説します。

契約期間を長くする

カーリースの料金を抑える1つ目のコツは、契約期間を長くすることです。
契約期間は3年から~11年などカーリース取扱会社によって契約できる期間は異なります。
支払総額は契約内容によって一概には言えませんが、例えば支払総額200万円の車があったとしましょう。

200万円を5年で支払うか、7年で支払うかでは当然支払回数が多い7年で支払った方が毎月の支払金額は安くなります。
カーリースもこの考え方と同じで、支払総額は契約内容によって変動しますが、契約期間を長くすると毎月の支払金額を抑えることができるのです。

安い車種を選ぶ

カーリースの料金を抑える2つ目のコツは、安い車種を選ぶことです。
車両価格が安い車種を選ぶことで、支払総額が減るので毎月の支払金額を抑えることができます。

購入希望車種を選択するけど、グレードを一つ下げるなどして車両価格が安い車を選択するのです。
車種やグレードで妥協案を見つけ毎月の金額を抑える方法となります。

頭金を用意する

カーリースの料金を抑える3つ目のコツは、頭金を用意することです。
頭金を用意することでカーリース利用時の支払総額を減らすことができます。
支払総額が減額するので月々の支払額も抑えることが可能です。

プランやオプションは自分に合わせて選ぶ

カーリースの料金を抑える4つ目のコツは、契約のプランやオプション内容は自分に合わせて選びましょう。
おすすめされたままのプランやオプション内容にすると月々の支払い金額が高くなる可能性があります。

自分に必要ないプランや、オプションは省くことで月々の支払い金額を抑えることができるのです。
少し無理した定額プランではなく、余裕を持った定額プランにするためにも契約内容は自分に合わせて選びましょう。

残価設定を利用する

カーリースの料金を抑える5つ目のコツは、残価設定を利用しましょう。
残価設定とは契約満了時の車の想定価値を設定することを指します。
契約満了時の想定価値が「残価」ということになるのです。

残価設定を利用した場合は、契約期間は残価を支払う必要がなく車両価格から残価を差し引いた金額を契約期間内で支払います。
分かりやすいように金額のシミュレーションを以下の表にてまとめました。

条件:5年契約・車両価格200万円・5年後残価80万

車両価格 5年後残価 車両価格-残価 車両支払金額
200万円 80万円 200万円-80万円 120万円

以上のように残価を設定すると契約期間内の車両支払金額を大幅に減らすことができるので月々の支払い金額も安くなるのです。

ボーナス払い無しでカーリース残価設定を利用する際の注意点


ボーナス払い無しでカーリース残価設定を利用する際にはいくつか注意点があります。
注意点を把握しておかないと、契約満了時に大きなトラブルに発展することもあるのです。
契約時には以下で解説する項目を要チェックしておきましょう。

カーリースの残価設定とは?

カーリースにおける残価設定とは、先述した残価設定の考え方と変わりありませんが支払内容が変わります。
残価設定した車両代金を契約期間内に月額にして支払うのですがカーリースの場合は、車両代金にプラスで支払う金額が発生するのです。

車両代金にプラスで支払う金額とは、契約期間内の税金やメンテナンス代、車検費用となります。
以上の内容を含めた金額を月々定額にして支払っていくのです。

オープンエンド方式のメリットとデメリット

オープンエンド方式のメリットとデメリットは以下の通りです。

オープンエンド方式のメリットとデメリット
メリット
  • 残価を高く設定することで月々の利用料金が安くなる
デメリット
  • 契約満了時に精算金額発生する場合があり、大きな出費になる可能性がある

オープンエンド方式で契約すると月額料金を抑えられるので契約期間内でのメリットがあります。
一方で契約終了時点で、残価の設定金額よりも下取り額が下回っていると追加精算となるので注意が必要です。

クローズドエンド方式のメリットとデメリット

クローズドエンド方式のメリットとデメリットは以下の通りです。

クローズドエンド方式のメリットとデメリット
メリット
  • 契約終了時に追加精算が発生することがない
デメリット
  • 残価設定金額を購入者で決めることができない

クローズドエンド方式で契約すると契約終了時の追加精算は発生しないので、契約期間内や契約終了時大きな出費となることがありません。
一方で残価設定金額を購入者で決めることができないため、残価がいくらになっているかを知ることができません。

先々のことを考えて利用することが大切

カーリースを利用する場合は先々のことを考えて利用することが大切です。
契約期間は乗り換えができないカーリースもあります。

先を見据えないと「車を大きくしたいけどまだ2年乗らないといけない」など契約期間に縛られて車で不便してしまうことも出てきてしまいます。
購入希望者のライフスタイルを数年後まで見据えたうえで、「カーリースにしてよかった」と言えるように利用しましょう。

ボーナス払い無しでカーリースを利用しよう!


車の買い替えを検討している方は、ボーナス払い無しでカーリースを利用してみましょう。
カーリースは車にかかる費用が毎月一定になり生計が立てやすいため、便利なサービスです。

ボーナス払いが有りにしてしまうと、年に2回は大きな出費をしてしまうためカーリースのメリットを最大限活用することができません。

カーリースのメリットを最大限活用するには、ボーナス払い無しでカーリースを利用することです。
ご家庭の支出管理を賢く行いより豊かな生活を手に入れましょう!

カーリースの利用で損をしないためにも、下記の記事をカーリース会社選びの参考にしてください。
↓↓↓
【最新】おすすめのマイカーリース比較ランキング

カーリースに関する記事をもっと見る