MENU

【プロが厳選!】おすすめのカーリース会社ランキング2021年10月版

2021.09.08


「カーリースっていろいろあるけど、どれがいいんだろう?」

本記事ではそんな悩みを解消することができます。

カーリースには様々なサービスがありますが、それぞれのサービス毎に特長があります。

それぞれの特長があなたのニーズに会うのかを考えて選ぶことが重要になるため、残念なことに「このカーリースが良い!」と一概には言えません。

そこで重要なのが、どのカーリースが人気なのかを知り、人気サービスそれぞれにどういった特長があるのか、自分のニーズに合うのかを理解することです。

本記事の内容では、2021年10月における最新のカーリースサービスについて徹底的に解説していきます。

そもそもあなたはカーリースを利用するべきなのかという点から、どのサービスがあなたにぴったりなのかというところまで理解できます。

ぜひ最後までご覧ください。

カーリースおすすめTOP5

カーリースの基礎知識


最初にカーリースを初めて利用する方に向けて、カーリースの基礎的なことを説明していきます。

カーリースについての理解が曖昧なままだと、実際使って想像していたサービスと違うといった事態が起こってしまう可能性があるからです。

仕組みやマイカーとの違い、審査について詳しく見ていきましょう。

カーリースの仕組み

カーリースに仕組みついて、以下の2点を解説していきます。

  • カーリースの基本的なシステム
  • カーリースの料金システム

カーリースシステムの仕組み

カーリースは簡単に言うと、リース会社から車を長期間レンタルするシステムです。

3年や5年、7年といった車検の時期に合わせたリース期間が選ばれることが多いです。

音楽聞き放題サービスや動画見放題サービスのように、毎月定額を支払うことでいつでも車に乗り放題な状態になります。

まさに車のサブスクリプションサービスです。

レンタカーとは異なり、車検にかかる費用やオイル交換などのメンテナンス費用はリースしているあなたが支払うことになります。

また乗るたびに予約する必要はなく、車はずっと自宅や契約した駐車場に置くことになるため、車に乗りたいときに気軽に利用できます。

レンタカーとマイカー購入の中間に位置するのがカーリースと理解しておけばいいでしょう。

カーリースの料金の仕組み

カーリースには残存価格設定があり、リース終了後に予測される車の価値をあらかじめ差し引いた額を支払うことになります。

マイカーで考えると、400万円で車を買って、将来の売却額が100万円だから、残りの300万円だけを支払えばいいというイメージです。

そのため自家用車を買う場合に比べて、車両本体に対する支払い額は抑えることができます。

そしてカーリースの場合、月額料金の中には税金や車検費用なども含まれています。

諸々の費用がコミコミなため、ローンを組んで自家用車を買った場合と比較して、月々の支払い額は多くなってしまいます。

ただし1回あたり10万円ほどの費用が必要になる車検で一度に大きな支出が発生しないため、手元から一気にお金がなくなることはありません。

カーリースで支払う額は、最初に返却時の車の価格が差し引かれていること、車検代や税金が含まれていることを理解しておきましょう。

カーリースと購入の違い

カーリースと自家用車を購入の違いを以下の表にまとめました。

カーリース マイカー購入
頭金 不要 必要
毎月の支払い額 一定 バラバラ
車の所有権 リース会社 自分
ガソリン 自分で入れる 自分で入れる
自動車税 リース会社で手続き 自分で手続き
車のカスタマイズ・改造 不可能 可能

基本的にカーリースとマイカーを保有することは変わりません。

しかし車の所有権や頭金の支払いの有無など大きな違いが存在します。

頭金が不要なのに、自家用車を購入したような感覚になれる点で、カーリースは非常に人気です。

カーリースの審査

カーリースを利用する場合は、リース会社の審査を通過する必要があります。

クレジットカードを作成するときに審査を行ったり、マイホームを購入するときにローンの審査を行ったりするときと同じです。

月々の支払い額は3万円未満だとしても、長期間カーリースを利用すると大きな額の支払いになります。

その支払いをしっかりとできるのかという点を審査されるので、避けることはできません。

審査の際には、勤務先の情報や年収、勤続年数、クレジットカードの延滞履歴などを見られます。

安定した収入を得ているかという点から、収入の高さだけでなく勤続年数も重要です。

また過去にクレジットカードの支払いを延滞した経験があると、「延滞して支払ってもらえないのでは?」と思われて審査も通りにくくなります。

カーリースの審査に通りやすくするためにも、継続してリース料金の支払いができる人材だと思われるようにしましょう。

カーリースおすすめTOP5

カーリースをおすすめする理由


現代は車との付き合い方が多様化しており、マイカー購入一択の時代ではありません。

そんな中でカーリースを勧める理由を5つ紹介していきます。

頭金なしでマイカーを持てる

カーリースは、契約の方式などがマイカー購入と異なりますが、利用しているときはマイカーを持っているような感覚で利用することができます。

ローンを組んでマイカー購入する際は頭金が必要になりますが、カーリースの場合は頭金が不要です。

そのため貯金は無いけど車が必要という方でも車を入手することができます。

また頭金を支払いたいという方は、頭金を支払うことも可能です。

頭金を支払えば利息の対象となる額が減るため総支払い額が減るというメリットがあります。

頭金が不要なのがカーリースが人気でおすすめする理由の一つです。

毎月定額で車に乗れる

カーリースなら毎月一定額の支払いで車に乗ることができます。

マイカー購入の場合、ある月はメンテナンスの費用がかかったり、ある月は車検がかかったりと月によって車に対する支払い額がバラバラです。

毎月一定額だからこそ、今後の支払い予定が簡単に把握でき、年間でどれくらいの費用がかかるのかも簡単に分かります。

車以外の大きな買い物をする際にも、「今買って支払いは大丈夫か?」という判断が非常にやりやすくなるため、失敗を防ぐことに繋がります。

保険・税金・車検がコミコミ

先ほど毎月の支払い額が一定と説明しましたが、カーリースでの支払い額には自賠責保険や各種税金、車検代なども含まれています。

ガソリン代と任意保険代は含まれませんが、その他の費用がコミコミなためお金がピンチなときに10万円ほどかかる車検代を払う必要もありません。

どれくらいお金がかかったのかも簡単に分かるので、家計のやりとりもラクラクです。

各種メンテナンスも受けられる

オプションになることが多いですが、リースを行う際にメンテナンス付きのプランを選ぶこともできます。

車を長期間利用するとなれば、どこかしらおかしくなる部品が出てきてもおかしくありません。

そして車がおかしくなるのは、お金に余裕がある時とは限りません。

カーリースでメンテナンスプランのオプションを付けておけば、車がおかしくなった際も気軽にメンテナンスしてもらえます。

「わ」ナンバーではない

「わ」ナンバーはレンタカーで使用されるナンバープレートです。

価値観が変わりつつある時代ですが、レンタカーが恥ずかしいと感じる方もいるでしょう。

カーリースなら、車は借りる状態ですがナンバーは自分で自由に選ぶことができるため、「レンタカーなのでは?」と思われることもありません。

また自分の好きなナンバーにすることも可能なので、マイカーのような感覚で利用できます。

カーリースおすすめTOP5

カーリースにもデメリットがある?


以上ではカーリースを勧める理由を紹介・解説しました。

しかしながらどんなに魅力的なサービスであっても、デメリットは存在するものです。そしてとても魅力的な仕組みであるカーリースにもデメリットも存在します。

もし悪い点を理解して利用しないと、契約後に「失敗した」と後悔する可能性も。

これから紹介する5つの欠点をしっかりと理解し、納得してからリースを行うことで、後悔する可能性を減らせます。詳しく見ていきましょう。

原則として中途解約は出来ない

カーリースは最初に何年間リースするのかという期間を決定します。

決めた期間中はずっとリースしておく必要があり、契約後は解約したり、リース期間を長くしたりすることは原則不可能です。

実際のところ解約自体はできますが、違約金として残りのリース期間で支払う予定だった額を一括で支払わないといけなくなります。

違約金になってしまうと、最悪の場合何百万円ものお金を一気に支払う必要が出てきてしまうので、できれば避けたいですよね。

もし中途解約をする可能性があったり、「もし転勤で車が要らなくなって解約することになったらどうしよう」と不安な方には、リースナブルがおすすめです。

リースナブルならたとえリース期間中であっても解約することができ、違約金も発生しません。リースナブルの詳細は記事の後半でご紹介しますね。

走行距離に制限がある

自家用車の場合は、いくら走っても問題ありません。しかしカーリースの場合は走行制限がるためそうはいきません。

カーリースは期間終了後に車を返却することが前提ですが、車の走行距離が長くなると車の状態が悪くなってしまうからです。

走行制限は上限500kmのプランもあれば、上限2,000kmのプランもあり、リース会社によって様々です。また複数の距離の中から選べるサービスも存在します。

毎月決まった移動距離の中で生活しないといけないため、ドライブが趣味だったり、車を使って毎日長距離の通勤・通学をしたいと考える方には向かないサービスと言えます。

仮に決めた距離よりも長く走った状態でリース期間を終了すると、追加精算を行う必要が出てくるので気をつけましょう。

距離を気にせずに走りたいという方は、リース期間終了後にそのまま車をもらえるようなサービスを利用するのがおすすめです。

定額カルモくんの距離無制限プランやMOTAカーリースならリース期間終了後にそのまま車をもらうことができるので、走行距離の制限がありません。2社の詳細は記事の後半で紹介します。

距離制限がなければ、毎週末のドライブだったり、長距離の通勤であっても気にせずに済みますよ。

好き勝手にカスタマイズは出来ない

カーリースは原則改造NGです。

契約期間が満了しリースが終わった後、リース会社に車を返却する必要があるからです。

そのため車を改造・カスタマイズを行いたいと考えている方は、カーリースの利用を避けたほうが無難と言えるでしょう。

もし改造・カスタマイズを行いたいならリースナブルがおすすめです。こちらの後半で詳しくご説明します。

車の返却時に原状回復のために追加で料金が発生しますが、改造・カスタマイズが認められています。

利用頻度によっては割高になる

どれだけ車に乗っても乗らなくても、リース会社に対して支払う額は毎月一定です。

そのため10回車に乗っても、1回しか乗らなくても同じ額を支払わなければいけません。

結果的に車に乗る回数が少なければ、乗車1回あたりの費用が割高になってしまうことに。

また念のためとメンテナンスプランを利用することもありますよね。

せっかく整備に必要な料金を払っているのに、車を使わないから整備が必要な状況にならないということも。

もし車にはあまり乗らない考える方は、メンテナンスプランを外したり、距離制限を500kmなど短めにしたりすることをおすすめします。

メンテナンス費用が別途必要になりますが、車の状態が悪くなったタイミングでメンテナンスに出せる、あまり車に乗らない方であればそちらの方がお得です。

また走行距離の制限が短いと、その分費用を抑えてリースできるサービスもあります。

損しないためにも、利用頻度を考えて距離やメンテナンスプランを選ぶことが重要です。

契約終了時に追加請求の場合も

リース終了時、車の状態が悪いと良い状態に追加で請求が発生ことがあります。

リース終了後の車両の価格を予測し、査定分の価格を支払い額から割り引いていたからです。

長年車に乗っていると、野生動物や天気の影響によって傷や汚れが生じることがあります。

自分に責任がなくても、車に傷がつく可能性は十分にあります。そして責任が無いとしても、車の状態が悪ければ追加の支払いが生じるので注意が必要です。

追加で料金が発生するのを避けるなら、クローズドエンド型のリースがおすすめです。

残価設定額は少なめになるので、リース時に支払う額は多くなりますが、クローズドエンド型なら追加精算が発生しません。

カーリースおすすめTOP5

カーリースはこんな人におすすめ

これまでに解説してきたカーリースを勧める理由や、知っておきたい悪い点を踏まえて、どういった人がカーリースを使えば失敗・後悔しないのかを紹介していきます。

カーリースを利用してきっと満足できる人の特徴は以下の通りです。

頭金なしでマイカーを持ちたい

頭金を支払わず、初期費用ほぼ0円で車を持ちたいと考えている方にはカーリースがぴったりです。

引っ越しと同時に車が必要になったけど、引っ越し費用を払ったら頭金の支払いが厳しい方や、貯金が無いけど車が欲しい方におすすめです。

毎月定額料金で車に乗りたい

カーリースなら毎月同じ額の支払いで車に乗ることができます。

毎月の支払いには、自動車税や自賠責保険、車検代が含まれるため、「次の車検はいくら用意すればいいんだろう」なんて不安に感じる必要もありません。

また支払いごとに領収書を集める必要もなく、車に対していくらかかったのか簡単に把握することができます。

毎月の支払い額を一定にして、予想外な出費を避けたり家計簿の記入を楽にしたいと考えたりする方におすすめです。

好きな車種を選んで乗りたい

サービスにもよりますが、多くのリース会社では好きな車種・グレード・色・ナンバーを選べます。

せっかく車に乗るなら、好きな見た目やライフスタイルに合わせた性能を持つ車がいいですよね。

カーリースはまさにマイカーを買うような感覚でこれから長く乗る車を自由に選ぶことができます。

さらにマイカーを購入する場合は、メーカー毎にいくつかのディーラーを回る必要があり、休日の1日がなくなってしまうなんてこともあります。

一方でカーリースの多くは、Web上で手続きを行えるため、いくつか乗りたい車を選んでそれぞれの見積もりを行うことも簡単です。

乗りたい車を比較しながらじっくり選べる点もカーリースが人気の理由となっています。

プロ厳選!おすすめのカーリース会社ランキング

ここからは、プロが厳選したおすすめのカーリースを5つ紹介。

リース会社にはそれぞれ違う特徴や強みがあり、全ての人におすすめという訳ではありません。全ての人のニーズに対してカーリース各社の強みがマッチするとは限らないからです。

ぜひそれぞれの特徴を理解し、自分に合ったカーリースサービスを見つけてみてください。

2021年10月の最新情報を元に作られたランキングなので、情報が古いなんてこともありません。ぜひ参考にしてみてください。

①定額カルモくん

2位:定額カルモくん

月額料金の最安値 12,400円
リース可能な期間 1年から11年で1年単位
選べるメーカー 日本車全てのメーカー
新車・中古車の扱い 新車・中古車共に扱いあり
月額の内容 各種税金、自賠責保険、登録費用
オプションor各自契約が必要 メンテナンス、車検費用、任意保険
公式HP 定額カルモくん

定額カルモくんは、カーリースの中では珍しく1年単位で期間を選べます。

最長で11年間リース可能なので、毎月の支払い額を抑えつつ車に乗ることができます。

月5,000円前後のゴールドメンテプランに加入すれば、車検費用やエンジンオイルやワイパーなどの交換を行うメンテナンス費用もコミコミとなります。

5,000円のメンテナンスを利用したとしても、毎月の支払総額が20,000円かからない車もあるため、とにかく費用を抑えて長く車に乗りたい方におすすめです。

月額550円の乗り放題オプションを付ければ、カーリースの欠点である走行距離制限も無くすことができます。

さらには乗り放題オプションを付けることで、リース期間終了後に車をもらうことだって可能です。

マイカーのような感覚で車に乗れるので、カーリース初心者でも利用しやすいサービスとなっています。

2021年10月1日から2021年12月22日まで、月額料金が2ヶ月分キャッシュバックされるキャンペーンを行っています。

キャンペーンは公式サイトから審査に申し込むだけで参加できるので、お得なこの機会に試してみてください。

定額カルモくん公式HP

②リースナブル

リースナブル

月額料金の最安値 6,600円
リース可能な期間 3年、5年
選べるメーカー トヨタ、マツダ、日産、ホンダ、ダイハツ
新車・中古車の扱い 新車のみ
月額の内容 各種税金、自賠責保険、登録費用、車検費用
オプションor各自契約が必要 メンテナンス、任意保険
公式HP リースナブル

リースナブルはいつでも解約でき、解約時に違約金がかからないという特徴のあるサービスです。

さらには改造可能だったり、車種によっては即納車だったりと他には無いような強みがあります。

リース可能な期間は、3年と5年の2種類のみなので短期になります。リースの料金も安いため、他のサービスに比べてリースの価格を抑えることが可能です。

短期リースを検討している方で、リースナブルに乗りたい車があるならリースナブル一択です。

現在、夏の新車大セールとして、アルファードやハリアーなど人気車種がお得に乗れるキャンペーン中です。

リースナブル公式HP

③MOTAカーリース

4位:MOTAカーリース

月額料金の最安値 15,500円
リース可能な期間 3年、5年、7年、11年
選べるメーカー 日本車全てのメーカー(商用車除く)
新車・中古車の扱い 新車・中古車共に扱いあり
月額の内容 各種税金、自賠責保険、登録費用
オプションor各自契約が必要 メンテナンス、車検費用、任意保険
公式HP MOTAカーリース

MOTAカーリースはリース期間終了後にそのまま車をもらうことのできるカーリースです。

車をもらえるため、走行距離の制限もありません。

頭金なしでマイカーが欲しいと考える方にぴったりなカーリースです。

現在11月22日までの申し込みで、最大50,000円のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを行っています。

7年リースかつもらえるオプションを付属して契約した方がキャンペーンの対象になります。

MOTAカーリース公式HP

④SOMPOで乗ーる

4位:SOMPOで乗ーる

月額料金の最安値 19,000円
リース可能な期間 3年、5年、7年
選べるメーカー 国産車全車種/輸入車
新車・中古車の扱い 新車のみ
月額の内容 各種税金、登録費用、自賠責保険、任意保険
オプションor各自契約が必要 メンテナンス、車検費用
公式HP SOMPOで乗ーる

SOMPOで乗ーるは毎月定額で短期から契約することができ、契約期間は3年・5年・7年の中から選ぶことが可能です。

期間を長くした場合は月10,000円代まで支払額を抑えることができ、ライフプランを立てやすいです。

SOMPOで乗ーる以上に最速で納車されるカーリース会社はないので、すぐに車に乗りたい方は公式サイトから料金シュミレーションを行ってみてください。

SOMPOで乗ーる公式HP

⑤KINTO

3位:KINTO

月額料金の最安値 29,590円
リース可能な期間 トヨタ車:3年、5年、7年
レクサス車:3年
選べるメーカー トヨタ、レクサス
新車・中古車の扱い 新車のみ
月額の内容 各種税金、自賠責保険、登録費用、メンテナンス、車検費用、任意保険
オプションor各自契約が必要 なし
公式HP KINTO

KINTOはトヨタ車のリースに特化したサービスです。

珍しく任意保険料まで毎月の支払いに含まれているため、保険会社を探したり契約したりといった面倒な手続きをなくすことができます。

他のリース会社に比べて、リースの最安値が高めとなっていますが、これはトヨタ車の料金が高めでかつメンテナンス費用や保険の費用も含まれているからです。

支払い総額に見るとトヨタ車を非常にお得な月額でリースできます。

トヨタ車に乗ること検討している方は、KINOTOを利用してみてはいかがですか?

また、新型アクアのカーリースを検討している方向けに、7年プランで契約した場合、月額19,580円から乗ることができます。

もちろんメンテ代や保険料もコミで、新型アクアの人気カラー「プラチナホワイトパールマイカ」を無料で選べる特典もあります!

KINTO公式HP

まとめ

2021年10月における最新のカーリースおすすめランキングを紹介してきました。

今回紹介したランキングは以下のようになっています。

おすすめのカーリースランキング

それぞれのサービスごとに特徴があるので、まずは自分に合うなと思ったサイトで無料の見積もりから行ってみてはいかがですか?