自動車外板の洗車方法と、よくある質問を紹介します

2020.09.16

誰でもできる自動車のメンテナンスとして最も代表的なものが、洗車。

自動車の見た目を綺麗に、そして塗装面の機能面を良好に保つためにも洗車は欠かせないものでしょう。

しかし、洗車の方法は自動車学校や誰かに教えてもらえる訳ではありません。洗車機に入れるものいいですが、細かい部分などは手洗いの方が綺麗にできます。

正しい洗車の方法を実践すれば、今より愛車が一段とキラキラと輝き、愛着も湧くはず。

それでは、今回は特に外板(ボディやバンパーなど)の正しい洗車方法について解説していきます。

具体的な洗車の方法

早速、具体的な洗車の方法から解説していきます。なお、手洗いを想定しています。

まずは、準備するものは以下の通り。

・金属などの装飾が無い服装
・洗車セット(洗剤・スポンジ・マイクロファイバークロス数枚・踏み台)
・ホースやバケツ
・(必要があれば)コーティング剤

ぶつけたりこすったりして車を傷つけないように、装飾が無い服を選んでください。

また、洗剤は最も一般的な自動車用の中性洗剤で十分でしょう。アルカリ性の強力な洗剤もありますが、中性洗剤も十分な性能を持っています。

マイクロファイバークロスも数枚持っておくと、しっかりと水分を拭き取れるのでおすすめです。

次に、具体的な洗車の手順を紹介いたします。

1.上から水をかけて、砂などの汚れをしっかりと洗い流す
2.洗剤をよく泡立てて泡で洗うイメージで洗う
3.泡が残らないように洗い流す
4.水が乾かないうちに拭き取る
5.コーティング剤で仕上げをする

以下の画像のように上から水をかけるのは、汚れを効率よく落とすため。洗車のみならず掃除の基本でしょう。

ただ、注意点がいくつかあるのでそれぞれ紹介していきますね。

洗車をするときの注意点

注意点は以下の3つ。

・水垢防止のため、車体をパーツごとに洗っていく
・上から下、一方向から拭く
・車体をゴシゴシと拭かない

まず、車体全体に水をかけて汚れを洗い流した後はパーツごとに洗っていきましょう。

洗車で最もやりがちなのが、全体を一気に洗って、水滴が乾いて水垢となってしまうこと。水垢防止のために、乾くまでに拭き取ることを覚えておいてください。

以下の画像は、パーツの分け方の一例です。このくらい細かく分けるとよいでしょう。ご自身の車の形や大きさによって、適宜調整してくださいね。

次に、車体を拭くときは上から下の一方向から拭くこと。円を描くように洗うイメージもありますが、これでは角を洗い残すことが多いです。

水の流れに逆らわず、重力の方向に上から下に拭いていきましょう。

そして、車体をゴシゴシと拭かないこともポイント。砂やホコリがついた車体をゴシゴシと拭くのは、ヤスリがけをしているのと同じとも言えます。

汚れは水で洗い流すこと、撫でるように優しく拭くことを意識してください。

洗車に適した天気と時間帯

洗車はどんな時にやればいいかを解説していきます。結論としましては、天気は曇りで時間は朝か夕です。

車体についた水滴が乾くと水垢になると説明しましたね。

よく晴れた日なんかは洗車日和だと思われがちですが、水滴の蒸発も早く、水垢になる危険も多いです。

そして、同様の理由で太陽の位置が高くない朝夕が狙い目です。

よくある質問

さて、最後によくある質問とその回答を、数個紹介いたします。

・洗剤は中性・酸性・アルカリ性があるけど、どれを使えばいいの?
・洗車機に入れるだけではダメなの?
・洗車をサボると車にどんな影響が出るの?

それぞれ、解説していきますね。

洗剤は中性とアルカリ性があるけど、どれを使えばいいの?

最も一般的な洗剤の「中性」がおすすめです。

中性は他の2種に比べて洗浄力は少し劣りますが、塗装面に影響を与えにくいので、自分自身で洗車をするときに最も適しています。

中性洗剤を選んでおけば間違いない。覚えておきましょう。

洗車機に入れるだけではダメなの?

昔の洗車機は性能がイマイチなものが多く、塗装面に細かな傷ができてしまうものでした。洗車機は傷が付くものとお考えの方もいるでしょう。

ただ、それは昔の話。今の洗車機および車の塗装面は性能が格段に向上しており、傷がつくことはほとんどありません。

洗車が面倒な方は、洗車機に入れるだけでも十分でしょう。

ただ、洗車した後はしっかりと水滴を拭き取ること、そして、落としきれなかったしつこい汚れは手洗いで落とすことを覚えておいてください。

大部分は洗車機に任せて、仕上げは人力というイメージです。

洗車をサボると車にどのような影響が出るの?

洗車をしないで放置をして、車にどんな影響が出るのか。

海辺に住まれている方は潮風で車が錆びるかと思いますが、そうでない方はすぐには影響は出ないでしょう。

ただ、洗車をするメリットのひとつに「塗装の異常に気がつく」があります。

チッピング等でできた塗装はがれが原因で、そこから雨が侵入、サビが進行して車体にダメージを与えかねません。

こまめに洗車をして車体を見ることで、異常の早期発見に繋がり、結果的に車が長持ちすると言えますね。

まとめ

自動車の外板の洗車方法やよくある質問を解説してきました。

正しい洗車方法で、あなたの愛車をピカピカに保ちましょう!