MENU

カーリースの審査が通らない時の対処法6選!マイカーを諦める前にやるべきこと

2022.01.13


頭金ナシ・月々定額で便利なカーリースに申し込んだけれど、審査が通らなかったという方、また審査に通るか心配に思っている方もいらっしゃることでしょう。

審査落ちすればその理由が気になるでしょうし、カーリースは無理なのかと諦めたくなるでしょうが、しっかりと対策を取れば審査に通る可能性はあります。

この記事ではカーリースの審査が通らない時にぜひチェックしてほしい対処法6つをご紹介しますので、ぜひ目を通してみてください。

何故カーリースの審査落ちが発生するのか


カーリースの審査に申し込んで落ちてしまったという方、そして、これから申し込もうとしているけれど落ちたという人の話を聞いて不安に思っている方は、「審査落ち」の仕組みが気になることと思います。

そこで、なぜカーリースの審査落ちというものが発生するのか、そもそも審査がなぜあるのかを説明していきましょう。

そもそも審査がある理由は?

車を所有することなく、一定期間リースしてマイカーのように使えるのがカーリースサービスです。

レンタカーやカーシェアは審査不要ですが、車を借りるだけのカーリースに審査が必須なのはなぜなのでしょうか。
それは、カーリースというサービスの仕組みに関係しています。

カーリースでは、ユーザーが選んだ新車をカーリース会社がまず新車購入し、立て替えておいた費用をユーザーが頭金なしの月割りで支払っていきます。

月額料金を契約満了まで払い続けることが前提の契約なので、音楽や動画の定額サブスクリプションのように、やめたい時に退会できるサービスではありません。

そのため、契約満了まで月額料金を払い続けられる支払い能力があるのかどうか、申し込み時に審査を行うというわけです。

いずれかの審査基準に引っかかっている

もし審査落ちしてしまった場合、一般的にはその理由が明示されることはありません。

そのため、ユーザーはいったい何が悪かったのかとやきもきしてしまうのですが、冷静に分析してみれば理由が絞られてくるものです。

審査には一定の「審査基準」というものがあり、各社により異なるものの、おおむね似たような審査項目をチェックしています。

審査に落ちた場合はこのいずれかの審査基準をクリアしなかったものと考えてまず間違いないので、そのポイントを絞り込むことで対策を取ることが可能になってきます。

まずは審査に通らない理由を把握する

カーリースでは、契約期間中、毎月定額を支払い続けることが求められるため、その間の安定収入という部分が最重要視されます。

審査に落ちた場合、安定収入にまつわる審査項目で何らかの基準に引っかかったものと考え、どの部分だったのか思い当たるものをピックアップし、審査落ちの理由について把握していきましょう。

引っかかった項目ごとに取れる対策はいくつかあるため、まずはどの部分で審査に通らなかったのかを自分なりに把握しておくことが大切です。

カーリースの審査に通らない5つの特徴


それではここで、カーリースの審査に通らなかった場合の特徴を5つ挙げてみましょう。

審査落ちの理由が把握できれば対策を取ることもできますので、ご自身に当てはまりそうなものを探してみてください。

カーリースの審査に通らない5つの特徴
  • 特徴1:収入が不安定
  • 特徴2:信用情報に不安がある
  • 特徴3:自己破産の経験がある
  • 特徴4:ローン審査に落ちた経験がある
  • 特徴5:虚偽の申請がある

特徴1:収入が不安定

カーリースの便利なポイントの一つに、月々定額という支払い方法があります。

定額であるからこそ家計の見通しも立てやすく、ふいの出費に慌てることもありません。

しかし、逆に言えばカーリースでは毎月定額の料金を支払えるような安定した収入が求められます。

公務員や会社員など月給制であれば収入が安定していますが、パートやアルバイト、自営業や個人事業主の場合、月や季節によって収入がマチマチなこともあるため、審査では「毎月定額」に向かないと見なされることがあります。

年間の収入金額が低すぎるというわけではないのに審査落ちした人は、金額ではなく安定具合が引っかかった可能性がありますので、チェックしてみましょう。

特徴2:信用情報に不安がある

今現在の収入に問題がなかったとしても、信用情報に問題があると審査落ちしてしまう可能性があります。

信用情報というのはクレジットカードやローンなどの債務履歴・債務状況のことで、審査の際にはこの信用情報が参照されます。

過去に滞納や支払い漏れがあるといわゆる「ブラックリスト」に入ってしまっている可能性もあり、そうなるとリストから外れるまで数年間は新たなローンなどが組めないという場合があります。

特徴3:自己破産の経験がある

自己破産というのは裁判所で自己の債務が免除される金融措置であり、信用情報上で最も重い履歴となります。

自己破産をするとブラックリストに載り、長い場合では10年ほどの間新たなローン等が組めなくなります。

債権者側からするといわば「借金を踏み倒した」形となるため、そのような過去がある利用者の審査を通すのは、リスクが高いと言わざるを得ません。

よって、直近10年ほどで自己破産の経験がある人は、カーリース審査に通るのは困難と言っていいでしょう。

ただし、絶対に審査に通らない、カーリースは利用できないということではなく、他の条件によっては審査に通る可能性はあります。

特徴4:ローン審査に落ちた経験がある

これまでに他のローンやクレジットカード等の審査に落ちた経験がある場合、新たにカーリース審査を申し込む際も要注意となります。

ローンの審査落ち経験があるからといってカーリースの審査も通らないというわけではありませんが、審査をする側はリスクを最小限に抑えるため、チェックも厳しくなる傾向があるからです。

この時、なぜ落ちたのか把握できていれば対策も立てやすくなるため、自身でも状況を振り返って整理しておくのがよいでしょう。

特徴5:虚偽の申請がある

審査の申込みの際に虚偽の申請をしてしまうと、収入や債務状況などに関わらず審査落ちとなってしまいます。

わざと偽った情報を書き込んだ場合、審査に落ちるだけでなく今後の申込みすらできなくなる場合もあるため、虚偽の申請は絶対にしない方がよいでしょう。

自信のない部分や不安な部分があっても、正直に、正確に記入していれば審査前にリース担当者に相談し、対策を取れる可能性もあります。

信頼関係を壊してしまうような記載はせず、ありのままを記入しましょう。

カーリースの審査が通らない代表的なパターン


カーリースの審査が通らない場合、債務履歴などに問題がなければ、職業や年齢などが引っかかってくる場合が多くあります。

ここで、審査落ちしてしまう代表的なパターンを挙げてみましょう。

アルバイト、パート、フリーター

たとえ年収がそれなりにあったとしても、アルバイト、パート、フリーターの場合は収入が不安定と見なされ、審査落ちしてしまうことがあります。

しかし、年収がおよそ200万円以上であれば、勤続年数が長ければ安定的な収入と見てもらえる可能性は充分にあるでしょう。

また現在の勤め先での就業年数が浅くとも、まったく別の業界を転々としているのではなく、ひとつの業界やグループ会社などでブランクなく続けているなどアピールポイントがあれば、その旨も伝えておきましょう。

主婦、主夫

専業主婦・主夫の場合は基本的に無収入となりますので、そのままでは月々のカーリース料を払う支払い能力があるとは見なされません。

ただ、配偶者の収入状況によっては、審査に通る可能性も出てきます。

カーリース契約にあたり、収入のある配偶者を連帯保証人として立てることで審査に通ることも充分にあり得ます。

ただ、その場合は配偶者の方と事前によく相談し、夫婦で納得した上でカーリースに申し込むのが良いでしょう。

高齢者

高齢で、仕事をリタイアし年金暮らしをしている方であってもカーリースの申込みは可能です。

ただ、やはり収入が低い場合や、信用情報に問題がある場合は審査落ちしてしまうこともが多くなります。

また、最近は高齢者による交通事故も多く発生しており、収入面だけでなく事故リスクの高さがネックとなるため、そもそものカーリース申込み可能年齢に上限を設けているカーリース会社もあります。

ただ、年齢制限内であれば、主婦・主夫と同様に親族が連帯保証人になることにより、収入不足を補って審査が通る可能性はあります。

所得額が低い個人事業主

個人事業主の場合、節税対策のためわざわざ所得を低く抑えておく人もいます。

また、過去の決算書を提出するなどして収入の実態を示さなくてはなりませんが、開業したてであってもやはり十分な年収と見なされない場合があります。

なお、個人事業主は個人カーリースに申し込むか、法人カーリースに申し込むか選ぶこともできますが、リースの種類もあわせて契約前にカーリース会社とよく相談するとよいでしょう。

カーリースの審査が通らない時の対処法6選


カーリースの審査に通らなかった、あるいは審査落ちしそうなポイントを把握できた際は、どうしたらよいのでしょうか。

ピンポイントでの改善策があればもちろんその部分を見直しますが、審査落ちのポイントがどこであったとしても、下記の6つの対処法が有効となります。ぜひ参考になさってください。

カーリースの審査が通らない時の対処法6選
  • ①頭金を用意する
  • ②連帯保証人をつける
  • ③家族の名義で申し込む
  • ④安い車種やプランに変更する
  • ⑤信用情報を整理する
  • ⑥他のカーリース会社に変更する

①頭金を用意する

カーリースは頭金が不要というのが最も大きな特徴ですが、あえて頭金を用意することで審査が通る場合があります。

この場合の頭金は保証金のような意味合いもありますが、頭金としてまとまった金額を先払いできれば月々のカーリース料が低く抑えられるため、収入の低さをカバーすることが可能となるのです。

ただし、頭金ありの設定にできるかどうかは各カーリース会社によって異なるため、事前に相談するのがおすすめです。

②連帯保証人をつける

カーリース会社にとって、カーリース料の支払いが滞ってしまうことは大きなリスクとなります。

その時に連帯保証人がいればリスクを減らすことができるため、支払い能力のある親族などを連帯保証人として立てることができれば、不安な点があったとしても審査に通る可能性が高まります。

ただし、保証人を立てる際にはもちろん名前だけを勝手に使うようなことはせず、きちんと納得の上で保証人となってもらうようにしましょう。

そのためには、日頃から信頼関係のある方によく相談した上で頼むのがいいでしょう。

③家族の名義で申し込む

自分の収入や職業では審査に通る自信がない場合、配偶者や親、あるいは子どもなど同居の家族の名義で申し込むという方法もあります。

家族の車として使うのであれば、収入能力のある方を申込者として審査を受けるのも一つの手ですので、ご家族で相談してみるのもいいでしょう。

④安い車種やプランに変更する

カーリースの審査は、申し込んだ車種の月額料金に対して支払い能力があるかどうかがカギとなります。

つまり、同じ収入であっても、高い月額料のプランと安い月額料のプランとでは、安いプランの方が審査が通りやすいのです。

安いプランにするためには、車種を安いものにする、車種のグレードを下げる、契約年数を長くするなどの方法があります。

頭金や連帯保証人を用意することと比べ、なるべく安いプランに変更するのは容易ですので、プラン変更は最も簡単に審査が通りやすくなる対処法と言えるでしょう。

⑤信用情報を整理する

信用情報に不安がある場合、まずは延滞や滞納を解消したり、ローンや分割払いを完済してから審査に申し込むのがよいでしょう。

借入や債務が少しでも少ない方が、審査には有利となります。

なお、債務の状況を正確に把握したい場合、自分の信用情報を自分で照会することも可能です。CICなどの信用調査機関にて照会を申し込み、それをチェックの上でしかるべき手続きをするのがいいでしょう。

⑥他のカーリース会社に変更する

一つのカーリース会社で審査落ちしてしまったとしても、それでカーリースを諦める必要はありません。

カーリースは、リース会社によって審査の方法がそれぞれ異なります。

審査会社が違ったり、カーリース料が安くなったりすることで審査に通る可能性が出てきますので、そのカーリース会社の審査情報を調べた上で再チャレンジすることは有効です。

審査に通らない時におすすめのカーリース会社


それではここで、審査に通らない時におすすめのカーリース会社を5つご紹介しましょう。

審査が不安な場合はまずそのカーリース会社の審査の特徴をつかみ、自分が審査に通りそうなところを選んで申し込んでみるのがおすすめです。

ぜひ下記に挙げる情報を参考に、自身に合ったカーリース会社を選んでみてください。

審査に通らない時におすすめのカーリース1:定額カルモくん

カーリース名 定額カルモくん
取扱い車種 国産全車種から選べる
月額料金 月額1万円台~
月額料金に含まれるもの
  • 車体本体価格
  • オプション装備代金
  • 自動車税
  • 重量税
  • 自賠責保険
契約期間 1~11年まで1年単位で選べる

定額カルモくんは、契約期間が1~11年まで1年単位で選べるカーリース会社です。

長期契約が可能なため、月額1万円台から借りられてリーズナブル。月額料金を安く押さえられれば、審査でのハードルも下がります。

また、定額カルモくんではわずか5分でできて、翌営業日には結果が出る「お試し審査」が可能。

これは、用意された5車種から希望に近い月額料金のものを選んで「お試し」で審査を行うもので、通過すれば、本審査に向けて契約可能な車種の範囲などのアドバイスを受けられます。

このような予備審査をはさむことで、一発本番ではなくアタリをつけて確実に通る形で本審査に臨めるというわけです。

定額カルモくん公式HP

審査に通らない時におすすめのカーリース2:KINTO

カーリース名 KINTO
取扱い車種 トヨタ車・レクサス車の一部
月額料金 月額1万円台~
月額料金に含まれるもの
  • 車体本体価格
  • オプション装備代金
  • 自動車税
  • 重量税
  • 自賠責保険
  • 任意保険
契約期間 3年・5年・7年(レクサス車は3年のみ)

自動車メーカーのトヨタが運営するKINTOは、トヨタ車とレクサス車を取り扱うカーリースです。

トヨタという大企業の安心感と、カーリース料に「任意保険」までもが含まれている点が大きな特徴。

大企業だと審査も厳しいのではというイメージがあるかと思いますが、トヨタはカーリース「KINTO」やカーシェア「トヨタシェア」など、新業態の事業をより広く展開している最中です。

そのため、サービスを拡大するためになるべく門戸を広く開いている面があり、審査が通りやすいと言われています。

審査会社もトヨタファイナンス1社となっており、自社審査の色合いが強い点もポイントです。

KINTO公式HP

審査に通らない時におすすめのカーリース3:MOTAカーリース

カーリース名 MOTAカーリース
取扱い車種 国産全車種から選べる
月額料金 月額5,610円~
月額料金に含まれるもの
  • 車体本体価格
  • オプション装備代金
  • 自動車税
  • 重量税
  • 自賠責保険
契約期間 5年・7年・11年

MOTAカーリースは、MOTA(モータ)という自動車ウェブメディアが運営するカーリースです。

車がもらえるオプションや新車7年延長保証オプションに加え、走行距離制限やカスタム制限がないという車好きには嬉しいサービスを展開しています。

支払いはボーナス払いに対応しているほか、審査の際には相談の上、頭金にも対応してくれます。

契約期間も最長11年と長期で、頭金を用意できれば月額料金は大きく下げられるため、審査に通る確率もアップするでしょう。

MOTAカーリース公式HP

審査に通らない時におすすめのカーリース4:コスモMyカーリース

カーリース名 コスモMyカーリース
取扱い車種 国産全車種から選べる
月額料金 月額1万円台~
月額料金に含まれるもの
  • 車両代金
  • 登録諸費用
  • 各種税金
  • 自賠責保険
  • 車検代
契約期間 3年・5年・7年・9年

コスモMyカーリースはコスモ石油が運営しており、プランによってガソリン代が最大5円/L引きになるなど燃料維持費もお得になるカーリースです。

コスモMyカーリースでは契約にあたって頭金の設定が可能で、10万、30万、50万円から選ぶことができます。

同じくボーナス払いも1万~5万(年2回)から選んで設定できるほか、担当窓口ではカーライフコンシェルジュがプランの相談にも細かく乗ってくれるので、審査の不安点を解消することができます。

また、提携している審査会社が3社用意されているので、審査会社1社のカーリースに比べてチャンスも3倍になります。

コスモMyカーリース公式HP

審査に通らない時におすすめのカーリース5:NOREL(ノレル) by Gulliver

カーリース名 NOREL(ノレル)
取扱い車種 国産主要メーカーの約40車種
月額料金 月額1万円台~
月額料金に含まれるもの
  • 車体本体価格
  • オプション装備代金
  • 自動車税
  • 重量税(新車時)
  • 自賠責保険(新車時)
契約期間 1年~9年

NOREL(ノレル)は中古車売買でおなじみのガリバーが展開するカーリースで、新車プランのほか中古車とマンスリー(レンタカー)のプランも用意されています。

審査会社は2社で、ボーナス払いと頭金払いにも対応。学生や主婦でも連帯保証人を立てることで審査を受けることが可能です。

車選びから契約まで、LINEで完結可能という気軽さが魅力。新車で選べる車種は少なめですが、中古車はさすがの品揃えです。

数ヶ月という短期利用であれば、審査のないマンスリーも便利です。

NOREL公式HP

審査が通らなくても諦めずに他社を試そう


今回は、カーリースの審査に通らない人の特徴や、審査が通らない時にぜひチェックしてほしい対処法やカーリース会社をご紹介しました。

審査に通るためには、まず自分が審査で引っかかりそうな点を把握し、不安な点を潰しておくのが大切です。

また同時に、頭金や連帯保証人などを用意できれば審査で自信がない点をカバーしてくれます。

そして、カーリースはリース会社ごとに審査の方法が異なるため、審査についての情報を集めることで自分が審査に通りやすいカーリースを見つけることが可能です。

ぜひ自分に合ったカーリース会社を見つけ、審査に通って快適なカーライフをお送りください。