MENU

個人事業主はカーリースの審査に通る?審査基準や審査対策を徹底解説!

2022.04.18

個人事業主が自動車を利用しようと思ったら、車を購入したり、カーリースを使ったりする方法があります。
通常、車は購入して個人事業主が所有者になることがありますが、カーリースは、住宅を借りるように、車を借りて毎月リース料が発生。

カーリースも住宅を借りるときのように、審査に合格しなければ、自動車を利用することができません。
ここでは、個人事業主がカーリースの審査に通るかどうかや審査基準や審査対策を解説します。

個人事業主がカーリースを社用車として利用する方法

 

個人事業主がカーリースで自動車を利用した場合、自動車を購入した場合に比べ、どういった違いがあるか、疑問があると思います。

ここでは、個人事業主がカーリースを社用車として利用した場合のメリットなどを紹介します。

個人事業主がカーリースを利用するメリット

個人事業主がカーリースを利用することで、税金などメリットがいくつかあるので紹介します。

カーリースのメリット
  • 自動車税や保険の納付が不要
  • 全額経費で計上できる
  • 車検や整備の費用がリース料に含まれる

カーリースのメリット①:自動車税や保険の納付が不要

ご存じな方が多いととは思いますが通常、自動車を購入することで支払わなければならない自動車税や保険の納付は個人事業主が行う事になります。
一方、カーリースの場合、所有権はカーリース会社にあるため、自動車税や保険の支払いはカーリース会社が行うメリットがあります。
そのため月々の支払いが一定額になり、生活費が負担が安定します。

カーリースのメリット②:全額経費で計上できる

例えば、個人事業主が税金を納める際にいわゆる青色申告を行うケースがあります。
この場合30万円を超える経費については、一括で計上できないことはよく知られています。

個人事業主が新車を入手しよう考えた場合、軽自動車であっても100万円以上することが多く、数年を費やし、経費として計上する減価償却を行います。
ただ、新車の場合、6年で減価償却を行う必要があり、高価な自動車を購入する際に躊躇する個人事業主もいるかもしれません。
一方、個人事業主がカーリースで支払う毎月のリース料は、全額一括で経費として計上することが可能。
全額経費で計上できることで節税の効果は最大限に期待できます・

カーリースのメリット③:車検や整備の費用がリース料に含まれる

個人事業主が自動車を利用する際に発生するランニングコスト。
例えば、ガソリン代やオイル代、消耗品の交換費用といったランニングコストについては、使用する個人事業主に発生しますが、車検や整備の費用はカーリースでは発生しないメリットがあります。
車検や整備の費用は車の傷み具合によってはかなり高額になることがあるので、カーリースであれば、安心。

カーリースは個人向けと法人向けの2種類ある

カーリースは、一見どれも同じようように見えますが、カーリースは個人向けと法人向けの2種類あるので紹介します。

口座が個人名義の場合

個人事業主が自動車を利用しようと考えた場合、月々のカーリース料金の支払いに使う銀行口座は、個人名義のものを使うことになります。
ここで、ここで気になるのが、個人名義の口座でカーリース会社との取引ができるかどうかです。
口座が個人名義でもカーリース利用が可能で、経費の計上もできるので安心して下さい。

口座が法人名義(屋号付き口座)の場合

昔から日本では法人の車用車といえばカーリースで調達することが多かったです。
法人では、車用車を購入して所有することに比べて、カーリースを利用することで自動車が固有資産と見なされないので税金の面で有利となるので、車用車はカーリースが利用されることが多かったです。
例えば、屋号付き口座を持っている場合は法人向けで手続きを進めることになります。

個人事業主がカーリースを利用する際の審査基準

個人向けカーリースを利用する際に、利用者がリース料金を滞りなく支払える人物かどうか審査が行われます。
個人名義口座の場合は、個人向けカーリースの審査に申し込むことになります。
ここでは、法人や個人事業主がカーリースを利用する際の審査基準について紹介します。

個人向けカーリースの審査基準

個人向けカーリースの審査基準を把握することで、現状、個人事業主が合格するかどうが、だいたい分かるので紹介します。

個人向けカーリースの審査基準
  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 信用情報

① 審査基準:年収

個人事業主の場合、カーリース会社から3年分の決算書などが必要だと言われることがあります。
大体、年収が200万円以上あることが審査基準となっています。

② 審査基準:職業

カーリース会社は個人や個人事業主が行っている職業や事業内容によって、安定したカーリース料金の支払いが可能かどうか判断する場合があります。

③ 審査基準:勤続年数

個人の勤続年数や、個人事業主の事業年数は、審査基準になることがあります。
事業年数や審査基準は長ければ長い程、審査に通りやすいといわれていますが、3年以上が目安となってことがあります。

④ 審査基準:信用情報

過去にお金にまつわるトラブルが無かったかどうかも信用情報として審査基準となります。
例えば、自己破産や任意整理をはじめ、クレジットカード、ローンなどの支払が遅延したり、滞納したりするお金にまつわるトラブルがある場合は注意が必要。

法人向けカーリースの審査基準

法人向けカーリースの審査基準を把握することで、現状、個人事業主が合格するかどうが、だいたい分かるので紹介します。

個人向けカーリースの審査基準
  • 審査基準:経営状況
  • 債務残高
  • 勤続年数
  • 信用情報

① 審査基準:経営状況

法人向けカーリースでは経営状況の良し悪しを判断するキャッシュフローが審査基準になります。
例えば。3年分の確定申告書や決算書などの提出を求められることがあるので、赤字が続いている法人は注意が必要。

② 審査基準:事業年数

事業年数が少ないと審査に通らないかもしれないと心配することがありますが、1年以上あれば、審査にマイナスにことはまずありません。
ただ、事業年数が1年未満の法人が必要です。

③ 審査基準:債務残高

法人では大なり小なり債務残高が発生することがあります。

例えば、債務残高とは、銀行などからの借入金や、商品の仕入れで必要な買掛金などとなっています。
事業の利益と債務残高のバランスが崩れ、債務残高が多くなればなるほど経営状態は健全と判断されないので審査基準に引っかかることがあるので注意が必要です。

個人事業主がカーリースを利用する際の審査対策

個人事業主は、カーリースを利用する際、審査に合格するかどうか心配になることがあります。
審査の対策をしっかり行うことによって、意外と簡単に審査に合格することがあります。
ここでは、個人事業主がカーリースを利用する際の審査対策について紹介します。

個人向けカーリースの審査対策

個人向けカーリースの審査対策には、信用情報のチェックや車種の選定があるので紹介します。

① 審査対策:信用情報のチェック

信用情報といわれる支払の遅延や滞納をはじめ、自己破産、任意整理などについては、審査の前にチェックしておくは重要なことです。

② 審査対策:車種の選定

事業規模が小さく、収入も少ないのに、高額な高級車をリースしようと思っても、審査に合格にならない場合があります。
事業規模や収入に見合わった車種を選定することは、審査に合格する重要な要素となっています。

法人向けカーリースの審査対策

法人向けカーリースの審査対策を行う事で、合格することはあります。
法人向けカーリースの審査対策は次の通りです。

① 審査対策:正確な企業情報を記載

法人の事業年数や売上高などは長く高いほうが審査に合格すると考えるかもしれません。
ただ、事業年数や売上高などに虚偽があると審査に合格しないので、正確な企業情報を記載することは重要。

② 審査対策:経営者の信用情報は重要

経営者の信用情報も審査の重要な要素となっています。
例えば、支払を遅延したり、未払いがあったりする場合、審査に合格しないケースがあるので確認しましょう。

個人事業主がカーリースの審査を通過しなかった場合の対処法

もし、個人事業主がカーリースの審査を通過しなかった場合でも安心して下さい。
ここでは、個人事業主がカーリースの審査を通過しなかった場合の対処法を紹介します。

頭金を用意する

カーリースのメリットとして挙げられるのは、頭金など初期投資が殆ど必要ないことです。
ただ、頭金が設定されているカーリースもあり、金額が下がるため、審査が緩い場合があります。
もし、個人事業主がカーリースの審査を通過しなかった場合、頭金が設定されているカーリースに変更することも必要となっています。

連帯保証人をつける

個人事業主の勤続年数が少ないとカーリースの審査が通らないケースがあるかもしれまません。
ただ、カーリース会社から、連帯保証人を付ければ審査に通りますといった提案があった場合、前向きに検討することも必要だと考えられます。

安いプランに変更する

カーリースでは、新車を購入するように色々な車種やグレードの自動車のプランが用意されています。
あまりにも高価なプランで契約しようとした場合、審査に合格しないケースがあります。
この場合、安いプランに変更することで、審査に合格する可能性があります。

法人でなく個人で申し込む

カーリースには個人向けと法人向けがあることは紹介しましたが、審査の基準も異なります。
もし、法人向けのカーリースの審査に合格しなくても、個人向けのカーリースの審査に合格する可能性があるので諦めないで下さい。

他のカーリース会社を検討する

カーリース会社によって審査の基準が異なります。
そのため、一つのカーリース会社の審査に合格しなかったからといって、全てのカーリース会社の審査に合格しないとは限らないです。
諦めず、他のカーリース会社の審査を受けることをおすすめします。
信販会社を通さず審査を行うカーリース会社は、審査に合格しやすいとわわれていますが、中古車を扱うカーリース会社が多いので注意が必要です。

個人事業主でもカーリースの審査は通る!

 

個人事業主の場合、カーリースの審査が通りづらいというイメージがありますが、決してそうではありません。
個人事業主でもカーリースの審査は通るので紹介します。

カーリース会社ごとに審査ができる

カーリース会社ごとに審査が異なることはよく知られています。
例えば、1社のカーリース会社の審査に通らなくても、他のカーリース会社の審査に通る可能性は十分あります。
諦めずに、何社の審査を受ける事をおすすめします。

カーリース会社は比較することが大事

信販会社を使い審査を行う大手のカーリース会社と、信販会社を使わないで審査を行うカーリース会社があります。
信販会社を使い審査を行う大手のカーリース会社の審査は厳しく、、信販会社を使わないで審査を行うカーリース会社は審査が甘いといわれています。
大手のカーリース会社は避けて審査を受けることも一つの方法です。

自分にあったカーリース会社を選択

カーリース会社との契約は、契約者と使用者が同じことが条件となっています。
ただ、カーリース会社の中に、家族であれば同じでなくてもOKである場合があります・。
家族の中に、収入が安定した家族がいる場合、その人を契約者として、個人事業主の貴方が使用者になることで、カーリース会社と契約する方法もあります。
自分に合ったカーリース会社を選ぶことは重要。

まとめ

ここまで個人事業主や法人の審査基準や審査対策を紹介しました。

個人事業主の場合、年収をはじめ、職業、勤続年数、信用情報が審査基準となっており、審査基準は厳しいといわれています。

ただ、クレジット会社を通さない比較的審査が緩いカーリース会社があったり、頭金を入れることで、審査が緩くなるカーリースもあったりするので、カーリース会社を複数選んで、申し込むことが重要です。

また、カーリースのプラン選びも重要で、個人事業主の業績に見合わう安めのプランを選ぶことも重要。

たとえ、個人事業主がカーリース会社の審査に落ちたとしても、家族で申請して自動車を利用できることもあるので諦めないで下さい。

この記事が、これらからカーリースを利用しようとする個人事業主にお役に立てば幸いです。

↓↓↓
【最新】おすすめのマイカーリース比較ランキング!人気サービスを徹底調査!

↓↓↓
カーリースに関する記事をもっと見る