MENU

【決定版】カーリースと中古車の比較結果はずばりコレ!どっちがお得か徹底検証!

2021.09.15


新車よりも安くお得に車を入手したい場合、中古車を検討する方が多いでしょう。

しかし、最近は月々定額で新車に乗れるカーリースというサービスも定着しつつあり、中古車とカーリースはどっちがお得なのかと思う方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、カーリースと中古車を様々な面で比較するとともに、お得なカーリース会社トップ5もご紹介いたします。

カーリースと中古車のメリット・デメリットで特徴を知ろう


カーリースと中古車、どちらにもメリットとデメリットがあり、向いている方も向いていない方もいます。

それでは早速、メリット・デメリットを比較することでそれぞれの特徴をつかんでいきましょう。

メリット デメリット
カーリース
  • 頭金・初期費用が0円
  • 月々定額のリース料
  • 新車に乗れる
  • リース期間終了後は返却
  • 走行距離やカスタムに制限あり
  • 全損事故や盗難時の違約金が高額
中古車
  • 新車より安い
  • 生産終了モデルなども入手可能
  • 長距離走行やカスタムも自由
  • ラインナップが流動的
  • グレード等が自由に選べない
  • 整備費や税金が高くつく

カーリースのメリット

カーリースのメリットはまず、頭金なし、月々定額で新車に乗れることです。

新車購入を諦める要因として大きいのが、頭金の負担でしょう。これが不要なカーリースは貯金がなくてもすぐに乗り始められるため、転勤や引っ越しなどですぐに車に乗りたい方にも便利です。

また定額の月額料金には車両代金以外に税金や自賠責保険なども含まれているため、あれこれと煩わしい手続きや支払いをしなくて済むのもメリットです。

そして、何より新車ですから気持ちがよく、リース会社によってはオプション装備やメーカー保証なども、ディーラーで新車購入するのと同じように自由に付けられます。

カーリースのデメリット

カーリースのデメリットとしては、リース契約ならではの制約が挙げられます。

まずは、リース期間終了とともに車両を返却しなくてはならないこと。ただし、リース会社のプランによっては返却せずそのままマイカーにできる場合もありますので、乗り続けたい場合はそのようなプランのあるカーリースを選びましょう。

他に、走行距離制限やカスタムの制限、キズをつけたり汚さないように気をつけて乗らなければならないこと、中途解約できないことなどがあります。

さらに、万が一事故や盗難に遭ってしまうと高額の違約金が発生することがあり、これに備えるためには自己所有の車よりも手厚い車両保険が必要となります。

中古車のメリット

中古車のメリットは、新車で購入するよりも車両価格が安いことです。

また、現在は生産終了している車や珍しいモデル、輸入車など中古車市場にはバラエティ豊かな車種があります。

走行距離や年式、オプション装備など、状態は新車同様なのに新車の数割引きの値段で入手できるといった場合もあり、掘り出し物を探すことができればかなりお得な市場です。

そのほか、中古車であれば多少ぶつけたりキズをつけても気にならなかったり、自由にカスタムを楽しめるのも嬉しいポイントです。

中古車のデメリット

中古車のデメリットとしては、ラインナップが流動的で、お得な掘り出し物を探すとなると初心者にはハードルが高いことが挙げられます。

また、特定のレア車を狙っているなら話は別ですが、普通の車種でそれほど安くなっていない場合は、新車と比較してデメリットが目立ってきます。

グレードやオプション装備が自由に選べない、メーカー保証が切れている、年式が古いとメンテナンス費や税金が余計にかかるなど、結果的にあまりお得ではなくなってしまう場合もあります。

また、新車と同様、中古車購入の場合でも頭金はかかりますので、掘り出し物を見つけられなければ初期費用の負担も大きくなります。

お得に乗れるカーリース
ランキングTOP5

カーリースと中古車を様々な角度から徹底比較


ここまでメリット・デメリットをピックアップすることで、カーリースと中古車それぞれの特徴が浮かび上がってきたかと思います。

それではここからは、もう少し細かくカーリースと中古車を様々な角度から徹底比較してみましょう。

カーリースと中古車をこんな点で比較!
  • 契約手続きの比較
  • 初期費用の比較
  • 維持費の比較
  • 選べる車種ラインナップの比較
  • 車種のスペック・グレードの比較
  • 利用方法の比較

契約手続きの比較

カーリースの契約手続き

カーリースの契約手続きは、オンラインで完結するものがほとんどです。

車選びについては、カーリースではディーラーのように店舗や実車の展示がないため、実際に試乗したり店員から直接説明を受けることは出来ません。

ただ、電話やチャットなどで車選びの相談に乗ってくれるカーリースも増えています。

欲しい車が決まったらオンラインで審査の申込みをし、通ったら書類の郵送などを経て契約、納車という流れになります。

中古車の契約手続き

中古車の契約手続きは、一般的には店舗を訪れて実車を確認するところから始まります。

業者の多くはネット上に写真や状態を載せていますが、中古車の状態は千差万別のため、実際に試乗したり直接説明を受ける方が安心でしょう。

車が決まったら、頭金と初期費用を支払って契約手続きとなります。一括払いにするか、カーローンを組むかなど支払い方法も含め、必要書類を提出します。

その後、業者が登録や車検などの手続きを済ませて納車となります。人気の新車などに比べ、中古車は納車が早いことも特徴です。

初期費用の比較

カーリースの初期費用

前述のとおり、カーリースでは頭金と初期費用が不要となっています。

このため契約時に支払う費用は0円で、いわば「手ぶらで」車に乗り始めることができます。

いわゆるマイカー貯金などをする必要もなく、頭金はいくら必要なのかといった計算も不要のためシンプルに車を入手可能です。

中古車の初期費用

中古車の初期費用としては、車両本体価格の約2~3割となる頭金の他、様々な諸費用がかかります。

諸費用とは、車庫証明やナンバープレート取得等の登録手続きの費用と代行手数料などのことで、車両本体価格の約2割ほどになる場合もあります。

法律で定められた費用については値引きやサービスも出来ませんので、初期費用がいくらくらい必要になるかはあらかじめよく確認しておいた方がよいでしょう。

維持費の比較

カーリースの維持費

カーリースの車の維持費としては、通常の車と同じく燃料代、駐車場代、税金や保険料、メンテナンス代、車検代などがかかります。

ただし、この中で税金と自賠責保険については、月額料金に含まれているため自分で支払い手続きをする必要はありません。

また、メンテナンス代と車検代もプランによってはコミコミになっており、突然の出費に慌てることもなくなります。

燃料代については、新車ですから古い車に比べると燃費性能も良いでしょう。

ただ、任意保険については月額料金に含まれていないカーリースがほとんどです。リース車はあくまでも借りている車両であり、万が一の事故や盗難に備えてカーリース専用の車両保険に入っておいた方がいいことは覚えておきましょう。

中古車の維持費

中古車の維持費もカーリースと同様、燃料代、駐車場代、税金や保険料、メンテナンス代、車検代などとなります。

カーリースと比較すると、全ての支払い手続きを自分で管理して行わなければならない点は、手間がかかります。

また、ディーラーで新車を買った場合はメンテナンスや車検時のお知らせをしてくれますが、中古車ではそれもないため、自分で日付を覚えておかなければなりません。

さらに、年式が古いと部品の消耗や保証期間切れでメンテナンス代や車検代がかさむほか、燃費が悪ければ燃料代もかかり、そして新車登録からの年数によっては税金までも高くなります。

維持費という面では、古ければ古いほど様々な面でお金がかかってしまいます。

選べる車種ラインナップの比較

カーリースの選べる車種ラインナップ

カーリースでは、各リース会社によって選べる車種のラインナップが大きく異なっています。

国産と輸入車のほぼすべての車種を揃えているカーリースもあれば、国産の人気車種や特定のメーカーに限定したラインナップのカーリースもあります。

まずはプランなどの条件から自分に合うカーリース会社を選び、そのリース会社が扱うラインナップから車を選ぶのも一つの手です。

また、欲しい車種が既に決まっている方は、その車種を扱っているリース会社をピックアップし、その中からよい条件のところを選ぶとよいでしょう。

中古車の選べる車種ラインナップ

中古車では、選べる車種ラインナップは数限りなく存在する。と言っていいでしょう。

マニア向けの稀少車やクラシックカーから大衆向けの人気車まで、中古車市場にはありとあらゆる車種が売られています。

ただ、膨大なそれらをすべて把握することは不可能に近いため、あくまで身近な中古車ショップに並ぶラインナップから選ぶことになるでしょう。

そうなると販売台数の多い人気車種が中心となり、希望の車種がない、あっても状態が悪いなどの可能性が見込まれます。

しかし逆に、車種にこだわりがなければ、予算に合う車を見つけられる確率も上がります。

車種のスペック・グレードの比較

カーリースの車種のスペック・グレード

カーリースの車種のスペック・グレードについては、車種ラインナップと同様、各カーリース会社によって扱いが異なります。

何人乗りか、ガソリン車かハイブリッド車かといったスペックのほか、エントリーグレードや高級グレードなどは、全て自由に選べるところもあれば、かなり限定されているところもあります。

希望の車種を扱っているカーリースに申し込み、審査や契約まで話が進んでから実は希望のグレードがなかった…というようなことがないよう、事前によく確認することが大切です。

カーリースは店舗などはありませんが、電話やメールの無料相談を受け付けているところがほとんどですので、契約前に利用するのがおすすめです。

中古車の車種のスペック・グレード

中古車の車種のスペック・グレードについては、希望のものが自由に選べる可能性はあまり高くありません。

カタログで選ぶのとは違ってあくまで実車ベースですから、個々の車のカスタムやオプション装備などを見て、価格も含めて自分の希望条件に合っているかを慎重に検討するのがよいでしょう。

また、カタログで選ぶ際はグレードを一つ上げるとどのオプションが付いて、金額がいくら上がるかというのが明確に分かりますが、中古車ではその判断基準がやや曖昧になります。

初心者の場合、自分なりの相場観を持っていないと迷いやすくなってしまうため、信頼できるお店選びも大切になります。

利用方法の比較

カーリースの利用方法

カーリースでは、厳密には車を所有するのではなくリース会社から借りるていることになりますが、リース期間中はマイカーのように自由に乗ることができます。

レンタカーやカーシェアのように、いちいち予約したり乗車手続きをする必要もなく、気軽に使うことができます。

ただし、一般的にカーリースでは月々の走行距離が制限されています。距離は月におよそ1,000kmから1,500kmまでというところが多く、日々の買い物やたまの遠出などでは支障はありませんが、毎日長距離の通勤などで利用する場合は注意が必要です。

また、車両返却時には借りた時と同じ状態にするのが基本のため、車のカスタムも制限されます。

カーリースでは、あらかじめ返却時の残価(車の価値)を見込んでいるため、お得な月額料金になっています。

そのため、走行距離やカスタム、キズや汚れなど、見込まれた残価を下回った場合は返却時に追加精算が必要になる場合がありますので注意しましょう。

中古車の利用方法

中古車は自分で所有権を持つマイカーなので、自由に使うことができます。

キズや汚れ、走行距離やカスタム制限も気にする必要はありません。

特に中古車は乗り終わる頃にはあまり値がつかず、廃車にする人も多いため、後で売りに出すことを考えず好きなように乗ることができます。

車のカスタムが好きで中古車にも詳しい人であれば、実に様々な楽しみ方ができるでしょう。

お得に乗れるカーリース
ランキングTOP5

カーリースと中古車でお得なのはどっち?


ここまで、様々な角度からカーリースと中古車の違いを見てきました。

では、総合的に見て、カーリースの方がお得になるという人と、中古車の方がお得になる人をそれぞれ見ていきましょう。

カーリースがお得になる人

カーリースの方がお得になるのは、頭金や初期費用なしで今すぐ乗りたいという人です。

頭金が必要な新車購入、中古車購入では、まとまった額の貯金がなければそもそも車に乗ることができません。

また、不定期に生じる高額の出費を避けたい方、わずらわしい支払い手続きを避けたい方にもカーリースはうってつけ。

あまり車に詳しくなく、メンテナンスや車検がよく分からないという方は、充実したメンテナンスプランを選べばスムーズにお手入れができ、ひいては故障を防ぐことにもなるため結果的にお得になります。

支払い総額で比べるよりも、トータルの便利さや月々定額の安心感を選びたい方におすすめです。

中古車がお得になる人

中古車の方がお得になるのは、長距離を走ったり、自分好みのカスタムを楽しみたい人です。

前述のとおりカーリースだと走行距離やカスタムの制限があり、この部分で余計なお金がかかってしまう場合があるからです。

また車や中古車市場に詳しい方であれば、掘り出し物を見つけられたり自分で安くメンテナンスが出来たりと、才能や知識を存分に使ってお得なカーライフを楽しめるでしょう。

他には、小さなお子さんがいるなどで、たくさん汚しても構わない車が欲しい方も中古車がおすすめです。

お得に乗れるカーリース
ランキングTOP5

カーリースと中古車のいいとこどりもできる?!


それぞれ特色のあるカーリースと中古車ですが、何と、その2つのいいとこ取りともいえる「中古車カーリース」というサービスも存在します。

中古車カーリースとは?

中古車カーリースとは、ふつうの新車カーリースのサービスや仕組みはそのままに、中古車をカーリースできるというものです。

頭金や初期費用はなく、本体価格は新車より安くなりますから、新車カーリースよりさらにリーズナブルな月額料金で利用することができます。

なお、新車でのカーリースよりリース期間はやや短めの設定であることが多いようです。

ただし、グレードやオプション装備を自由に選べない、ラインナップが少なかったりすぐに変わってしまう、保証期間が切れてしまっている場合があるなどのデメリットもあるので、注意が必要です。

中古車カーリースがあるカーリース会社

新車カーリースと並行して中古車カーリースを取り扱っているリース会社もありますが、数はそれほど多くありません。

中古車カーリースを扱うリース会社については、次項にてランキング形式でご紹介します。

お得に乗れるカーリース
ランキングTOP5

お得に車に乗れるカーリース会社TOP5


ここまでカーリースと中古車を比較してきましたが、カーリースが気になっている方も多いと思います。

カーリース会社ごとに様々な特色がありますが、ここではお得に車に乗れるカーリース会社のトップ5の特徴をランキング形式でご紹介していきましょう。

お得なカーリース1位:定額カルモくん

カーリース名 定額カルモくん
取扱い車種 国産全車種から選べる
オプション装備 自由に設定可能
月額料金 月額1万円台~
契約期間 1~11年まで1年単位で選べる
走行距離の上限 1,500km/月(リース期間6年以下の場合。7年以上は制限なし)
カスタムの可否 不可(原状回復できる範囲に限る/有料オプション加入で可能)
中古車カーリースの有無 あり

定額カルモくんは、リース期間満了後に車がもらえるというオプションが付けられるカーリースです。

走行距離もリース期間7年以上で制限がなくなるなど、選択肢が幅広いのが特徴です。

中古車カーリースは業界最大級の掲載台数で、故障保証1年、全車に車検2年がついているため安心です。

定額カルモくん公式HP

お得なカーリース2位:定額ニコノリパック

カーリース名 定額ニコノリパック
取扱い車種 国産全車種から選べる
オプション装備 自由に設定可能
月額料金 月額1.1万円~
契約期間 3年~9年で相談
走行距離の上限 ユーザーに合わせて相談
カスタムの可否 不可(原状回復できる範囲に限る)
中古車カーリースの有無 あり

定額ニコノリパックは、ニコニコレンタカーの運営企業が展開するカーリースです。

ユーザーのニーズに合わせて個別に相談しながらプラン設定を行うという独自のスタイルが特徴で、より細かく希望を伝えて柔軟なプランを組むことが可能です。

中古車カーリースではリース期間終了後は車がもらえるほか、1年保証が付いて、保証期間中は走行距離制限もないため安心です。

定額ニコノリパック公式HP

お得なカーリース3位:MOTAカーリース

カーリース名 MOTAカーリース
取扱い車種 国産全車種から選べる
オプション装備 自由に設定可能
月額料金 月額5,610円~
契約期間 5年・7年・11年
走行距離の上限 なし
カスタムの可否 可能
中古車カーリースの有無 あり

MOTAカーリースは、老舗の自動車Webメディア「MOTA(モータ)」が運営するカーリースです。

最大の特徴は、走行距離の制限がなく、車のカスタムも自由なことです。

また中古車カーリースのラインナップも充実しており、全車2年保証、5年5万km以内の中古車を取り揃えています。

MOTAカーリース公式HP

お得なカーリース4位:リースナブル

カーリース名 リースナブル
取扱い車種 乗用車約30車種、商用車約7種
オプション装備 所定パッケージから選択
月額料金 月額6,600円~
契約期間 3年・5年
走行距離の上限 プランにより異なる
カスタムの可否 一部可能
中古車カーリースの有無 なし

リースナブルは、月額料金の安さに定評があるカーリースです。

車種やグレードなどはかなり限られたラインナップになりますが、それが安さの理由にもなっています。

人気車種はしっかり押さえてあるので、比較検討の意味でもぜひチェックしておきたいカーリースです。

リースナブル公式HP

お得なカーリース5位:コスモMyカーリース

カーリース名 コスモMyカーリース
取扱い車種 国産全車種から選べる
オプション装備 自由に設定可能
月額料金 月額5,610円~
契約期間 3年・5年・7年
走行距離の上限 月500km、1,000km、1,500kmから選べる
カスタムの可否 不可(原状回復できる範囲に限る)
中古車カーリースの有無 あり(※店舗のみ)

コスモMyカーリースは、コスモ石油が運営しているカーリースです。

ガソリンスタンド系列ならではの充実したメンテナンスに加え、ガソリン代が割引になるサービスもあり、お得な維持費で利用することができます。

中古車カーリースはインターネット上では申し込みできませんが、系列SSなどコスモMyカーリース取扱店舗にて相談が可能です。

コスモMyカーリース公式HP

まとめ


今回は、カーリースと中古車ではどっちがお得なのか、メリット・デメリットやそれぞれに向いている人などをご紹介しました。

それぞれに特色があるため、どちらを選んだ方がお得になるのかは選ぶ人次第で変わってきます。

大まかに分けると、あまり車種にこだわらず、新車で安全・便利に乗りたい方はカーリース、車好きでこだわりがあり、マイカーとして楽しみたい方は中古車が向いていると言えるでしょう。

カーリースが向いているなと思った方は、各カーリース会社によってもプランが大きく異なりますので、ぜひ記事を参考に自分にぴったりのリース会社を選んでみてください。

お得に乗れるカーリース
ランキングTOP5