釣りガールの愛車の中を見せてください!(ゆっちさん-トヨタ ノア)

2020.04.30

はじめまして、ゆっちです。私は北海道在住で、好きな釣りはロックフィッシュ(カサゴ、アブラコ、メバル、ソイ類など、根を棲み家にする魚の総称)です。 色々な漁港を回ることが多く、また北海道という土地柄もあって自動車は必須アイテムです。釣りだけでなく子供のことも考えた車選びのポイントも紹介しますね。

マイカー情報

トヨタ ノア Si
H26年車 DBA-ZRR85W

この車を選んだ理由

私は車を選ぶときに2点重視したことがありました!それは、
①子供を乗せやすいこと
②荷物が沢山積めること
です!

まず①に関しては、車高・天井が低いと抱っこで載せるときに腰痛持ちの私にはかなりきつかったのと、車高が高すぎると子供が自分で乗り降りするようになった時に大変だなと感じていました。また強風時や子供の不注意などで勢いよくドアが開いてしまうのが怖かったので、スライドドアも条件でした。ノアはちょうどよい高さで、抱っこのせも楽々でした。子供が4歳になった現在は自分で乗り降りすることも出来ています😄また、スライドドアにしたことでデパートなど狭い駐車場でとても便利になりました✨

②は、釣りやキャンプが大好きな私には必須でした。ノアは3列シート7〜8人乗りですが、3列目を両側に跳ね上げればかなり広いスペースが確保できます👌キャンプ用品は1式載りますし、天井の高さもあるので釣りの時にはロッド収納もしやすく便利だと思い決めました🎣
と、ここまで機能性を重視しましたが、見た目だけは自分の好きな色を譲れず黒をチョイス🤣乗るまでは、小さな子供がいるしアウトドアするから傷が目立ちやすいかなぁと気になりましたが、毎日一緒に行動するものなので、結果的に好きな色を選んで正解でした😉🙌自分が好きな色だと気分もあがりますね😆

釣具の積み方、工夫

・ロッドホルダー

こちらはクレトムの車内インテリアバーを2本使用しています。前後の取っ手部分に取り付けて、100円ショップの竿止めクリップをつければ、完成です。竿止めクリップは元々水色でしたが、インテリアバーと合わせたかったので、スプレーでメタリックに塗装しました😉

私は、釣りの最中、頻繁に場所移動するので、ロッドを毎回たたまなくてもサッと載せて移動できるのでとても便利になりました🎣❣️
また後方のインテリアバーには、寒くなった時や雨が降った時のために、ダウンやレインウェアをかけています。また、ミニランタンもかけており、ナイト釣行でも手元作業がしやすいようにしています😄🌙

・ラゲッジアンダーボックス
車のアンダーボックス(床下)には、お魚を入れる袋、タオル、使い捨て手袋、カッパ、夜食、ガスコンロなどを収納しています!ノアはこの部分が深く広いので、思ってる以上にいろいろ入っちゃうのが嬉しいです😆細々したものはここにまとめると車内がすっきりします✨

・その他の空間
荷物を置く部分には、汚れ防止に防水シートを敷いています。車屋さんにも売っていて、自分の車に合わせてカットできます✂️

その上に折り畳みテーブル(これは荷物を重ねられるし、釣行中に夜食が食べたくなった時に便利😋)を置いて、テーブルの下にはタックルボックスなどを置いています。その他、シリコンバケツ、水タンク(手洗い用)、クーラーボックス、椅子、長靴(足場が汚いとき用)などを積んでいます。キャンプでよく目にする水タンクは、釣りでもとても便利です!魚を触ったあとにさっと手を洗えるので車のハンドルを汚すこともありませんし、魚の匂いがついた手拭きタオルの洗濯に困るなんてことも減ります🐟また、シリコンバケツは汚れたものや洗わないといけない小物等をポンポーンっと入れとけば、帰ってからバケツごと持ち運ぶことができて便利です👍柔らかいので沢山入れてもバッグのように片手で持てます♪(こちらはコストコで購入しました)

このように、女子らしさ無しの車内ではありますが🤣、自分なりに使いやすく日々改良するのがとっても楽しかったりします✨😊

ちなみに…寒い日には、こんなふうにテーブルを出してお湯を沸かしてコーヒーやカップ麺を楽しんでいますよ😉❣️

魚の積み方

私の場合は、とにかくすぐに締めて冷やすようにしています。せっかく釣ったお魚は美味しく食べたいですよね!以前、血抜きせずに持ち帰ったものと血抜きして持ち帰ったものの比較をしたことがありますが、身の色も味も本当に違います!自分の目で確かめて以来、少し面倒ですが必ず締めてから持ち帰っています。クーラーボックス内は、お魚に氷が直に触れないようにタオルや新聞紙を挟むと良いです◎

釣りの行き帰りの運転できをつけていること

〈その1. 睡魔〉
私は子育ての関係上、夜釣り場に向かい朝帰宅するパターンがほとんどです。時間が限られているため、仮眠せずに朝まで釣りということもしばしば。釣りの時は眠気を感じなくても、車に乗ると突然睡魔が…そんなことが多々あります。早く帰らなきゃという気持ちで頑張ったこともありましたが、これが当然ながらとても危険!!そのため、運転中に睡魔が襲ってきたら、無理せず車を停めて仮眠をとるようにしています。10分でも仮眠すると全然ちがいます。

〈その2. 転落〉
自動車で行動する釣り(とくに漁港)では、海沿いに車を止めることが多いです。車止めがついていますが、踏み間違えなどで簡単に乗り越えてしまうようです。海に車ごと転落、というニュースも時々耳にします。どんなに気をつけていても、どんなに自信がある人でも、人間ですから思わぬミスってあるよなぁ、と海に行くたびに心配性の私は気になっていました😅そこで去年から装備した(父に買ってもらった🤭笑)のがこちら!!

水圧で開かなくなった窓ガラスを車内から割ることができる緊急脱出用アイテムです!シートベルトを切るカッターもついています。もちろん使う出番がこないのが一番なのですが、お守りとして車内のすぐ手の届く場所に装備しています。漁港など転落リスクのある場所によく行く人や、そうでなくても災害時用に備えておくと安心できるのでオススメです☺️

車で釣りに行こうと思っている人にメッセージ

釣りにいくときは、その場所に車を停められるか、漁師さんなど働く方々の邪魔にならないのか、要確認です!!そこに気をつければ、釣りに行ける範囲が広がるだけではなく、どんなふうに荷物を積もうかなとか、こうやったら使いやすいかななどと、自分の釣りスタイルに合わせて自分好みにカスタマイズする楽しさもできます。快適な釣具空間を作れると、次の釣りもわくわくします♪これから車選びの方はぜひ釣具の積みやすさなどをイメージして選んでみてくださいね〜😄

ゆっちさんのInstagram:https://www.instagram.com/yucchi_55happy_fishing/