MENU

【編集部厳選】おすすめのカーリース会社はズバリここ!人気の秘密を徹底解剖!

2021.07.09


近年、車を持つ方法として「カーリース」を選択する方が増えてきています。

頭金ナシ、月々定額で利用できるカーリースは車を購入するのに比べて利便性が高い面もあり、たくさんのカーリース会社がサービスを提供しています。

しかし、たくさんのカーリースの中で、どの会社を選べばいいのか分からないという方も多くいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、カーリースの選び方のポイントを開設するとともに、おすすめのカーリース会社を5つご紹介いたします。

カーリース会社が人気の理由


近年、急激に数を増しているカーリース会社。自動車メーカーやガソリンスタンド系列、保険会社など様々な企業がカーリースサービスを運営しています。

以前はカーリースと言えば社用車というイメージでしたが、現在は個人向けカーリースが人気を集めています。

では、その理由を下記で見ていきましょう。

申し込み手続きが簡単

リースというと手続きが面倒なイメージもありますが、カーリースの申し込み手続きはいたって簡単です。

実車の見学や試乗まではできませんが、車選びも審査もネット上だけで申し込みが完結するカーリースがほとんどです。

用意しなければならない書類などはありますが、あらかじめ手元に揃えて申し込めば、スピーディーに手続きが進みます。

車を購入する場合、試乗や見積もり、値引き交渉などディーラー担当者との色々なやり取りが生じますが、カーリースは簡単かつ簡潔な手続きとなっています。

初期費用がかからず新車に乗れる

カーリースの最も大きなメリットが、初期費用がかからず、頭金0円で車に乗れることでしょう。

車を購入する場合は頭金や初期費用としてある程度まとまった金額が必要になりますが、カーリースではあくまで月額料金のみの支払いで、初期費用は0円となっています。

そのため、働き出したばかりの若い人や、結婚、引っ越しなどが重なって家計の負担を抑えたい方でもすぐに車に乗れるカーリースが人気となっているのです。

月額定額制で安心

カーリースの料金体系は、月額定額制となっています。

車を持つには車両代金のほか税金や保険料など様々なお金がかかりますが、カーリースでは月額料にそれらがすべてコミになっています。

たとえば車を購入した場合は、自動車税が毎年1回、自賠責保険料は2年ごとの車検時での支払いとなりますが、不定期にまとまったお金が必要になるので、ふいの出費に慌てることも少なくありません。

毎月、車にかかる金額が決まっているカーリースなら、家計の予定も立てやすく、慌ててしまうこともありません。

また、各リース会社の「メンテナンスプラン」によっては、部品交換やメンテナンス代も定額となりますので、ますます安心です。

経費として計上が可能

個人事業主などが事業に使う車を購入する場合、経費にすることはできるのですが、減価償却といって、毎年少しずつ経費を計上していくことになります。

また税金や維持費などもそれぞれの勘定科目が異なったりするため、非常に煩雑な処理となります。

その点、カーリースであれば、毎月のリース料をまるまる経費として計上することが可能です。

リース料の内訳をいちいち考える必要もないので、経費としてお得になる以上に、お金の管理がとてもラクになるというメリットがあります。

個人向けカーリースの普及のおかげで、個人事業主も便利にカーリースを利用できるようになっているのです。

おすすめのカーリース会社
ランキング

カーリース会社を比較するポイント


ここまで、カーリースの便利な特徴をいくつかご紹介してきました。

では、そんな便利なカーリースは、リース会社によってどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、カーリース会社を比較する上でチェックしたいポイントを見ていきましょう。

カーリース会社を比較する4つのポイント
  • 1:取扱い車種
  • 2:車のオプション装備
  • 3:月額料金の内訳
  • 4:プラスアルファのサービス内容

取扱い車種

カーリース会社は一般的に、主要国産自動車メーカーの新車を扱っています。

輸入車や小さなメーカーの車はあまり期待できないほか、中古車カーリースについては別サービスとなっているところがほとんどです。

そして、リース会社によってそのラインナップは様々となり、たとえメジャーな車種であっても、必ずあるとは限りません。

希望の車種が決まっている場合はそのモデルを扱っているかどうか、また、まだ決まっていない場合は、いろいろなカーリースの公式サイトの車種一覧を見て、リース会社ごとにどんな傾向があるか確かめてみるのがいいでしょう。

車のオプション装備

車を購入する際であれば、様々なオプション装備を選ぶのも楽しみのひとつでしょう。

ただ、カーリースにおいては必ずしも自由にオプション装備が選べるわけではありません。

そもそも選べなかったり、ある一定のセレクトセット(オプション装備パック)になっている場合があるので注意が必要です。

オプション装備が不要であれば気にする必要はありませんが、欲しいオプション装備がある場合は、オプションの扱いについてカーリースごとに比較してみるのがいいでしょう。

月額料金の内訳

カーリースは、月額料に車体代金、初期費用、税金等がすべてコミコミになっているのが特徴です。

ただ、カーリースごとに、その内訳については若干異なっています。

一般的にカーリースの月額料は、「基本料+選べるメンテナンスパック+その他のオプションサービス」で構成されています。

そして、たとえば車検では「自動車重量税」「自賠責保険料」「車検基本料」の3つがかかりますが、この3つがすべて基本料に含まれる場合もあれば、車検基本料はメンテナンスパックに含まれるという場合もあります。

広告などで謳われている「月額〇円」といった表示だけではこれらの内訳まで分からないので、複数社で比較検討する場合は車検代を中心に、メンテナンスパックの内容をチェックしてみるのがおすすめです。

プラスアルファのサービス内容

カーリースでは、契約をすることでプラスアルファのサービスを受けられる場合があります。

たとえば、そのカーリース会社の系列のガソリンスタンドでの給油がお得になったり、独自のポイントサービスで特典があったりといった具合です。

カーリースは少なくとも数年単位で契約するサービスですから、ちょっとした割引が大きなものになる可能性はあります。

カーリースを比べる際には、この点も頭の片隅に入れておくといいでしょう。

おすすめのカーリース会社
ランキング

カーリース会社で注意するポイント


初期費用や月額定額制など、様々な面でメリットの多いカーリースですが、ただ、注意したいポイントがあるのも事実です。

後から「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、下記の点を押さえておきましょう。

カーリース会社で注意したい4つのポイント
  • 1:契約方式
  • 2:契約期間
  • 3:走行距離の上限
  • 4:中途解約の条件

契約方式

カーリースの料金の基本的な仕組みとして、「残価設定」というものがあります。

これは、リース料金からあらかじめリース契約後の車の下取り金額(残価)を差し引いて、その分リーズナブルな月額料金になるというやり方です。

たとえば200万円の車の残価設定を50万とするなら、150万円分のリース料金でその車に乗れるのです。

そしてこの残価設定には2種類あり、「オープンエンド方式」と「クローズドエンド方式」があります。

オープンエンド方式は残価設定がやや高めのためお得ですが、たとえば契約終了時の残価が車体のキズや市場価値などの影響で40万円になってしまっていた場合は、差額の10万円を支払わなければなりません。

クローズドエンド方式は、契約終了時の精算がないやり方となっています。

またさらに、そもそも残価設定のないカーリースもあります。

オープンエンド方式、クローズドエンド方式、残価設定ナシ、この3つを契約前によく確認しましょう。

契約期間

カーリースの契約期間は、リース会社によって選べる年数が異なります。

またリース契約期間が長いほど月額料金が低く、短いほど高くなります。

契約期間は契約開始時に設定するものですので、無理のない返済額とその車を使いたい年数をよく見極めて決める必要があります。

各カーリースの公式サイトでは、契約期間による返済額の違いをシミュレーションできるページが設けられていることもありますので、活用してみましょう。

走行距離の上限

カーリースで意外と知られていないポイントとして、走行距離の制限があります。

マイカーのようにいつでも自由に乗れるのがカーリースの魅力ですが、どうして走行距離に上限が設けられているのでしょうか。

それは先ほどご説明した「残価設定」に由来しています。

残価というのは契約期間終了時の車の価値のことですが、車の価値をはかる際は「走行距離」が重視されます。これまでに10万キロしか走っていない車と50万キロも走った車では、価値が違うわけです。

そのため、ある程度の残価を確保するために、それぞれのリース会社で月に何キロまでという走行距離制限がついているのです。

ただ、前述のように残価設定のないカーリースもありますので、その場合は走行距離制限がついていないこともあります。

中途解約の条件

カーリースの失敗談としてよく挙げられるのが、「中途解約できなかった」というものです。

カーリースでは、基本的に中途解約は認められていません。

車を借りている、定額のサブスクリプションで乗っているという意識が大きいと、つい「やめたい時にやめられる」と思ってしまいがちになり、失敗につながってしまいます。

しかしあくまで、カーリースは新車の車両代金をリース会社が先に負担し、利用者が残価設定によってリーズナブルに乗ることができるというサービスです。

その車にかかる金額から残価を差し引き、リース年数で均等に割ったものがリース月額料となっていますので、途中で自由に解約することはできないのです。

ただ、一部のカーリースでは、条件付き中途解約が可能な会社もあります。カーリースを利用する時は、中途解約の条件をあらかじめ確認することが必須となります。

おすすめのカーリース会社
ランキング

おすすめのカーリース会社ランキングTOP5


それではここからは、おすすめのカーリース会社ランキングTOP5を発表していきます。
これまで見てきた「カーリース会社を比較するポイント」「注意するポイント」を踏まえながら見ていきましょう。

1位:定額カルモくん

カーリース名 定額カルモくん
取扱い車種 国産全車種から選べる
オプション装備 自由に設定可能
月額料金の内訳(車検代が含まれるか) 車検代はメンテナンスパックに含まれる
プラスアルファのサービス 特になし
契約方式 クローズドエンド方式
契約期間 1~11年まで1年単位で選べる
走行距離の上限 乗り放題オプション(月額500円)で、1,500km/月が制限ナシに
中途解約の条件 原則不可

おトクにマイカー 定額カルモくんは、国産の全車種を取り揃え、オプションも自由につけられる豊富なラインナップが魅力のカーリースです。

契約方式はクローズドエンド方式で、契約終了時に追加精算がないから安心。契約年数も1~11年まで1年単位で選べるから、ひとりひとりのニーズに合わせて柔軟な選び方ができるのが嬉しいポイントです。

メンテナンスパックは「なし」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」から選択可能。また乗り放題オプションをつければ走行距離も無制限になり、通勤などで長距離を乗る人でも安心です。

なお、2021年7月1日~同年9月30日までの期間限定で「最大10万円が当たる!総額150万円分 くじびきキャンペーン」が実施されています。

定額カルモくん
公式HP

2位:リースナブル

カーリース名 リースナブル
取扱い車種 乗用車約30車種、商用車約7種
オプション装備 3プラン「エコノミー」「ベーシック」「パーフェクト」から選択
月額料金の内訳(車検代が含まれるか) 車検代も月額料金に含まれる
プラスアルファのサービス 特になし
契約方式 オープンエンド方式
契約期間 3年または5年
走行距離の上限 プランにより異なる
中途解約の条件 いつでも中途解約可能(精算あり)

リースナブルは、国産のミニバンやSUV、セダン、軽自動車の中でも、人気の高いアルファードやN-BOXなどの車種を厳選して取り揃えたカーリースです。

契約期間は3年か5年のみで、オプションもあらかじめセレクトされたパックを選ぶ形となり、自由度よりもリーズナブルさに重きを置いていて、お得な月額料金を実現しています。

特筆すべきは中途解約可能、車の改造も可能と謳われているところで、一般的なカーリースではどちらも基本的に不可のため、この2つが気になる方はぜひリースナブルをチェックしてみましょう。

リースナブル
公式HP

3位:KINTO ONE

カーリース名 KINTO ONE
取扱い車種 トヨタ車・レクサス車の一部
オプション装備 所定パッケージから選択
月額料金の内訳(車検代が含まれるか) 車検代も月額料金に含まれる
プラスアルファのサービス 任意保険料も月額料金にコミ
体験プログラム等に利用できるポイントが溜まる
契約方式 クローズドエンド方式
契約期間 3年・5年・7年(レクサス車は3年のみ)
走行距離の上限 1,500km/月
中途解約の条件 中途解約可能(中途解約金あり)

KINTO ONEは、「トヨタのサブスク」としてトヨタ車・レクサス車の新車に乗れるカーリースです。

メーカーが運営しており安心感があるのが大きな特徴で、一般的にはリース料に含まれない任意保険料がコミになっているのもポイントのひとつです。

また1~6ヶ月分の手数料を払うことでリース期間中の乗り換えもでき、モデルチェンジやニューモデル登場時に乗り継ぐことが可能。

さらに中途解約は6ヶ月ごとの残利用料+追加精算金(中途解約金)を支払えば可能であり、条件が明確なので解約の検討もしやすくなっています。

KINTO ONE
公式HP

4位:SOMPOで乗ーる

カーリース名 SOMPOで乗ーる
取扱い車種 国産・輸入車約280車種
オプション装備 自由に設定可能
月額料金の内訳(車検代が含まれるか) 車検代はメンテナンスパックに含まれる
プラスアルファのサービス 特になし
契約方式 オープンエンド方式(残価保証オプションでクローズドエンド方式も選択可)
契約期間 3年・5年・7年
走行距離の上限 1,000、1,500、2,000、3,000km/月から選択
中途解約の条件 原則不可

SOMPOで乗ーるは、カーリースではめずらしく輸入車を豊富に扱っているのが特徴で、軽自動車から高級車、オプションやグレードも自由に選べるため車種にこだわりたい方にはおすすめです。

ただ、これだけあると迷ってしまうという方もいるでしょうが、クルマのプロがチャット等で無料相談に乗ってくれるサービスもあり、車種選びからリースの相談、便利な使い方まで教えてくれるので安心です。

また走行距離が4種類から選べたり、オープンエンドの契約方式か、月額1,100円の「残価保証オプション」によるクローズドエンド方式が選べるなど自由度の高いカーリースとなっています。

SOMPOで乗ーる
公式HP

5位:コスモMyカーリース

カーリース名 コスモMyカーリース
取扱い車種 国産全車種から選べる
オプション装備 自由に設定可能
月額料金の内訳(車検代が含まれるか) 車検代はメンテナンスパック(ゴールド、シルバー)に含まれる
プラスアルファのサービス コスモ石油系列SSでガソリン代割引
契約方式 オープンエンド方式/クローズドエンド方式から選べる
契約期間 3年・5年・7年
走行距離の上限 500、1,000、1,500km/月から選択
中途解約の条件 原則不可

コスモMyカーリースは、ガソリンスタンドでおなじみのコスモ石油が運営するカーリースです。

メンテナンスパック「ホワイト」「シルバー」「ゴールド」に入るとその種類によって系列SSでのガソリン代が割引になるというサービスがあり、維持費の節約にもなるのが嬉しいポイント。

また車種が豊富でオプションも自由に選べるほか、オープンエンドとクローズドエンドの契約方式が選べる点が特徴です。

日頃から系列SSを利用する人にとっては、メンテナンスなどをするにも利便性が高いのでおすすめです。

コスモMyカーリース
公式HP

まとめ


今回は、カーリース会社を比較するポイントや注意したいポイント、おすすめカーリース会社ランキングをご紹介しました。

カーリースは、そのリース会社によってかなり特色が異なります。月額料金が似通っていたとしても、オプション装備やメンテナンスパック、契約方式などにより、リース期間全体を通して見るとかなりの違いが出てくるでしょう。

借りたい車種を扱っているかどうかが一番の入り口になりますが、その他のポイントについては複数のリース会社で比較検討し、ご自身に一番合ったカーリースを選ぶのがオススメです。