【ドライブ】桜を楽しむドライブスポット 前編

2019.03.20

通勤、通学、道の途中で。桜の時期は近所でも桜を愛でることはできるけれど、時間をつくってマイカーを走らせて、人気の桜スポットに訪れてみませんか? 桜を見に行くためのドライブは、1年に1度の華やぐドライブプランです。

世界のフルーツも楽しみながら、ヤエビニシダレザクラも楽しめる「東谷山フルーツパーク」

愛知県名古屋市の東北端、東谷山山麓に位置する、瑞々しい自然環境の中にある、「東谷山フルーツパーク」は、約100種類の熱帯・亜熱帯地方の珍しい果樹やナシやリンゴなど15種類の果樹園などをもつ果物をテーマにした農業公園。

季節問わず楽しめるユニークな公園ですが、春は桜の名所のひとつになっています。園内にはヤエベシダレザクラをはじめ、約1000本のサクラが来場者をお出迎え。園内を薄紅色に染める風景を楽しむことができます。桜の時期と前後してモモやナシ、リンゴの花が咲くので桜と果樹の花の両方を楽しむことができるのも、ここならではの魅力です。

サクラの開花状況によって開催日程は前後しますが、4月5日頃から4月14日頃までシダレザクラまつりも開催。果物の即売会、地元の農作物の販売、大道芸のパフォーマンスなど、家族みんなで楽しめます。

東谷山フルーツパーク
<住所>
愛知県名古屋市守山区大字上志段味字東谷2110
<開館時間>
9:00~16:30
<休園日>
月曜日(祝日・休日の場合は翌平日)まつり期間中は月曜も開園。
<入園料>
無料(世界の熱帯果樹温室は有料 観覧料大人¥300、中学生以下無料)
<駐車場>
840台(無料。ただしシダレザクラまつり期間中は普通自動車1回650円)
<アクセス>
東名高速道路 春日井ICから車で20分
東名高速道路 守山スマートICから約10分
<問い合わせ>
東谷山フルーツパーク
電話:052-736-3344
Web:http://www.fruitpark.org/

さくら名所100選の地、赤城南面千本桜まつり

さくらの名所100選の地(公財日本さくらの会)にも選ばれた、群馬県前橋市にある「赤城南面千本桜」は、前橋市を代表する桜の名所です。群馬県内1位の人気を誇り、例年人出は10万人以上といわれています。例年見ごろは4月上旬から4月中旬です。

樹齢60年近いソメイヨシノが咲く約1.3kmの市道に、約1000本の桜が来場者を出迎えてくれます。満開の時期には桜トンネルと呼ばれている壮大な風景が広がります。この桜トンネルを一度見ると虜になる方も多いとか。カメラを構える手も止まりそうです。

また桜まつりの期間中は、郷土芸能や地元の特産品、ふれあい物産市、ステージパフォーマンス、大道芸などさまざまなイベントも開催。地元のグルメも楽しみのひとつ。多くの出店が軒を連ねるので、食事を楽しみながら桜を愛でられる花見スポットとなっています。昼間の風景も圧巻ですが、夜のライトアップされた夜桜も胸すく景観です。目で見て心に風景を刻み、カメラで美しい景観を残しましょう。

赤城南面千本桜まつり
<開催地>
赤城南面千本桜(前橋市苗ヶ島町2511-2)
<開園時間>
8:00~21:00(駐車場オープンと同時)
<駐車場>
総駐車可能台数990台(バスは第四駐車場:20台)
<駐車料金>
普通車(三輪を含む)500円、バイク200円、マイクロバス1500円、バス3000円
<アクセス>
北関東自動車道 伊勢崎ICから約30分
関越自動車道 赤城ICから約40分
<詳細・問い合わせ>
公益財団法人 前橋観光コンベンション協会
Web:http://www.maebashi-cvb.com/event/03_senbonsakura/index.htm

text:beecar編集部
photo credit:東谷山フルーツパーク、公益財団法人 前橋観光コンベンション協会

>>桜を楽しむドライブスポット 後編