MENU

木村 拓哉さんが日産のブランドアンバサダーに就任!自動車ニュースが5分で分かる!先週(20年8月17日週)の最新情報まとめ

2020.08.25

8月17日週の自動車関連ニュースを国内外問わずお届けします。自動車業界の最新ニュースをスピーディにチェックしたい方にもおすすめ!新型車情報など、自動車業界注目のニュースをピックアップしました。

 

スバル 新型「レヴォーグ」の先行予約を開始

スバルは8月20日、全国スバルの販売店で新型「レヴォーグ」の先行予約を開始しました。

レヴォーグは熱効率40%を達成した新開発1.8L水平対向直噴ターボを搭載し、177馬力、300Nmを発生します。

基本骨格にはスバルグローバルプラットフォーム+フルインナーフレーム構造により、走りの質感が飛躍的に向上しています。

また、先進安全技術では360度センシングを実現した「新世代アイサイト」を標準装備し、一部グレードには3D高精度地図データを採用した高度運転支援システム「アイサイトX」を搭載しています。

発売は10月15日予定です。

 

参考:SUBARU 新型「レヴォーグ」先行予約を開始

 

トヨタ 「ハイラックス」のマイナーチェンジを実施

トヨタは8月19日、ピックアップトラック「ハイラックス」をマイナーチェンジし発売しました。

「Tough & Recreational」のデザインコンセプトを元に、ピックアップトラックとしての「タフさ」「力強さ」と乗ってワクワクする楽しさを表現したエクステリアを採用しました。

また、2.4Lディーゼルターボエンジンの改良とアイドリングストップ機能の追加によって、JC08モードでの走行燃費は従来型の11.8km/Lから13.6km/Lへ向上し、WLTCモードでは11.7km/Lを達成しています。

安全装備では、Zグレードにプリクラッシュセーフティ・レーンディパーチャーアラートに加え、新たに静止物の接近を画面表示とブザーで知らせるクリアランスソナー&バックソナーを標準装備としました。

価格は3,471,000円~3,876,000円です。

 

参考:TOYOTA、ハイラックスをマイナーチェンジ

 

三菱 「eKクロス」「eKワゴン」を一部改良

三菱自動車は8月20日、「eKクロス」「eKワゴン」の安全性の機能を向上させた改良型を同日に発売すると発表しました。

アクティブセーフティでは、予防安全技術「e-Assist」に標識検知機能、前方衝突予測警報、先行発信通知、ふらつき警報の4つの機能を追加し、ミリ波レーダーの追加による衝突軽減ブレーキシステムの夜間検知性能が向上しました。

パッシブセーフティではドライバーの下肢部にかかる衝撃を緩和する運転席SRSニーエアバッグと、リアシートベルトにプリテンショナー機構と非着用ウォーニング着座センサーを設定しました。

また、ミリ波レーダーの追加により高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット」の機能を向上し、ドライバーの負担軽減に貢献しました。

価格は1,325,500円~1,820,500円です。

 

参考:軽ハイトワゴン『eKクロス』『eKワゴン』を一部改良 ~予防安全技術「e-Assist」、高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット(MI-PILOT)」の機能向上~

 

スズキ 「スペーシア」シリーズを一部改良

スズキは8月20日、「スペーシア」「スペーシアカスタム」「スペーシアギア」を一部仕様変更し、同日に発売すると発表しました。

安全装備として、スズキセーフティサポート装着車にデュアルカメラブレーキサポートとSRSカーテンエアバッグを標準装備としました。

また、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールを一部グレードに追加しました。

全方位モニター用カメラパッケージ装着車には、標識認識機能に車両進入禁止、はみ出し通行禁止、法定速度、一時停止の標識認識を追加しました。

外装では、新色追加やツートンルーフ仕様など、車体色をリニューアルしました。

価格は1,380,500~1,959,100円です。

 

参考:スズキ、軽乗用車「スペーシア」、「スペーシア カスタム」、 「スペーシア ギア」の安全装備を充実して発売

 

クルマ・ポータルサイト「グーネット」 新イメージキャラクターに人気コスプレイヤーえなこさんを起用

株式会社プロトは8月22日より、グーネットの新イメージキャラクターである人気コスプレイヤーのえなこさんが出演する新CMを公開しました。

新CMでは、えなこさんがクルマを擬人化した姿の「グーネットウーマン」に変身します。

今後はグーネットの各サービスに合わせたコスプレ姿を公開していく予定とのことです。

また、えなこさんに撮影の感想などをまとめたメイキング&インタビュー動画もグーネットやYoutube内のグーネット公式チャンネルでも公開されるとのことです。

 

参考:グーネット、新イメージキャラクター、 コスプレイヤー・えなこさんを起用した新CMを公開

 

J.D.パワー 2020年日本自動車セールス満足度の調査結果を発表

顧客満足度に関する調査・コンサルティングの機関であるJ.Dパワージャパンは、2020年日本字自動車セールス満足度の調査結果を発表しました。

ラグジュアリーブランドブランドでは、アウディが第一位を獲得。商談、契約手続き、納車の3ファクターで最高評価を獲得しています。

マスマーケット国産ブランドでは、トヨタが第一位を獲得。商談、納車の2ファクターで最高評価を獲得しています。

 

参考:ラグジュアリーブランドではアウディが、マスマーケット国産ブランドではトヨタが第1位

 

ルノージャポン 全国のディーラー10店舗に「メガーヌR.S.トロフィーR」の展示・試乗車を展開

ルノージャポンは8月20日、2019年にニュルブルクリンクサーキット北コースにて、量産FF車の最速記録7分40秒1を打ち立てた「メガーヌR.S.トロフィーR」を全国の販売店10店舗にて展示すると発表しました。

メガーヌR.S.トロフィーRはメガーヌR.S.をベースにサーキットパフォーマンスを極限まで高めた特別なモデルです。

外装にはカーボンコンポジットを多用しアクラポヴィッチ製チタンエキゾースト、軽量リアアクスル、メガーヌR.Sに採用されている4輪操舵システム「4コントロール」を撤廃するまでに極限の軽量化を実施。

また、オプションのカーボン・セラミックは専用のカーボンホイールに加え、セラミックブレーキシステムも装着されます。

展開されるディーラーの一部店舗では試乗車も用意されるとのことです。

また、9月と10月にはサーキットでの体感試乗会も開催予定です。

 

参考:メガーヌ R.S. トロフィーRの展示・試乗車が全国10店舗に登場 -体験試乗会も順次開催-

 

ラリージャパン2020の開催断念

ラリージャパン2020実行委員会は8月19日、今年11月に予定していた「Rally Japan 2020」の開催を断念したと発表しました。

コロナウィルスの感染拡大による日本政府の水際対策としての入国制限が継続しており、選手や関係者の大半がヨーロッパを拠点とする外国人なことから、数百人規模の関係者の入国の見通しがつかないとのことです。

今後は来年秋に開催が内定している2021年大会に向けて準備に入るとしています。

 

参考:FIA 世界ラリー選手権「Rally Japan 2020」開催断念のお知らせ

 

メルセデスAMG ハイパーカー「プロジェクトワン」の開発が次のフェーズに移行

メルセデスAMGは8月20日、twitterやYoutube公式アカウントにて、ハイブリッドシステムを搭載したハイパーカー「プロジェクトワン」の開発が次のフェーズに入ったと発表し、最新の画像と走行動画を公開しました。

プロジェクトワンはメルセデスAMGの創立50周年を祝したハイパーカーとして披露され他モデルです。

F1マシン譲りの1.6リットルV型6気筒ガソリンターボエンジンを搭載し、エンジン単体では680hpを発生し、1万1000回転という市販車ターボエンジンでは類を見ない超高回転を許容します。

これのパワーユニットにはターボに1個、エンジンに1個、フロント駆動用に2個、計4個のモーターでアシストするハイブリッドシステムを搭載し、システム計で1000hpを超える出力を発生します。

公式動画では、レーシングユニットの様な官能的なサウンドを聴くことができます。

 

参考:https://twitter.com/MercedesAMG/status/1296416812662480897

 

日産 新ブランドアンバサダーに木村拓哉さんが就任

日産自動車は8月20日、ブランドアンバサダーとして木村拓哉さんを起用すると発表しました。

日産は7月に新しい日産の顔となる新型クロスオーバー「アリア」を発表すると共にブランドロゴを刷新しました。

新しい日産の世界観を表現する上で、数々の挑戦と革新を続け、長きにわたりエンターテイメント界のトップを走り続けている木村拓哉さんを起用。圧倒的な存在感と説得力で日産の想いを代弁するとしています。

木村拓哉の出演するTVCM「やっちゃえ NISSAN 幕開け篇」は8月22日より放映が開始されます。

 

参考:日産自動車がブランドコミュニケーションを刷新 新ブランドアンバサダーに木村 拓哉さんが就任

 

8月17日週の自動車業界ニュースまとめ

より走りを楽しめる仕様になった新型レヴォーグの先行予約が開始されました。スポーティな走りを味わうことができ、さらには先進安全技術も搭載しています。走りも安全もしっかり確保できるクルマに注目している方も多いことでしょう。

メルセデスAMGの創立50周年を祝したハイパーカー、プロジェクトワンの最新動画も公開され、今後の経過にも期待が集まっています。