新型モデルが多数リリース。自動車ニュースが5分で分かる!先週(20年7月20日週)の最新情報まとめ

2020.07.27

7月20日週の自動車関連ニュースを国内外問わずお届けします。自動車業界の最新ニュースをスピーディにチェックしたい方にもおすすめ!新型車情報など、自動車業界注目のニュースをピックアップしました。

 

日産、「リーフNISMO」の性能を向上し発売

日産自動車は7月20日、「リーフNISMO」の走行性能の向上したモデルを発売しました。

ステアリングレシオを欧州テイストに変更し、それに伴いサスペンションチューニングを施しました。

また、VDC(ビークルダイナミクスコントロール)の制御ロジックを精密に見直し、コーナー出口での加速性能を向上させています。

また、シートには高いホールド性を備えたシートヒーター付きNISMO専用のRECARO製スポーツシートのオプションにて設定しました。

価格は429万4400円です。

 

参考:「日産リーフ NISMO」を性能向上

 

アウディ、A3シリーズのハイエンドスポーツモデル「RS3スポーツバック」「RS3セダン」を発表

アウディ・ジャパンは7月21日、2年ぶりとなるRS3の「スポーツバック」と「セダン」の2モデルの発売を発表しました。

パワーユニットは従来通り、400馬力・480Nmを発生する2.5L直列5気筒ターボエンジンに7速のSトロニックトランスミッション、quattro フルタイム四輪駆動システムを介し路面にパワーを伝達します。

今回発売のモデルは、エクステリアにはマトリクスLEDヘッドライト、フロントダイナミックターンインディケーター、マットアルミニウムスタイリングパッケージを特別装備として備えています。

また、ボディカラーは新色キャラミグリーンという復活を彩る鮮やかなグリーンカラーを追加しました。

価格はRS3スポーツバックで850万円、RS3セダンは869万円、発売はRS3スポーツバックで8月18日、RS3セダンは9月15日となります。

 

参考:2年ぶりに復活、Audi RS 3 Sportback / RS 3 Sedanを発売

 

アキュラ、IMSAでのチーム・ペンスキーとのパートナーシップを今シーズン限りで解消へ

北米ホンダのプレミアムブランドであるアキュラは7月21日、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権にて、北米での名門レーシングチームである「チーム・ペンスキー」とのパートナーシップを2020年限りで終了すると発表しました。

2018年からアキュラとチーム・ペンスキーとのタッグによる戦いはスタートし、通算4勝、計14回の表彰台という好成績を叩き出しました。

今回のパートナーシップ終了は相互合意のもととのことです。

 

参考:IMSA:アキュラ、2020年シーズン限りでペンスキーとの提携を終了と正式発表

 

ケンウッド、あおり運転を自動検知するAIを搭載したドライブレコーダーを発売

ケンウッドは7月22日、後方からの蛇行運転や急接近を検知する同メーカー初の機能「AIセンシング」を搭載したドライブレコーダーを9月中旬にすることを発表しました。

6月30日の道路交通法改正によるあおり運転の厳罰化により、後方録画対応のドライブレコーダーの需要が増加している中で、あおり運転に対する機能強化モデルとしてラインナップされます。

通常のドライブレコーダーとしても、フルHDの1.8倍の高解像度録画、F値1.6の明るいレンズと高感度CMOSイメージセンサー「STARVIS」の搭載など、フラッグシップモデルとしての高性能を備え持っています。

 

参考:前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MR8500」を発売

 

BMW、8シリーズの特別仕様車「Edition Golden Thunder」を発売

BMW・ジャパンは7月22日、BMWクーペの最上級モデルである8シリーズの特別仕様車「M850i xDrive Edition Golden Thunder(エディション・ゴールデン・サンダー)」の受注を7月30日午後12時に開始すると発表しました。

エディション・ゴールデン・サンダーは、最高出力530psを発生する4.4LのV型8気筒ツインターボガソリンエンジンを搭載したM850i xDriveがベース。

ボディカラーはブラックサファイアをベースに、キドニーグリルとブレーキキャリパーにブラック塗装、ドア・ミラー、ボディ・サイド、ホイールに、雷をイメージする専用のゴールド塗装を施こし、アクセントを演出しています。

インテリアには金色の専用インテリアトリムにヘッドレストにはEdition Golden Thunderの文字のレンダリングを採用しています。

また、高音質のBowers & Wilkinsダイヤモンド・サラウンド・サウンド・システムは標準装備となっています。

販売はクーペ、カブリオレ、グラン クーペの各1台の限定となり、価格は1851万円~1962万円です。

 

参考:BMW 8シリーズ限定車 Edition Golden Thunder を発表

 

三菱自動車、「2020年 小学生自動車相談室」を開設

三菱自動車は7月20日、自動車産業に関する様々な疑問を受け付ける「小学生自動車相談室」を期間限定で開設すると発表しました。

1993年から毎年開設されるこの相談室は今年で28年となり、相談件数は昨年度までの累計で3,600件となります。

相談は、クルマづくりやクルマの仕組み、工場での取り組みや、最近では環境問題に関する問い合わせも増えてきているといいます。

受付期間は7月20日(月)~12月10日(木)で、電話での問い合わせは平日の9:00~12:00、13:00~17:00です。

また手紙やはがきでの他、webページでの問い合わせも設けています。

 

参考:「2020年 小学生自動車相談室」を開設

参考:https://inquiry.mitsubishi-motors.co.jp/kids/RegisterInit.do

 

F1の開催カレンダーが更新 ニュルブルクリンク、ポルティマオ、イモラの開催が決定

F1は7月26日、2020年の開催カレンダーの改訂版を発表しました。

その中で、南北アメリカ大陸でのレース開催を中止し、ニュルブルクリンク、ポルティマオ、イモラでレースを行なうことを明らかにしました。

それぞれの決勝レースの日程はニュルブルクリンクが10月11日、ポルティマオは10月25日、イモラは11月1日となります。

また、ポルティマオでは観客を動員したレースも検討されているとのことです。

 

参考:ニュル、ポルティマオ、イモラの3戦開催が決定。イモラは2日開催

 

JAF、昨年8月の子ども・ペットを残したキー閉じこみ出動件数を公表 車内熱中症を呼びかけ

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)は7月22日、昨年の8月1ヶ月間に出動した子どもやペットを車内に残したままの「キー閉じこみ」の件数を公表しました。

8月1日~8月31日の1ヶ月間、JAFが出動した「キー閉じこみ」の救援のうち、子どもやペットが車内に残されたままであったケースは子ども115件、ペット29件の合計144件あったとのことです。

閉じこみの原因としては、おもちゃの代わりにリモコンキーを子どもに持たせていたら、ロックボタンを押してしまったり、飼い主の戻りを待つペットが、車内の集中ロックスイッチを踏んで押してしまうなどの原因があるそうです。

JAFが実施した検証テストによると、気温35℃の炎天下に駐車した車内の暑さ指数は、窓を閉め切った状態でエンジン停止後、わずか15分で人体にとって危険なレベルに達するとし、注意を呼び掛けています。

 

参考:車内熱中症に注意!子どもやペットを残したままのキー閉じこみ 昨年の8月は1ヶ月で144件!

 

レクサス、「LCコンパーチブル」の北米仕様を発表

レクサスは7月21日、最上級クーペモデルであるLCのオープン仕様である「LCコンパーチブル」の北米仕様を発表しました。

ルーフはソフトトップを採用し、4層構造とすることで静粛性も確保しています。

開閉スピードもオープン時で15秒、クローズ時で16秒でクラストップレベルとなっています。

また、ソフトトップの格納時のシルエットに拘り、リア回りのデザインを専用設計としています。

パワーユニットは471HPを発生する5.0リットルV型8気筒エンジンで、最高速度は270km/hにてリミッターが作動します。

官能的なエンジンサウンドを楽しめるよう、吸気音を車内に共鳴させる「サウンドジェネレーター」も装備し、走りを楽しめる演出も用意。

また、オープンボディによる走行性能低下も抑えるため、アルミダイキャスト製のリアサスペンションタワーブレースやヤマハ製パフォーマンスダンパーを採用しています。

発売は2020年の夏を予定しています。

 

参考:レクサス LCコンバーチブル、最高速270km/h…米国仕様を発表

 

独VW、新型EV「ID.3」の注文を開始

独フォルクスワーゲン(VW)は7月20日、新型電気自動車の「ID.3」の欧州での注文を開始したと発表しました。

150kw・320Nmを発生するモーターを後輪で駆動し、「ピュア」の45kWh、「プロ」の58kWh、「プロS」の77kWhのグレード別で3種類のバッテリーが用意され、航続可能距離は「プロS」で550km(WLTPモード)となります。

安全装備では車線維持システム、車両周辺のモニタリングシステム、道路標識ディスプレイ、パークディスタンス コントロールなど、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載しています。

価格は日本円にて440万円~599万円となります。

 

参考:「ゴルフ」に代わるVWの主力車種になる!? 大本命のEV「ID.3」発売

 

7月20日週の自動車関連ニュースまとめ

梅雨の長い2020年。JAFによる車内熱中症についての呼びかけのニュースもあり、これから本格的な暑さがやってくることでしょう。

また、新型モデル発表のニュースも多かった7月21日週ですが、今後の続報にも期待したいところですね。