【ドライブ】モノづくりドライブ!Vol.03 天然藍だけが表現できる美しい藍色との出会い「藍染工房 壺草苑」

2019.03.04

東京都青梅市の山里に位置する「藍染工房 壺草苑(こそうえん)」は、「天然藍灰汁醗酵建て」という伝統の製法で藍染を行っています。天然藍灰汁醗酵建ては、化学薬品を一切使わず、自然からとれる原料のみで作られるため、身に着ける人々や環境にもとても優しく豊かな染色方法。

蓼藍の葉を約1年じっくりと手間をかけて、藍染の原料である“すくも”にします。その後、“すくも”と灰汁、石灰、日本酒、ふすまなどを用いて染め液を作りますが、現在ではこの灰汁醗酵建ての藍染は全体の数%程度しかつくられていない希少な手法です。

貴重な天然の染液を使った藍染体験ができる

壺草苑では、この丹精込めてつくられた天然藍灰汁醗酵建てでつくられた天然の染液を用いて、藍染体験ができます。ハンカチやバンダナなど染めるお手軽コース、綿ストールやTシャツを染めるじっくりコース、そして綿や麻などの植物繊維が素材の薄手のワンピースやブラウスなどを染めるお持ち込みコースも。

体験コースは金曜日と土日祝日に開催していて、事前予約が必要です。お持ち込みコースの場合は、染めるのに適した素材かどうか、素材によっても価格が変わるので事前に相談を。

天然藍を用いた藍の色は、天然藍だけが表現することできる胸すく美しさ、優しさがあります。化学染料や絵の具ではどう配合しても決して出すことができない色。心が洗われるような美しい藍の色に会いに行きましょう。

【藍染工房 壺草苑(あいぞめこうぼう こそうえん)】
住所:東京都青梅市長淵8丁目200
Webサイト:https://www.kosoen-tennenai.com/
お問い合わせemail: mail @ kosoen-tennenai.com

text:beecar編集部
photo credit:藍染工房 壺草苑