MENU

自動車保険の乗り換えタイミングと注意点は?おさえておくべきポイントを徹底解説

2021.07.22

「自動車保険の乗り換えタイミングはいつがベスト?」

「自動車保険の乗り換えでおさえておくべきポイントや注意点はある?」

という疑問がある方向けに、この記事では自動車保険の乗り換えを検討するメリットや注意点、乗り換え手順を解説します。

現在加入している自動車保険の補償内容や月々の保険料に不満がある方は、一度乗り換えを検討してみることをおすすめします。

自動車保険の料金やサービス内容は、全ての保険会社で同じではなく違いがあります。

記事後半ではおすすめの大手自動車保険会社を5社紹介しているので、乗り換えを検討している方は参考にしてください。

自動車保険の乗り換えを検討するメリット

自動車保険の乗り換えを検討するメリット

自動車保険の乗り換えを検討するメリットは以下の通りです。

自動車保険の乗り換えを検討するメリット
  • 自動車保険料の見直しをするきっかけになる
  • 補償内容やサービス内容を見直すきっかけになる

自動車保険料の見直しをするきっかけに

自動車保険の乗り換えを検討する1番のメリットは、保険料が安くなる可能性があることです。

自動車保険の保険料は、全ての保険会社で同じではなく、補償内容や各種サービスによって費用が異なります。

同じ補償内容でも、利用する保険会社を変更するだけで月々の保険料を大幅に下げられる可能性もあるので、乗り換えを検討するメリットは大きいです。

自動車を購入した代理店に言われるがままに、加入していた方は、一度保険料を見直してみることをおすすめします。

補償内容やサービス内容を見直すきっかけに

保険会社によって保険料が異なるように、補償内容や各種サービス内容も異なります。

複数の保険会社で見積もりを取り、自動車保険の乗り換えを検討することで、加入している補償内容やサービス内容を見直すきっかけになります。

最も重要な対人賠償や対物賠償などの基本的な補償は変わりませんが、ロードサービスの有無や移動費用の負担など、細かいサービス内容の違いがあります。

必要のないサービスによって保険料が高くなっていないか、本当に必要なサービスは含まれているかを見直してみてください。

自動車保険
大手5社

 

自動車保険の乗り換えタイミング

自動車保険の乗り換えタイミング

自動車保険の乗り換えタイミングは以下の通りです。

自動車保険の乗り換えタイミング
  • 満期で乗り換え
  • 中途解約で乗り換え

満期で乗り換え

契約の満期で乗り換えを行う場合は、契約以降に事故を起こしているかによって変わります。

契約から1年間無事故の方は、契約満期で乗り換え先の保険会社で加入手続きを行い、1等級上がった状態で契約できます。

無事故の場合は等級が上がりますが、事故を起こしてしまった場合は、満期で乗り換えを行っても現在の等級のまま引き継ぐことになります。

また、満期日に乗り換え手続きを行う場合は、基本的に乗り換え前の保険会社で解約手続きを行う必要はありません。

ただし、自動継続特約を利用している場合は、自動的に更新されてしまうので、自身の契約内容を確認してください。

中途解約で乗り換え

保険契約期間中に乗り換える場合は、仮に契約中無事故だったとしても、乗り換え先の等級は上がりませし、契約から1年間同じ等級になります。

また、等級が下がってしまう事故を起こしてしまった場合は、乗り換えたタイミングで等級が下がってしまうので、おすすめできません。

基本は、事故の発生有無に関わらず、契約満期での乗り換えが等級の関係からおすすめです。

自動車保険
大手5社

 

自動車保険を乗り換える際の基本的な手順

自動車保険を乗り換える際の基本的な手順

自動車保険を乗り換える際の基本的な手順は以下の通りです。

自動車保険を乗り換える際の基本的な手順
  • 自動車保険会社を比較する
  • 乗り換え先の自動車保険会社に契約の連絡する
  • 契約中の自動車保険会社に解約の連絡する
  • 契約と解約で必要な手続きを進める

自動車保険会社を比較

まずは、どの自動車保険会社に乗り換えるのが最もお得なのか調べるために、複数会社を比較します。

保険会社の比較で便利なのが「自動車保険の一括見積もりサービス」です。

自動車保険の一括見積もりサービスは、契約情報など自身の情報を入力するだけで、複数の保険会社の見積もりを一括で調べることができる便利なツールです。

数多くの保険会社にそれぞれ見積もりを依頼するのは大変なので、活用してみてください。

最短5分で無料の一括見積もり
保険市場 公式HP↓↓

乗り換え先の自動車保険会社に契約の連絡

乗り換え先の保険会社が決まったら、事前に契約の連絡を行います。

乗り換えの契約手続きには、契約中の保険証券・車検証。運転免許証が必要になるので、準備しておきましょう。

契約中の自動車保険会社に解約の連絡

次に、自動継続特約を利用している場合は、現在契約中の自動車保険会社に解約の連絡を行います。

基本的には満期と共に乗り換えて、解約手続きを行う必要はありませんが、自動車保険は重複して契約できないので、自分の契約状況が不安な方は確認しておくことをおすすめします。

契約と解約で必要な手続きを進める

満期と共にスムーズに乗り換えられるように、契約と解約で必要な手続きを進めておきましょう。

保険会社によって必要な書類は異なるので、保険会社に確認してみてください。

自動車保険
大手5社

 

自動車保険の乗り換えで注意するポイント

自動車保険の乗り換えで注意するポイント

自動車保険の乗り換えで注意するポイントは以下の通りです。

自動車保険の乗り換えで注意するポイント
  • 契約中の自動車保険の満期日
  • 契約中の自動車保険を途中解約する場合の返戻金
  • 等級の引き継ぎ
  • 安さだけを重視しない
  • 保険内容の見直し

契約中の自動車保険の満期日

解説した通り、最もお得な乗り換えタイミングは「契約中の自動車保険の満期日」です。

乗り換えたタイミングで現在の等級が引き継がれたり、事故を起こしている場合、早く等級が下がってしまうので、満期日を把握しておきましょう。

特に無事故の方は満期日に乗り換えることで、スムーズに等級を上げることができるので手続きを忘れないように注意してください。

契約中の自動車保険を途中解約する場合の返戻金

契約中の自動車保険を途中解約する場合は、返戻金を確認してください。

月払いで保険料を支払っている方は、解約までの保険料を支払うだけで問題ありませんが、年払いですでに支払っている方は、返戻金として保険料が戻ってきます。

返戻金は保険会社によって異なりますが、解約手続きが遅くなってしまうと、返戻金の額が少なくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

等級の引き継ぎ

乗り換えを行った日から等級が引き継がれるので、契約中に無事故だったとしても、等級が上がるタイミングは乗り換え日から1年後と遅くなってしまいます。

また、等級を下げる事故を起こしていない場合は、現在の等級がそのまま引き継がれて期間がリセットされてしまうので、注意してください。

安さだけを重視しない

乗り換えを検討するメリットは、保険料を安くできることですが、安さだけを重視しないように気をつけましょう。

乗り換えたことで、必要な補償やサービスが適用されなくなってしまう可能性もあるので、安さも大切ですが、自分が欲しい補償内容を満たしていることを第一に検討してください。

保険内容の見直し

自動車保険の一括見積もりを行ったら、保険料金と同じく保険内容の見直しも行いましょう。

仮に現在加入している保険内容が不要だと分かれば、乗り換えなくても加入内容を変更するだけで安くなる可能性があります。

自動車保険の乗り換えは大手5社で検討してみては

自動車保険の乗り換えは大手5社で検討してみては

最後に、自動車保険の乗り換えでおすすめの大手5社を紹介します。

自動車保険の乗り換えおすすめ5社
  • セゾン自動車火災保険
  • イーデザイン損保
  • チューリッヒ保険
  • SBI損保
  • ソニー損保

セゾン自動車火災保険

セゾン自動車火災保険

保険名 おとなの自動車保険
保険会社 セゾン自動車火災保険株式会社
契約型 ダイレクト
補償内容 対人賠償保険
被害者救済費用
無保険車傷害
人身傷害保険
車両保険
サポート ロードサービス拠点約13,000ヵ所
修理工場拠点約920ヵ所
レッカーサービス
バッテリー切れ
ガス欠補給サービス
タイヤ交換
キー閉じ込み
宿泊費・交通費サポート
事故対応 事故現場急行サービス
警察・救急車への連絡
事故相手との会話代行
通話料無料

セゾン自動車火災保険株式会社のおとなの自動車保険は、事故率が低い40代と50代の保険料を割安にすることで、保険料を平均約16,000円も安くなるメリットがあります。

35歳を超えると保険料は変わらないという一般的な自動車保険の仕組みではなく、1歳きざみで安くなります。他にも継続することでよりお得になったり、走行距離に応じた割引もあります。安いだけでなく、万が一の時のサポート体制も万全なので安心して車に乗ることができるでしょう。

イーデザイン損保

イーデザイン損保

保険名 イーデザイン損害保険
保険会社 東京海上ホールディングス株式会社
契約型 ダイレクト
補償内容 対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害保険
搭乗者傷害保険
無保険車事故傷害保険
自損事故傷害保険
車両保険
弁護士費用等保険
他者運転危険保険
サポート ロードサービス拠点約9,300ヵ所
修理工場拠点約900ヵ所
レッカーサービス
バッテリー切れ
ガス欠補給サービス
事故対応 事故現場急行サービス
事故相手との会話代行

イーデザイン損保の自動車保険は「専門家が選んだ自動車保険ランキング7年連続1位」に選ばれています。現場かけつけサービスがついており、事故対応が当日中であっても24時間体制で受け付けています。

保険料はダイレクト型なので安く、年齢や等級、免許や車両で保険を最適化させれば非常に安く加入できます。走行距離によってもお得になるので、あまり車に乗らない方でも安く利用可能です。

チューリッヒ保険

チューリッヒ保険

保険名 チューリッヒ保険
保険会社 チューリッヒ保険会社
契約型 ダイレクト
補償内容 車両保険
対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害保険
搭乗者傷害保険
サポート レッカーサービス
バッテリー切れ
キー閉じ込み
宿泊費・交通費サポート
事故対応 通話料無料

チューリッヒの自動車保険は業界最高レベルの無料ロードサービスを提供しており、具体的にはレッカー100kmまで無料で行えたり、ガス欠の場合最大で10Lまで給油を無料で受けられます。

ダイレクト型で保険料も安く抑えることができ、ネットから申込むと最大で21,000円の割引になります。以下の公式サイトから無料見積もりを行えるので、試してみてください。

SBI損保

SBI損保

保険名 SBI損保の自動車保険
保険会社 SBI損害保険株式会社
契約型 ダイレクト
補償内容 車両身の回り品特約
弁護士費用特約
自動車傷害特約
ファミリーバイク特約
個人賠償責任特約
サポート ロードサービス拠点約10,000ヵ所
修理工場拠点約800ヵ所
レッカーサービス
バッテリー切れ
ガス欠補給サービス
タイヤ交換
キー閉じ込み
宿泊費・交通費サポート
事故対応 代車手配
通話料無料

SBI損保の自動車保険はダイレクト型の保険で、インターネットから新規申し込みを行うと保険料が12,500円割引で加入できます。保険料の安さに特化している自動車保険になっています。

現場かけつけサービスなどは行っていませんが、保険料が安いからといって補償内容が悪いということはありませんので安心して利用できるでしょう。

ソニー損保

ソニー損保

保険名 ソニー損保
保険会社 ソニー損害保険株式会社
契約型 ダイレクト
補償内容 対人賠償保険
対物賠償保険
人身傷害補償保険
搭乗者傷害保険車両保険
サポート ロードサービス拠点約9,700ヵ所
修理工場拠点約410ヵ所
レッカーサービス
バッテリー切れ
ガス欠補給サービス
タイヤ交換
キー閉じ込み
宿泊費・交通費サポート
事故対応 事故現場急行サービス
警察・救急車への連絡
事故相手との会話代行
代車手配
通話料無料

ソニー損保の自動車保険の特徴は充実したサポート&補償内容です。万が一の事故の際も24時間・年中無休で事故受付をしてもらえて、事故相手とのお話も経験豊富なプロの担当者が代わりに行ってくれます。

さらにセコムの緊急対処員が事故現場に急行して、事故状況を確認して救急車やレッカーの手配までしてもらえます。

以下の公式サイトから無料で見積もりを行うことができるので、ご検討中の方は試してみてください。

まとめ

今回は自動車保険の乗り換えを検討するメリットや注意点、乗り換えの流れを解説しました。

自動車保険を乗り換えることで、不要な補償やサービスを解約でき、月々の保険料を抑えることができます。

自動車保険の一括見積もりサービス」を活用すれば、紹介した大手自動車保険会社に一括で見積もりを行えます。

現在加入している保険内容や料金に不満がある方は、この記事を参考に乗り換えを検討してみてください。