【ワイスピ、カーズ他】映画に登場するクルマたち〜後編~

2015.11.24

 

出典:http://www.gqmagazine.fr/

 

 

 

「カー・アクション・ムービー」という一つのジャンルまで存在するくらい、映画の中で重要な役割を果たし、密接にかかわってきたクルマ。

 

特にクルマ文化が深く根付く欧米では、劇中に登場するだけでなく、物語の中心となっているものも多くあります。
 

そんな映画に登場する印象的なクルマを、前回に引き続きご紹介♪

今回もみんな大好きな名作が盛りだくさん!それでは、後編スタートです☆

 

 

カーズ

 

 

出典:http://www.daze-shop.com/

 

あらすじ

 

真っ赤でピカピカなボディがトレードマークのレース・カー“ライトニング・マックィーン”は、レースでチャンピオンを目指す人気者。ある日ルート66号線沿いにある田舎町“ラジエイター・スプリングス”に立ち寄り、住民たちと触れ合ったことで、自分の人生には何かが失われていたことに気が付く。http://movies.yahoo.co.jp/

 

子供からお年寄りまで、ファミリーで楽しめるクルマ映画といえばコレ!

キャラクターのモデルとなった、実在するクルマを一部ご紹介します♪

 

 

 

マックイーン

 

ストックカー×ローラ×フォードGT40

 

出典:http://matome.naver.jp/

 

ストックカーとは市販車種をベースにしたレーシングカーのこと。

様々なクルマがミックスされていたとは驚きです。

 

 

出典:http://tuningpp.com.forsearch.net/

 

 

ラモーン

 

シボレー インパラ(1959年型)

 

出典:http://www.jeffraymond.net/

 

 

カーズ公開後、劇中のキャラクター仕様にクルマをカスタムする人も増えましたね。

特にラモーンは、海外のイベントなどで展示されている様子を目にします。

 

 

出典:http://www.cubaautos.org/

 

 

 

ルイジ

 

フィアット 500 (1960年型)

 

出典:http://pixar.wikia.com/

 

 

ルイジはフェラーリの大ファンというキャラクター設定ですが、実際、フェラーリはフィアットの傘下にあります。こういった設定に注目するのも面白いですね。

 

 

出典:http://www.tripadvisor.jp/

 

フィルモア

 

フォルクスワーゲン タイプ2

 

出典:http://galleryhip.com/

 

 

1970年代、タイプ2はヒッピーたちに愛用され、車体には平和を願うペイントや落書きが施されていました。

 

 

出典:http://blog.livedoor.jp/

 

 

 

トランスフォーマーシリーズ

 

 

出典:http://ciatr.jp/

 

 

あらすじ

 

2003年、火星にビークル2号探知機を打ち上げるが、火星に到着後NASAとの交信が途絶えてしまう。その後、アメリカ、パリ、東京、さらにはアメリカ大統領の乗るエアフォース・ワンの機内など、世界中の至るところで同時期に奇妙な現象が起きる。人間たちは、それが地球上のあらゆるテクノロジーをスキャンする知能を持つ“金属生命体”のしわざだとは知らず……。http://movies.yahoo.co.jp/

 

 

もともとは日本のタカラトミーが発売した変形型ロボットのおもちゃ。

2007年、それを題材にマイケル・ベイ監督が映画化し、世界的に大ヒットしました。

 

 

オプティマス・プライム 

 

ピータービルト 379

 

出典:http://www.businessinsider.com/

 

 

出典:https://en.wikipedia.org/

 

 

バンブルビー 

 

シボレー カマロ スパイダー

 

出典:http://www.comingsoon.net/

 

 

出典:http://motorvehicleny.com/

 

 

ジャズ 

ポンティアック ソルティス

 

 

出典:http://transformers.wikia.com/

 

 

出典:http://www.netcarshow.com/

 

 

 

ワイルド・スピード

 

 

出典:http://www.moviepilot.de/

 

お待たせしました!みんな大好き「ワイルド・スピード」。

ド派手なカーアクションと魅力的なクルマの数々に、クルマ好きのみならず多くのファンを持つこのシリーズ。

 

今回は数あるクルマの中から、日本車をピックアップして振り返っていきます。

 

 

トヨタ 80スープラ

 

『ワイルド・スピード』(2001年)

 

出典:http://www.philstar.com/

 

 

 

日産 R33スカイラインGT-R

 

『ワイルド・スピード』(2001年)

 

出典:http://www.imcdb.org/

 

 

 

ホンダ S2000

 

『ワイルド・スピード』(2001年)

 

出典:http://www.imcdb.org/

 

 

マツダ FD型RX−7

 

『ワイルド・スピードX2』(2003年)

 

 

出典:http://www.imcdb.org/

 

 

三菱 ランサーエボリューションⅦ

 

『ワイルド・スピードX2』(2003年)

 

出典:http://www.imcdb.org/

 

 

三菱 エクリプススパイダー

 

『ワイルド・スピードX2』(2003年)

 

 

出典:http://www.imcdb.org/

 

 

 

日産 Z33フェアレディZ

 

『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 』(2006年)

 

 

出典:http://www.imcdb.org/

 

 

 

日産 S15シルビア

 

『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 』(2006年)

 

 

出典:http://www.imcdb.org/

 

 

 

日産 R34スカイラインGT-R

 

『ワイルド・スピード MAX』(2009年)

 

 

出典:http://www.imcdb.org/

 

 

 

日産 Z34フェアレディZ

 

『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011年)

 

 

出典:http://www.imcdb.org/

 

 

 

日産 R35GT-R

 

『ワイルド・スピード EURO MISSION 』(2013年)

 

 

出典:http://www.imcdb.org/

 

 

 

スバル インプレッサ WRX STI

 

『ワイルド・スピード SKY MISSION 』(2015年)

 

 

出典:http://www.imcdb.org/

 

 

 

〜おまけ〜スープラは特別なクルマ?!

 

 

出典:http://www.imcdb.org/

 

1作目でもオレンジのスープラをご紹介しましたが、ブライアン・オコナーを演じるポール・ウォーカーの遺作となった『ワイルド・スピード SKY MISSION 』のラストシーンには、白いスープラが登場します。

 

実はこの白いスープラ、ポール・ウォーカーの私物だと言われており、1作目のラストシーンとリンクする演出に加え、ファンの感動を誘う感慨深い一台となっているのです。

 

 

 

 

映画とクルマに関する過去問題

 

後編も盛りだくさんの内容でお届けしましたが、いかがでしたか?

実はこれでもまだまだ紹介しきれていません…皆さん、ぜひ映画を観て、もっともっと探してみてください☆

 

さて、今回はくるまマイスター検定の過去問題から、映画とクルマに関する問題をピックアップしました!

 

 

 

3級(第2回)

アメリカのカーアクション映画「ワイルドスピード」の1作目で主人公ブライアンがおとり捜査用に用意され、最初に乗っていたクルマは次のうちどれですか?

①日産 シルビア
②三菱 エクリプス
③トヨタ セリカ
④マツダ RX-7

 

 

2級(第1回)

1990年公開の映画「プリティ・ウーマン」で、実業家エドワード・ルイス(リチャード・ギア)が、ヒロインのビビアン・ワード(ジュリア・ロバーツ)と出会う冒頭シーンに、印象的なクルマが登場します。そのクルマは何ですか?

①ロータス エスプリ
②フェラーリ 328GTS
③シボレー コルベット
④アキュラ NSX