MENU

審査が甘いETCカードはこれに決定!少しでも不安がある方必見!

2021.11.26


高速道路を通る時、料金所で停まらずスムーズに走行できるのがETCシステムです。

そんなETCを利用するにはETCカードが必要となりますが、ETCカードを作る時の審査が心配という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、審査が甘いと言われるETCカードのおすすめ5選や審査が通らない原因、審査に通るコツなどをご紹介していきます。

審査が甘いおすすめのETCカード5選


それでは早速、審査が甘いと言われるおすすめのETCカード5選をご紹介しましょう。

ライフカード

カード名 ライフカード
申し込み条件 国内在住/18歳以上(高校生を除く)/電話連絡が可能
クレジットカード年会費 無料
ETCカード年会費 無料(一部提携カードを除く)
ETCカード発行手数料 無料

ライフカードは年会費無料のクレジットカードで、消費者金融のアイフルが親会社のため独自の審査基準を持っており、審査に通りやすいと言われています。

ETCカードの年会費も基本的に無料となっており、また発行手数料もかかりません。

また、最短3営業日でカードが届いたり、初年度はポイントが1.5倍、さらに誕生月はポイント3倍になるなど嬉しい特典も多く、使い勝手のいいカードです。

ライフカード公式HP

楽天カード

カード名 楽天カード
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
クレジットカード年会費 無料
ETCカード年会費 550円(会員ランクによって無料)
ETCカード発行手数料 無料

楽天カードは申し込み条件が「18歳以上(高校生を除く)」のみとなっており、学生や主婦、アルバイトでも審査に通りやすいクレジットカードです。

楽天カードでの支払いを選択すると楽天市場をはじめとした多くの楽天サービスでポイント優待が受けられるのが大きな魅力で、楽天ユーザーは必携ともいえるカードです。

ETCカードは年会費が550円かかりますが、楽天のダイヤモンド会員かプラチナ会員になれば年会費は無料になります。

楽天カード公式HP

エポスカード

カード名 エポスカード
申し込み条件 国内在住/18歳以上(高校生を除く)
クレジットカード年会費 無料
ETCカード年会費 無料
ETCカード発行手数料 無料

エポスカードは年会費無料で、百貨店のマルイが発行しているためマルイ系列のお店でショッピングすることが多い方にもおすすめのクレジットカードです。

2021年4月から新デザインを採用して縦型となり、またETCカードは年会費、発行手数料ともに無料のため安心して利用できます。

特典も多く日常使いにぴったりのカードで、収入面の条件もなく審査も通りやすいと言われています。

エポスカード公式HP

セディナカード jiyu!da!

カード名 セディナカード jiyu!da!
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
クレジットカード年会費 無料
ETCカード年会費 無料
ETCカード発行手数料 1,100円

セディナカード jiyu!da!は、毎月の支払い額を自由に決めるリボ払い専用のクレジットカードです。

毎月の支払額は、自由に決めた「月々払い」の金額に余裕のある時の「よゆう払い」をプラスした金額という形式で、審査が通りやすいカードと言われています。

ダイエーとイオンで毎日ポイント3倍という嬉しい特典があり、日々の買い物専用カードとしても便利。ETCカードの発行手数料はかかりますが、年会費は無料のため安心です。

セディナカード jiyu!da!
公式HP

セブンカード・プラス

カード名 セブンカード・プラス
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
本人または配偶者に継続して安定した収入がある
クレジットカード年会費 無料
ETCカード年会費 無料
ETCカード発行手数料 無料

セブンカード・プラスは、申し込みの条件として配偶者の収入面が記載されており、専業主婦や主夫の方でも審査に通りやすいクレジットカードとなっています。

セブンイレブンやイトーヨーカドーを運営するセブン&アイ・ホールディングスが発行しており、nanacoポイントがたまるのも魅力。

ETCカードの年会費と発行手数料も無料のため、ETCカードが使いたい方にもぴったりの1枚です。

セブンカードプラス
公式HP

ETCカードの審査とは?


一般的に、ETCカードを作るためにはまずクレジットカードを作る必要があります。

なぜなら、クレジットカードに付帯するサービスとしてETCカードが発行されるからです。

従って、ETCカードを作成するにはまずクレジット審査に通ってクレジットカードを所有することが必須となります。

では、その審査についてもう少し詳しく見ていきましょう。

ETCカードの審査内容と審査期間

高速道路のETCシステムを利用すると、ETCカードを通じて通行料金が自動決済されます。

決済された料金はETCカードの付帯元となるクレジットカードの利用料金と一緒に引き落とされます。

そのため、既にクレジットカードを持っている方がETCカードを作りたい場合、ETCカードの審査は基本的にそのクレジットカードの利用状況に問題がないかを確認するのみとなります。

また審査期間は数日から一週間程度ということが多いようです。

一方、クレジットカードを所有していないか、あるいは所有しているカード以外のクレジットカードに付帯するETCカードを作りたい場合、イチから新たにクレジットカードを作成することになります。

この審査内容はカード会社により様々ですが、一定以上の安定収入があることが申し込み条件となっていることが多く、その支払い能力について収入面の審査がなされます。

クレジットカードをイチから作る際の審査期間は数日から数週間程度となっています。

審査不要のETCカードは存在する?

このようにETCカードとはクレジットカードに付帯するカードとなっていますが、クレジット審査が不要のETCカードは存在しないのでしょうか?

実は、高速道路会社が発行する「ETCパーソナルカード」というカードであれば、クレジット機能が付いていないため、与信審査なしで作成することが可能です。

ただ、その分最初に保証金をデポジットしたり、利用料金に上限があるなどの条件もあるため、事前に確認するのがおすすめです。

家族名義のETCカードの審査について

クレジットカードに付帯するETCカードは基本的に、元となる親カード1枚に対し、1枚のETCカードが発行されます。

ただ、親カードに対する家族カード1枚に対してもETCカード1枚が発行可能なことが多いため、家族がクレジットカードを持っている場合はまず自分名義の家族カードを作ってもらい、そこに付帯するETCカードを作るのも一つの手です。

その場合の審査ですが、家族カードを作る際には元となる親カードの所有者が審査対象となるため、実質的には本人の審査は必要ありません。

たとえば夫のクレジットカードで専業主婦の妻の分の家族カードを作る場合、審査されるのは夫となるため、夫のカードの利用状況に問題がなければ妻に対する審査を経ずに、家族カードとそこに付帯するETCカードを作ることが可能です。

審査が甘いETCカード
おすすめ5選

ETCカード(クレジットカード)の審査に落ちてしまう原因


ETCカードはクレジットカードに付帯しているカードであるため、クレジットカードの審査に落ちてしまった場合、ETCカードだけ単独で作ることはできません。

では、クレジットカードの審査に落ちてしまうのは何が原因なのでしょうか。

ETCカード(クレジットカード)の審査に落ちてしまう原因
  • 複数枚を契約しているため
  • 信用情報に問題があるため
  • キャッシング枠を設定しているため

複数枚を契約しているため

クレジット審査に落ちてしまう原因の一つとして、既に複数枚のクレジットカードを契約している場合が挙げられます。

クレジットカードを一人で複数枚持つことは可能ですが、カード会社は本人の返済能力を超えて契約してしまうことがないよう、割賦販売法で定められた所定の審査を行います。

審査では申込者がクレジットカードを何枚所有しているかもチェックされており、返済能力を鑑みて、これ以上は発行できないとみなされる場合があります。

しばらく使っていなかったとしても1枚は1枚ですので、新しくクレジットカードを申し込む際は、使っていないカードを解約しておくのも一つの手です。

信用情報に問題があるため

クレジット審査の際には、これまでのクレジットカードやローン、キャッシングの利用履歴といった信用情報が参照されます。

ここにたとえば延滞料金などが記録されていると、審査の際にマイナスの影響があります。

もし、これに気づかないまま何度か審査に落ちてしまい、それから再申し込みを繰り返していると、さらに審査に不利になってしまう可能性もあります。

そのため、自分の信用情報にキズがついていないか、不安な方は自分で確かめておくのもおすすめです。

キャッシング枠を設定しているため

クレジットカードを申し込む際には、キャッシング枠を設定するかどうかを選択します。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、このキャッシング枠を設定すると、その枠内の現金を借りられるようになります。

ただ、このキャッシング枠の部分は貸金業法の規制対象となり、その分審査も厳しくなりますので、キャッシング枠を設定するかどうかで審査内容が変わってくることを覚えておきましょう。

審査が甘いETCカード
おすすめ5選

ETCカード(クレジットカード)の審査を通すコツ


高速道路を便利でお得に利用できるETCカードを作るために、クレジットカードの審査を通りやすくするコツはあるのでしょうか。

以下のポイントをしっかりと押さえておくことで、審査が通りやすくなります。

同時に申込をしない

クレジットカードの審査が不安だからと、一社ではなくいくつものカード会社に申し込みをする方がいますが、これは残念ながら逆効果となってしまいます。

なぜならクレジット審査は「数打ちゃ当たる」というものではなく、また、申し込みをした履歴までも審査でチェックされています。

そこで「複数の申込みをしている=複数枚のクレジット契約をする可能性がある」とみなされると、前述のように返済能力を超えるおそれがあるため審査が通りにくくなります。

これを防ぐためには、なるべく審査が通りやすいカードを慎重に選び、一社のみ申し込みましょう。

支払い遅れがあるものを解消する

審査に通るために、もしクレジットカードやローンの支払いなどで遅れているものがあれば、すみやかに返済を終えて延滞を解消しましょう。

支払いの状況が分からない場合は、自分の信用情報を自分で調べることもできますので、信用情報機関に照会してみるのも有効です。

何度も申し込みや審査落ちを繰り返すと信用情報にさらにキズがつくことになってしまいますので、審査落ちの経験がある方や不安な方は早めに調べておくのがおすすめです。

正しい情報を申請する

クレジットカードの申込書では様々な個人情報を記載しますが、ここでは嘘偽りない正しい情報を記入して申請しましょう。

審査の際に虚偽が発覚すると、その内容に関わらず審査に落ちてしまいます。

たとえば年収等に自信がない場合でも、審査は勤続年数や信用情報などもあわせた総合的な判断になるため、落ちる理由を自己判断してしまわないことが賢明です。

嘘を記載してもメリットは全くありませんので、正しい情報での申請を行いましょう。

キャッシング枠を設定しない

クレジットカードを申し込む際には、キャッシング枠を設定するかどうかを選択することができます。

この時、キャッシング枠をつけると貸金業法の範囲での審査も入るため、ハードルが上がってしまいます。

あとから追加で付けることもできるため、まずはキャッシング枠を設定せずに申し込む方が審査に通りやすくなるでしょう。

審査が甘いETCカード
おすすめ5選

審査が甘いETCカードでおすすめなのは?


審査とは切っても切り離せないETCカード。

審査が甘いETCカードがおすすめなのはどんな人なのでしょうか。

クレジットカード有りがおすすめな人

高速道路をよく使う人であれば、ETC割引やマイレージサービスだけでなく、クレジットカードのポイント還元サービスもあわせて利用できるクレジットカード付帯のETCカードがおすすめです。

またクレジットカードに付帯するETCカードの中でも、この記事の冒頭で挙げた5つのカードは審査が通りやすいと言われています。

審査が甘いと言われるETCカードのおすすめ5選
  • ライフカード
  • 楽天カード
  • エポスカード
  • セディナカード jiyu!da!
  • セブンカード・プラス

学生や主婦、アルバイトなどクレジットカードの審査が不安だなと思う人でもETCカードが作れる可能性が十分ありますので、ぜひチェックしてみてください。

審査が甘いETCカード
おすすめ5選

クレジットカード無しがおすすめな人

セキュリティなどの面でクレジットカードを持ちたくない人や、クレジット機能がない方が安心という方は、クレジットカード無しで作れるETCカードもおすすめです。

高速道路会社が発行している「ETCパーソナルカード」であればクレジット機能がなく、クレジット審査なしでの作成が可能となっています。

クレジット機能はなくとも、もちろんETC割引やマイレージポイントなどお得に利用することができます。

まとめ


今回は、審査が甘いと言われるETCカードのおすすめ5選や審査が通らない原因、審査に通るコツなどをご紹介しました。

ETCカードを持つにはまずクレジットカードを作る必要があり、そのためにはクレジット審査に通らなくてはなりません。

クレジット審査には信用情報やその他のカードの申し込み状況などが影響しますので、支払いの延滞を解消したり、同時に申し込まずに一社に絞るのがおすすめです。

学生や主婦、アルバイトの方でもクレジット審査に通る可能性は十分にありますので、今回ご紹介した「審査が甘いと言われるETCカードのおすすめ5選」を参考にぜひ、お得なETCカードを手に入れてください。

審査が甘いETCカード
おすすめ5選