MENU

【2023年1月最新版】ETCカードおすすめランキング!人気でお得なのはどれ?

2023.01.17


高速道路を利用するのであれば、もはや必須と言っても過言ではないETCカード。

料金所で停まらずスムーズに通行できるほか、時間帯によってはお得な割引もあるETC。国土交通省によればETCの利用率は90%を超えているということで、日本中のドライバーに広く浸透していると言えるでしょう。

そこで今回は、おすすめのETCカードやETCにまつわる基礎知識、メリットやデメリットなどをご紹介していきます。

なお、記事で紹介している内容は2023年1月時点での最新情報となっています。

ETCカードを選ぶ5つのポイント


ETCカードはクレジットカードに付帯して発行され、各クレジット会社ごとに名称やデザインなどがやや異なりますが、カード自体の役割や機能はどれもほぼ同じです。

では、ETCカードを選ぶ際はどのような基準で選べばよいのでしょうか。

ETCカード選びのポイントを以下で見ていきましょう。

年会費や発行手数料がかかるかどうか

ETCカードを選ぶ際には、まずそのETCカードの年会費と発行手数料の有無をチェックしましょう。

まず年会費ですが、クレジットカードの年会費とは別に、ETCカードにも年会費がかかることがあります。

年会費が有料の場合はおよそ500円~1,500円程度の金額となっていますが、前年度のETC利用回数や会員ランクなどに応じて無料になるカードもあります。

年会費が有料か無料か、かかる場合はいくらか、条件付きで無料になる場合の条件は何かといったことはクレジット会社ごとに異なるため、ホームページなどで確認しておくといいでしょう。

続いてETCカードの発行手数料ですが、こちらは最初に発行する時の1回のみかかる費用です。

金額はおよそ1,000円~2,000円程度ですが、こちらも年会費と同じく有料か無料か、金額はいくらかなどはクレジット会社ごとに異なります。

年会費や発行手数料が高いほど機能やサービスが優れているというわけではないので、コストを抑えたい場合はどちらも無料というETCカードがおすすめとなります。

ETCカードのポイント還元率

ETCを利用した時の通行料はクレジットカード利用料として支払いますが、クレジットカード自体のポイント還元率が高ければ、ETC利用で発生するポイントも多くなります。

また、例えば通常の還元率が0.5%でもETC利用については1.0%など、還元率がアップしている場合もあるのでチェックが必要です。

ETC利用額が多ければその分ポイント還元も多くなりますので、ETCをよく利用する人ほど、還元率によってお得度が左右されてきます。

もし今所有しているクレジットカードのポイント還元率が低いと感じたら、ETCカード作成をきっかけに、ポイント還元率が高いクレジットカードを新たに作成してETCカードを発行するのもひとつの手と言えるでしょう。

即日発行ができるかどうか

高速道路を利用するので今すぐにETCカードが必要という場合、ETCカードを即日発行できるかどうかがポイントとなります。

一般的に、ETCカードを申し込んで手元に届くまでの期間は、クレジットカードを新規作成する場合は約2~3週間程度、クレジットカードは既に持っていてETCカードのみ追加する場合は約1週間~10日ほどかかります。

ただ、数は少ないですが、店頭まで受け取りに行くことにより即日発行が可能なカードも存在します。

まずはインターネットから申し込み、その際「店頭受け取り」を選ぶことで、その日のうちにETCカードを受け取ることができます。店舗の場所や営業時間、必要書類等をよく確認して出向きましょう。

なお、最近はカード番号のみ即時にデジタル発行されるクレジットカードが「即時発行」と謳われていますが、ETCカードの即日発行とは別なので注意しましょう。

優待特典が充実しているか

ETCカード自体の機能は各社でほぼ変わりませんが、クレジットカードごとの優待特典は大きく異なっています。

例えば、レンタカーでの割引があったり、ガソリン代が割引になったりするものもあり、「ETCカードだけあればいい」という方でも、あったら便利な特典はいろいろあります。

また、クレジットカードを日常利用するのであれば、コンビニやスーパー、飲食店やネットショッピングなど身近な買い物で割引があったりポイントがアップするカードがいいでしょう。

ETCの利用頻度やクレジットカードの使用目的に照らして、自分に合った特典を探してみるのがおすすめです。

審査ハードルはどれくらいか

ETCカードの作成自体に審査はありませんが、ETCカードは基本的に「クレジットカードに付帯する追加カード」という扱いになります。
既にクレジットカードを所有している人は、そのカード会社に依頼するケースが多いですが、クレジットカードを持っていない場合は新規発行が必要になります。

そのクレジットカードの発行には審査があるため、ETCカードを入手するにもカード発行審査が必要になるというわけです。

審査の基準は各クレジットカードによって異なりますが、例えばいわゆる「ゴールドカード」のようなランクが上のカードであれば審査は厳しくなり、また利用限度額が小さくキャッシング機能もなければ審査は甘めというように、カードのランクや機能によってある程度の傾向はあります。

また、クレジット会社ごとに厳しめ、甘めという傾向もあるので、ある程度「審査に通りやすい」カードを絞ることは可能でしょう。

もし、ETCカードは欲しいけれど審査が不安という方で、クレジット機能は最小限でいいという場合は、なるべく審査ハードルの低いクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

なお、クレジット機能がなく審査も不要な「ETCパーソナルカード」というETCカードもあります。

ETCカードおすすめ15選

ETCカードおすすめ15選


それではここから、実際のETCカードのおすすめ15選をご紹介いたします。

年会費やポイント還元率などをチェックし、ご自身にぴったりのETCカードを探す参考になさってください。

JCB CARD W

おすすめポイント
  • ポイント還元率1.0%
  • 入会条件の18~39歳にあてはまる方は必見
  • クレジットカード年会費、ETCカード年会費・発行手数料無料

JCB CARD Wは他のJCBカードと比べていつでもポイント2倍となっており、1.0%という高いポイント還元率を誇るクレジットカードです。

入会できるのは18~39歳までの方に限定されますが、入会後に40歳以上になっても年会費無料のまま継続が可能です。

クレジットカードの年会費、ETCカードの年会費・発行手数料ともに無料となっており、負担が少ないのも魅力。

ETC利用の還元率も1.0%と高いため、高速道路の利用が多い方にもおすすめです。

また、JCBのパートナー店で利用するとさらにポイントがアップし、amazonやセブンイレブンなどの普段使いのほか、コスモ石油SSやapollostation、出光SS、シェルSSなど車にまつわる利用先でもお得にポイントがたまります。

なお、ポイントはカード利用料へとキャッシュバックして使うこともできますので、ポイントの使い道に困る心配もありません。

18~39歳であればぜひ入会しておきたいカードと言えるでしょう。

JCB CARD W 公式HP

キャンペーン情報
  • 新規入会限定 Amazon利用分20%キャッシュバックキャンペーン(2023年3月31日まで)
  • JCBポイントアップ祭り(2023年3月31日まで)
  • 家族カード同時入会・追加入会で最大4,000円キャッシュバック(2023年3月31日まで)
  • お友達紹介でもれなく1,500円キャッシュバックキャンペーン(2023年3月31日まで)
優待特典
  • JCBオリジナルシリーズパートナー(JCB優待店)利用でポイントアップ
  • amazonパートナーポイントプログラムでポイントアップ
  • スターバックス カードチャージでポイントアップ など
クレジットカード名 JCB CARD W
申し込み対象 18歳以上39歳以下
ETC年会費 無料
ETC還元率 1.0%
ETC発行手数料 無料
クレジットカード年会費 無料
クレジットカード還元率 0.5%~
国際ブランド Visa
海外旅行保険 最高500万円
電子マネー対応 楽天Edy

JCB CARD W 公式HP

エポスカード

おすすめポイント
  • クレジットカードはマルイ店頭にて最短当日発行可能
  • 人気キャラのコラボカードや限定グッズなど、推し活におすすめ
  • クレジットカード年会費、ETCカード年会費・発行手数料無料

エポスカードは有名アニメ・ゲームなどのコラボレーションカードが人気の、マルイ系列のクレジットカードです。

クレジットカードの年会費は永年無料。縦型のデザインもスタイリッシュで、若者がクレカデビューするのにもぴったりのカードとなっています。

初めてのカードでも安心のサポート体制があり、カード利用時に金額の通知が入ったり、設定した目安金額に達したらアプリでお知らせしてくれたりと、便利な機能が多いのが特徴です。

またクレジットカードはネット申し込み後、マルイ店頭にて最短当日で受け取ることができ、発行がスピーディ。ただし、ETCカードは後日郵送となります。ETCカードの年会費・発行手数料は無料で、万が一の紛失・盗難時でも不正利用が補償されるため安心です。

たまったポイントの使い道も豊富で、マルイでのショッピング割引のほか、ネット通販、ギフト券、プリペイドカードや他社ポイントへの移行、そして人気アニメやキャラクターのオリジナルグッズとの交換も可能で、付加価値が高いカードと言えます。

お出かけやショッピングが多い方はよりお得に利用できます。

エポスカード公式HP

キャンペーン情報
  • WEBからの新規入会で2,000円相当プレゼント
優待特典
  • スターバックスカードにオンライン入金・オートチャージでエポスポイント2倍
  • イオンシネマでチケット割引
  • エクスペディアで割引
  • ナッシュ新規購入で割引 など
クレジットカード名 エポスカード
申し込み対象 18歳以上
ETC年会費 無料
ETC還元率 0.5%
ETC発行手数料 無料
クレジットカード年会費 無料
クレジットカード還元率 0.5%~
国際ブランド Visa
海外旅行保険 最高500万円
電子マネー対応 QUICPay

エポスカード公式HP

リクルートカード

おすすめポイント
  • 業界屈指の1.2%という驚異のポイント還元率
  • じゃらんなどリクルートのサービス利用でさらにお得
  • ポイントはdポイントやPontaポイントに交換可能

リクルートカードはポイント還元率が1.2%と非常に高く、年会費も永年無料というお得なクレジットカードです。

ETCカードも年会費、発行料ともに無料ですが、親カードでマスターカードかVISAカードを選んだ場合のみ発行手数料がかかります。

ETC利用でももちろん1.2%のポイント還元となり、高速道路の利用が多い方であればETC利用が断然お得になりますのでおすすめです。

また、リクルートのサービスであるホットペッパーグルメやホットペッパービューティー、ポンパレモール、そして旅行のじゃらんなどで使えばさらなる高還元率でポイントがたまるほか、もちろんたまったポイント利用も可能です。

そして、たまったポイントはdポイントやPontaポイントに交換することができるので全国の様々な加盟店やサービスで使えます。ポイントがたくさんたまっても使い道に困る、という方にもおすすめです。

また、公共料金や固定電話、新聞購読料などもリクルートカードで支払うことにより、高いポイント還元率をより活かすことができます。

カード利用が多い方、リクルートサービスをよく使う方、高速道路の利用が多い方におすすめのカードです。

リクルートカード公式HP

キャンペーン情報
  • リクルートカード(JCB)新規入会+カード利用で最大6,000円分ポイントプレゼント
  • 新規でスマリボ登録かつ15万円以上の利用で15,000円キャッシュバック(2023年3月31日まで)
  • 家族カード入会+ETCカード入会&利用で最大1,200円分ポイントプレゼント(2023年3月31日まで)
  • 「楽Pay」に新規登録&ショッピング1万円以上利用で2,000円キャッシュバック
優待特典
  • じゃらん、ホットペッパービューティーなどでポイントアップ など
クレジットカード名 リクルートカード
申し込み対象 18歳以上
ETC年会費
  • JCB:無料
  • VISA/Mastercard:1,100円(税込)
ETC還元率 1.2%
ETC発行手数料 無料
クレジットカード年会費 無料
クレジットカード還元率 1.2%~
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
海外旅行保険 最高2,000万円
電子マネー対応
  • Mastercard/VISA:nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
  • JCB:nanaco、モバイルSuica

リクルートカード公式HP

ライフカード

おすすめポイント
  • ポイントは初年度1.5倍、誕生月3倍
  • 利用額に応じたステージ制でポイントアップ
  • 最短2営業日でカード発行

ライフカードは、年会費無料で入会後1年間はポイントが1.5倍になるお得なクレジットカードです。

通常ポイントの還元率は一般的な0.5%となっていますが、入会初年度が1.5倍のほか毎年の誕生月の1ヶ月間は3倍がたまり、お得感が大きいのが特徴です。

またポイント倍率はステージ制になっており、レギュラーが1倍、スペシャルが1.5倍、ロイヤルが1.8倍、そして最高ステージのプレミアムでは2倍まで上がります。例えば1.5倍のスペシャルの条件は年間利用金額50万円以上となっているので、月に42,000円ほどのカード利用がある方ならば初年度以降も1.5倍のまま使えるということになります。

発行スピードが早いのもメリットで、オンラインで申し込みをしてから最短2営業日後にはクレジットカードが発送されます。またETCカード発行にあたっては書留でなく普通郵便で発送されるため、ポストに届くので受け取りも便利です。

ETCカードの年会費は初年度が無料で2年目以降は1,100円がかかりますが、ETC利用を含めライフカードの利用が1回でもあれば無料となるため、無料のまま使い続けるのは決して難しくないでしょう。

ライフカード公式HP

キャンペーン情報
  • 新規入会プログラムで最大10,000円相当プレゼント
優待特典
  • 会員限定ショッピングモールサイト「L-Mall」でポイントアップ
クレジットカード名 ライフカード
申し込み対象 18歳以上
ETC年会費 初年度無料
次年度1,100円(税込)※前年にカード利用1回以上で無料
ETC還元率 0.5%
ETC発行手数料 無料
クレジットカード年会費 無料
クレジットカード還元率 0.5%~
国際ブランド Visa、Mastercard、JCB
海外旅行保険 最高2,000万円
電子マネー対応 Apple Pay、Google Pay

ライフカード公式HP

セゾンカードインターナショナル/セゾンカードインターナショナル デジタル

おすすめポイント
  • クレジットカード・ETCカードが最短即日受け取り可能
  • 最短5分でデジタル発行
  • クレジットカード年会費・ETCカード年会費・発行手数料無料

セゾンカードインターナショナル/セゾンカードインターナショナル デジタルはセゾンのスタンダードカードで、最短即日で受け取れるのが大きな特徴です。

インターネットから申し込み後、最短でその日のうちに全国のセゾンカウンターでの受け取れるという数少ないカードです。ETCカードと同時申し込みであればクレジットカードとETCカードの両方を最短即日で入手できるため、ここにマーカーが引かれます。今すぐにETCカードが欲しいという方はセゾンカードインターナショナルを検討するのがおすすめです。

なお、既にセゾンカードインターナショナルを持っていてETCカードを追加したいという場合も、全国のセゾンカウンターにて最短即日で受け取れます。

また、実物のカードを受け取るより前に最短5分でデジタルカードが発行され、申し込んだ直後からオンラインショッピングや電子決済が可能。スピーディさが際立つカードとなっています。

ポイント還元率は一般的な0.5%であるものの、有効期限のない「永久不滅ポイント」なのでうっかりポイントが失効してしまうこともなく安心です。

セゾンカード
インターナショナル公式HP

キャンペーン情報
  • 自動リボに新規登録&ご利用で3,000円キャッシュバック(2023年3月14日まで)
  • WOWOW新規申し込みで視聴料1ヵ月分相当のポイントプレゼント(2023年3月31日まで)
優待特典
  • JR東海エクスプレス予約サービス
  • apollostation・出光・シェル優待
  • オリックスレンタカー利用料優待 など
クレジットカード名 セゾンカードインターナショナル/セゾンカードインターナショナル デジタル
申し込み対象 18歳以上
ETC年会費 無料
ETC還元率 0.5%
ETC発行手数料 無料
クレジットカード年会費 無料
クレジットカード還元率 0.5%~
国際ブランド Visa、Mastercard、JCB
海外旅行保険
電子マネー対応 Apple Pay、Google Pay、QUICPay、iD

セゾンカード
インターナショナル公式HP

三井住友カード ナンバーレス

おすすめポイント
  • 券面にナンバー、有効期限、サイン欄がなく安心
  • 最短5分でデジタル発行
  • Vポイントが対象店で最大10%還元

三井住友カード ナンバーレスは、カードの券面にカードナンバーや有効期限の印字がなく、また裏面のサイン欄もないため個人情報が知られにくいクレジットカードです。ナンバーや期限はアプリから確認できます。

カード番号は申し込みから最短5分で即時発行が可能で、すぐに使い始めることができます。キャッシュレス決済がメインという方にもぴったりです。

たまるポイントは「Vポイント」となり還元率は一般的な0.5%ですが、対象となるコンビニ・飲食店においてVisaのタッチ決済およびマスターカードのコンタクトレスを利用して支払うと、最大5%(通常ポイント含む)が還元されるのが大きな特徴です。

さらに、対象カードを持つ家族を登録する「家族ポイントサービス」を合わせると最大10%の還元も可能で、毎日の買い物がとてもお得になります。また他にも、「Vポイント」アプリでのチャージで0.25%還元など多彩なポイントサービスが揃っています。

クレジットカード年会費およびETCカード発行手数料も無料で、ETC年会費550円は前年度に1度でもETC利用があれば無料になります。毎年利用予定がある方であればETC年会費を気にせず利用できるでしょう。

三井住友カード ナンバーレス
公式HP

キャンペーン情報
  • 新規入会&利用で最大16,000円相当プレゼント(2023年4月30日まで)
  • マイ・ペイすリボのご登録&利用で3,000ポイントプレゼント
優待特典
  • 対象のコンビニ・飲食店で最大5%還元
  • 家族ポイント・学生ポイント
  • 選んだお店でポイント+0.5%還元 など
クレジットカード名 三井住友カード ナンバーレス
申し込み対象 18歳以上
ETC年会費 無料
ETC還元率 0.5%
ETC発行手数料 無料
クレジットカード年会費 無料
クレジットカード還元率 0.5%~
国際ブランド Visa、Mastercard
海外旅行保険 最高2,000万円
電子マネー対応 Apple Pay、Google Pay、iD、PiTaPa、WAON

三井住友カード ナンバーレス
公式HP

楽天カード

おすすめポイント
  • 自分名義で2枚目のカードが持て、ETCカードも2枚作成可能
  • ポイント還元率1.0%
  • 楽天サービスのユーザーはさらにお得に

楽天カードはポイント還元率1.0%で、楽天市場などの楽天サービスをよく使う方ならさらにお得に使えるクレジットカードです。

例えば楽天市場であれば支払いに楽天カードを指定するだけでポイントがアップ。楽天グループの「楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)」により楽天サービスを使えば使うほどポイントの倍率がアップするので、楽天ユーザーは必携ともいえるカードとなっています。

たまった楽天ポイントは楽天サービスだけではなくコンビニや飲食店、ガソリンスタンドなど全国の店舗で利用できるほか、カード利用料の支払いにも充てられ、汎用性が高いのも特徴。

また、自分名義で2枚目のカードを持つことができるのも楽天カードのメリットで、普段使い用とETC用とで支払いを分けるなど便利な使い方も可能です。さらに、2枚目のカードを作るとETCカードも2枚目が作成可能となり、車用とバイク用などETCカードが2枚欲しい方にもおすすめです。

ETCカードの年会費は550円ですが、楽天サービス利用によって会員ランクが上がれば無料となります。楽天は車検や損保などのサービスも充実していますので、お得に利用できます。

楽天カード公式HP

キャンペーン情報
  • 新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント
優待特典
  • 楽天サービス利用でポイントアップ など
クレジットカード名 楽天カード
申し込み対象 18歳以上
ETC年会費 550円(税込)※ダイヤモンド会員、プラチナ会員は無料
ETC還元率 1.0%
ETC発行手数料 無料
クレジットカード年会費 無料
クレジットカード還元率 1.0%~
国際ブランド Visa、Mastercard、JCB、AMEX
海外旅行保険 最高2,000万円
電子マネー対応 楽天Edy

楽天カード公式HP

VIASOカード

おすすめポイント
  • たまったポイントを自動でキャッシュバック
  • ETC利用はポイント1.0%
  • 最短3日でクレジットカードが手元に届く

VIASO(ビアソ)カードとは三菱UFJカードのひとつで、たまったポイントを自動的にキャッシュバックしてくれるクレジットカードです。

ポイントの使い道がなかったり、毎月利用料に充当する手続きをするのも面倒という方にぴったりのカードで、1ポイント1円として1,000ポイントごとに自動でキャッシュバックされます。

通常ポイントは一般的な0.5%ですが、携帯・インターネットのお支払い、そしてETC利用ではポイント2倍となり、1.0%の高還元率のためETC利用が多い方におすすめです。

他に、三菱UFJカードからのログインで利用できる「POINT名人.com」を経由して楽天やヤフーショッピング、じゃらんなど多くのECショップを利用すれば、1,000円で5ポイントの通常ポイントに加えて1,000円で120ポイントのボーナスポイントがたまるため大変お得です。

また年会費は永年無料で、申込みから最短翌営業日での発行が可能。最短3日~1週間でクレジットカードが手元に届くため、すぐに欲しいという方にも向いています。

VIASOカード公式HP

キャンペーン情報
  • 新規入会で最大10,000円キャッシュバック
  • 家族カード新規入会で最大4,000円の現金プレゼント(2023年3月31日まで)
優待特典
  • POINT名人.com利用でポイントアップ など
クレジットカード名 VIASOカード
申し込み対象 18歳以上
ETC年会費 無料
ETC還元率 1.0%
ETC発行手数料 1,100円(税込)
クレジットカード年会費 無料
クレジットカード還元率 0.5%~
国際ブランド Mastercard
海外旅行保険 最高2,000万円
電子マネー対応

VIASOカード公式HP

apollostation card

おすすめポイント
  • ガソリン代がいつでも2円/L、最大10円/L引きに
  • 出光ロードサービスをお得に利用可能
  • クレジットカード年会費、ETCカード年会費・発行手数料無料

apollostation card(アポロステーションカード)は、ガソリンスタンドの出光が展開するクレジットカードです。

出光興産系列SSで給油する際に利用すると、いつでもガソリン・軽油が2円/L引き、灯油が1円/L引きになるのが特徴です。また、オプションサービスである「ねびきプラスサービス」に申し込めばガソリン・軽油が最大10円/L引きになるため、車の利用が多い方、日頃から出光興産系列SSを利用している方はお得に車に乗ることができます。

たまったポイントの使い道としては、出光ロードサービスを特別価格で利用できたり、系列SSで使えるプリペイドカードへの交換もできるほか、他社ポイントへの移行やギフトカタログなども揃っており汎用性も高いのがメリットです。

クレジットカード年会費とともにETCカード年会費・発行手数料も無料なので、車には乗るけどETCを頻繁に使うわけではないという方でも安心してETCカードを申し込めます。

ガソリン代割引きは車の維持費節約にもなりますので、年間走行距離が多い方は検討してみるといいでしょう。

apollostation card
公式HP

キャンペーン情報
  • 入会後1ヶ月間はガソリン・軽油が5円/L引き特典キャンペーン
  • JCBオンライン入会で500ポイントプレゼント(2023年3月31日まで)
優待特典
  • 出光ロードサービス特別価格 など
クレジットカード名 apollostation card
申し込み対象 18歳以上
ETC年会費 無料
ETC還元率 0.5%
ETC発行手数料 無料
クレジットカード年会費 無料
クレジットカード還元率 0.5%~
国際ブランド Visa、Mastercard、JCB、AMEX
海外旅行保険 最高2,000万円
電子マネー対応

apollostation card
公式HP

ENEOSカード S

おすすめポイント
  • ガソリン代がいつでも2円/L引き
  • ENEOSロードサービスの無料サービス利用可能
  • 車のメンテナンス料金5%割引あり

ENEOSカード SはガソリンスタンドのENEOSグループが展開するクレジットカードで、ENEOSの系列SSでガソリン・軽油はいつでも2円/L引き、灯油は1円/L引きになります。

その他にもクルマ関連の便利でお得なサービスが充実していて、例えばENEOSロードサービスの10kmまでのレッカーと30分以内の路上修理(キー閉じ込み、タイヤパンク交換など)が無料になります。また「カーコンビニ倶楽部」でのメンテナンス料金が5%割引になったり、全国1,000ヶ所のオリックス系列レンタカーで10%割引になったりと様々な特典がついています。

たまったポイントはギフトカードやオリジナルグッズに交換できるほか、ENEOSのSSにて店頭キャッシュバックも可能です。ショッピングなどではあまり利用せず、給油専用で使いたいという方にも便利なカードです。

ETCカードは年会費・発行手数料無料となっており、年間の負担もありません。

日頃からENEOS系列のSSを利用している方にはぜひおすすめしたいカードとなっています。

ENEOSカード S公式HP

キャンペーン情報
  • WEBからJCBブランドのENEOSカード入会で最大500円キャッシュバック(2023年3月31日まで)
優待特典
  • ENEOSロードサービス
  • 「カーコンビニ倶楽部」でメンテナンス料金割引
  • オリックスレンタカー優待 など
クレジットカード名 ENEOSカード S
申し込み対象 18歳以上
ETC年会費 無料
ETC還元率 0.6%
ETC発行手数料 無料
クレジットカード年会費 初年度無料
次年度~1,375円(税込)※年1回以上のカード利用で無料
クレジットカード還元率 0.6%~
国際ブランド Visa、JCB
海外旅行保険
電子マネー対応 Apple Pay、QUICPay

ENEOSカード S公式HP

dカード

おすすめポイント
  • ポイント還元率1.0%
  • d払いやiD決済などポイントの使い道が豊富
  • ETC利用もポイント1.0%還元

dカードはドコモが展開するクレジットカードで、ポイント還元率が1.0%というお得なカードです。

さらにdカード特約店での利用はポイントがプラスされ、例えばENEOSでは合計1.5%、オリックスレンタカーでは合計4%がたまります。また「dカードポイントモール」を経由してamazonやヤフーショッピングなどのネットショッピングをすれば、普段のお買い物をするだけでポイントがたまりお得です。

たまったdポイントは使い道も豊富で、全国の加盟店のほか携帯代に充てたり「d払い」で決済したりと日々の生活の中で気軽に使うことができ、ドコモユーザー以外でも便利です。

さらにクレジットカードは電子マネー「iD」が搭載された一体型となり、全国のコンビニや飲食店等でカードをかざしてカンタンに支払いが可能です。

ETC利用でも1.0%のポイントがたまるので、高速利用が多い方にもおすすめ。お出かけ先でも様々なお店でポイントが使える・たまるため汎用性が高く使いやすい一枚です。

dカード公式HP

キャンペーン情報
  • 入会&利用で最大4,000ポイントプレゼント
優待特典
  • dカード特約店、dポイント加盟店でポイントアップ
  • dカード ポイントモール経由でポイントアップ など
クレジットカード名 dカード
申し込み対象 18歳以上
ETC年会費 無料
ETC還元率 1.0%
ETC発行手数料 無料
クレジットカード年会費 無料
クレジットカード還元率 1.0%~
国際ブランド Visa、Mastercard
海外旅行保険 最大2,000万円
電子マネー対応 iD

dカード公式HP

イオンカードセレクト

おすすめポイント
  • クレジットカードとキャッシュカード、電子マネーが1枚に
  • イオン対象店舗でいつでもポイント2倍
  • クレジットカード年会費、ETCカード年会費・発行手数料無料

イオンカードセレクトはイオン銀行のキャッシュカードとクレジットカード、電子マネーWAONが1枚になったカードです。3枚が1枚にまとめられるのでお財布の中もスッキリし、便利に使えます。

ポイント還元率は一般的な0.5%ですが、イオングループ対象店舗ではポイントがいつでも2倍になり、また各種公共料金の支払いや給与振込口座設定でも毎月ポイントがたまります。

イオンのお客さま感謝デーはお買い物代金が5%引きになったり、イオンシネマでの割引があったりとイオングループの店舗をよく利用する方であれば、様々な特典があります。

そしてイオン銀行口座では24時間365日、ゆうちょ銀行・みずほ銀行のATMでも所定時間内入出金手数料が0円で、キャッシュカードとしての使い勝手も抜群。普通預金金利が優遇されるのも嬉しいポイントです。

クレジットカード年会費のほかETCカード年会費・発行手数料もすべて無料で、年間コストもかかりません。

ETCカードには「ETCゲート 車両損傷お見舞金制度」がついており、クルマが開閉バーにぶつかって損傷した場合にお見舞金が支給されます。

イオンカードセレクト
公式HP

キャンペーン情報
  • 入会&利用で抽選で最大16,000ポイントプレゼント(2023年2月10日まで)
優待特典
  • イオングループ対象店舗でポイントアップ
  • 「お客さま感謝デー」はお買い物代金が5%割引
  • イオンシネマで映画鑑賞割引 など
クレジットカード名 イオンカードセレクト
申し込み対象 18歳以上
ETC年会費 無料
ETC還元率 0.5%
ETC発行手数料 無料
クレジットカード年会費 無料
クレジットカード還元率 0.5%~
国際ブランド Visa、Mastercard、JCB
海外旅行保険
電子マネー対応 WAON、Apple Pay

イオンカードセレクト
公式HP

au PAYカード

おすすめポイント
  • ポイント還元率1.0%、ポイントアップ店ではさらにプラス
  • 全国で使えるPontaポイントがたまる
  • ETC利用もポイント1.0%還元

au PAYカードは、auの携帯電話ユーザーではなくても年会費無料で使えるクレジットカードです。

ポイント還元率は1.0%と高い上、セブンイレブンやイトーヨーカドー、出光SSなどのポイントアップ店ではさらにポイントが加算されるためお得です。他にも、インターネットショッピングモール「au PAYマーケット」ではポイントが通常ポイントとの合計で最大7%たまります。

au PAYカードでたまるポイントはPontaポイントとなり、全国のコンビニや飲食店など普段の生活でも便利に使えます。

ETCカード年会費は無料で、ETC利用でもポイント1.0%還元となるので高速利用が多い人にもおすすめ。

ETCカード発行手数料は1,100円かかりますが、こちらは発行から1年以内にETCカードを利用すれば同額が差し引かれるので実質無料とも言えます。

au PAYカード公式HP

キャンペーン情報
  • 入会&利用で抽選で最大10,000ポイントプレゼント(2023年2月10日まで)
優待特典
  • au PAY ポイントアップ店でポイントアップ
  • au PAYマーケットでポイントアップ など
クレジットカード名 au PAYカード
申し込み対象 18歳以上
個人でご利用のau IDをお持ちの方
ETC年会費 無料
ETC還元率 1.0%
ETC発行手数料 1,100円(税込)※発行1年以内にETCカード利用で料金から差し引き
クレジットカード年会費 無料(1年間利用がない場合、税込1,375円)
クレジットカード還元率 1.0%~
国際ブランド Visa、Mastercard
海外旅行保険 最高2,000万円
電子マネー対応

au PAYカード公式HP

JCBゴールド

おすすめポイント
  • 空港ラウンジサービスやグルメ優待がついたゴールドカード
  • 最短5分でカード番号の即時発行可能
  • JCBスマホ保険が付帯

JCBゴールドはゴールドカードならではの安心とクオリティを備えたクレジットカードで、ワンランク上のサービスを受けることができます。

空港ラウンジサービスや最大1億円補償がついた海外旅行傷害保険、グルメ優待などリッチな特典があり、一定条件を満たせばさらなる上位カードへの招待もあります。

もちろん日常使いでも通常カードと同様に便利に利用でき、通常ポイントは0.5%の還元率ですが、ポイント優待店ではさらにポイントがアップ。たとえばamazonやセブンイレブンでポイント3倍となり、普段の暮らしでも使い勝手の良いカードです。

また、「モバイル即時入会サービス」で入会すると最短5分でカード番号の即時発行もでき、スピーディに利用を開始できます。年間最高5万円を補償するJCBスマートフォン保険が付帯しているのも嬉しいポイントです。

ETCカードは年会費・発行手数料が無料となり、年間コストをかけずにETC利用が可能です。

JCBゴールド公式HP

キャンペーン情報
  • JCBゴールド入会&10万円以上の利用で10,000円キャッシュバック(2023年1月31日まで)
優待特典
  • 空港ラウンジサービス
  • グルメ優待サービス
  • JCBゴールド ザ・プレミアへの招待 など
クレジットカード名 JCBゴールド
申し込み対象 20歳以上
ETC年会費 無料
ETC還元率 0.5%
ETC発行手数料 無料
クレジットカード年会費 初年度無料
次年度以降11,000円(税込)
クレジットカード還元率 0.5%~
国際ブランド JCB
海外旅行保険 最高1億円
電子マネー対応 QUICPay

JCBゴールド公式HP

dカード GOLD

おすすめポイント
  • 国内とハワイの主要空港ラウンジが利用無料
  • 毎月のドコモのケータイ、「ドコモ光」が10%ポイント還元
  • ポイント還元率1.0%

dカード GOLDはドコモユーザーがお得になるクレジットカードで、ドコモケータイや「ドコモ光」の利用料金の10%がポイント還元されます。

ゴールドカードならではの特典としては、国内とハワイの主要空港ラウンジが利用無料になるほか、最大1億円補償の海外旅行保険に加え、最大5,000万円まで補償の国内旅行保険も備えています。海外レンタカーの優待サービスもあり、国内外でのドライブ旅行が好きな方にもおすすめです。

通常ポイントの還元率は1.0%となり、dカードの特約店や加盟店、dカード ポイントモールの利用で更にポイントアップしお得に使えます。

またケータイ補償も充実しており、購入から3年の間、万が一の紛失・盗難・修理不能(水濡れ・全損)などの場合は最大10万円の補償があります。

dカード GOLD公式HP

キャンペーン情報
  • JCBゴールド入会&10万円以上の利用で10,000円キャッシュバック(2023年1月31日まで)
優待特典
  • 空港ラウンジサービス
  • dカード トラベルデスク
  • 海外レンタカー優待サービス など
クレジットカード名 dカード GOLD
申し込み対象 20歳以上
ETC年会費 初年度無料
次年度以降550円(税込)※前年度1度でもETC利用があれば無料
ETC還元率 1.0%
ETC発行手数料 無料
クレジットカード年会費 11,000円(税込)
クレジットカード還元率 1.0%~
国際ブランド VISA、Mastercard
海外旅行保険 最高1億円
電子マネー対応 iD

dカード GOLD公式HP

ETCカードの作り方


それではここから、実際のETCカードの作り方をご説明していきます。

クレジットカードの所持の有無などによって手順が変わってきますので、自分のパターンに当てはめながら見ていってください。

クレジットカードを発行すれば付帯で発行出来る

基本的に、ETCカードはクレジットカードに付帯して発行されるものです。

そのため、クレジットカードを持っていない方は、まずクレジットカードを新規作成する必要があります。

また既に持っている場合でも、そのカードではなく別のクレジットカードを作ってそこに付帯するETCカードを作りたい場合、やはりイチからクレジットカードを作成する流れとなります。

クレジットカードを新規作成してETCカードを入手する流れとしては、クレジットカード申し込みの際に「ETCカードも同時申し込みする」という欄にチェックを入れます。

審査に通ってクレジットカードが手元に届いたら、その後に遅れてETCカードが郵送されてきます。ETCカードはあくまでクレジットカードに付帯するものなので、クレジットカード発行後にETCカード発行手続きに入るので時間差が出てしまうのです。

ETCカードが手元に届くまでには、申し込みから約2週間~3週間程度かかるとみておきましょう。

なお、もし「同時申し込みする」というチェックを忘れてしまった場合でも、次項で説明する「追加申し込み」の流れで発行することができます。

クレカを持ってる人は追加申し込みが可能

クレジットカードを既に持っていて、そのカードに付帯するETCカードが欲しい場合は「追加申し込み」という手続きが引かれます。になります。

そのクレジットカードの公式サイトやマイページ、アプリなどから「ETCカードの発行」を選び、必要事項を入力して申し込みます。会社によっては電話の自動アナウンスや郵送での申し込みも可能です。

入力は簡単なものなので数分で済み、約1週間~10日ほどで郵送されます。

クレカ無しのETCパーソナルカードを作る

ここまでクレジットカードに付帯するETCカードの説明をしましたが、クレジットカード無しで作れる「ETCパーソナルカード」もあります。

ETCパーソナルカードはクレジットカードやそれに伴う審査なしで作成でき、審査が不安な方や、クレジットカードを持ちたくないという方にも向いています。

カードの使い方は同じですが、年会費や保証金(デポジット)がかかる点のほか、1人1枚までしか作成できない点、申し込みから入手まで1ヶ月程度かかる点などが異なります。

なお、申し込みにあたってはまず公式サイトから申込書を印刷するか、サービスエリア等で申込書を入手し、郵送にてETCパーソナルカード事務局へ送ります。オンラインでは申し込めない点に注意しましょう。

会社は法人用ETCカードがお得

これまで個人向けのETCカードについてご説明しましたが、法人や自営業、個人事業主であれば法人用ETCカードがお得です。

従業員用に複数枚のETCカードが発行できたり、利用量が多い場合は特別な割引があるなど法人用ならではのメリットがあります。

また、小規模の会社や個人事業主の場合、個人用のETCカードを利用して後から経費精算することもあるでしょうが、法人用を使うことで経費処理も楽になります。

法人用クレジットカードに付帯する法人用ETCカードの場合は、クレジットカードの法人向け優待特典も便利に使えるでしょう。

そして個人向けと同様、クレジット機能無しのカードもあるため、新会社や開業したての個人事業主で審査が難しい場合はこちらのカードもおすすめです。

ETCカードおすすめ15選

ETCカードを発行する場合の注意点


ETCカードを発行するにあたって、気をつけておきたい注意点を以下で見ていきましょう。

注意点1:発行までの時間はカードにより異なる

ETCカードは基本的に、申し込んだその場で入手できるものではありません。

発行までの時間はクレジットカードの有無やカードの種類によっても異なり、通常では早くとも数営業日~1週間はかかるため、余裕を持って申し込むのが大切です。

また数営業日といっても必ず○日までにと配達日指定ができるものでもないため、「この日に高速道路を使う」という日の1ヶ月前ほどを目安に準備するのがいいでしょう。

なお、数は少ないですが即日発行、店頭での即日受け取りが可能なETCカードもあります。ただ、その場合でも店舗の場所や営業時間という制約はあるため、事前によく確認しておくのがおすすめです。

注意点2:利用しないとETC年会費がかかる場合がある

ETCカードの年会費が有料の場合であっても、中には条件付きで無料になるカードがあります。

例えば、「年に1度でもETC利用があれば無料」であったり、「年に1度でもクレジット利用があれば無料」などがそれですが、年に1度くらいは利用するだろうと思ってウッカリしてると年会費が引き落とされていたということがよくあります。

また、会員のステージやランクによって無料という場合、それが下がっていて知らぬ間に年会費がかかっていたという声も聞かれます。

無料だと思っていたのに費用がかかると少額でもガッカリしてしまいますので、年会費の条件はあらかじめ確認しておくのがいいでしょう。

注意点3:クレジットカードの年会費も確認

ETCカードを目的としてクレジットカードを新規作成した場合、つい、クレジットカードの方に年会費がかかるのを忘れてしまうことがあります。

また、クレジットカード登録初年度は年会費無料で、次年度から有料になるものもあります。

ETCカードの年会費とクレジットカードの年会費はそれぞれ有料のもの、永年無料のもの、条件付きで無料になるものがあるため、混乱してしまわないよう注意が必要です。

できるだけシンプルにしたい、コストを抑えたいという方は、永年無料のものを選ぶといいでしょう。

注意点4:キャッシュカードやデビットカードでは発行できない

ETCカードはクレジットカードに付帯して発行されるもので、キャッシュカードやデビットカード、プリペイドカードなどからは発行できません。

特にデビットカードはクレジットカードと同じようにショッピングなどで決済できるため混同しがちですが、発行できるのはクレジットカードのみとなっていますので注意しましょう。

注意点5:ETCカードだけではなく車載器が必要

ETC利用に必要なものとして「ETCカード」がすぐ思い浮かびますが、カードを挿入する「ETC車載器」がなければETCは使えません。

ETC車載器は新車購入の際にはオプション装備として付けることが多いですが、中古車や他人の車、カーシェアの車など、全ての車に付いているとは限りません。

またETC車載器は取り付けだけでなく、カー用品店などでセットアップ登録をしてもらわなければ正しく決済されません。

ETCを利用する際はETCカードだけでなく、ETC車載器の有無や登録も確認しておきましょう。

ETCカードおすすめ15選

ETCカードに関するよくある質問


最後に、ETCカードに関するよくある質問を集めました。

Q1:ETCカードの発行に必要なものはありますか

既に所有しているクレジットカードに付帯するETCカードの場合、ネットから届け先の住所などの必要事項を入力するだけで発行が可能です。

クレジットカードを新たに作成する場合は、身分証明書などクレジットカード会社が指定する書類が必要となります。

クレジット機能のないETCカードの場合、申込書の郵送や保証金の振込が必要です。

Q2:ETCカードの発行に審査はありますか

既に所有しているクレジットカードに付帯するETCカードの場合、クレジットカードの利用状況や支払い状況などを鑑みて、問題がなければすぐに発行されます。

新たにクレジットカードを作成する場合は、クレジット審査に通過したのちにETCカードも発行されます。

クレジット機能のないETCカードの場合、利用規約に基づく審査はありますが、いわゆるクレジットの与信審査はありません。

Q3:ETCカードはどれくらいの期間で作れますか

既に所有しているクレジットカードに付帯するETCカードの場合、カード会社によっては最短で数日、一般的には約1~3週間程度かかります。

新たにクレジットカードを作成する場合はETCカードを同時申し込みすることができますが、あくまで付帯カードのため、親カードが届いた後に約2週間程度で別送される点に注意が必要です。

またクレジット機能のないETCカードの場合、申し込みからカード発行まで約1ヶ月程度となっています。

Q4:クレジットの家族カードでも作れますか

クレジットカードの家族カードでETCカードが作れるかどうかは、その家族カードによって異なります。

多くの場合は作ることができますが、中には作れないカードもあるため、作りたい場合は事前に確認が必要です。

Q5:レンタカーや他人の車でも使えますか

ETCカードは、ETC車載器が装着された車であればレンタカーや他人の車などどの車でも使うことができます。

ただし、自分名義のETCカードで決済されれば自分のクレジットカードから通行料の全額が引き落とされることになりますので、その点は注意しておきましょう。またカードの取り外し忘れにも充分注意が必要です。

なお、ETCカードは券面に表記された名義人のものとなり、家族や他人と貸し借りすることはできません。

他人から借りた車で自分のETCカードを使うことはできますが、他人にETCカードを貸すのは規約違反となりますので絶対にやめましょう。

Q6:クレジットカードなしで作れるETCカードはないのですか

「ETCパーソナルカード」であればクレジットカードを作らず、またそれに伴う審査もなしでETCカードを作成できます。

ETCカードの機能としてはクレジットカードに付帯するETCカードと変わらず、ETC車載器に差し込んで通常どおり使えます。

クレジットカード付帯のものと違う点は、保証金(デポジット)が必要な点、1人1枚までしか作れず、家族カードなどもない点、そして発行までに1ヶ月ほどかかる点などが挙げられます。

クレジットカードは作りたくないという方、審査が不安な方などにはおすすめのカードです。

Q7:紛失や盗難の場合はどうすればいいですか

ETCカードを紛失したり盗難に遭った場合は、すぐにカード会社に連絡して利用停止してもらいましょう。不正利用され、身に覚えのない通行料が請求される可能性があります。

利用停止したらカード会社の指示に従い、再発行手続きや警察への届け出を行います。

また盗難を防ぐためにも、ETCカードは車載器に差しっぱなしにせず、きちんと取り外して保管しておきましょう。

Q8:中古車に付いていた車載器で使えますか

中古車に付いていたETC車載器は「再セットアップ」という作業を行い、車両情報を更新してから使う必要があります。

再セットアップ作業はカー用品店などでやってもらう必要がありますので、中古車購入の際には販売店であらかじめ手順等を確認しておきましょう。

Q9:毎年更新が必要ですか

ETCカードにはクレジットカードと同様に有効期限があり、券面の表記で確認することができます。

例えば「04/24」のように表記されていたら、2024年の4月末までが期限ということです。

更新は一般的に3年~5年ごとですが、中には1年というものもあります。

ただし基本的に自動更新となっており、自分で更新の申し込みなどをしなくても期限の前には新しいカードが自宅に届きます。

もし古いカードのまま使い続けてしまった場合、ETCレーンが正常に開かなかったり、決済ができなかったりとトラブルのもとになりますので、新しいカードが届いたら古いものにはすぐにハサミを入れてしまいましょう。

なお、住所が変わったのにクレジットカードの登録情報を変更していなかったり、またクレジット利用料の延滞などがあると新しいカードが届かない場合があります。

有効期限直前までに新カードが届かない場合はカード会社に問い合わせましょう。

Q10:学生でも作れますか

学生でもETCカードを作ることはできます。

学生でも作れるクレジットカードを新規作成することで、ETCカード発行も可能です。

また、家族が持っているクレジットカードで「家族カード」を作ってもらい、その家族カードでETCカードを発行するという方法もあります。

その他、旅行などで使うだけならレンタカー店で一時的にレンタルすることも可能です。

ETCカードおすすめ15選