MENU

【丸わかり】カーリースのデメリットを徹底解剖!コスパや仕組みの調査結果!

2021.07.17

利用

「カーリースを利用するデメリットってなに?」

「どんな人が利用するべき?」

という方向けに、この記事では悪い点を徹底的に解説し、反対に利用する良い点、どんな人が利用するべきかを紹介します。

頭金なしで毎月定額費用を支払えば、好きな車に乗ることができるサービスですが、当然悪い点もあるので、利用する前に必ずこの記事で解説する内容を確認してください。

記事後半では悪い点を確認した方が利用するべきサービスの人気ランキング5選も紹介しています。

カーリースのデメリット主な事例

事例

利用する主な悪い点は以下の通りです。

悪い点
  • 中途解約で違約金
  • カスタマイズ不可
  • 期間満了時に追加費用発生
  • 長期間の月額料金の支払い

これから利用を検討している方は、必ずこの悪い点を把握した上で利用することをおすすめします。

中途解約で違約金

中途解約は基本的に認められていないので、解約する場合は違約金が発生する可能性があります。

当然リース会社が契約内容をもとに車両を購入しているので、途中で契約内容を変更したり、中途解約することはできません。

カスタマイズ不可

利用する車は基本的にカスタマイズすることはできません。

購入時にオプションをつけることは可能ですが、購入後に自由にアレンジすることは禁止されています。

理由は単純に車を所有しているのはリース会社だからです。サービスを利用して月額費用を支払っていても、車両を購入したのはリース会社なので禁止されています。

もし勝手に変えてしまった場合は、リース期間が終了して返却するタイミングで現状回復しなければならず、費用が二度かかってしまうので、注意してください。

期間満了時に追加費用発生

月間走行距離があらかじめ制限されていて、契約終了時に走行距離が上回っていた場合は、追加費用が発生する可能性があります。

なので、契約時に自分のカーライフを予想して、最適な走行距離のプランで契約するようにしましょう。

長期間の月額料金の支払い

支払い期間は購入する車両価格と、毎月支払う金額によって変わるので、月額費用を低く抑えた場合や、車両価格が高額な場合は長期間に渡って月額費用の支払いを続けなければならない可能性があります。

おすすめカーリース
人気ランキングTOP5

カーリース会社のデメリットへの取り組み

では解説した悪い点の取り組みを解説します。

カーリース会社の悪い点への取り組み
  • リース契約内容2種類から選択可能
  • リース期間の幅広い選択肢
  • リース終了後買取または譲渡オプション有

リース契約内容2種類から選択可能

契約内容には2種類あり、車両代や税金、保険料まで含まれたファイナンスリースと、ファイナンスリースの内容に加えて、メンテナンス費用まで含まれたメンテナンスリースの2種類です。

自分のライフスタイルや予算に応じて、月額費用に含まれる費用内容を選択できます。

リース期間の幅広い選択肢

少しでも毎月の支払い費用を減らしたい方向けに、リース期間の幅広い選択肢を設けているカーリース会社が多く、3年・5年・7年・11年や1年単位で選べるサービスなどがあります。

リース期間を長くすれば、毎月の支払額を少なくできるので、選択肢が多いのは嬉しい対策です。

リース終了後買取または譲渡オプション有

リース期間終了後も継続して車に乗りたい方や、車種を乗り換えたい方向けに、カーリースでは買取や譲渡オプションを設けている会社が多く、期間終了後に車をどうするか選ぶことができます。

リース期間で長く乗っていると、愛着が湧いて継続して乗りたくなる方が多いので、買取ることができたり、そのまま自分名義の車として譲渡される取り組みは嬉しいです。

おすすめカーリース
人気ランキングTOP5

カーリースにはメリットもたくさんある!

たくさんある

当然悪い点だけでなく、良い点もたくさんあります。

良い点
  • 頭金が不要
  • 様々な車種からの選択可能
  • WEBのみで手続きでOK
  • 乗り換え時の面倒な手続きが不要
  • 経費として取扱い可能

これから利用を考えている方は、以下の良い点を参考に検討してみてください。

メリット①頭金が不要

普通に車を購入する場合のように頭金を用意する必要がありません。

なので、現在まとまった貯金がない方でも、毎月定額費用を払うだけで、すぐに好きな車に乗ることができます。

車を購入する際の頭金は、車に早く乗りたい方にとって高いハードルになるので、頭金が必要ないことは大きなメリットと言えるでしょう。

メリット②様々な車種からの選択可能

国産車の全車種から好きな車を選ぶことができたり、制限があまりない場合が多いメリットがあります。

カーリースと勘違いしがちなカーシェアでは、乗れる車に制限があり、自由に車種を選ぶことはできないので、好きな車に乗りたい方はカーリースを利用するのがおすすめです。

メリット③WEBのみで手続きでOK

利用手続きは申込みからWEBで行うことができます。忙しくて車を直接見に行くことができない方でも、WEBからいつでも気軽に申し込むことができるので、安心です。

また、サービスによっては自宅に納車までディーラーが届けてくれる場合もあるので、完全に手間がかかりません。

実際に見ないで契約するのは不安な方もいるかと思いますが、多くのサービスが車種ごとに詳しいシュミレーションを行ってから契約できるので、毎月支払う費用などはWEB上で問題なく確認できます。

メリット④乗り換え時の面倒な手続きが不要

新車を普通に購入した場合は、乗り換えを行う際に、廃車手続きや売却手続きなどの面倒な手間がかかります。

しかしカーリースで乗り換えを行った場合は、リース期間契約満了時に返却や再リース、乗り換えを自由に選ぶことができ、面倒な手続きはありません。

自分で車を購入して所有している訳ではないので、廃車手続きを行う必要もないです。

メリット⑤経費として取扱い可能

車の一括購入など高額な買い物をした場合は、減価償却として1年で経費にできる割合が決まっていますが、カーリースでは全額経費として計上することができます。

毎月支払う月額費用は、リース会社に支払う金額であり、車は自己所有として購入する訳ではないので、減価償却も適用されません。

毎月リース費用を全額経費にできる点はかなり大きいです。

おすすめカーリース
人気ランキングTOP5

こんな人にはカーリースがおすすめ

おすすめ

利用する悪い点と良い点を解説しました。以下では解説した内容をもとに、おすすめな人を具体的に解説します。

おすすめな人
  • まとまった支出をなくしたい方
  • WEBのみで手続きを完結させたい方
  • 維持費を定額にしたい方
  • 経費として計上したい方

おすすめな人に当てはまる方は、この記事で紹介する会社のサービスを利用してみてください。

まとまった支出をなくしたい方

利用せずに車を購入すると、頭金として大きな金額が必要になるので、大きく貯金を削る必要があります。

なので、まとまった支出をしたくない方は、頭金がかからずに、毎月定額費用を支払うだけで車に乗ることができるカーリースがおすすめです。

WEBのみで手続きを完結させたい方

仕事や家事が忙しく、WEBのみで手続きを完結させたい方に最適です。

ホームページ上で、料金シュミレーションを簡単に行うことができ、申込みから納車までWEBで完結できます。

直接見て車を選ぶことには、特にこだわりがなく、とにかく早く手続きを済ませて、車に乗れるようになりたい方はWEBから申込むのが良いでしょう。

維持費を定額にしたい方

車の購入費用の他に、新車登録諸費用、自動車税などの税金、自賠責保険などの保険料も毎月の定額費用に含まれています。

毎月支払い金額が一定なので、家計管理が行いやすく、急な出費に困る可能性も少なくできます。維持費を定額にしたい方は、カーリースを利用しましょう。

経費として計上したい方

解説した通り、リース会社が車を購入し、利用者は期間に応じて毎月定額費用を支払うことで、自由に車に乗ることができます。

この毎月の定額費用を全額経費として計上できるので、個人事業主や法人の方で節税したい方に最適です。

おすすめカーリース
人気ランキングTOP5

カーリース利用の基本的な流れ

流れ

利用する際の基本的な流れは以下の通りです。

利用の基本的な流れ
  • 乗りたい車を選択
  • オンライン見積もり
  • 審査申込
  • 契約
  • 納車日を決定
  • 納車

乗りたい車を選択

まずはWEB上で乗りたい車を探します。国産車の多くの車種を扱っている場合が多いので、乗りたい車を検索して探してみてください。

乗りたい車が決まっていない場合は、メーカーやタイプ、価格帯などで人気の車を絞り込むことも可能です。

オンライン見積もり

乗る車が決まったら、オンライン見積もりを行います。無料で行えて、毎月支払う金額と期間、オプションを確認できます。

サービスによっては、同じ車種でもオプションによって支払い金額が大きく変わる可能性があるので、できれば複数の会社で同一車種の見積もりを行って、比較してから利用しましょう。

審査申込

見積もり内容が良ければ、審査の申込みを行います。審査といっても自動車ローンを組むわけではないので、基本的には問題なく簡単に終了します。

申込みの翌営業日には審査結果が知らされるはずです。

契約

審査で問題がなければ契約を行います。この時点で契約完了になるので、もう一度支払い金額や期間、オプションを再確認して、契約内容に不満はないかチェックしてください。

納車日を決定

契約が完了したら、納車日を決めます。納車日は車両についての説明が行われるので、時間に余裕がある日にしておきましょう。

納車

納車が完了したら、晴れて車に乗ることができます。納車後も不安点や契約内容で分からないことがあれば、いつでも問い合わせることが可能です。

カーリース人気ランキングTOP5!

TOP

最後に人気ランキングTOP5を紹介します。

人気ランキング
  • 定額カルモくん
  • リーズナブル
  • MOTAカーリース
  • コスモMyカーリース
  • KINTO

現時点で利用するなら間違いない5社を紹介しているので、以下を参考にしてください。

定額カルモくん

月額料金 12,400円~
選べるメーカー 国内全メーカー
リース期間 1~11年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 自賠責保険、各種税金、登録費用、車検代
公式HP 定額カルモくん

定額カルモくんは名前の通り、毎月定額料金で利用できるカーリース会社で、最安月10,000円代から好きな車に乗ることができます。

契約できる最長期間は11年間までで、期間を長くすることで毎月の支払額を低く抑えることができます。

長く契約したとしてもメンテナンスプランという車検料や修理費用も定額料金で支払うことができるプランがあるので、安心して車に乗り続けることが可能です。

メンテナンスプランでは、店舗に車を持っていくことでプロのメンテナンスを追加費用なしで受けることができます。

また、定額カルモくんでは利用者の要望に応えるために、新車と中古車の両方を取り扱っており、費用を抑えたい方や新車が利用したい方どちらにもおすすめです。

また、2021年7月1日〜9月30日まで、審査に申込みを行うだけで、くじ引きキャンペーンに参加することができて、最大10万円のキャッシュバックを受けることができます。

定額カルモくん 公式HP

リースナブル

月額料金 18,150円(税込)~
選べるメーカー トヨタ、マツダ、日産、ホンダ、ダイハツ
リース期間 3年、5年
新車・中古車 新車
料金に含まれるもの 登録費用、車検、自動車税、自賠責保険、自動車重量税
公式HP リースナブル

リースナブルはJu×Oricoの年間総合グランプリで4年連続1位に選ばれたカーリースサービスです。

頭金や登録金が必要ない他、車検代や自賠責保険料なども月々の支払いに含まれているため家計のやりくりが非常に楽になります。

プランも非常にシンプルで、車両のグレードを決めた後は、2種類のメンテナンスプランかメンテナンスプランに加入しないかを選ぶだけです。

ボーナス払いを利用すれば、毎月7,700円の支払いで車に乗ることができるカーリースサービスとなっています。

短期でのカーリースを検討している方には、リースナブルがおすすめですよ。

好きなときに解約できるのも人気なポイントの一つです。

リースナブル公式HP

MOTAカーリース

月額料金 15,500円~
選べるメーカー 商用車以外の国産メーカー全車種
リース期間 5年、7年、11年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 車検・税金・メンテナンス費用などがすべて
公式HP MOTAカーリース

MOTAカーリースは最後に車をもらえるカーリースとして人気のサービスです。

車をそのままもらえるため、リース期間終了時に車が良い状態である必要はありません。

そのためカスタマイズができたり、走行距離の制限が無かったりとカーリースのデメリットを感じさせないサービスになっています。

ローンを組んでのマイカー購入とは違い、頭金不要、月々の支払いに諸費用がコミコミなどカーリースの特性も持っています。

マイカーを買う感覚でカーリースを利用したい方は、ぜひMOTAカーリースを検討してみてください。

MOTAカーリース公式HP

コスモMyカーリース

カーリース

月額料金 15,180円~
選べるメーカー 国内全メーカー、全車種
リース期間 3年、5年、7年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 自賠責保険、各種税金、登録費用、車検代
公式HP コスモMyカーリース

コスモMyカーリースはコスモ石油が運営しているカーリースサービスで、契約内容によっては月10,000円代から利用できます。

コスモMyカーリースのおすすめポイントはコスモ石油が運営しているので、契約期間中ガソリン代をリッター3円引きで利用できることです。

頻繁に車を利用する方にとってはガソリン代を安くできるのは大きなメリットだと思います。

また、契約期間や走行距離を契約時に選択することができ、最短で3年、または5年、7年の契約期間を選ぶことができます。

3年から契約できるカーリース会社は少ないので、短期で車を乗りたい方におすすめです。

走行距離は500km、1,000km、1,500kmから選ぶことができるので、走行距離を超過することなく、利用シーンに合わせて契約できます。

コスモMyカーリース
公式HP

KINTO

月額料金 29,590円~
選べるメーカー トヨタ、レクサス
リース期間 トヨタ車:3年、5年、7年
レクサス車:3年
新車・中古車 新車
料金に含まれるもの 任意保険、自賠責保険、各種税金、登録費用、車検代、メンテンス代、税金
公式HP KINTO

KINTOはトヨタ車とレクサス車の車種から選ぶことができるカーリース会社で、他の会社でトヨタ車を契約するよりも安い価格で利用できるのが特徴です。

KINTOはトヨタ車とレクサス車に乗りたい方に最適なカーリース会社で、月額費用が他社よりも高くなりますが、料金には保険や各種税金、車検、メンテナンス代が全て含まれているので、トータルで考えるとお得に車に乗ることができます。

中古車は選ぶことができず、全て新車からになります。新車を最短3年から契約できるので、短期間だけ乗る予定がある方におすすめです。

KINTO公式HP

まとめ

今回はカーリースを利用するデメリットを徹底的に解説し、利用がおすすめな人や利用する際の手順を紹介しました。

カーリースを利用する前に、解説したデメリットをしっかりと把握しておけば、マイカーを購入するよりもお得に車に乗ることができるので、紹介したカーリースサービスを利用してみてください。

 

おすすめカーリース
人気ランキングTOP5