MENU

必ずやっておきたい!車を長持ちさせるメンテナンス(初心者・入門編)

2021.03.09

愛車にできるだけ長く乗り続けるためには、適切な箇所を適切なタイミングでメンテナンスすることがとても重要です。自動車をはじめ機械は使うと劣化し故障するもの。メンテナンスは愛車の故障を防ぎ、結果的に修理費を節約できたり安全なドライブを楽しめたりとメリットばかりです。

以下のようなポイントを押さえ、最適なメンテナンスを実施して何年経っても調子のいい愛車を維持しましょう。

カーメンテナンスの重要性

カーメンテナンスが必要だとは分かっていても、特に不調があるわけでもない自動車に時間とお金と手間をかけるのも面倒。そんな方もいるかもしれません。
ただ、カーメンテナンスの実施は下のようなメリットがあり、自動車に乗る上でとても重要なものです。

・事故防止
・お金の節約

高速道路の路肩に三角板やハザードをつけて止まっている自動車を見たことありませんか?
理由は色々ありますが、整備不足によって走行不能に陥ったので止むを得ず停車していることも多いでしょう。高速道路での停車は非常に危険です。不意な走行不能状態を避けることは事故防止に重要です。そして、走行不能になれば修理やレッカーで大きな出費も避けられません。このようにカーメンテナンスは事故防止とお金の節約の面でとても重要なのです。

エンジン・オイル関連のメンテナンス


定番のカーメンテナンスといえば、エンジンやオイル関係のメンテナンスです。特に自動車ユーザーがチェックしたい項目はエンジンオイルの劣化です。

エンジンオイルの交換

エンジンオイルはエンジンの中で毎分何千回と動くピストンの潤滑油です。使用期間が長くなるにつれて鉄粉などの不純物が増え、性質が変化し、本来の性能を発揮できなくなっていきます。

交換頻度は自動車の性能や使い方によって差があります。走行距離が5,000 ~ 15,000kmhまたは前回の交換から半年 ~ 1年ほど経過したら交換を考えてもいい時期でしょう。
カーショップに相談すれば適切な交換時期を教えてくれて、他にも必要なフィルター交換なども合わせてメンテナンスしてくれるはずです。

ウォッシャー液や冷却水の補充

ガラスを綺麗にするウォッシャー液やエンジンのオーバーヒートを防ぐ不凍液は案外忘れがちです。補給口はボンネットをひらたエンジンルームの中にあります。1ヶ月に1回くらいは液量をチェックしてみてください。

タイヤ周りのメンテナンス


タイヤ周りの不調は走行性能を大きく低下させます。1ヶ月に1回、スリップサインと空気圧のチェックを実施しましょう。

スリップサインのチェック

スリップサインは上の写真のように、三角のマークの先にある出っ張りです。この出っ張りが露出しるタイヤはもう溝がすり減って十分な性能を果たしません。新しいタイヤに交換しましょう。

空気圧のチェック

タイヤは運転の有無にかかわらず時間経過で少しずつ空気が抜けていきます。空気が抜けて圧が低いタイヤは燃費の低下・走行安定性の低下・スリップする危険の増加を引き起こします。
車種ごとに適した空気圧は運転席のドアを開けたところのシールでチェックできること多いです。ガソリンスタンドなどで空気圧をチェックするときに合わせてスリップサインの確認もする習慣をつけましょう。

車内・内装のメンテナンス


車内や内装の不調は走行性能にダイレクトな影響を与える訳ではありません。しかし、異臭がしたりガタガタと大きく音を立てて物が転がると運転手の集中力を下げます。運転に集中するためにも、車内と内装のメンテナンスは大切です。

車内の定期的な清掃

定期的な拭き掃除や掃除機がけで車内の清潔は保たれ臭いも防止できます。好みの香りの芳香剤を置くのも気分良く運転するためには有効です。

運転席周りの小物を置かないようにする

運転席周りに小物を置かないことをおすすめします。空き缶やペットボトルがブレーキペダルに挟まってブレーキを踏めなくなったという事例もあります。車内は清潔にして、ものは少なくスッキリさせるのが集中して運転するコツです。

外装のメンテナンス


ワイパー交換や洗車も重要なカーメンテナンスです。

ワイパー本体とワイパーゴムの交換

ワイパー交換はワイパー本体とワイパーゴムの交換の2つに分けられます。両者とも劣化にすると、ゴムとガラスの間に隙間ができて水分を拭き取る性能が低下します。雨天時に前方が見えにくくなって、前の車に追突したり飛び出しへの反応が遅れ事故の原因になります。ワイパーゴムは1年に1回、ワイパー本体は2年に1回が交換の目安です。ワイパー交換は意外に簡単なので、ぜひ挑戦してみてください。

定期的な洗車

自動車の外板についた異物は塗装を劣化させて錆びの原因になります。例えば、海風の塩分は金属部分を錆びさせますし、鳥のフンや酸性雨は塗料と反応して本来の性能を失わせます。錆びは塗装と金属部分の内部にジワジワと広がっていき、塗装をポロポロと剥がしていきます。
そうなると再塗装の費用もかかりますし、車を売却するときの価値も下がります。もっとひどい場合はボディに穴が開く場合もあります。1ヶ月に1回ほど洗車機でもいいので車を綺麗にしてあげると良いでしょう。

まとめ

自動車に長く快適に乗るためには定期的なメンテナンスが不可欠です。修理と違い明確に分かりやすく何か変化する訳でもないので、メンテナンス費用や手間が考えるとやる気が出ないのも分かります。
しかし、ものは必ず劣化するということも分かっていただけると思います。適したメンテナンスで良いカーライフを送りましょう。

関連記事

・新車は洗車して大丈夫?洗車機・ワックスがけ等の悩みにズバリお答えします!
・車の傷が消える!?コンパウンドの使い方のコツ
・【自分で出来る】エンジンルームの清掃方法とは?掃除の頻度と注意点について