MENU

カーリースは本当に安いのか?車の利用方法で噂を徹底検証!

2022.02.16

 

ひと昔前は、自動車を所有する際は、ローンを組んだり、お金を貯めたりして、自動車を購入してきましたが、近年では、カーリースという車の利用方法が登場しました。

ここでは、カーリースは本当に安いのかを徹底検証します。

選択肢が広がった車の利用方法

進学、就職などによって車が必要になった時、貴方だったらどうやって車を利用しますか?
現代では様々な選択肢によって車を利用することができるので紹介します。

 

5つの車の利用方法
  • 現金で一括購入
  • カーローン利用で購入
  • カーリースで支払い
  • レンタカーで一時利用
  • カーシェアで一時利用

 

おすすめのカーリース会社

現金で一括購入

これまで車を利用する際には現金で一括購入が主流でした。
この利用法には当たり前ですが、車の価格に加え諸経費に相当する現金が購入時に必要です。

多額の現金が必要になるため、保険は分割にする人もいます。
ただ、現金で一括購入することで、車の所有者になれるメリットがある上、カスタマイズも自由です。

カーローン利用で購入

現金で車を一括購入したくない人は、カーローン利用で購入することが一般的です。
分割でお金を支払うことで、手元に多額の現金が無くても、車を利用することができます。

ただ、分割でお金を支払うため、利子を支払うのが一般的です。
ローンが終わるまでは、ローン会社の名義になるため、車の売却はできないことが多いです。

カーリースで支払い

カーローンと同様に一括で購入しなくても、カーリースで車を利用できます。
一般的なカーリースでは、頭金が不要で、毎月、車検・税金を含めたリース料金を支払うことで、車の利用が可能。

通常、契約が満了した際に、車を原状回復してから、車を返却しなければなりません。

レンタカーで一時利用

レンタカーは、車を所有するのではなく、短期間利用するサービスといったイメージです。
レンタカーでは、営業所に出向いて車を借りて、数時間から数日間、車を利用した分のお金を支払います。

減ったガソリンは自分で給油してから返却するのが一般的です。

カーシェアで一時利用

カーシェアはレンタカー同様、短車を所有するのではなく、短期間利用するサービスといったイメージです。

カーシェア提供される車の多くは、駐車場に置いてあります。
カーシェアに登録した会員が、駐車場に出向き、車を借りて利用します。

マイカーなら購入かカーリース

レンタカーやカーシェアは、長期間、自宅などに駐車しておくといったマイカーというイメージではありません。

自分の駐車場に置いて、いつでも利用できる車が必要であれば、購入かカーリースという選択になります。

マイカー所有の分割払いは2択!カーリースとカーローンの比較

まとまったお金がないが、マイカーを利用したいと思っている人は、カーリースとカーローンを利用して、分割払いとなります。

ここではカーリースとカーローンにかかる費用の相場を紹介します。

おすすめのカーリース会社

カーリース費用の相場

カーリースにかかる費用には、初期費用と月額費用があるので定額カルモくんのNBOX(G・2WD車)を例にして相場を紹介します。

カーリースの初期費用

カーリース(定額カルモくん)を使って、NBOX(G・2WD車)をリースした場合の初期費用は0円となっています。

車を利用する際に、初期費用にお金をかけたくない人にカーリース(定額カルモくん)がおすすめです。

カーリースの月額費用

カーリース(定額カルモくん)を使ってN-BOX「G」2WD車をリースした場合、5年契約の月々の利用料は25,630円、11年契約なら、月額17,320円(税込)となり、かなり安くなります。

カーリース(定額カルモくん)で契約期間を長くすれば、月額も抑えられるメリットがあり、月々の支払を抑えたい人におすすめ。

カーローン購入の相場

カーローン購入にかかる費用には、初期費用と月額費用があるのでNBOX(G・2WD車)を例にして紹介します。

カーローンの初期費用

ある5年ローンを使って、NBOX(G・2WD車)を購入した場合の初期費用は93,570円などなっています。
いままで当たり前と思っていたカードローンの初期費用は意外と高いですね。

カーローンの月額費用

ある5年ローンを使って、NBOX(G・2WD車)を購入した場合の月額費用は26,900円(初回のみ29,915円)などなっています。
5年ローンにすると、ローン期間中に車検になってしまうので、負担が大きくなります。
かといって、3年ローンにすると、月々の負担が大きくなり、悩みますね。

カーリースとカーローンの比較

カーリースとカーローンでどちらで車を維持していくのに安いの?という疑問はあります。
ここではNBOX(G・2WD車)のカーリースとカーローンの比較を行います。

カーリースとカーローンの比較まとめ

・3年分割払いの場合

NBOX(G・2WD車)を3年分割払いの場合は、カーリースの月額費用は34,760円、カーローンの月額費用は43,400円となっており、カーリースの月額費用のほうが安く抑えられます。
月額費用を抑えたい人はカーローンよりカーリースがおすすめです。

・5年分割払いの場合

NBOX(G・2WD車)を5年分割払いの場合は、カーリースの月額費用は25,630円、カーローンの月額費用は26,900円となっており、カーリースの月額費用のほうが僅かですが安く抑えられます。
月額費用を抑えたい人はカーローンよりカーリースがおすすめです。

カーリースは安いのか?購入と比較シミュレーション

 

ローンを利用しても、カーリースを利用しても、月々、お金がかかります。

どちらを利用したら、安く抑えられるかは、気になるところです。

ここでは、お馴染みの車を使ってローンとカーリース(定額カルモくん・5年契約)のお金事情をシミュレーションします。

 

ローンとカーリースのシミュレーション
    • ダイハツ ミライース
    • トヨタ アルファード
    • スズキ ジムニー

おすすめのカーリース会社

ダイハツ ミライースの場合

引用:ダイハツ公式サイト

カーリース(定額カルモくん・5年契約)を利用することで、ダイハツミライース(B・2WD)を購入の為の金額は20,240円となっており、ローン(5年・60回払い)の場合は46,132円+登録諸費用なので、カーリース(定額カルモくん・5年契約)のほうが抑えられます。

カーリース(定額カルモくん・5年契約)の毎月の支払額の支払いは諸経費や維持費がコミコミで20,240円となり、ローン(5年・60回払い)の場合は16,582円となっています。

金額的に多少、ローン(5年・60回払い)に比べカーリース(定額カルモくん・5年契約)のほうが高くなりますが、諸経費や維持費がコミコミなので月々の支払が一定になるメリットがあります。

ローン(5年・60回払い) カーリース(定額カルモくん・5年契約)
購入の為の金額 46,132円
+登録諸費用
20,240円
頭金 0円 0円
諸費用 賠責保険料(37ヵ月):29,550円
軽自動車税(種別割):0円
軽自動車税(環境性能割):0円
自動車重量税:0円
登録諸費用:別途必要
0円(月額料金に含む)
毎月の支払額 16,582円(年率4.475%、変動金利制) 20,240円
主な維持費 税金(春)、新車登録から3年(初回)、後に2年毎の車検の際、重量税をはじめ自賠責保険料、車検基本料が別に必要 税金・自賠責保険料は月額料金に含む
車検基本料も含まれるプランもある
総額 102万4,470円+登録諸費用+税金・自賠責保険・車検費用 1,214,400円+車検基本料

トヨタ アルファードの場合

引用:トヨタ公式サイト

トヨタ アルファードの場合カーリース(定額カルモくん・5年契約)を利用することで、トヨタ アルファード(X・2WD・8人乗り)を購入の為の金額は57,530円となっており、ローン(5年・60回払い)の場合は26万9,763円+登録諸費用なので、カーリース(定額カルモくん・5年契約)のほうが抑えられます。

カーリース(定額カルモくん・5年契約)の毎月の支払額の支払いは諸経費や維持費がコミコミで57,530円となり、ローン(5年・60回払い)の場合は65,583円となっており、カーリースのほうが、月々の支払は安くなります。

ローン(5年・60回払い) カーリース(定額カルモくん・5年契約)
購入の為の金額 26万9,763円
+登録諸費用
57,530円
頭金 0円 0円
諸費用 賠責保険料(37ヵ月):30,170円
自動車税(種別割):0円
自動車税(環境性能割):57,600円
自動車重量税:49,200円
登録諸費用:67,210円
0円(月額料金に含む)
毎月の支払額 65,583円(年率4.475%、変動金利制) 57,530円
主な維持費 税金(春)、新車登録から3年(初回)、後に2年毎の車検の際、重量税をはじめ自賠責保険料、車検基本料が別に必要 税金・自賠責保険料は月額料金に含む
車検基本料も含まれるプランもある
総額 413万9,160円+登録諸費用+税金・自賠責保険・車検費用 345万1,800円+車検基本料

スズキ ジムニーの場合

引用:スズキ公式サイト

スズキ ジムニーの場合カーリース(定額カルモくん・5年契約)を利用することで、スズキ ジムニー(XG・5MT)を購入の為の金額は25,850円となっており、ローン(5年・60回払い)の場合は13万8,209円+登録諸費用なので、カーリース(定額カルモくん・5年契約)のほうが抑えられます。

カーリース(定額カルモくん・5年契約)の毎月の支払額の支払いは諸経費や維持費がコミコミで25,850円となり、ローン(5年・60回払い)の場合は27,761円となっており、カーリースのほうが、月々の支払は安くなります。

ローン(5年・60回払い) カーリース(定額カルモくん・5年契約)
購入の為の金額 13万8,209円
+登録諸費用
25,850円
頭金 0円 0円
諸費用 賠責保険料(37ヵ月):29,550円
軽自動車税(種別割):12,100円
軽自動車税(環境性能割):9,900円
自動車重量税:9,900円
登録諸費用:50,248円
0円(月額料金に含む)
毎月の支払額 27,761円(年率4.475%、変動金利制) 25,850円
主な維持費 税金(春)、新車登録から3年(初回)、後に2年毎の車検の際、重量税をはじめ自賠責保険料、車検基本料が別に必要 税金・自賠責保険料は月額料金に含む
車検基本料も含まれるプランもある
総額 177万6,148円+登録諸費用+税金・自賠責保険・車検費用 155万1,000円+車検基本料

 

カーリースをおすすめしたい人

ここではカーリースをおすすめしたい人について紹介します。

 

カーリースをおすすめしたい人
    • 初期費用をかけず、気軽に車に乗りたい人
    • 月々の支払いを一定にし安心したい人
    • 面倒な事務手続きなどが苦手な人
    • カーローンでは審査が心配な人

おすすめのカーリース会社

初期費用をかけず、気軽に車に乗りたい人

現金で一括購入する場合には、初期費用に多額のお金がかかることは紹介しました。
カーリースは多額の初期費用なしで、月々のリース料金だけでだけで車を利用することが可能。
初期費用をかけず、気軽に車に乗りたい人にはカーリースはおすすめです。

月々の支払いを一定にし安心したい人

カーリースの月額料金の内訳には、車両代金をはじめ、新車登録諸費用、自動車税、自動車重量税、環境性能割、自賠責保険料、リース手数料などが含まれているので、月々の支払いを一定にし安心したい人におすすめです。

更に、カーリースの中には、メンテナンスの費用を抑えられるパックも提供されていることがあるので、車が故障した際に安心です。

一方、カーローンを利用して車を購入した場合、カーローンの月々の支払いに加え、毎年及び車検時に、自動車税、自動車重量税、自賠責保険料を、一括で支払わなくてはならないので、月々の支払いが安定しません。また、車が故障しても、新車保障が適用されない場合は、自分で修理費用を負担しなければなりません。

面倒な事務手続きなどが苦手な人

車をディーラーから購入する際は、自分が所有者となるので、車の管理に関わる各種登録手続きをはじめ、納税、車検などは自分で把握して行わなくてはならないので、面倒なことが多いです。

カーリースを利用した場合、このような面倒な事務手続きなどをカーリース会社が代行してくれるので安心。
面倒な事務手続きなどが苦手な人はカーリースがおすすめです。

カーローンでは審査が心配な人

カーローンを利用して車を購入する際にはローン会社の審査が行われます。
車以外にローンを抱えている人は、支払い能力を超えていると判断されて、審査が通らない可能があります。

カーリースの場合、ローン会社の審査より甘いといわれておりカーローンでは審査が心配な人はカーリースに向いています。

おすすめのカーリース会社を5社ご紹介!

定額カルモくん


定額カルモくんは便利で安心なカーリース会社です。
定額カルモくんは、24時間、ネットからアクセス可能で、車の検索、料金シミュレート、審査の申請までネットで完結できるので、とても便利。専任のマイカーコンシェルジュがクルマを選ぶ際にサポートしてくれるので、はじめてカーリースを利用する人でも安心です。

定額カルモくんでは、リースが決まった車は、自宅まで届けてくれるので安心。定額カルモくんでは、頭金をはじめ、初期費用、ボーナス払いにかかるお金は全く必要なく、お支払いは月額料金となっているので、月々の支払が安定していて安心です。
更に、メンテナンスプランに加入することで、車検点検費用などが月額化でき、月々の支払が安定していて安心です。
また、新車にはディーラー保証、中古車は車検2年付きなので、安心して利用することができます。

定額カルモくん公式HP

MOTAカーリース

MOTAカーリースは価格重視のカーリース会社です。
MOTAカーリースでは「カーリース圧倒的価格宣言!」をしており、日本最安値に挑戦しています。
他社のリースサービスより高い場合は、契約時に伝えて交渉できるそうです。

一方、多くのカーリースでは、走行距離の制限が設けられていますが、MOTAカーリースは走行距離の制限は設けられていないので、好きなだけ車を乗り回すことが可能。
更に、MOTAカーリースでリースした車をカスタムすることができるので、自分好みの車に仕上げることができます。
また、オプションに加入することで、リースの契約満了後、自分所有の車にすることも可能です。

MOTAカーリース公式HP

KINTO


KINTOでは自動車税をはじめ、自動車保険、車検、メンテナンス、消耗品、故障修理・代車といったマイカーの維持にかかる費用がコミコミ定額となっています。
また、ネットから申し込んだ後は、販売店で車を受け取るだけなので、面倒な手続きはありまません。自動車保険については、年齢・運転者に制限が付かないので安心です。

初期費用なしのプランに加え、いつリースを辞めても解約金なしのプランが選べるので、自分の生活が変わって、車が必要なくなっても安心。

KINTO公式HP

ニコノリ

ニコノリには多くのメリットがあるカーリースなので紹介します。
ニコノリ専用カスタマーセンターが設置されており、年中無休で対応してくれます。
また、審査の前に、丁寧に説明してくる上、LINEでも相談できるメリットがあります。更に、近くに店舗が無い場合、車を自宅まで届けてくれるサービスがあり、便利です。

リースする車を国産全車種(208台)の中から選べ、カラーやオプションも自由に選べます。
プロのアドバイスも貰えるので迷う事がありません。ニコノリ独自の値引きスキームも注目で、ガソリン5円/L割引(ガソリンスタンド店舗のみ)があり、ガソリン高騰の際はとても助かります。

リースには車検・税金・オイル交換が含んであり、安心して車を乗る事ができます。
全国9,000ヶ所の整備工場と提携しているため、住所が変わってもメンテナンスを引き継げます。

ニコノリ公式HP

コスモMyカーリース


コスモMyカーリースでは、多くの契約プランが用意されているので、自分のライフスタイルに合わせて、車選びが可能です。
例えば、短期の3年リースプランもある上、9年リースでは車がもらえます。法人契約も積極的で、車一台一台にかかる経費が把握しやすく、便利です。

運転免許をこれから取得しようとする人向けに、運転免許の教習とリースがセットになったプランも用意されています。

コスモMyカーリース公式HP

まとめ

ここでは、カーリースは本当に安いのかを徹底検証してきました。頭金や月々の支払などについては、カーリースはローンや現金一括に比べて安いことは多いです。

そのため、カーリースは、初期費用をかけず、気軽に車に乗りたかったり、月々の支払いを一定にして安心したい人におすすめです。

カーリースとはいっても、数多くの新車の中から選べ、カラーやオプションも自由に選べるメリットがあり、新車を購入する場合とほぼ同等です。
この記事が、これからカーリースを利用しようとする方のお役に立てば幸いです。