【ドライブのお悩み改善】腰まわりのお疲れをリフレッシュ Vol.05 体幹を鍛えて、腰痛予防

2019.04.17

ドライブの大敵、腰痛。腰痛予防には体幹を鍛えることが効果的です。楽しいドライブに向けて、インナーマッスルを鍛えましょう。

腰まわりを守るには体幹を鍛えること。体幹が弱くなると腰痛になりやすいといわれています。ロングドライブを楽しむためにも、日々のプチトレーニングが大切。また、腰痛予防だけでなく体幹を鍛えると、姿勢もよくなる効果も期待できます。

四つん這いから手足をまっすぐに伸ばしてキープ

まず四つん這いになります。肩の真下に手を置き、脚の付け根に膝。脚は腰幅に開き、足の甲は寝かせます。最初は右脚を真っすぐに伸ばします。かかとから頭まで一直線になるように意識し、約30秒キープ。反対側も同様に行います。これを2~3セット。

次は写真のように、右腕を伸ばし、左脚を同時にあげて約30秒キープ。鼻から息を大きく吸い、吸った息の2倍以上をかけるイメージで、鼻から息を吐きながらお腹を凹ませて、かかとから頭まで一直線上になるように意識し、背骨を真っすぐに伸ばします。約30秒キープ。つらければ最初は約15秒からはじめましょう。反対側も同様に行います。これを2~3セット繰り返します。自分の体にあわせて無理しないように回数、キープ時間は決めましょう。

翌日、筋肉痛になったら1日お休みしてインターバル。継続は力なり。腰まわりのだるさを改善して快適なドライブを楽しんでくださいね!

Text:インナービューティ講師 鈴木珠美/beecar編集部
photo credit:© fizkes – Fotolia.com

>>腰まわりの痛みは小休止でリフレッシュ