MENU

ドコモ「dカーシェア」の評判・料金は? メリット・デメリットを徹底検証

このページは広告PRを含んでいます。

さまざまな企業がカーシェアサービスを提供していますが、携帯キャリアのドコモが提供する「dカーシェア」をご存知でしょうか。

携帯電話のイメージが強いドコモですが、数年前から独自のプランでカーシェアサービスを提供しています。この記事では、dカーシェアについて2024年6月の最新情報をもとにサービスの特徴や使い方を詳しく解説。
またメリット・デメリットや評判・口コミをご紹介します。

ドコモをご利用されている方、されていない方もとても参考になりますのでぜひ最後までご一読ください。

dカーシェアとは?

dカーシェアとは、通信会社大手のNTTドコモが提供するカーシェアリングサービスです。2017年11月からスタートしたドコモのカーシェアですが、他のカーシェアサービスと大きく違う特徴が2つあります。

dカーシェアの特徴
  • 選べる2つのカースタイル
  • ドコモ以外のキャリアでもOK

選べる2つのカースタイル

dカーシェアでは、利用者の用途に合わせて選べる2つのカースタイルでサービスを提供しています。

  • カーシェアサービス
  • レンタカーサービス

一般的なカーシェアリングサービスでは、契約した会社のみのカーシェアリングサービスの利用となります。しかし、dカーシェアでは会員登録さえ完了してしまえば、上記2つのサービスを利用することが可能となります。

また、2つのサービスそれぞれで他のカーシェアリングサービスと提携しており、全国各地でdカーシェアを利用することができます。

選べる2つのカースタイル 提携先/車種など
カーシェア
サービス
レンタカー
サービス
  • トヨタレンタカー
  • オリックスレンタカー
  • ニッポンレンタカー
  • 日産レンタカー
  • J-netレンタカー
  • バジェットレンタカー
  • スカイレンタカー
  • インターセクトレンタカー

「日常で少し利用したい」「週末は旅行に行く」「こだわりの車に乗りたい」など、利用者の細かい用途にも対応できるのが特徴です。

ドコモ以外のキャリアでもOK

NTTドコモが提供するカーシェアサービスのため、利用できるのはドコモを利用している方のみと思われるかもしれません。しかし、dカーシェアは携帯キャリア関係なく誰でも利用することができます。
利用方法は簡単で、無料の「dアカウント」を作るだけです。

dカーシェア公式HP

dカーシェア料金の仕組み

dカーシェアを利用するにあたり、料金の仕組み(支払い方法)や保険加入、ガソリンの給油について解説します。

支払い方法について

まず、dカーシェア料金の仕組みは、「時間+距離」の合計で計算されます。

時間料金の場合
時間 時間ごとの料金
10分 200円~
15分 200円~
6時間パック 4,100円~
9時間パック 5,500円~
12時間パック 6,600円~
18時間パック 7,590円~
24時間パック 8,580円~
36時間パック 10,780円~
48時間パック 12,870円~
夜間パック 2,420円~

※上記の料金表は各カーシェア5社で比較した最低料金プランです。また、使用する車のグレードによって料金は変わります。

距離料金の場合
距離/カーシェア会社 料金/km
6時間以内の予約かつ利用の場合 0円~
上記以外の場合 14円~/km(NISSAN e-シェアモビは0円)

レンタカーサービスについては各レンタカー会社によって異なるため、利用されるレンタカー会社に確認をしましょう。

カーシェアの支払い方法は2つ。

  • ドコモ払い
  • クレジットカード払い
  • dカード払い
  • dポイント払い

ドコモ払いとは「電話料金と合算払い」となります。携帯電話会社がドコモでない方は利用できません。
クレジットカード払いでは、VISA・MasterCard・AMEXがご利用可能です。

※デビットカード・プリペイドカード・海外発行のクレジットカードは利用不可

レンタカーの支払い方法は、各レンタカー会社の支払い方法で直接お支払いする形となっています。

保険加入について

dカーシェアが提携しているカーシェア会社では、どこを選んでも利用料金に保険料は含まれているため別途で保険料を支払うことはありません。補償内容については以下の通りです。

対人補償
  • ・オリックスカーシェア:無制限(自賠責を含む、免責0円)
  • ・三井のカーシェアーズ(旧:カレコ):無制限(自賠責を含む)
  • ・カリテコ:無制限
  • ・トヨタシェア:無制限(自賠責を含む)
  • ・NISSAN e-シェアモビ:無制限(自動車損害賠償責任保険3,000万円を含む)

 

対物補償
  • ・オリックスカーシェア:無制限(免責0円)
  • ・三井のカーシェアーズ(旧:カレコ):無制限(免責0円)
  • ・カリテコ:無制限(免責0円)
  • ・トヨタシェア:無制限
  • ・NISSAN e-シェアモビ:無制限(免責0円)

 

車両補償

 

人身傷害
  • ・オリックスカーシェア:1名につき3,000万円まで
  • ・三井のカーシェアーズ(旧:カレコ):1名につき6,000万円まで(無保険車傷害2億円)
  • ・カリテコ:無制限
  • ・トヨタシェア:1名につき3,000万円まで
  • ・NISSAN e-シェアモビ:1名につき5,000万円まで

 

また、上記の補償以外にもオリックスカーシェア限定で「あんしん補償サポートfor dカーシェア」というサービスを提供しています。

あんしん補償サポートfor dカーシェアの補償内容
  • 事故におけるNOC免除
  • タイヤパンク
    損傷タイヤの修理代・タイヤ代無償
  • 鍵のインロック
  • 利用中のバッテリー上がりに伴う現地ジャンピング費用
  • レッカー対応
  • ガス欠で動けない場合の現地給油
  • 代車費用

利用中の急な故障・事故にも上記は無料で対応してもらえるので、安心して利用することができます。

ガソリンの給油について

ガソリン給油については、「ガソリンが残り半分以下」になったときに利用していた方が給油するのがマナーです。不特定多数の方で利用するサービスのため、次に利用される方のためにもガソリンの給油は忘れずに行いましょう。

給油する場合は車内にある「給油カード」を使用するため、利用者がガソリン代を負担することはありません。覚えておきましょう。

dカーシェア公式HP

dカーシェアを利用するメリット

世の中にはたくさんのカーシェアサービスがありますが、dカーシェアを利用するメリットにはなにがあるのか気になりますよね。ご紹介するメリットは全部で4つ。

メリット4つ
  • 初期費用+月額基本料0円
  • 最短5分で予約可能
  • 乗るたびにdポイントが貯まる
  • 安心の補償制度

順番にみていきましょう

初期費用+月額基本料0円

メリットの一つ目は「初期費用+月額基本料0円」です。dカーシェアを利用するためには、「dアカウント」が必要になりますが、アカウント作成も無料。

携帯電話のキャリアがドコモ以外の方でも、料金がかからず作れます。さらに、月額基本料0円・最短5分で登録ができるため「すぐに利用することはないかも…」「登録しようかどうか迷っている」などの場合でも、いざ車を使いたいときのために登録しておけばとても便利ですよ。

最短5分で予約可能

二つ目にご紹介するのは「最短5分で予約可能」というメリット。dカーシェアに登録後、最短5分で車の予約ができます。

※状況によっては審査に時間がかかる場合があるので注意が必要

車が必要になり、思い立って登録して当日のうちに車を使うことも十分に可能なのです。

乗るたびにdポイントが貯まる

カーシェアサービスのなかにはポイント制度を導入している会社がありますが、dカーシェアでは乗るたびに「dポイント」が貯まります。

貯まったdポイントはカーシェアの利用料金に使えるほか、ドコモの携帯電話を利用されている方は携帯料金に利用可能。また、全国展開している以下のお店でも利用することができます。

dポイントが利用できる主なお店
  • マクドナルド
  • MOS BURGER
  • LAWSON
  • FamilyMart
  • マツモトキヨシ
  • Joshin
  • かっぱ寿司

このほかにもさまざまなお店で利用可能なdポイント。dカーシェアをご利用される方はぜひチェックしてみてください。

安心の補償制度

最後にご紹介するメリットは「安心の補償制度」です。

利用料に保険料が含まれているdカーシェアサービスでは、対人や対物、車両などの保険が付帯されています。別途保険料を支払って、保険内容を自身で考えなければいけないこともないため安心して利用することができます。

dカーシェア公式HP

dカーシェアを利用するデメリット

メリットがある一方、dカーシェアを利用するにあたり「デメリットは?」と思われる方もいらっしゃいますよね。dカーシェアのデメリットを2つご紹介します。

デメリット2つ
  • ステーションが少ない所がある
  • 料金面が少しわかりにくい

地域によって、まだステーションが少ない所がある

dカーシェアは全国展開しているものの、地域によってはステーションが少ない所があります。利用される方は、ご自身が住まれている周辺でdカーシェアのステーションがあるかどうかを確認してから利用しましょう。

料金面が少しわかりにくい

dカーシェアの料金設定は、提携先の料金がベースとなっています。そのため、各提携先のカーシェアサービスの料金を確認する必要があります。10分という短時間から利用できるサービスをはじめ、長いプランだと48時間(2日間)パックになっているものまでさまざまあります。

デメリットの回避策としては、カーシェアを比較して選ぶことです。
場合によっては個別に契約したり、他の月額無料カーシェアを選んだ方がお得な場合もあります。

dカーシェア公式HP

dカーシェアの評判・口コミ

便利で利用しやすいdカーシェアですが、実際に利用している方々はどのように感じているのか。ここからはdカーシェアの口コミをご紹介していきます。

dカーシェアの良い評判・口コミ

良い評判・口コミ
  • 月額0円でカーシェア5社が利用できるのはとても助かるし、当初使いづらかったアプリのデザインも少しずつ改善されている。
  • 都内で車を持つのは予算的にきついため、とても助かっています。アプリも使いやすくてとても良いです。
  • もっと使いたくなった!さらに車が増えてくれると、普通のレンタルはしないと思う。

登録無料で月額料金がかからないにもかかわらず、5社のカーシェアサービスが利用できるのは好評のようです。

また、都内であればステーション数が充実しているため便利に利用できるという口コミもありました。

dカーシェアの悪い評判・口コミ

悪い評判・口コミ
  • よく利用する設定を登録できるようにしてほしい。検索するたびに毎回「レンタカー」「大型車両」のチェックを外すのが面倒です…
  • 設定条件に合致する車両のみ表示する機能があれば、より便利だと思います。
  • ステーション数が少ない。車を借りられる場所が少ないので、早くTimesさんと提携してください。

利用する車を検索するさいの「設定条件」について使いづらいとの口コミが多くありました。また、デメリットでも紹介した「ステーションの数」についての口コミも見られました。利用者の多くが同じような口コミをしていることから、改善されることは間違いないでしょう。

↓↓↓
カーシェアはデメリットだらけ?その真相を徹底解剖!

dカーシェアを使ってみよう!

最後にdカーシェアを実際に使用するにあたり、用意するものと申し込み方法をご紹介します。

dカーシェアの申し込みに用意するもの

dカーシェアに申し込みするために必要なものは2つ。

  • dアカウント
  • 申込ご本人の運転免許証の原本カラー写真

ドコモの携帯電話を使用していなくても、dアカウントは無料にて発行できます。 運転免許証の写真は光の反射などに気をつけてアップロードしましょう。光が映り込んだ状態でアップロードしても、判断することができずエラーになってしまいます。
※アップロードする画像は5MB以下のJPEG・PNGのファイル形式をご用意ください

また、未成年者がdカーシェアに申し込みを行う場合は「親権者同意書」が必要になります。こちらも原本のカラー写真が必要になりますので、事前に準備をしておきましょう。

新規入会者限定dポイント最大1000P還元キャンペーン実施中

会員登録完了から翌月末までにdカーシェアを利用すると、dポイント(期間・用途限定)500Pプレゼントキャンペーンが実施中です。

さらに会員登録完了から1週間以内の利用だと、500P増量で最大1000Pがもらえるお得なキャンペーンとなっております。

dカーシェア公式HP

まとめ

ドコモのdカーシェアについてご紹介してきましたが、いかがでしたか。
初期・月額が無料なので登録すること自体に損はないので、是非この機会にdカーシェアの利用を初めてみてはいかがでしょうか?