MENU

【2024年5月最新・料金体系】人気5社カーシェア料金シミュレーション

このページは広告PRを含んでいます。

【2024年5月最新・料金体系】人気3社カーシェア料金シミュレーション

今回は人気のカーシェアサービスを5社厳選して解説します。あらゆるサービスやモノをシェアする時代になり、車もローンを契約して購入するのではなく、カーシェアサービスを利用する方が増えてきています。

カーシェアサービスを利用すれば、高いお金を出してマイカーを購入する必要がなくなり、好きな時に好きな車を借りることができるようになります。

今までは乗りたい車があれば買い換えるしか方法がありませんでした。車を買い換えるとなると手間や費用が大きく発生してしまいます。

この記事ではカーシェアとは具体的にどんなサービスなのか?

カーシェアサービスのメリットとデメリット。

2024年5月2日最新のカーシェアサービスの料金・内容を紹介し、カーシェアとマイカー、レンタカーは実際どれがお得なのかを徹底比較していきます。

カーシェアサービスについて気になってはいるものの、よく分からず利用したことがない方は、この記事を最後まで見ることで魅力あふれるカーシェアライフをスタートさせることができるでしょう。

カーシェアとは?

カーシェア

そもそもカーシェアとはどんなサービスなのかと言うと、名前の通り、車をシェアするサービスです。

ひと昔前であれば、車を見ず知らずの人にシェアするなんて考えられませんでした。

住居をシェアするAirbnbなどの海外サービスの普及により、車を含めて色々な物がシェアされる時代に突入しています。

カーシェアサービスをレンタカーと勘違いしてしまう方も多いですが、サービス内容は全く異なります。

例えば、レンタカーだとガソリンを満タンにしてから返却することが多いですが、カーシェアでは満タンにする必要はなく、そのまま返却することができます。

他にも15分といった短時間でも気軽に借りることができたり、24時間好きなタイミングで借りることができるなどの違いがあります。

そんなカーシェアサービスの特徴についてもう少し深掘りして解説していきます。

カーシェアの特徴

カーシェアサービスの特徴は大きく分けて以下の5つです。

カーシェアの特徴
  • ガソリンを補充する必要がない
  • 24時間好きなタイミングで借りることができる
  • 利用料金が安い
  • 短時間から利用できる
  • ステーションが多い

まずは先ほども解説した通り、カーシェアではガソリンを補充する必要がありません。なので、ガソリンを補充する料金を考える必要がなく、カーシェア費用以外に料金は一切かかりません。

旅行に行った際など、返却時にガソリンを補充しなければならない手間も省くことができるので、値段以上にお得感が強い特徴です。

次に24時間好きな時に借りることができるので、レンタカーでは営業していない時間でも活用することができます。早朝や深夜に借りたい場合は非常に便利です。

利用料金が安く、短時間から利用できることも大きな特徴です。カーシェアでは15分数百円から利用することができるサービスが多く「レンタカーを借りるのは面倒くさいけど、足が欲しい!」という方達から人気を集めています。

最後は意外かもしれませんが、カーシェアを行えるステーションの数が多い特徴もあります。カーシェアサービスは日々拡大しており、カーシェア会社にもよりますが、以下で紹介するサービスのステーションは非常に多く、利用しやすい所ばかりです。

正直カーシェアサービスを知ってしまうと、レンタカーを借りることはもうなくなってしまうかもしれませんが、メリットだけでなくデメリットもありますので、続けてご覧ください。

カーシェアのメリット・デメリットを解説

カーシェアのメリットは十分理解できたと思いますので、デメリットについて詳しく解説していきます。

デメリットまでしっかりと把握してからサービスを利用するのをおすすめします。

カーシェアのデメリットは以下の通りです。

カーシェアのデメリット
  • 車が汚い可能性がある
  • 借りれない可能性がある
  • 借りた場所まで戻す必要がある

カーシェアは1台の車をどんどんシェアしていくサービスなので、前の人の使用が荒い場合、車内が汚れている可能性があります。もちろん定期的な清掃を行っているとは言え、大手のレンタカーサービスと比べると清掃頻度も少なく、潔癖症の方はキツイ場合があるかもしれません。

カーシェアは短時間で色々な人が利用するので、綺麗な状態で借りることができるかは運次第になるでしょう。

また、カーシェアサービスではレンタカーショップのように貸し出し台数も多くなく、1箇所のステーションに置ける台数には限りがあるので、タイミングによっては借りることができない可能性があります。

繁栄期に借りれないことはレンタカーでも変わりませんが、カーシェアはスタッフが常駐していないので、借りれない場合にすぐ対応してもらうことは難しいでしょう。

他にも借りた場所まで戻す必要があります。レンタカーであれば好きな場所で返却できるサービスもありますが、カーシェアでは基本的に借りた場所に返さないといけません。

これらカーシェアのデメリットを考慮して「それでも安く短時間で借りることができるなら利用してみたい!」と思った方は、以下の優良カーシェアサービス4選をご覧ください。

【2024年5月最新】おすすめの人気カーシェア

おすすめの人気カーシェア

非常に人気があり、利用者が多く、これは利用してみたいと思える優良カーシェアサービスを紹介します。

おすすめの人気カーシェア
  • 楽天カーシェア
  • 三井のカーシェアーズ(旧:カレコ)
  • Honda EveryGo(エブリゴー)
  • dカーシェア
  • タイムズカー

2024年5月2日時点で国内カーシェアサービスを利用するのであれば、この5つから選ぶのがおすすめです。

なぜ人気があるのか、特徴や価格を元に解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめカーシェアその①楽天カーシェア

\初期費用・月会費・ガソリン代無料/

楽天カーシェア公式HP

楽天カーシェアは、楽天グループが運営するカーシェアサービスです。

入会金、初期費用、月会費、年会費などすべて無料で利用でき、楽天ポイントが使える&貯まる点がメリットとなっています。

料金表

楽天カーシェアのメリットは、入会すると「オリックス」と「カリテコ」という2つのカーシェアサービスが両方利用できるようになる点です。

特にカリテコでは軽自動車が15分220円~というリーズナブルな料金で利用できるのでオススメです。

月会費
  • 初期費用:0円
  • 月額基本料:0円
時間料金
  • 15分/220円〜
  • 48時間パック12,870円~
距離料金
  • 6時間以内の予約・利用なら0円
  • 上記以外は14円〜/km

※2024年5月2日時点で確認した情報です

おすすめパック

楽天カーシェアのおすすめパックは、「カリテコ」の長時間パックです。

一般的なカーシェアでは「6時間・12時間・24時間」といった数種類のみのパック設定となっていますが、カリテコでは6時間から48時間まで7種類という細かい時間刻みのパックがあります。

また夜間パックも充実しているので、日中か夜間かにかかわらず、長時間利用が多い人にはおすすめです。

また「カリテコ」以外に「オリックス」も利用できるため、どちらかの車両の空きがない時でももう一つのサービスの空き車両を探せるのが魅力です。

こんな人には楽天カーシェアがおすすめ!

以下に該当する方は楽天カーシェアを利用するのがおすすめです。

楽天カーシェアがおすすめの方
  • 楽天ユーザーで「楽天のサービスなら使いやすい」と思う人
  • 初期費用や固定コストをかけたくない人
  • 楽天ポイントをよく使う人

なお、クーポンやキャンペーンも充実しているので、便利&オトクに使えるカーシェアです。

なお、現在は新規入会&初回利用で1,000ポイントが還元されるほか、初回利用限定で最大2,000円クーポンを配布中です。

\初期費用・月会費・ガソリン代無料/

楽天カーシェア公式HP

おすすめカーシェアその②三井のカーシェアーズ(旧:カレコ)

三井のカーシェアーズ

\初期費用・月会費・ガソリン代無料/

三井のカーシェアーズ
公式HP

三井のカーシェアーズ(旧:カレコ)は東京周辺と大阪周辺にステーションの多いカーシェアサービスで、10分という圧倒的短時間から借りることができる嬉しい特徴があります。

料金表

三井のカーシェアーズ(旧:カレコ)の料金はベーシックプランか月会費無料プランかによって時間料金と距離料金が変わってきます。

高頻度で利用する方はベーシックプランに入り、あまり利用する予定のない方は固定費のかからない月会費無料プランに入るのが良いでしょう。

月会費
  • ベーシックプラン:980円
  • 月会費無料プラン:0円
時間料金 10分/150円~
6時間以内の予約・利用なら使った分だけ
距離料金 6時間以内の予約・利用なら0円

おすすめパック

三井のカーシェアーズ(旧:カレコ)を利用する際のおすすめは月会費無料プランで単発的に利用することです。

なぜなら多くのカーシェアサービスで、月額費用が発生するにもかかわらず、三井のカーシェアーズ(旧:カレコ)は無料で都度支払うだけで利用することができるからです。

解説した通り、頻繁に利用するのであればベーシックプランの方がお得になりますが、たまに旅行に行く時借りれれば良いという方は月額無料プランを利用しましょう。

こんな人には三井のカーシェアーズ(旧:カレコ)がおすすめ!

以下に該当する方は三井のカーシェアーズ(旧:カレコ)を利用するのがおすすめです。

三井のカーシェアーズ(旧:カレコ)がおすすめの方
  • 固定費は増やしたくない方
  • そこまで頻繁に借りるわけではない方
  • 東京周辺または大阪周辺で利用する方

\初期費用・月会費・ガソリン代無料/

三井のカーシェアーズ
公式HP

おすすめカーシェアその③Honda EveryGo(エブリゴー)

\初期費用・月会費・ガソリン代無料/

Honda EveryGo(エブリゴー)公式HP

Honda EveryGo(エブリゴー)はホンダ車がお得に借りられるカーシェアサービスで、全国の都市部を中心にステーション数を拡大しています。

初期費用と月額料金は無料で、時間料金やパック料金もリーズナブル。車種ラインナップも普段使いに便利なものが揃っており、

料金表

Honda EveryGo(エブリゴー)の料金はシンプルで、初期費用と月額料金は無料、利用する際は時間料金と距離料金がかかります。

月会費
  • 初期費用:0円
  • 月額基本料:0円
時間料金
  • 15分/200円〜
  • 8時間以降は15分/75円
距離料金 17円/km

おすすめパック

Honda EveryGo(エブリゴー)を利用する際のおすすめは、8時間パックや16時間パックを使っての買い物や日帰りレジャーです。

利用が8時間を超えれば15分当たりの時間料金が75円と激安になるため、パック時間から延長した分の料金を心配せずに乗ることができます。

ただし逆に、1~2時間のチョイ乗りの場合であっても距離料金がかかるため、6時間までの距離料金がタダというカーシェアに比べて短時間利用が割高になる可能性があります。

チョイ乗りを繰り返す方よりも、8時間パックやナイトパックをよく使う方におすすめです。

こんな人にはHonda EveryGo(エブリゴー)がおすすめ!

以下に該当する方はHonda EveryGo(エブリゴー)を利用するのがおすすめです。

Honda EveryGo(エブリゴー)がおすすめの方
  • 固定費なしで気軽に使いたい方
  • チョイ乗りよりもパック利用が多い方
  • 新型電気自動車「Honda e」に乗ってみたい方

\初期費用・月会費・ガソリン代無料/

Honda EveryGo(エブリゴー)公式HP

おすすめカーシェアその④dカーシェア

おすすめカーシェアその①dカーシェア

dカーシェアはドコモが提供しているカーシェアリングサービスで、レンタカーのサービスも行っています。

初期費用と月額基本料を無料で利用することができ、使用した時間や距離に応じた費用が発生します。

料金表

dカーシェアではオリックス・三井のカーシェアーズ(旧:カレコ)・カリテコ・トヨタシェア・NISSAN e-シェアモビの5種類のサービスから利用でき、それぞれ利用料金が異なります。

中でも6時間パックが安いのはトヨタシェアで、夜間パックが安いのはカリテコやオリックスカーシェアです。

月会費
  • 初期費用:0円
  • 月額基本料:0円
時間料金
  • 15分/200円〜
  • 48時間パック12,870円~
距離料金
  • 6時間以内の予約・利用なら0円
  • 上記以外は14円〜/km(NISSAN e-シェアモビは0円)

おすすめパック

dカーシェアは初期費用と月額基本料が無料で、利用した分だけ費用がかかるので、利用時間によってプランを決めるのがおすすめです。

距離料金は6時間未満なら無料です。

6時間以上の利用であればNISSAN e-シェアモビのパック料金、通常料金での利用であれば三井のカーシェアーズ(旧:カレコ)、夜間パックならオリックスカーシェアを利用しましょう。

こんな人にはdカーシェアがおすすめ!

以下に該当する方はdカーシェアを利用するのがおすすめです。

dカーシェアがおすすめの方
  • 豊富な車種から選びたい人
  • ドコモユーザーやdポイントを貯めている人
  • 固定費を抑えて利用したい人

おすすめカーシェアその⑤タイムズカー

タイムズカーは国内大手のカーシェアサービスで、駐車場のタイムズが運営しています。

タイムズカーの魅力はなんといっても価格の安さで、ガソリン代保険料込みで15分220円〜と驚きの低価格を実現しています。

これだけ安く利用することができれば、本当に車を購入する選択肢がなくなってしまうことでしょう。

また、ステーションの数も非常に多く、全国で1万箇所以上あります。自宅の近くで利用することができるか、タイムズカー 公式サイトから調べてみてください。

料金表

タイムズカーの料金は初期費用、月額費用、利用料金は以下の通りです。

利用料金の詳細は、利用プランや時間によって変動しますので、詳しくは上記のリンクから公式サイトを確認してください。

初期費用 カード発行料1,650円
※法人プランの場合660円
月額費用
  • 個人プラン:880円
  • 家族プラン:880円
  • 学生プラン:無料
  • 法人プラン:無料
利用料金 15分/220円〜

おすすめパック

月額料金のプランはベーシック・ミドル・プレミアムの3種類があり、最も安いベーシックでは15分220円から利用することが可能です。借りることができる車種によってプランが変わります。

とにかく安く利用したいと言う方は、ベーシックプランが良いでしょう。

こんな人にはタイムズカーがおすすめ!

以下に該当する方は、タイムズカーがおすすめです。

タイムズカーがおすすめの方
  • とにかく安く利用したい
  • 短時間から気軽に利用したい
  • 自宅の近くにステーションがあるサービスが良い

料金プラン・ステーション数を総合的に考えても、多くの方におすすめすることができる優良カーシェアサービスのひとつと言えるでしょう。

マイカーとカーシェアとレンタカーはどれがお得?

結局マイカーとカーシェア、レンタカーはどれが1番お得なのかを解説していきます。

カーシェアが安く利用できることが分かっても、本当にマイカーやレンタカーよりお得なのかは多くの方が疑問に感じていることでしょう。

  • カーシェアとレンタカー
  • カーシェアとマイカー

をそれぞれ比較していきますので、利用する際の参考にしてください。

カーシェアとレンタカー料金を比較

最も気になるカーシェアとレンタカーの料金を比較します。

レンタカーは清掃が毎回されており、チャイルドシートも利用できることなどは考慮せずに、単純な利用料金のみの比較になります。

タイムズカー タイムズカーレンタル
  • 6時間:4,290円
  • 12時間:5,500円+距離料金(16円/km)
  • 24時間:6,600円+距離料金(16円/km)
  • 6時間:4,620円
  • 12時間:5,610円
  • 24時間:6,600円

この比較表からも分かる通り、6時間ではカーシェアの方が安く、12時間以上ではレンタカーの方が割安となっています。

どんな乗り方をするかによっても変わってきます。例えばカーシェアでは走行距離で追加費用が発生するので、短時間でも長く走行する方は距離での料金がかからないレンタカーよりも高くなる可能性があります。

カーシェアを利用する方は6時間以内で、走行距離も短い方がメリットが大きいと言えるでしょう。

カーシェアとマイカーを比較

カーシェアとマイカーの比較は車種、乗る頻度、維持費、買い替えなど色々な要素が関係するので、完璧な比較を行うことは難しいですが、150万ほどのファミリーカーを頭金なしのローンで購入し、平日通勤に使用した場合、税金など全て含めて月額55,000円ほどかかることが予想されます。

車を既に購入されている方なら実感できると思いますが、ガソリン代よりも車のローンや駐車場代が大きく負担になってくるはずです。

購入する車の金額やローン期間によって返済額は変わりますが、一般的に多いこの金額で比較します。

今回紹介した三井のカーシェアーズ(旧:カレコ)の月額基本料金ありのベーシックプランで、同じ頻度で利用した場合の予想は月額11,400円になります。多少の誤差があると想定しても、間違いなくカーシェアを利用した方が費用を抑えることはできるでしょう。

まとめ

今回はカーシェアとはどんなサービスなのか?サービスの特徴からメリットとデメリット、おすすめの人気カーシェアサービスを紹介しました。

レンタカーと比べて短時間から格安で借りることができるカーシェアサービスは、車離れが進む中で益々人気を増していくことが予想されます。

カーシェアサービスを利用する方は、この記事で紹介した楽天カーシェア・三井のカーシェアーズ(旧:カレコ)・Honda EveryGo・dカーシェア・タイムズカーの中から選ぶのがおすすめです。