MENU

カーリースをおすすめしない5つの理由!選んでも大丈夫な会社はあるの?

2021.07.15

「カーリースって本当にお得なサービスなの?」

「どんな人が利用するべき?」

という不安がある方向けに、この記事では基本的な仕組みやおすすめしない理由、利用が向いている人を解説します。

しかし、本当におすすめできるサービスなんでしょうか?

この記事ではおすすめしない理由を5つ解説し、サービスのデメリットを理解した上でおすすめできる会社を紹介しています。

本当にお得なサービスなのか不安がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

カーリースの仕組を知ろう

仕組を知ろう

おすすめしない理由を確認する前に、まずは仕組みを紹介します。

カーリースとは?

サービス会社が購入した車を契約者が毎月定額料金を支払うことで利用できるサービスです。

利用する車や契約期間は契約者が自由に選ぶことができ、選択内容によって毎月の支払い金額が異なります。

カーリースとカーシェアの違い

似ているサービスとしてカーシェアがありますが、利用方法や利用期間に大きな違いがあります。

カーリースは契約した車を3年から11年など、長期間自由に利用することができ、契約期間はマイカーのように乗ることが可能です。

一方でカーシェアは、会社が所有している車を一時的に借りるサービスで、短期間だけ予約した上で利用します。

名前の通り、車をシェアできるサービスなので、長期的に専用車として扱うことはできません。

カーリースとレンタカーの違い

レンタカーとの違いは利用期間の長さです。

年単位で契約することが一般的ですが、レンタカーでは1ヶ月未満であり、月単位で借りられるマンスリーレンタカーでも1年以上借りる場合は向いていません。

おすすめの
カーリース会社

カーリースのメリットとデメリット

良い点悪い点

優れたサービスですが、良い点と悪い点があるので、それぞれ紹介します。

カーリースのメリット

メリットは以下の通りです。

カーリースのメリット
  • 貯金ゼロでも新車に乗れる
  • 豊富な車種から選べる
  • 申し込みから審査までネットで完結する

毎月定額料金を支払うことで、頭金なしでも新車に乗ることができます。

また、多くのサービスで全ての国産車から選ぶことができ、中古だけでなく新車でも乗ることが可能です。

また、見積もりや申し込みはネットから簡単に行うことができ、審査結果まで全てネットで完結します。

カーリースを利用することで、車に乗るハードルを大きく下げることができるでしょう。

カーリースのデリット

反対にデメリットは以下の通りです。

カーリースのデメリット
  • 契約の変更や途中解約は基本的にできない
  • カスタマイズできない
  • 追加料金が発生する可能性がある

契約する車の価格や期間によって定額料金が決まるので、契約後の変更や途中解約は基本的に認められていません。

また、車を所有しているのはあくまでも会社なので、契約者でも勝手に車をカスタマイズすることはできません。

仮に途中解約やカスタマイズを行うと、追加料金が発生する可能性があるので、契約する際は、内容をしっかり確認した上で検討してください。

おすすめの
カーリース会社

カーリースをおすすめしない5つの理由

5つの理由

おすすめしない理由を挙げるとしたら、以下の5つです。

カーリースをおすすめしない5つの理由
  • 中途解約は違約金がかかる
  • 契約終了時に追加料金発生の可能性
  • 車をカスタムできない
  • 走行距離に制限がある
  • 利用頻度が少ない場合はコスパが悪い

中途解約は違約金がかかる

基本的に契約内容の変更や途中解約は認められていません。

もし中途解約する場合は、違約金が発生してしまうので、あらかじめ契約時にしっかりと期間と料金をよく理解しておくようにしてください。

契約終了時に追加料金発生の可能性

オープンエンドとクローズドエンドの契約方式が採用されています。

クローズドエンドでの契約では、残価精算がなく契約満了時に市場価格による追加料金の発生がありません。

一方でオープンエンド契約では、車返却時の市場価格によって、残価精算を行う必要があり、追加料金を支払わなければなりません。

他にも、走行距離の超過や原状回復など、契約時のルールを守れていない場合も追加費用がかかります。

車をカスタムできない

車を自由にカスタムすることはできません。

月額費用を支払っていても、車を所有しているのは会社なので、勝手にカスタマイズしてしまうと返却時に原状回復が求められます。

定額カルモくんなど、オプションをつければ車を返さなくていい会社もあるので、どうしてもカスタマイズしたい方は返却義務のないサービスを利用しましょう。

走行距離に制限がある

契約時に月間走行距離が制限されています。

契約満了時に指定した走行距離を超過してしまった場合は、オーバーした分の追加費用を支払わなければなりません。

走行距離の上限を高くすれば、毎月の定額費用も高くなるので、必要に応じて設定してください。

利用頻度が少ない場合はコスパが悪い

車の利用頻度に関係なく毎月定額の費用が発生するので、利用頻度が少ない場合はコスパが悪くなります。

利用頻度が極端に少ない方は、レンタカーやカーシェアを利用する方がお得なので、利用頻度を考えてから契約しましょう。

おすすめの
カーリース会社

カーリースが向いている人とは?

向いている人とは?

利用が向いている人は以下の通りです。

カーリースが向いている人
  • 初期費用を抑えたい人
  • 車にかかる月額料金をシンプルにしたい人
  • 車へのこだわりが強くない人
  • 近距離運転の利用頻度が多い人

初期費用を抑えたい人

頭金などの初期費用がかからないので、貯金があまりない人でも利用できます。

通常車を購入する場合は、購入費用の何割かの頭金を用意して、カーローンを契約する必要があります。

初期費用を抑えて車に乗りたい方にとって最適です。

車にかかる月額料金をシンプルにしたい人

車にかかる月額料金をシンプルにしたい人にも最適です。

毎月支払う金額が一定なので、毎月の支出を管理しやすくなります。

月額料金には車両代金の他に、自動車税や保険代なども含まれていることもあり、車関係の支出をまとめて定額にできます。

車へのこだわりが強くない人

契約した車を自由に乗り換えたり、カスタマイズすることはできないので、車へのこだわりが強くない人におすすめです。

反対に頻繁に車を乗り換えたいと考えている人にはおすすめできません。

契約満了時に車を引き取ることができたり、乗り換えを選択できるサービスもあるので、車好きな方でどうしても利用したい方は、そういったサービスを検討しましょう。

近距離運転の利用頻度が多い人

解説した通り、走行距離の制限が設けられていることが多いので、長距離運転で利用したい人にはあまりおすすめできません。

走行距離の制限を高めるごとに月額費用が高くなってしまうので、近距離運転かつ利用頻度が多い人におすすめです。

利用頻度に関係なく毎月定額料金で利用できるのが大きな特徴なので、通勤や通学など近距離運転で利用頻度の多い人に最適と言えます。

おすすめのカーリース会社5選

おすすめの会社5選

おすすめのカーリース会社は次の5社です。

おすすめのカーリース会社5選
  • 定額カルモくん
  • リースナブル
  • MOTAカーリース
  • SOMPOで乗ーる
  • KINTO

定額カルモくん

1位:定額カルモくん

月額料金 12,400円~
選べるメーカー 国内全メーカー
リース期間 1~11年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 自賠責保険、各種税金、登録費用、車検代
公式HP 定額カルモくん

定額カルモくんは国内全メーカーから新車を選ぶことができ、毎月定額費用を支払うだけで好きな車に乗れるサービスです。

定額カルモくんおすすめポイント
  • 月10,000円台から好きな車に乗れる
  • メンテナンスプランで安心安全
  • 新車と中古車を両方選べる

契約期間は最長で11年間を選ぶことができ、毎月の支払い費用を月1万円台まで抑えることが可能です。

また、費用を抑えたい人向けに、新車だけでなく中古を選択することもできるので、新車にこだわらないという人におすすめです。

定額カルモくん
公式HP

リースナブル

月額料金 7000円~
選べるメーカー 国内全メーカー
リース期間 3年、5年
新車・中古車 新車
料金に含まれるもの 車両代金・税金・保険・車検代等
公式HP リースナブル

リーズナブルは驚きの1万円以下の価格で新車に乗れるサービスで、業界最安料金です。頭金がかからないことはもちろん、サービス登録料も発生しないので、月額7,000円台の価格を実現しています。

リースナブルのおすすめポイント
  • 頭金・登録料0円
  • スピード納車・メーカー保証5年付き
  • 好きなタイミングで乗り換え可能

また格安料金以外にも、スピード納車やメーカー保証が5年付く点も魅力です。

リースナブル
公式HP

MOTAカーリース

月額料金 15500円~
選べるメーカー 商用車以外の国産メーカー全車種
リース期間 3年、5年、7年、11年
新車・中古車 両方
料金に含まれるもの 車検・税金・メンテナンス費用などがすべて
公式HP MOTA定額マイカー

自動車メディアのMOTAが提供するカーリースで、契約満了時に車をそのまま所有することができます。追加費用がかかることもなく、車を所有するまで月額1万円代で利用可能です。

MOTA定額マイカーのおすすめポイント
  • 契約期間満了時に車が貰える
  • 最長で11年の契約が可能
  • 各種税金費用もコミコミ

リース期間は3年・5年・7年・11年から選ぶことができ、最長の11年で契約すれば月額費用もかなり安くできます。

月額費用には車検や税金、メンテナンス費用もコミコミで含まれていて、毎月定額で支払うだけなので家計管理が行いやすいです。

MOTAカーリース
公式HP

SOMPOで乗ーる

乗―る

月額料金 19,000円~
選べるメーカー 国産車全車種/輸入車
リース期間 3年、5年、7年
新車・中古車 新車
料金に含まれるもの 登録諸費用、自動車取得税、自動車税、重量税(車検時)、自賠責保険、任意保険任意保険
公式HP SOMPOで乗ーる

SOMPOで乗ーるは損保ジャパンとDeNAが運営しているカーリースで、新車を最短10日から乗り始めることができ、すぐにでも契約したい方におすすめです。

SOMPOで乗ーるのおすすめポイント
  • 月10,000円代から好きな車に乗れる
  • 最短10日間で納車されるスピード
  • 最短3年から契約できる

毎月定額で短期から契約することができ、契約期間は3年・5年・7年の中から選ぶことが可能です。

現在貯金がない方でも月10,000円の支払いで車に乗れるので、ライフプランを立てやすいです。

SOMPOで乗ーる以上に最速で納車されるカーリース会社はないので、すぐに車に乗りたい方は公式サイトから料金シュミレーションを行ってみてください。

SOMPOで乗ーる
公式HP

KINTO

4位:KINTO

月額料金 29,590円~
選べるメーカー トヨタ、レクサス
リース期間 トヨタ車:3年、5年、7年
レクサス車:3年
新車・中古車 新車
料金に含まれるもの 任意保険、自賠責保険、各種税金、登録費用、車検代、メンテンス代、税金
公式HP KINTO

KINTOはトヨタ車とレクサス車の車種から選ぶことができるカーリース会社で、他の会社でトヨタ車を契約するよりも安い価格で利用できるのが特徴です。

KINTOのおすすめポイント
  • トヨタ車がお得な価格で契約できる
  • 料金に保険・税金・車検・メンテナンス代が含まれる
  • 最短3年から契約可能

KINTOはトヨタ車とレクサス車に乗りたい方に最適なカーリース会社で、月額費用が他社よりも高くなりますが、料金には保険や各種税金、車検、メンテナンス代が全て含まれているので、トータルで考えるとお得に車に乗ることができます。

中古車は選ぶことができず、全て新車からになります。新車を最短3年から契約できるので、短期間だけ乗る予定がある方におすすめです。

KINTO
公式HP

まとめ

今回はカーリースをおすすめしない理由を解説し、利用が向いている人とおすすめのカーリース会社を紹介しました。

カーリースは初期費用をかけずに、豊富な車種の中から新車に乗ることができるサービスです。

契約後の変更や途中解約を行えないデメリットは確かにありますが、貯金がない方でも毎月定額料金を支払うだけで利用できるのは嬉しいサービスです。

この記事を参考にカーリースの利用を検討してみてください。