MENU

学生におすすめなマイカーローンはどれ?選び方や利用する方法を徹底解説!

このページは広告PRを含んでいます。


学生になると運転免許証を持つ人が増え始め、ドライブや旅行のためにマイカーが欲しいと思う人も増えてきます。

そんなマイカーを手に入れるためにおすすめの支払い方法がマイカーローンです。
分割で支払えるため現金一括で買う貯金がない場合でも、自分の欲しい車が手に入りやすくなります。

この記事では、学生におすすめのマイカーローンはどういったもなのか、そしてマイカーローンのメリットやデメリット、利用方法などをご紹介していきます。

学生におすすめなマイカーローンは主に2種類


学生が自分の車を購入する際におすすめのマイカーローンには、主に2つのタイプがあります。

それは、車を購入するディーラーで組むことができる「ディーラーローン」と、銀行の融資である「銀行系マイカーローン」の2つです。

それぞれの特徴を理解し適切な選択をすることで、マイカーを入手しやすくなります。

①ディーラーローンの特徴

ディーラーローンとは、車を販売しているディーラーから提供されるローンのことです。融資を行うのはディーラーが提携しているクレジット会社や信託会社等となり、金利や条件などは各ディーラーにより異なります。

ディーラーローンの大きな特徴は購入する車を担保としていることで、ローンを完済するまで車の所有権はローン会社にあることでしょう。

学生にとってのメリットは、比較的審査が緩い場合がある点でしょう。

学生でもアルバイトなどで一定以上の収入があれば、比較的容易に審査が通る可能性があります。また、車の購入と同時に契約をするためまとめて手続きでき、即日での融資も期待できます。

ただし、ディーラーローンは金利がやや高めに設定されていたり、車種によって金利が異なることがある点には注意が必要です。

②銀行系マイカーローンの特徴

銀行系マイカーローンとは、一般的な銀行や信販会社が提供する、車の購入資金を使途として融資をするローンのことです。

銀行によっては車両本体だけでなくオプション装備やガレージ新設、免許取得など車にまつわる幅広い使途に対応しているため、柔軟な使い方が可能です。

学生にとっての魅力は、比較的低い金利で借り入れができることでしょう。他のローン商品と比べて返済の負担が軽減されるため、長期的な視点で見てもコストを抑えることができます。

また、新車も中古車も、どの車種であっても同じ金利であり、購入する車が決まっていない段階でも申し込めるのが特徴です。そのため、早めに融資を受けて購入前から様々なプランを実行できるのが利点でしょう。

ただし、このような利点がある分、銀行系マイカーローンは審査が厳しいことが多くなります。特に、定期的な収入や保証人がない場合は審査に通ることが難しくなるでしょう。

フリーローンの特徴と学生が利用できない理由

車のローンのことを「カーローン」「マイカーローン」と言いますが、これに対してフリーローンは、借り入れ時に用途を限定せず自由に使うことができるものを指します。

車の購入や住宅の購入など特定の目的に資金を使わなければならない専用ローンとは異なり、さまざまな目的で資金を必要とする際に柔軟な資金調達手段となっています。

フリーローンの特徴
  • 借り入れ時の用途が制限されないため、趣味や旅行費用、生活費など自由な使い道を選択できる
  • 限度額内で借入と返済を繰り返せるカードローンと違い、フリーローンは1度の借入に対し期間内に返済する
  • フリーローンの金利は銀行系マイカーローンよりは高い傾向。低金利のものであればディーラーローンより低い場合もある

このように、場合によっては便利な使い方ができるフリーローンですが、一般的に学生はフリーローンを利用できません。

フリーローンでは利用条件として「継続した安定収入がある人」という項目を設けていますが、そこには「学生を除く」と但し書きがしてあることがほとんどです。

たとえアルバイトをしていても学生である限りフリーローンは利用できないため、ディーラーローンか銀行系マイカーローンのどちらかを検討しましょう。

人気のマイカーローンを比較する

学生がマイカーローンを利用するメリット・デメリット


学生が車を購入する際には資金面での負担が大きいことから、一括払いでなくマイカーローンを活用するケースが増えています。

しかし、マイカーローンにはそれぞれメリットとデメリットが存在します。
ここでは、学生がディーラーローンと銀行系マイカーローンを利用する際のそれぞれのメリット・デメリットを解説します。

ディーラーローンのメリット・デメリット

ディーラーローンのメリット・デメリットは以下のようになります。

ディーラーローンのメリット ディーラーローンのデメリット
  • 審査が緩い場合がある
  • 手続きがラク
  • 審査がスピーディ
  • 値引きや特典があるケースも
  • 金利が高い
  • 返済期間が短い
  • 車の所有権はローン会社
  • 車が担保設定されている

では、メリットとデメリット、それぞれを順に説明していきましょう。

ディーラーローンのメリット

ディーラーローンは車を購入するディーラー(販売店)と提携したローン会社が融資を行うため、車の購入手続きとローンの手続きを一括して行うことができます。

車が担保になっていることなどもあり、審査がやや緩いことは学生にとっても大きなメリットでしょう。

また審査もスピーディで、他の銀行や信用金庫などの金融機関を訪れる必要もありません。ディーラーが必要な書類を用意し審査や契約手続きをサポートしてくれるため、学生でも比較的スムーズに融資を受けられるでしょう。

さらに、ディーラーにとっては車の購入とローンをセットで売るのが望ましいため、ローンを組めば値引きがあったりキャンペーン特典を用意している店舗も多くあります。

ディーラーローンのデメリット

ディーラーローンのデメリットとしては、まず金利が高めであることが挙げられます。あわせて返済期間も短めとなっているため、結果として月々の返済額が高くなりがちです。返済プランにおいても、繰上げ返済に対応していないケース等もあるため注意が必要でしょう。

またローンの返済が終了するまで車の所有権がローン会社となる点も覚えておかなければなりません。これは、車を購入したもののローンを完済するまでは車を自由に売却・譲渡できないことを意味します。

さらに、ディーラーローンでは車自体が担保となります。そのためもし返済が滞るなどの問題が生じた場合、ローン会社に車を担保として差し押さえられてしまうこともあります。このような状況に陥ると車を失う可能性もあるため、事前によく返済計画を練っておくのがおすすめです。

銀行系マイカーローンのメリット・デメリット

銀行系マイカーローンのメリット・デメリットは以下のようになります。

銀行系マイカーローンのメリット 銀行系マイカーローンのデメリット
  • 金利が低い
  • 審査に時間がかかる
  • 用途が幅広い
  • 車種が決まる前でも申込みできる
  • 車の所有権は自分
  • 審査がやや厳しい
  • 返済期間が短い
  • 申込みに手間がかかる

では、メリットとデメリット、それぞれを順に説明していきましょう。

銀行系マイカーローンのメリット

銀行系マイカーローンの最も大きなメリットは、金利が低いということです。返済期間も最長10年など長めに設定されているため月々の返済額を抑えることができ、返済計画が立てやすいため学生に最適のローンと言えるでしょう。

加えて、車両本体だけでなく装備や免許取得など幅広い用途に使えることが多く、免許取得とマイカー購入を計画する学生にも向いています。また購入する車種が決定していなくとも車選びの段階から申し込めるので、仮審査の結果などを考慮しながらゆっくり検討できるのも嬉しいポイントです。

なお銀行系マイカーローンでは返済が終わるまでの間、車はローン契約者の所有物として扱われます。これにより、車を自由にカスタマイズしたり、売却・譲渡することも可能です。

銀行系マイカーローンのデメリット

銀行系マイカーローンは金利が安いですが、そのぶん審査はやや厳しめの傾向にあります。

特に学生の場合はまだ自分名義でのクレジット返済や家賃支払いなどを行っていないことも多く、金融についての判断材料が少ないため、社会人に比べて審査のハードルが高くなってしまいます。

また審査結果が出るまでに数日から数週間かかることもデメリットとなります。さらに銀行選びや口座開設などの手続きもありますので、余裕を持って計画するのがいいでしょう。

学生が自分に合うマイカーローンの選ぶコツ


ここまで学生におすすめのマイカーローンとして「ディーラーローン」と「銀行系マイカーローン」を紹介してきました。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、「自分にはどちらが合うのだろう?」と迷うこともあるでしょう。

そこで、自分に合うマイカーローンの選ぶコツを以下でご紹介します。

ディーラーローンがおすすめな学生の特徴

ディーラーローンを選んだ方がよい学生
  • 審査に自信がない学生
  • すぐに車が必要な学生

ディーラーローンは車を担保にしていることもあって、審査が比較的緩いと言われています。そのため、審査に自信がない、保証人を立てるのが難しいという学生でも融資を受けられる可能性があります。

また、車の購入と同時に申し込めるので別の金融機関をまわる手間もなく、スピーディにローンを組めるのが特徴です。時間をかけず、すぐに車が必要という場合はスピーディなディーラーローンを選ぶのがいいでしょう。

銀行系マイカーローンがおすすめな学生の特徴

銀行系マイカーローンを選んだ方がよい学生
  • 低い金利で返済額を抑えたい学生
  • 収入や保証人の条件を満たせる学生
  • 車の購入まで時間の余裕がある学生

銀行系マイカーローンは一般的に低い金利が設定され、また長期の返済期間が設けられている場合が多いため、月々の返済額をなるべく抑えて長期的に返済したい学生に適しています。

ただ、金利が低い分だけ審査も厳しいものになるため、収入や保証人、信用情報などの条件を満たしている必要があります。これらの条件をクリアしている学生であれば、銀行系マイカーローンがおすすめです。

さらに、自分に合った銀行を比較検討したり、仮審査と本審査をクリアしたりといった時間的余裕があればなお良いでしょう。

人気のマイカーローンを比較する

学生がマイカーローンを利用する方法


学生がマイカーローンを利用する場合、いくつかのポイントを押さえることが重要です。

安定した収入の確保や法定代理人の同意、保証人を立てるなど、慎重に準備を進めることで、スムーズな融資手続きを行うことができます。

以下では、学生がマイカーローンを利用するための具体的な方法を解説します。

安定した収入を得る

マイカーローンの審査で最も大切なことは、月々の安定した返済能力です。
社会人がマイカーローンを利用する場合でも同様のことが言えます。

アルバイトやパートタイムの仕事など確実な収入源があれば返済能力を示すことができますが、ポイントは収入の高さではなく、安定性です。

いくら収入が高くても、季節性のアルバイトや収入の不安定な出来高制の仕事など、月によって収入の変動が大きい場合は「安定収入がある」と見なされません。

多少時給が低かったとしても、毎月安定した収入を長く得ていることが審査でのポイントとなります。

未成年の場合は法定代理人の同意を得る

未成年の学生がマイカーローンを利用する際には、法定代理人(親権者や後見人)の同意が必要となります。

未成年の学生は法的に契約が成立しないため、自己のみで契約することはできません。そのため法定代理人の同意を得ることで正式な契約が成立し、融資を受けることが可能となります。

なお、2022年4月から民法が改正され、成年年齢が20歳から18歳へ引き下げられています。そのため「未成年=17歳以下」ということになりますが、各ローンの規定では成年・未成年に関わらず利用者の条件を「満20歳以上」と定めている場合があります。

19歳以下の学生の場合は、事前に各ローンの年齢条件をよく確認するのが良いでしょう。

保証会社を利用する

学生の場合はまだ経済活動をしていないため信用力が不足していることが多く、保証人をつけられなければローン審査に通過するのが難しいことがあります。

そのような場合には、保証人の代わりに保証会社を利用することで審査の通過率を高めることができます。

保証会社とはいわゆる連帯保証人と同じ役割をしてくれる会社のことで、ローン返済が滞った時に保証会社が代わりにローン代金を立て替え払いしてくれます。

ただし、保証会社を利用するには保証料がかかるほか、そもそも学生では利用できない保証会社もあるため、家族や親族に連帯保証人を頼む方が良い場合もあります。

連帯保証人をたてる

学生がマイカーローンを利用する際にはどうしても信用力や収入が不十分となりますが、そんな時は連帯保証人を立てることが有効です。

連帯保証人は何かあった際に学生の代わりにローン代金を支払うことになるため、金融機関としては安心して融資をすることができるわけです。そのため、信頼性の高い家族や親族を連帯保証人として立てられることが理想的です。

連帯保証人を立てることで学生の審査通過率が向上し、融資を受けやすくなります。

信用情報に傷をつけない

信用情報というのは金融に関する個人情報のことで、これまでの支払いの遅延や滞納、債務整理などが記録されたものです。

ローン審査ではこの信用情報が照会され、その人の返済能力に問題がないかどうかの目安とされますが、自己破産などいわゆる「ブラックリスト入り」している人物だとわかれば審査に通ることは困難となります。

学生の場合はまだ信用情報の記録が少ない状態となりますが、だからこそ、携帯電話の支払いの遅延や家賃滞納などには気をつけなくてはなりません。

マイカーローンを申し込みたい場合は、信用情報に傷をつけないことを意識して生活しましょう。

可能な限り頭金を用意する

学生がマイカーローンを利用する際には、可能な限り頭金を用意することがおすすめです。

頭金を支払うことで借入金の額を減らすことができ、結果として月々の返済額を抑えることができます。借入金が少なければにローンの金利も少なくて済むため、トータルでの返済額を減らせるのです。

そのため、事前に車の購入資金をできる限り準備し、頭金を支払うことを検討しましょう。

借入額を少なくする

上述のように、学生が無理のない借入計画を立てるためには、そもそもの借入額をできる限り少なくすることが重要です。

必要な車の機能やオプションを見直し、無駄な費用を省くことで借入額を抑えることができます。

車の選択においては予算や目的を明確にし、無駄なコストを避けることが円滑なローン返済のコツとなります。

マイカーローンを利用して学生でも車を所有しよう!


今回は、学生におすすめの2種類のマイカーローンとそのメリットやデメリット、利用方法などをご紹介しました。

「ディーラーローン」と「銀行系マイカーローン」の2種類がありますが、低金利で返済がしやすいのは銀行系マイカーローンとなります。

そんな銀行系マイカーローンの中でもなるべく低金利のローンを選べば、さらにスムーズにマイカーを持つことができます。

下記の記事で金利の低いマイカーローンを探すことができますので、ぜひ記事を参考に、無理なく利用できるマイカーローンを見つけてみてください。

↓ ↓ ↓
【最新】おすすめのマイカーローン低金利ランキング!各社の特徴を徹底比較!