MENU

カーローンの返済期間は何年がおすすめ?シミュレーションでお得な期間を知ろう!

2022.04.20


車を購入するときにはカーローンを使用して購入するのも一つの選択肢となっています。
カーローンの利用にはローン期間や金利などさまざまな条件があり、ローンを利用する場所によって内容が大きく異なるのです。

「何年でカーローンを組むといい?」や「カーローンのおすすめは何年?」などローンに対しての疑問を多く抱えている人も多いのではないでしょうか?
本記事ではカーローンのおすすめ返済期間や、ローン期間の設定する基準などを詳しく解説します。
「カーローンを利用するか迷っている」という方は参考になる内容となっておりますのでぜひ最後までご覧ください。

カーローンの返済期間は何年がおすすめ?


カーローンの一般的な返済期間は3年~10年でカーローンを利用する方が多いですが、その中で何年の返済期間を選択する事が1番おすすめなのでしょうか?
返済期間の選択には車の買い替えサイクルと月々の支払金額を含めて選択する必要があります。
さらには今後のライフイベントなども含め返済期間を決める事が重要です。
以下で詳しく説明します。

おすすめの返済期間は5年

カーローンでおすすめの返済期間は5年と言えます。
一般的にカーローンを利用する目的は、車の購入をすることなので新しい車を購入するときにまでにはカーローンを全額返済しておく必要があります。
車の買い替えサイクルは2回目の車検のタイミングの5年~6年が多く、5年でローンを支払い終えておくことで次の買い替えもスムーズに行うことができるのです。

5年でカーローンを組むことで月々の支払金額を抑えることもできるため、買い替えサイクルと支払金額の中間がちょうど5年の期間と言えます。
何年でカーローンを利用するか迷っている方は一度5年で月々の返済額をシミュレーションしてみましょう!

一般的な返済期間は3〜10年

カーローンを利用するにあたり、一般的な返済期間は3年~10年の間で選択されます。
車の買い替えは車検のタイミングで行われることが多いため、「3年」「5年」「7年」「9年」のいずれかで返済期間の設定をされる場合が多いです。
返済期間を短くすることで早くローンが終わるメリットはありますが、月々の返済額は上がってしまいます。

一方で返済期間を長くすることで、月々の返済額は少なくなりますがローン完済まで時間がかかってしまいます。
車も年数が経過することで故障やトラブルなどが発生しやすくなりますので、返済期間が長いと「ローン返済中なのに買い替えを検討しなくてはいけない」ということも起こり得るでしょう。
月々の返済額が少ないと生活はしやすいですが、その他トラブルや次の買い替えに悪影響が出る可能性もありますので、返済期間と支払金額のバランスをよく検討する必要があります。

カーローンの返済最長期間は何年?


カーローンの返済最長期間は金融機関やディーラーなどローンを利用する会社ごとで異なりますが、15年が最長期間です。

カーローンの種類
  • 銀行系カーローン
  • ディーラー系カーローン

以上2種類のカーローンでも返済期間や特徴が異なります。
カーローンを最長で組むメリットやデメリットもあるので以下で詳しく解説します。

銀行系カーローンの場合

銀行系カーローンの場合は最長7年~10年でローンを組むことができます。
利用する銀行によって最長期間は変動するので一度確認が必要です。
銀行でカーローンを利用する場合は、返済期間を長期化させることは可能ですがその分審査も厳しくなります。

返済期間を長くしたい方は銀行でローンを組む必要がありますが、条件として審査をクリアする必要があるのです。
審査基準をクリアしているかの返答もおよそ1週間ほどかかるため時間に余裕を持って動かなければなりません。
銀行系カーローンを利用を検討している方は、まず審査をクリアできるか仮審査を行ってみましょう。

ディーラー系カーローンの場合

ディーラー系カーローンの場合は6年~8年が最長でローンを組める期間です。
カーローンを利用するにはディーラーでも審査が必要ですが、銀行系カーローンよりも審査は厳しくありません。
審査は厳しくありませんが、カーローンを組める最長期間は6年~8年と銀行系カーローンと比べて短い返済期間となります。

ディーラー系カーローンは審査基準をクリアしているかの返答も早く、1時間後には審査の返答をもらうことができるのです。
車を選んでいる間にカーローン審査ができるので、時間や手間をかけることなくカーローンが利用できるか審査できます。

カーローンを最長期間で組むメリット

カーローンで最長期間で組むメリットは支払回数を多くするため、月々の支払金額を抑えることができることです。
月々の支払金額を抑えられることで、車を購入しても生活を圧迫することなく過ごすことができます。

毎月のランニングコストが多くかからない分、使わなかったお金を繰り上げ返済分などで貯蓄しておくこともできるでしょう。
「毎月の生活を圧迫したくない」という方は、最長期間でカーローンを組み繰り上げ返済を見越した貯蓄などすることで余裕を持った生活をしながら新しい車に乗ることが可能です。

カーローンを最長期間で組むデメリット

カーローンを最長期間で組むデメリットは、ローンを利用する場合には金利が発生するため支払総額が増えることです。
最長期間にすることで月々の支払額は安くなるので、生活はしやすいですが短期間でのローンと比べると支払総額の差が数万円になることもあります。

年数が経過すると車にもトラブルが発生しやすくなるので、ローンの支払いが終わっていないのに次の車両を購入しなければならないなんてことも考えられるのです。
車両2台分のローンを支払わなければならなくなり、より生活を圧迫させてしまう可能性もでてきます。
カーローンを最長期間で組むのは、今後のライフスタイルなども考えて選択する必要があるでしょう。

カーローンを何年で組むかを決定する基準


カーローンを何年で組むかを選択する基準は以下の5つです。

カーローンの支払期間の選択基準
  • 車の買い替え時期で決める
  • 月々の支払い額で決める
  • 先々の収入と支出を見越して決める
  • 繰り上げ返済の可能性があるかどうかで決める
  • 最終的にかかる総額で決める

カーローンを利用する上で、何年でローンを利用するかはとても重要です。
1つずつ詳しく解説してきます。

車の買い替え時期で決める

カーローンを何年で利用するかを車の買い替え時期に合わせて決める方法です。
車を購入するためにカーローンを利用するので、買い替えが5年後であればカーローンは5年組むことになります。

ローンが終わるタイミングで次の新しい車に乗ることができるので二重ローンにならずに済むのです。
「車を何年乗るか明確に決めれる」という人に向いているローン年数の選択方法となります。

月々の支払い額で決める

カーローンを何年で利用するかを月々の支払い額で決める方法です。
例えば月々の支払いを3万円に抑えたいなど、支払える金額から逆算して支払回数を決めます。
支払える金額から逆算するので、無理のない返済計画を立てることができるのです。

月々の支払いを余裕をもった計画にすることで、急な出費があってもすぐに対応することもできます。
「普段の生活も余裕を持って過ごしたい」という方向けの、選択方法でしょう。

先々の収入と支出を見越して決める

カーローンを何年で利用するかを先々の収入と支出を見越して決める方法です。
例えば数年後にマイホームを建てるや、数年後には家族は増えるなど人生における大きなイベントなども踏まえてローンの支払回数を決めます。
さらには家族の経済状況が変わる可能性も考慮しておくといいでしょう。

ステップアップし昇給する予定など、これから起こり得ることを予想しておくことで返済回数を決めることも可能です。
先々のことは予想しにくいので余裕を持った計画を立てる必要があります。

繰上返済の可能性があるかどうかで決める

カーローンを何年で利用するかを繰り上げ返済の可能性があるかどうかで決める方法です。
繰り上げ返済も考えているようであれば、余裕を持った返済計画でローン回数を選択する必要があります。

毎月の返済金額を少額で済むようにしておき、まとまったお金ができた時点で残債分を全て返済するのです。
残債分には金利がかからないので、元金のみの用意で済みます。
繰り上げ返済も考えているようであれば、毎月の返済額は少額で設定すると生活しやすくなります。

最終的にかかる総額で決める

カーローンを何年で利用するかを最終的にかかる総額で決める方法です。
金利と支払回数によって利子が変わってきます。
一括で支払うことができれば利子を払う必要はないので、利子はできるだけ少ない方がいいでしょう。

車両代金と利子の合計金額での予算を明確にしておくことでできるだけ無駄な支払いをする必要がなくなります。
カーローンを組むにしてもできるだけ支払総額を抑えたい人は最終的な予算を明確にしておきましょう。

カーローンを何年で組むかを決定する際の注意点


カーローンを何年で組むかを決定する際の注意点は以下の4つです。

カーローンの支払期間の注意点
  • 契約後に返済期間の変更はできない
  • 繰上返済は基本的に全額一括返済のみ
  • 契約中に車を売る場合、残債の一括返済が必要
  • 長期ローンは負担が大きいことを理解する

カーローンを組んでからでは変更できないことや、車を買い換えようとしたときに不都合になることもあります。
そのためカーローンに関して程度の理解をしておく必要がありますので一つずつ解説していきます。

契約後に返済期間の変更はできない

カーローン契約後に返済期間の変更はできないので注意が必要です。
月々の支払いが始まると思ったより返済金額が多く生活を圧迫することになり返済期間を変更したいと思うこともあるでしょう。

しかし、一度決めた返済期間の変更は原則認められません。
カーローンを契約するときには返済期間を変更することができないことを鑑みて返済期間を決める必要があります。

繰上返済は基本的に全額一括返済のみ

カーローンの繰上返済は基本的に全額一括返済のみとなります。
まとまった現金を用意できたから残債の数万円のみを繰上返済することができません。

残債が100万円なのであれば、繰上返済する場合100万円全額を繰上返済する必要があります。
繰上返済をする可能性がある場合は以上のことを注意しましょう。

契約中に車を売る場合、残債の一括返済が必要

カーローン契約中に車を売却する場合、残債の一括返済が必要になります。
車の名義を変更するためには、ローン会社の完済証明書が必要でローンが支払いが完済しないと発行できません。

そのため車のローンを返済中は名義を変更することができないことから、残債の一括返済しなければいけないのです。
カーローンを組む場合は売却のことまで考えてローン期間を選択する必要があります。

長期ローンは負担が大きいことを理解する

カーローンで車を購入する場合、長期ローンは購入者の負担が大きいことを理解しましょう。
長期ローンを組むことで月々の支払額が減るので一見負担は軽くなっていると思いますが、これは間違いなので注意してください。

支払回数が増えているということは月々の支払額が減っていると同時に、利子を多く支払う必要がでてきます。
そのため、支払い総額を見てみると短期ローンと比べると支払いの差額が数万円となることもあるのです。

カーローンを何年で組むかをシミュレーションしてみよう!


カーローンを組む場合、気になるのは「月々の支払額」「支払い総額」「利子総額」です。
三菱UFJ銀行でローンを組む場合のシミュレーションを以下で行います。
借入金額が「100万」「200万」「300万」の場合の金額をシミュレーションするので参考にしてください。

カーローンを3年で組む場合

・条件:金利2.975% ボーナス払いなし

月々の支払額 支払い総額 利子総額
借入金額100万円 29,500円 1,046,500円 46,500円
借入金額200万円 58,100円 2,093,000円 93,000円
借入金額300万円 87,200円 3,139,500円 139,500円

カーローンを5年で組む場合

・条件:金利2.975% ボーナス払いなし

月々の支払額 支払い総額 利子総額
借入金額100万円 17,900円 1,077,500円 77,500円
借入金額200万円 35,900円 2,155,000円 155,000円
借入金額300万円 53,800円 3,232,500円 232,500円

カーローンを10年で組む場合

・条件:金利2.975% ボーナス払いなし

月々の支払額 支払い総額 利子総額
借入金額100万円 9,600円 1,157,300円 157,300円
借入金額200万円 19,200円 2,314,600円 314,600円
借入金額300万円 28,900円 3,471,900円 471,900円

カーローン会社を比較して、何年で組むかを検討しよう!


車を購入する上で購入方法として欠かせないのがカーローンです。
カーローンを利用することでまとまった現金が用意できなくても車を購入することができる便利な支払い方法でしょう。

しかし、ローンの金利や支払い期間などはカーローン会社によって大きく異なります。
さまざまな特典を用意しているローン会社もあるでしょう。
車を購入するときには、銀行系カーローンやディーラー系カーローンの内容を比較しライフスタイルに合わせたローン期間を選択しましょう!

カーローンをの利用で損をしないためにも、下記記事をカーローン会社選びの参考にしてください。
↓↓↓
【最新】おすすめのマイカーローン格安金利ランキング!各社の特徴を徹底比較!

カーローンに関する記事をもっと見る