MENU

カーローンの仮審査とは?本審査との違い・申し込みの流れについて

2021.11.27

 

カーローンの仮審査と本審査の違いは?

カーローンの審査には、「本審査」と「仮審査」の2種類があります。初めて自動車を購入される方は、カーローンの審査が通るか不安になることもあるでしょう。

カーローンの審査に対して何らかの不安がある場合は、事前に仮審査を受けることをおすすめします。仮審査は、カーローンの本審査の簡易版です。

もしも、カーローンの本審査が通らなかった場合は、別の返済方法を検討しなければいけません。最悪の場合、自動車の購入ができない事態に発展します。

このような事態を避けるためにも、事前に仮審査を受けることのメリットは多いと言えます。それでは、カーローンの審査について詳しく解説していきます。

おすすめカーローン
5社をご紹介!

カーローンの仮審査とは?

カーローンの仮審査とは、本審査よりも先に行う簡易的な審査です。簡易的な審査ではありますが、本審査と同様の項目がチェックされます。

ただし、あくまで仮審査なので、仮審査を通過したからと言って必ず本審査に通る訳ではないことを覚えておきましょう。

仮審査でも、CIC(指定信用情報機関)やJICC(日本信用情報機構)に個人情報の照会を行う場合があります。そのため、他社から借入をしている場合に虚偽の申請を行っても、個人情報の照会が行われ金融機関側で借入状況を把握できます。

虚偽の申請で仮審査を通過しても、本審査では必ず個人情報の照会が行われるので、絶対に嘘の情報を申請することはやめましょう。

仮審査でチェックされる主な項目は以下の通りです。

仮審査のチェック項目
  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 家族構成
  • 勤務先情報
  • 年収
  • 借入目的
  • 借入希望金額
  • 現在の借入金額

カーローンの本審査とは?

カーローンの本審査では、事前に行った仮審査よりも細かく信用情報を基に返済能力があるかを判断します。この本審査に通過しないと、カーローンを組むことはできません。

本審査はCIC(指定信用情報機関)やJICC(日本信用情報機構)などの信用情報機関に登録されている個人情報の照会を必ず行います。

この個人情報には、クレジットカードなどの支払い記録が記録されており、自己破産などの金融事故や少額の遅延までおよそ5年から10年分の支払い情報が記録されています。

過去に大きな金融事故や支払いの遅延・滞納を繰り返している場合は、ローンの審査はほぼ通らないです。本審査の期間は仮審査よりも長く、およそ1週間から2週間程度の時間を要します。

カーローンで仮審査を行うメリット

カーローンの仮審査は必須ではありません。しかし、事前に仮審査を行うことで、借入金額の目安やもしも借入ができなかった場合に別の返済方法の準備することができます。

また、仮審査は借入を検討している金融機関のWebサイトで情報を入力することで完了します。結果もメールなどで通知されるため、忙しい方でも簡単に仮審査が行えて便利です。

それでは、カーローンの仮審査を行うメリットを解説します。

本審査への不安が解消される

カーローンの仮審査でも、本審査と同様に様々な項目をチェックして返済能力の有無を判断します。そのため、仮審査に通過すると本審査での通過率も上がるでしょう。

ただし、その逆で仮審査が受からない場合は、本審査を通過することはできない可能性が高いです。また、仮審査を通過したからと言って必ず本審査に通る訳ではないことも覚えておきましょう。

初めて自動車を購入する場合は、ローンが通るか不安になる方も多いと思うので事前に仮審査を受けることをおすすめします。

信用情報に記憶される心配がない

仮に本審査が通過しなかった場合は、信用情報に追記されます。また、短期間に複数のローン審査を申し込むと、審査機関に金銭面の余裕がないと判断されローンに通りにくくなる悪影響があります。

一方で、仮審査はあくまでローン会社内での審査のため、審査に通らなくても信用情報に傷がつきません。複数の金融機関に仮審査を申し込んでも今後のローン審査に影響がなく、簡単にカーローンの申し込みができるかを確認できます。

借入可能額が把握できる

仮審査では本審査と同様の項目がチェックされ、返済能力の有無を判断されます。そのため、仮審査で通過した借入可能金額と購入を検討している自動車の金額が見合っているのかを判断できます。

借入限度額は金融機関によって異なりますが、勤務先・勤続年数・勤務形態・年収などで判断され年収の30%前後の場合が多いです。

仮審査の結果次第で頭金の金額やローンの回数を見直すことができるでしょう。

審査時間が短い

仮審査は結果が出る時間が早いです。本審査はおよそ1週間から2週間程度の時間を要します。

一方で、通常3日から7日ほど仮審査はで審査結果の連絡があります。既に購入する自動車が決まっていて、すぐにでもローンを申し込みたい方やローン選びに迷っている方は仮審査を上手に活用しましょう。

カーローンの仮審査で注意するポイント

ここでは、マイカーローンの仮審査で注意するポイントを解説します。仮審査は本審査を簡易化したものですが、本審査と同様の項目をチェックします。

そのため、仮審査が通らない場合は、本審査も通過できない可能性が高いです。仮審査を通過したら必ず本審査が通る訳ではありませんが、まずは仮審査の通過を目指しましょう。

誤りのない情報を申請

本審査でも言えることですが、申請時に登録する個人情報は必ず間違いのない情報を入力しましょう。仮審査で誤った情報を入力して通過しても、本審査は受からない可能性があります。

正確な個人情報を入力しないと、実際の借入限度額が正確に把握できないことがあるので注意しましょう。

あくまで仮審査ということを理解

仮審査はあくまでローンを申し込んだ金融機関内での審査です。そのため、仮審査を通過したから必ず本審査が通る訳ではないことを覚えておきましょう。

仮審査と本審査で異なる点は、CIC(指定信用情報機関)やJICC(日本信用情報機構)に個人情報の照会を行う点です。仮審査が通っても本審査が通らない可能性がある理由は、これらの信用情報機関に個人情報の開示請求を行うためです。

複数社同時申請も可能

通常、複数の金融機関にローンの審査を申し込むと、金銭面の余裕がないと判断されローンの審査が通りにくくなる悪影響があります。しかし、仮審査ではCIC(指定信用情報機関)やJICC(日本信用情報機構)に個人情報の開示請求を行わず、金融期間内のみで審査を行います。

そのため、通常のローンの審査に落ちてしまうと信用情報に追記されますが、仮審査に落ちたとしても今後のローン審査に悪影響はありません。複数の仮審査を申し込んで、どの金融機関のローンが自身に最も適しているかを確認しましょう。

カーローンの審査内容と申込の流れ

続いて、カーローンの審査内容と申込の流れを解説します。カーローンの審査は、金融機関・仮審査・本審査でチェックする項目が異なります。

審査内容や必要な書類を事前に把握して、審査をスムーズに進めましょう。

仮審査の審査内容

仮審査でも本審査と同様の項目をチェックします。本審査と比較して短時間で審査結果を知ることができ、目安となる借入限度額を把握することができます。

また、仮審査は借入を検討している金融機関のWebサイトなどに情報を入力するだけです。忙しい方でも簡単に仮審査を行うことができるので、ぜひ活用しましょう。

仮審査でチェックされる主な項目は以下の通りです。

仮審査のチェック項目
  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 家族構成
  • 勤務先情報
  • 年収
  • 借入目的
  • 借入希望金額
  • 現在の借入金額

仮審査の申込の流れ

仮審査の申し込みは、金融機関のWebサイトの専用フォームから行いましょう。そこで、必要な情報を入力すると、仮審査の申し込みは完了です。

およそ3日から7日ほどで審査の結果がメールで届きます。正確な審査を行うためにも、誤りの無い情報を入力しましょう。

本審査の審査内容

審査の審査内容は、仮審査とほぼ同様の項目をチェックします。異なる点はCIC(指定信用情報機関)やJICC(日本信用情報機構)などの信用情報機関に情報開示請求を行うことです。

過去に金融事故やクレジットカードの支払いが遅延・滞納したことがある方は、本審査を通過することは難しいでしょう。本審査でチェックされる主な項目は以下の通りです。

本審査のチェック項目
  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 家族構成
  • 勤務先情報
  • 年収
  • 借入目的
  • 借入希望金額
  • 現在の借入金額

本審査の申込の流れ

最後に本審査の流れを解説します。本審査は仮審査と異なり、信用情報機関に情報開示請求を行う点や書類の提出がある点が異なります。

事前に本審査の流れを把握しておくと、審査の手続きをスムーズに進められるでしょう。

こちらが本審査の主な流れです。本審査では、申請の際に書類の提出が必要になります。購入する自動車の見積書、身分証明書、収入が証明できる書類が必要だと覚えておきましょう。

本審査の主な流れは以下の通りです。

 

本審査の流れ
  • 購入する自動車の見積もりをとる
  • 借入金額とローンの支払い回数を決める
  • ローンの仮審査を行う
  • ローンの本審査を行う
  • ローンの審査に通ると口座にお金が振り込まれるので自動車の購入代金を支払う

おすすめカーローン5社をご紹介!

それでは、おすすめのカーローン5社をご紹介します。特に初めて自動車を購入される方は、どこのカーローンを選べば良いか不安になるでしょう。

今回紹介する5社を参考に、自身に適しているカーローンを見つけましょう。

三菱UFJ銀行「ネットDEマイカーローン」

三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」は、全ての手続きがネット上で完結します。平日が忙しくお店に来店できない方でも、簡単に審査の申し込みが可能です。

ネットDEマイカーローンはライフプランに合わせて、返済期間や月々の返済額を調整することができます。元金据え置きの期間が3年間設定されているので、初めの3年間で利息のみを返済し7年間で元金を返済するプランです。

また、ネットDEマイカーローンは対象範囲が幅広く、新車・中古車のどちらにも対応しています。

三菱UFJ銀行ネットDE
マイカーローン公式HP

りそな銀行「りそなマイカーローン」

りそな銀行の「りそなマイカーローン」は、申し込みから契約までの全てがネット上で完結します。また、りそな銀行の住宅ローンを利用している方は、年利1.9%が適用されるので、ぜひ申し込みを検討してみてください。

りそなマイカーローンは、新車・中古車・オートバイで使用可能です。さらに、購入価格以外にも、車検費用やカスタム用のパーツ費用などに充てることができます。

りそな銀行
マイカーローン公式HP

クラウドローン

クラウドローンは通常のカーローンとは形態が異なります。クラウドローンでは、サービス登録後に融資をしたい金融機関から連絡が入ります。

連絡を受けて、条件面で問題がなければ契約成立といった流れです。登録の際に希望条件を入力するので、自身の条件に合った金融機関と連絡を取り合うことができるでしょう。

また、カーローンを申し込む金融機関を探す手間が省けるので、特に忙しい方に利点が多いサービスです。

クラウドローン公式HP

横浜銀行「マイカーローン」

横浜銀行の「マイカーローン」は、購入する車種が中古車・新車共に金利が同一です。また、他の金融機関から借り換えでも金利は変動しません。

仮審査結果は最短で翌日に回答が出るので、忙しく時間がない方や急いでカーローンを決めなければならない方におすすめです。

横浜銀行
マイカーローン公式HP

JAバンク「マイカーローン」

JAバンクの「マイカーローン」は、JA(日本農業協同組合)が提供しているマイカーローンです。JAバンクのマイカーローンは、基本的にJAの組合員しか利用できません。

また、マイカーローンを申し込む地域によって金利が異なるので、お住まいの地域の金利を事前に確認するようにしましょう。

カーローンの仮審査を利用して、スムーズに本審査を通そう!

カーローンを申し込む際は、審査に通るのか不安になることもあるでしょう。そこで、本審査の前に仮審査を行うことで、簡単に借入限度額やローンの審査に通るのかを把握することができます。

また、カーローンの審査によってチェック項目や書類の提出が必要です。実際に審査を申し込む直前になって慌てることがないよう、事前に準備をしておきましょう。

仮審査を上手に活用してスムーズに本審査を通過できるよう、今回の記事をぜひ参考にしてみてください。