MENU

【徹底検証】マイカーローンの”審査落ち”を防ぐ重要ポイント大研究!

2020.12.11

自動車を購入するために利用する「自動車ローン(マイカーローン)」。審査に出してみたけど、通らなかった方も多いのではないでしょうか。

あなたが審査に通らない理由、それはいろいろな状況が重なって審査落ちしている可能性があります。

この記事では、自動車ローン(マイカーローン)審査に通るためのチェックポイントをご紹介するとともに、本審査前にやるべきことを詳しくご紹介します。

現在の状況を確認し、事前にやるべきことを行えばローンを通りやすくなるため、ぜひ参考にしていただければと思います。

自動車ローン(マイカーローン)とは?

新車・中古車問わず自動車を購入する場合、多くの資金を用意する必要がありますよね。

しかし、「大金を用意するのが難しい」「貯金を一気に使用するのはなにかあったときに不安」などの理由から、自動車を購入するのにためらうことはありませんか?

そんなときに利用してほしいのが「自動車ローン(マイカーローン)」です。

自動車ローンを利用することで、資金を用意する手間を省け、貯金をたくさん使用することなく自動車を購入することができます。

自動車ローン(マイカーローン)は、大きく分けて2つあります。

代表的な2つの自動車ローン(マイカーローン)
  • 銀行系自動車ローン
  • ディーラー系自動車ローン

順番にご紹介していきます。

 

おすすめ自動車ローン
3社をご紹介

銀行系自動車ローン(マイカーローン)

一つ目にご紹介するのは、「銀行系自動車ローン(マイカーローン)」です。

銀行系と一言でいっても、メガバンクから地方銀行まで種類はさまざま。扱っている自動車ローンも銀行によって特徴が異なります。

主な銀行系自動車ローン会社とは?
  • メガバンク(三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行など)
  • 地方銀行
  • 信用組合
  • 信用金庫
  • JAバンク
  • 労働金庫

メガバンクをはじめ、各地方銀行などでも自動車ローンサービスを提供しています。

銀行系自動車ローン(マイカーローン)のメリット・デメリットについて少し解説しておきますね。

メリット
  • 金利が低く設定されている
  • 各銀行が独自商品を取り扱っている(選択肢が多い)
  • 口座を持っていると金利が優遇されることもある
デメリット
  • 審査が厳しい
  • 審査に時間がかかる
  • 窓口行かなければならないこともある(手間がかかる)

金利が低いため、ローンが組めれば毎月負担する金額が軽くなることはメリット。しかし、銀行系自動車ローン(マイカーローン)は、年収チェックはもちろん勤続年数なども厳しくチェックされます。

また、審査には時間がかかることでも有名。商品内容によっては、支店の窓口まで行って手続きを行わなければならないこともあります。

そのため、銀行系自動車ローン(マイカーローン)の利用を考えている方は、余裕を持って審査を行うことをおすすめします。

 

おすすめ自動車ローン
3社をご紹介

ディーラー系自動車ローン(マイカーローン)

二つ目は、「ディーラー系自動車ローン」です。

ディーラー系自動車ローン(マイカーローン)は、自動車販売店で購入手続き中に契約てきるところがメリット。

銀行系自動車ローン(マイカーローン)と違い、審査も厳しくなくスピーディーの手続きが行われるため利用者に負担はかかりません。

ディーラー系自動車ローン(マイカーローン)のメリット・デメリットも見ていきましょう。

メリット
  • 自動車販売店で契約できる
  • 審査が厳しくなくスピーディー
  • 条件次第で金利や購入金額の値引きが可能
デメリット
  • 金利が高い
  • 返済時の負担が大きい
  • 自動車の所有権は返済が終わるまでディーラーになる

メリットがある反面、やはりデメリットもあります。

銀行系自動車ローン(マイカーローン)に比べると、金利が高く返済時の負担は大きくなるのが特徴。

また、自動車ローンを完済するまで自動車の所有者は「ディーラー」が持つことになります。

どちらの自動車ローン(マイカーローン)を選ぶにしても、メリット・デメリットがありますので状況に応じて選択するようにしましょう。

おすすめ自動車ローン
3社をご紹介

自動車ローン審査で見られる3つのチェックポイント!

自動車ローン(マイカーローン)を借入れする場合、審査の際に見られるチェックポイントはどのようなところになるのでしょうか。

ここでは、3つのチェックポイントをご紹介します。

3つのチェックポイント
  • 過去の返済状況や、ローンの申し込み回数
  • 自社・他社を含めた総借入残高
  • 本人属性

過去の返済状況や、ローンの申し込み回数

自動車ローン審査一つ目のチェックポイントは、「過去の返済状況とローンの申し込み回数」です。

ローンを組む際に、個人信用情報機関の登録情報をチェックします。信用情報とは「ローン」や「クレジット」の契約内容のこと。

信用情報をチェックするということは、過去にローン返済が遅れているトラブルであったり、ローンの申し込み回数をチェックされます。

ローン返済に早い遅いは関係なく、短期的に支払いが遅れた場合でも「信用情報」にキズがついてしまいます。

意外と気を付けなければいけないのが、携帯電話の端末料金の分割払いです。CIC(シー・アイ・シー)と呼ばれる信用調査機関に分割払いの履歴が登録されるケースが多く、もし携帯電話の端末代金で遅延があった場合は、影響が出る恐れがあります。

何にせよ、自動車ローン(マイカーローン)をスムーズに組むためには、信用情報にキズをつけないよう注意が必要です。

 

おすすめ自動車ローン
3社をご紹介

自社・他社を含めた総借入残高

自動車ローン(マイカーローン)の場合、自社だけに限らず他社から借りている借入金のトータルで計算されます。

自動車ローン(マイカーローン)の申請をする前に、以下の債務状況をチェックしてみてください。

あなたも当てはまるかも?債務条件の対象となるもの
  • 消費者金融からの借入れ
  • 住宅ローン
  • 携帯電話のローン
  • クレジットカードのリボ払い

上記であげたものはあくまでも一例になりますが、どれか1つくらいは当てはまるという方は少なくないのではないでしょうか。

携帯電話のローン(分割払い)くらいであれば借入残高としての影響はそこまで大きくないかもしれませんが、住宅ローンであれば金額が大きくなるため審査に関係してくる可能性があります。

このように、自動車ローン(マイカーローン)に申し込む際「他に自動車ローンを組んでないから大丈夫」というわけではなく、その方の借入状況全般が影響してきます。

他の借入残高を確認しておくことと、可能であれば債務条件をクリア(少なくしておく)できるように心がけておくと、審査に通りやすくなるでしょう。

本人属性

チェックポイントの最後は、「本人属性」です。

本人属性とは、年齢や家族構成、職業(勤務先・勤続年数・年収)などのこと。申込み時に記入した情報を元に、ローン会社が判断します。

正しい情報かどうか確認のため、勤務先に連絡が入り「在籍の有無」や「勤続年数」などの確認をされることもあります。

その他に、仕事をしていない人や、個人事業主(フリーランス)は収入状況の確認を細かくされるケースがあります。

上記の内容も大切ですが、なかでも本人属性で重要なポイントは「返済比率」がどうなるのか?というところ。

返済比率とは?
  • 年収に占める年間返済額の割合のこと

返済比率は単純に計算することはできません。他のローンとの合算・返済期間で決まるためです。

ただ、ひとつの目安としては、他のローンが一切ない状態であれば、年収の約半分ほどであれば自動車ローン(マイカーローン)は組めるでしょう。

おすすめ自動車ローン
3社をご紹介

自動車ローン審査前にしておきたいこと

審査のときにチェックされるポイントが分かったところで、実際に自動車ローン(マイカーローン)を審査してもらう前にしておきたい項目を確認していきましょう。

自動車ローン審査前にしておきたいこと6つのこと
  • 本審査に前に仮審査を受けてみよう!
  • 頭金を用意しよう!
  • 他のローンの返済を済ませよう!
  • 保証人を見つけよう!
  • 転職は待とう
  • ブラックリストに載っている人は、ホワイトになるまで待ってみよう!

なるべく一回目で自動車ローン(マイカーローン)の審査をパスできるように、6つのことを確認・実施しましょう。

本審査の前に仮審査を受けてみよう!

そもそも、現在の状態で本審査が通るかどうか不安ですよね。そんな方におすすめなのが「仮審査」を受けることです。

事前に仮審査を受けるメリットは、「通るかどうか」がわかるだけではありません。

事前に仮審査を受けるメリットとは?
  • 審査に通るかどうか確認できる
  • 複数社と同時進行で仮審査が可能

仮審査といえど、本審査と同じ内容で審査をしてもらいましょう。仮審査に通った内容が実際の情報と乖離があった場合、本審査で通るかどうかは確実ではありません。本審査を確実に通すためにも、仮審査から「正確な情報」を記入しましょう。

頭金を用意しよう!

自動車ローン(マイカーローン)を組むにしても、「頭金」を用意できる方は用意しましょう。

頭金なしでもローンは組めますが、頭金があれば「ローンを通しやすくなる」「総支払額が下がる」といったメリットがあります。

しかし、申請する自動車ローン会社(金融機関を含める)によっては、頭金として認められる「下限額」決められている場合があります。

どこの自動車ローン会社を見ても、およそ総額の20%~30%程度が相場となっています。

参考までに、車体本体価格6パターンに分けて頭金がいくらかかるのか表にまとめてみます。

購入する自動車の総額 必要な頭金
50万円 10万円~15万円
100万円 20万円~30万円
150万円 30万円~45万円
200万円 40万円~60万円
250万円 50万円~75万円
300万円 60万円~90万円

実際に購入する自動車価格がいくらなのか、頭金はいくら必要なのか。ぜひ参考にしてみてください。

 

おすすめ自動車ローン
3社をご紹介

他のローンの返済をすませよう!

住宅ローンなど「多額のローン」をいきなり完済するのは難しいですよね。

ここでいう「他のローン」とはクレジットカードのキャッシングや分割・リボ払い、携帯代金の機種代金などのことをいいます。

先述した「返済比率」を計算する場合、上記の項目も計算式に入れての計算になるため、自動車ローン(マイカーローン)に通らないことが考えられます。

自動車ローン(マイカーローン)を比較的通りやすくするためには、返済を前倒しできるものは本審査前に完済しておくことをおすすめします。

保証人を見つけよう!

フリーターや自営業者(個人事業主・フリーランスなど)は、一般の正社員に比べて審査に通りにくいことがあります。

なかには、正社員よりも稼いでいる方ですら審査に落ちることがあります。

理由は「収入が安定していない」ことがあげられます。

そこで「保証人」の出番というわけです。しっかりと収入がある方であれば、身近な方にお願いして保証人になってもらい、ローン審査を通しやすくしておきましょう。

転職は待とう!

自動車ローン審査では、年収額も重要ですが、それと同様に「勤続年数」も重要な項目です。

例えば、超大手会社に転職が決まり、1年働けば年収700万円~1000万円という条件だとしてもローン審査に落ちる可能性があります。

理由は「収入が安定している」とは認められないため。入社数ヶ月では、ローン会社側からすると判断しかねる勤続年数のため、審査に落ちることがあります。

そのため、ローンを組んで自動車購入を考えている方は、転職するタイミングには注意しましょう。

ブラックリストに載っている人は、ホワイトになるまで待ってみよう!

ブラックリストに載ってしまうと、ローンを組むことはおろか一切の借金ができなくなります。

期間は5年~10年、載ってしまった原因にもよりますが延滞料金を完済できた日から数えるため、返済が終わらなければブラックリストから消えません。

ブラックリスト入りの条件とは
  • クレジットカードやカードローンの返済延滞
  • クレジットカードの強制解約
  • 債務整理など

自動車ローン(マイカーローン)を組みたい場合は、ブラックリストの期間が終わりホワイトになったタイミングで申し込みをすることをおすすめします。

おすすめ自動車ローン
3社をご紹介

おすすめ自動車ローン3社をご紹介!

これまで説明したことをふまえて、「おすすめの自動車ローン(マイカーローン)3社」をご紹介します。

損保ジャパン

最初におすすめするのが「損保ジャパン」です。

ローンの使いみちは自動車だけに限らず、バイクの購入資金にも利用できます。また、新車だけでなく中古車にも利用可能なのは嬉しいポイント。

損保ジャパンの特徴
  • 新規口座開設不要
  • いつでも申込み。審査結果は迅速回答
  • 固定金利
  • どこでも申し込みOK、来店不要&全国対応
  • 金利は保証料込み

自動車ローンで悩んでいる方は、ぜひ一度「損保ジャパン」利用してみてはいかがでしょうか。

損保ジャパン
お申し込みはこちら!

三菱UFJ銀行

次にご紹介するのは、メガバンクでお馴染みの「三菱UFJ銀行」です。

保証料込で年2.975%の変動金利を採用しています。

三菱UFJ銀行の特徴
  • 事前審査結果は最短即日で回答
  • WEB契約なら印紙代0円
  • 新車・中古車もOK
  • お借り替えにも柔軟に対応
  • 繰上返済手数料は無料

ホンダファイナンス

最後にご紹介するのは、自動車大手メーカーのホンダが提供している「ホンダファイナンス」です。

銀行系ローンよりも金利は高く設定されていますが、ホンダファイナンスの特徴でもある2つ支払い方法からローンを組むことができます。

ホンダファイナンスの特徴
  • 残クレ(残高設定型クレジット)
  • クレジット

ホンダファイナンスでは、これ以外にも「バリ保(バリュー保証プラン)」といった制度もあります。ホンダで新車・中古車を購入する方は検討してることをおすすめします。

まとめ

自動車ローンについて詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたか。

自動車ローン契約のときにチェックされるポイント、審査前に準備しておくべきポイントはとても重要な項目です。

これから自動車ローンの契約を考えている方は、クレジットカードのリボ払いや携帯電話のローンなど細かい支払いに着目してみてください。

審査前に不安要素はできるだけなくし、仮審査を通して契約の確信が持てたら本審査をお願いしましょう。

自動車ローンの審査に自信がない方は、この記事をぜひ参考にしてみてください。

おすすめ自動車ローン
3社を確認する