MENU

合宿免許の最安はどこ?2021年9月最新ランキング!迷った時はコレを見よう

2021.09.05


車に乗るには運転免許が必要ですが、合宿免許なら一般的な教習所に通うよりも短い日にちで、安く済むため人気となっています。

そこでこの記事では、数ある合宿免許の中でもお得な最安ランキングと、安さの仕組みや、さらに安くするためのコツをご紹介していきます。

なお、この記事では2021年9月時点で最新の情報を掲載しています。

2021年9月版!合宿免許の最安ランキング!


それでは早速、最安で合宿免許に申し込むための合宿免許検索サイトランキングをご紹介していきましょう。

合宿免許は日本全国の教習所で実施していますが、自分がどこの教習所に通いたいのか、自宅から通う場合と違って取っ掛かりがないことと思います。

例えば東北や関東といった大まかな地域の中で最も安いところを探したいところですが、そのような広い範囲の教習所を一つひとつ調べるのはもちろん大変。

そのため、合宿免許の教習所探しでは専用の検索サイトを使うのが一番です。

下記でご紹介する5つの検索サイトでは、地域や金額、入校日など様々な条件で絞り込んで全国の合宿免許教習所の情報を得ることができます。

サイトごとに様々な特色がありますので、ご自身にピッタリ合ったものを利用し、最安の合宿免許を探してみてください。

1位:合宿免許DREAM

サイト名 合宿免許DREAM
登録教習所数 60校
お得な割引
  • 早割:最大5,000円キャッシュバックまたは割引
  • グループ割:最大5,000円キャッシュバックまたは割引
  • 学割:最大5,000円キャッシュバックまたは割引
  • 団体割:6名以上最大6,000円~7,000円キャッシュバックまたは割引
サイトの特色
  • 入校日別のキャンペーン情報が見やすい
  • 探したい地域の他、今住んでいる地域からのオススメ検索ができる
  • こだわり検索が充実
  • ローン払い・クレジット払いOK

合宿免許DREAMは、全国60校の合宿免許教習所から自分に合ったところを検索できるサイトです。

たとえば入校日別にお得な教習所の紹介があったり、「グループ向け」や「周辺施設が充実」など色々な角度から絞って検索をすることができます。

また、行きたい合宿免許の地域を選択できるのはもちろん、まだ漠然としている方向けには、今住んでいる地域を入力すればオススメをピックアップしてくれるという機能もあり、とても便利です。

合宿免許DREAM公式HP

2位:合宿免許マイスター

サイト名 合宿免許マイスター
登録教習所数 65校
お得な割引
  • 早割:5,000円キャッシュバックまたは割引など
  • グループ割:5,000円キャッシュバックまたは割引など
  • 学割:5,000円キャッシュバックまたは割引など
サイトの特色
  • 特殊車や二種免許などの検索が充実
  • 自炊プランありなど、特集から検索できる
  • 教習所の雰囲気が分かる写真が多数掲載
  • ローン払い・クレジット払いOK

合宿免許マイスターは、全国66校の合宿免許教習所が検索できるサイトです。

トップページからすぐに激安教習所がピックアップされているほか、普通免許や二輪車だけでなく、特殊車や二種免許などを細かく指定して検索することができます。

また、教習所ごとの紹介ページでは部屋の様子や施設、食事など、パッと見て雰囲気が分かりやすい写真が多数掲載されています。

どんなところに泊まるのか写真で見ておいた方が安心という方におすすめです。

合宿免許マイスター公式HP

3位:合宿免許プラス

プラス

サイト名 合宿免許プラス
登録教習所数 106校
お得な割引
  • 早割:5,000円キャッシュバックまたは割引
  • グループ割:5,000円キャッシュバックまたは割引
  • 学割:5,000円キャッシュバックまたは割引
  • 女性割:教習所によって割引額は異なる
サイトの特色
  • 申込数トップ10の教習所を毎日発表
  • 教習所によっては、女性割引がある
  • 割引を実施している教習所が一覧で見やすい
  • ローン払い・クレジット払いOK

合宿免許プラスは、全国で106校という多数の合宿免許教習所を紹介している検索サイトです。

トップページには毎日更新される申込み数ランキングが掲載され、今の人気の教習所がすぐに分かります。

また、他ではめずらしい「女性割引」が導入されていたり、割引を実施している教習所の一覧が表示できたりと、お得に通いたい方にもおすすめ。

3回~60回までの分割払いにも対応しており、安心して利用することができます。

合宿免許プラス公式HP

4位:免許合宿LIVE

サイト名 免許合宿LIVE
登録教習所数 99校
お得な割引
  • 早割:5,000円キャッシュバックまたは割引
  • グループ割:5,000円キャッシュバックまたは割引
  • 学割:5,000円キャッシュバックまたは割引
サイトの特色
  • 利用者の申し込み状況をリアルタイムで表示
  • 教習代、宿泊費、食事代の他、お楽しみ特典と傷害保険がセット
  • ワード検索やランキング検索が充実
  • ローン払い・クレジット払いOK

免許合宿LIVEは、全国99もの合宿免許教習所を網羅している検索サイトです。

何より大きな特徴は、利用者がどの教習所に申し込んだのか、トップページにリアルタイムで表示されていること。

しかも学生や社会人の区分、趣味など利用者の属性まで分かるので、どういった人たちが集まっているのか想像しやすくなっています。

その他にも企画やランキング情報が目白押しで、非常に親しみやすいサイトの雰囲気となっています。

合宿免許LIVE公式HP

5位:ユーアイ免許

サイト名 ユーアイ免許/td>
登録教習所数 59校
お得な割引
  • 早割:5,000円キャッシュバックまたは割引など
  • グループ割:5,000円キャッシュバックまたは割引など
  • 学割:3,000円キャッシュバックまたは割引など
  • ネット割:5,000円キャッシュバックまたは割引
サイトの特色
  • お得な激安プランが満載
  • Tポイントがたまるサービスあり
  • シーズン割引やネット割引も充実
  • ローン払いOK

ユーアイ免許は全国59校の合宿免許教習所の情報が検索できるサイトです。

トップページには激安プランやシーズン割引コースなどが目白押しで、旅行ツアーを選ぶような感覚でお得な合宿免許を探すことができます。

またネットから申し込むことでネット割引が使えたり、Tポイントがたまるなど独自のサービスもあるのが特徴。

教習所によって、グルメや観光の割引、ミニプレゼントなどの特典が用意されているのも嬉しいポイントです。

ユーアイ免許公式HP

合宿免許が最安になるカラクリとは?


運転免許を取るためには全国一律、同じ試験に受からなくてはなりません。

免許の教習所においても当然、全国で同じことを教えるわけですが、中でも合宿免許は安いことで人気があります。

それでは、同じ内容を教えるのになぜ安くできるのか、そのカラクリをご説明しましょう。

合宿免許が最安になるカラクリとは?
  • 効率的なスケジュール管理が可能
  • 短期集中による回転率の速さ
  • 立地による物価の安さ
  • 価格比較による競合

効率的なスケジュール管理が可能

運転免許の教習所では、大学のようにコマ割りで講義や実習が行われ、利用者は自分が必要な科目を順番に履修して学科と実技をこなし、仮免許、本試験へと進んでいきます。

教習所に通うのは大学生や社会人、主婦など様々な人がいるため、各自が毎週自分のスケジュールに合わせて通える時間帯を選び、少しずつ学んでいくのです。

しかし、利用者は急な用事で実技の乗車予定をキャンセルしたり、別のコマの学科に出席したりするため、教習所側は常に余裕をもってコマを用意しておかねばなりません。

その点、合宿免許では決められた日数で教習所側が用意したコマ割りを一気に進めることになります。

ここでそもそもの前提を述べますが、「合宿免許」というのはどこか専用の合宿所で免許を取るわけではなく、宿泊しながら一般の教習所に通うことを指します。

教習所は、一般の通学利用者のコマ割りの空きをうまく使って合宿生用のスケジュールを組むので、いつ予約が入るか分からない利用者を待つだけでなく、能動的にコマを埋められるわけです。

そのため、合宿生には通学生より安い金額で教習を提供できるのです。

短期集中による回転率の速さ

合宿免許というのは、おおよそ2週間ほどの期間で行われます。

通学生の場合は自分のスケジュールに合わせて通うので、早い人で約1ヶ月、そうでないと大体2~3ヶ月かけての卒業となり、比較すると合宿免許がいかに短期間か分かります。

これは前述のように、合宿生向けに専用のコマ割りがびっしりと組まれることで可能となっており、教習所側も受講生側も短期集中で効率を重視したスケジューリングとなっています。

このようにびっしり2週間の教習で合宿生が卒業すると、またすぐ次の合宿生が集まり、速い回転率でどんどん新たな合宿生が入ります。

前述のスケジュール管理とあわせて、回転率も安さ実現の理由となっています。

立地による物価の安さ

合宿免許を実施している教習所の多くは、都会の真ん中ではなく、地方に位置しています。

教習所というのはかなり広い敷地面積を必要とする施設ですから、当然多くの土地代がかかり、都心であるほどその金額は上がってしまいます。

しかしその点、地方で土地代が抑えられる教習所であればその分金額設定も低めにでき、教える内容は同じでも、都心の教習所と比べて安く教習を提供できるわけです。

また、合宿免許の場合は宿泊する宿代も必要になりますが、オフシーズンであれば安く済みます。

そして宿泊施設側としても安定した顧客を得られるというメリットがありますから、教習所と提携してよりお得な条件で受け入れてくれるため、合宿免許がよりリーズナブルに利用できるのです。

価格比較による競合

一般の通学利用者が教習所に通う場合、利便性を考えて、自宅の近くや学校、会社の近くの教習所を選ぶことが多くなります。

そうすると必然的に値段よりも立地が重要となり、隣県にどんなに安い教習所があったとしても、そちらまで遠路はるばる通う人はあまりいません。

しかし、合宿免許の場合は自宅から日々通うわけではないため、立地よりも値段を重視することになります。

すると、合宿免許を実施している教習所同士は立地に関係なくライバルとなり得るので、値段の安さ競争が起こります。

このため、合宿免許は一般の通学利用に比べて安く通えるのです。

合宿免許の最安ランキング

合宿免許を最安にするコツ


ここまでで、合宿免許を利用すると、一般の通学利用に比べて安く通えることが分かりました。

それでは、そんなリーズナブルな合宿免許をさらに安く、最安で利用するためのコツを6つご紹介いたしましょう。

合宿免許を最安にする6つのコツ
  • 繁忙期でなくオフシーズンに入校
  • マニュアル(MT)でなくオートマ(AT)限定で取得
  • 1人部屋でなく相部屋プランを選択
  • 食事付きでなく自炊プランを選択
  • 最短日数での卒業
  • キャンペーンや特典を活用

繁忙期でなくオフシーズンに入校

不動産などと同じく、合宿免許にも繁忙期とオフシーズンがあり、年間通して値段は変動しています。

合宿免許の繁忙期とは、主に大学生が長期の休みとなる春休みの2月~3月、そして夏休みの8~9月で、この時期は合宿免許の値段もグッと上がります。

反対に、それ以外の4月~7月、10月~1月の時期はオフシーズンとなり、最も高い時期と比べるとなんと10万円ほども安くなりますので、値段の安さを最優先にするならオフシーズンであることが欠かせません。

マニュアル(MT)でなくオートマ(AT)限定で取得

普通車の運転免許にはマニュアル(MT)とオートマ(AT)限定の2種類がありますが、どちらを選ぶかで金額が変わってきます。

MTの方が覚えることが多く、教習の時間が多くなりますので、その分金額も高くなっています。

そのため、AT限定のコースで通った方が1万円~2万円ほど安く済むことになります。

以前は輸入車やスポーツカーなどでMT車があり、クルマ好きはMTコースを取る傾向が多かったのですが、最近ではスポーツカーなどでもAT車が増えており、AT限定コースでもほとんど支障はなくなっています。

1人部屋でなく相部屋プランを選択

合宿免許ではホテルや旅館などの宿泊施設に泊まり込みで教習所に通いますが、この時1人部屋ではなく相部屋プランを選ぶことで、費用をさらに安くすることができます。

人付き合いが得意でない場合、相部屋だと落ち着かない、集中できないといったこともあるかもしれません。

しかし、たとえば複数人の仲間で一緒に合宿免許に行くとなれば、相部屋で一緒にしてもらえれば仲間同士でリラックスしたり互いに教え合ったりでき、なおかつ費用をぐんと抑えることが可能です。

少し高くても1人部屋を選ぶか、見知らぬ人同士の相部屋を選ぶか、最初から仲間同士で行くか、申し込む前にプランを練っておくといいでしょう。

食事付きでなく自炊プランを選択

合宿免許の多くは食事付きのプランですが、自炊プランが用意されているところもあります。

食事付きであれば、合宿中の約2週間、教習だけに集中することができます。

しかし、自炊プランであれば当然値段は安くなり、最安を目指すのであれば自炊プランがおすすめです。

ただし、自炊の経験が全くなかったり、体調や栄養管理に自信がない人は食事付きの方が無難という場合もあります。

体調を崩して教習が受けられなくなっては本末転倒ですので、自身の経験や体調、その教習所の自炊施設の様子などを考慮に入れて選ぶことをおすすめします。

最短日数での卒業

合宿免許を最安にするコツとして、最短日数での卒業が挙げられます。

多くの合宿免許では、オートマ(AT)限定コースで最短14日、マニュアル(MT)コースで最短16日間のプランとなっています。

もちろん日数が少ない方が宿泊代も教習代も安いため、AT限定コースの14日が最短で最安ということになります。

そして、万が一14日間で教習を終えられず、延長となってしまった場合にはその分の費用がかさんでしまいますので、やはり最短で卒業する道が最安の道でもあります。

ただし、延長については教習所によって追加料金なしで受けられるところもありますので、事前にチェックしておくとよいでしょう。

なお、合宿免許では一気に集中して教習を行うため、学校や仕事に通いながらぼちぼち教習所に通う通学生よりも卒業率が高い傾向にあります。

キャンペーンや特典を活用

合宿免許では、随時様々なキャンペーンや特典が用意されています。

たとえば、なるべく早く予約する「早期割引」を使うことでよりお得に利用することができます。

上述したように最安を目指すにはオフシーズンであることが欠かせませんので、あらかじめこの時期を狙って早期割引も活用するのがおすすめです。

このほか学生割引やグループ割引といった割引もあり、なるべく安く免許を取りたい大学生などには、前述の相部屋プランも含めてうってつけの特典と言えるでしょう。

また、スケジュールに余裕がある方は入校日限定割引、既に二輪免許を持っている方が普通免許を取る際に安くなるプランなど様々なキャンペーンがありますので、自身にとって最もお得となるものを調べて申し込むといいでしょう。

合宿免許の最安ランキング

合宿で運転免許取得を目指そう!


今回は、合宿免許の安さの仕組みや2021年9月の最安ランキングなどをご紹介しました。

なるべく早く、そして安く免許を取りたい人にとって、合宿免許は願ったり叶ったりの場所です。

どうせ合宿免許を利用するのであれば、記事中の「最安にするコツ」を参考に、よりリーズナブルな値段で申し込むのがオススメ。

合宿免許というと大学生グループが行くものという印象が強いのも事実ですが、実際には、転勤などで急に車の運転が必要になった社会人なども多く利用しています。

年齢によっては一部、利用できるプランが限られている場合もありますが、決して大学生専用というものではありませんので、事前にプランをよくチェックしてみるといいでしょう。

短期間で集中して一気に学ぶことで、知識を忘れないうちに学科試験や実技をこなすことができる合宿免許。

これから免許を取りたい人は、予算との兼ね合いを考え、合宿免許もぜひ検討してみてください。

合宿免許の最安ランキング