MENU

【2022年3月最新】車一括査定のおすすめ比較ランキング!選び方のコツは?各社の特徴を徹底解剖!

2022.03.25


車を売りたい時にとても便利な車一括査定サービス。

車一括査定を利用すれば手間なく高く車を売ることができるため、今人気が高まっています。

しかし、車一括査定のサイトはたくさんあり、それぞれに特色が異なるため、使い方に不安があったり、どの車一括査定会社を利用すればいいか迷ってしまったりする方も多いでしょう。

また、車を売るのが初めてという人や、ディーラーの下取りに出そうと思っている人も、車一括査定が気になっていることが多いのではないでしょうか。

そこで今回は、車一括査定の仕組みや選び方、メリット・デメリットのほか、良い口コミと悪い口コミ、注意すべきポイントをお伝えします。

そして、車一括査定のおすすめランキングTOP5もご紹介していきますので、この記事を参考に、ぜひ自分に合った車一括査定を選んでみてください。

車一括査定の会社を選ぶ8つのポイント


車一括査定の会社はたくさんありますが、それぞれに特徴や規模が異なっているため、自分に合った会社を選ぶことが車を高く売る第一歩となります。

一見どれも同じに見えてしまいますが、実は押さえておくべきポイントが8つありますので、このポイントに留意して見極めてみてください。

車一括査定の会社を選ぶ8つのポイント
  • 1:提携業者数の多さ
  • 2:大手車買取業者とも提携しているか
  • 3:最大査定の数
  • 4:入力項目の数
  • 5:登録に時間がかからないか
  • 6:特典やキャンペーンがあるか
  • 7:自分の住んでいる地域が対応しているか
  • 8:口コミ・評判がいいか

提携業者数の多さ

まずわかりやすいポイントとして挙げられるのは、提携業者の多さです。

これは、その車一括査定の会社が全国でいくつの買取業者と提携しているのか、その数のことを指しています。

提携する業者が多ければ高値をつける買取業者に出会える確率もアップしますから、やはり提携業者数は多ければ多いほど良いと言えるでしょう。

たとえばレアな車や古い車など、他の業者に比べてその車に価値を見出し高い値をつける業者もあるものです。

そんな業者に一括査定で出会うことができれば、高く売れる可能性が上がります。

大手チェーン店だけでなく、自分では見つけられないような買取業者に出会えるかどうかが、提携業者の多さにかかっているとも言えるでしょう。

また、提携業者数が多ければ、日本全国の買取業者とつながっていることにもなり、地方まで含めたくさんの地域を網羅することにもなります。

たくさんの提携業者の中から最大10社、20社といった一括査定を受けることができるわけですが、その最大査定数の中から自分で数社のみを選んで査定を受けることができる車一括査定もあります。

このように、実際に査定を受ける業者数を自分でコントロールできるサービスもあり、提携業者数は多くても困ることはなく多ければ多いほどいいといわけです。

大手車買取業者とも提携しているか

自分で見つけられないような中小の業者も大事ですが、それだけでなく、誰もが知っている大手買取業者とも提携していることも大切です。

なぜなら大手は買い取った車を高く売るため自社での流通経路を持ち、コスト削減にも努めているため、やはりそれなりの値をつけてくれることが期待されるからです。

また、このような大手が一括査定の業者に含まれていることで、業者同士が値を競り合ってくれる効果も期待できます。

最大査定の数

提携する業者の数とは別のポイントとして、一度の申し込みで最大何社の一括査定ができるのかというのも大きなポイントとなります。

こちらも多ければ多いほど高値が付く確率も上がりますが、ただ、あまりに多すぎてもそれほどの査定を受けるのは逆に手間や負担もかかります。

一般的に多くの車一括査定では最大10社程度の最大査定数となっていますので、それを目安として比較検討すると良いでしょう。

また、最大査定の数は多くても、その中から高値をつけた買取業者の数社だけとやり取りをできる車一括査定サービスもあります。

スムーズな取引のためには、自分が査定依頼をしてさばききれそうな数をあらかじめ3社、5社、10社など決めておき、自分に合ったサービスを利用するのがいいでしょう。

入力項目の数

車一括査定のいいところは、情報入力が一度で済む点です。

その入力項目は車種や年式など、どこもほぼ似たような内容とはなりますが、その項目数が少なくて済むところもあります。

なるべく気軽に試してみたい場合など、入力項目が少なければよりカンタンに査定申し込みができる場合があります。

登録に時間がかからないか

前項と同様、入力数が少なくたった数分で登録できる一括査定なら、時間もかからず忙しい合間でも便利に使うことができます。

「たった〇分でOK」などと謳われている場合も多いため、手軽に申し込みできるかどうかの参考にするとよいでしょう。

特典やキャンペーンがあるか

車一括査定を利用すると、特典があったり、現金などがもらえるキャンペーンを実施している場合があります。

査定申し込みで抽選があったり、売却契約成立でポイントがもらえたりと、さらにお得に車を売ることができます。

せっかく売るのであれば、このような特典やキャンペーンもチェックしてみるのがおすすめです。

自分の住んでいる地域が対応しているか

先ほど買取業者の提携数や最大査定の数に触れましたが、そもそも、その車一括査定が自分の住んでいる地域に対応しているかどうかも大切になります。

車一括査定では自宅や車のある所に出張しての査定が基本となりますから、地域は重要なポイントです。

全国展開しているのか、一部の地域で展開している、あるいは一部の地域のみ展開していないなど、特に地方にお住まいの方は気になるところでしょう。

対応地域は市区町村まで細かく知りたいところですが、しかし実は、車一括査定のサイトにはそこまでの表示がないことがほとんどです。

これを推し量るには、その車一括査定サービスがどれだけの買取業者と提携しているのか、その数を目安とすることができます。

提携数が多ければ多いほど全国各地をカバーする可能性が増えるため、地方にお住まいで、自分の地域がカバーされているか不安な方はなるべく提携数が多い車一括査定を利用するのがおすすめとなります。

口コミ・評判がいいか

最後に押さえておきたいのが、その車一括査定会社の口コミ・評判のよさです。

車の査定というのはそれほど頻繁に行うものではないため、多くの人が初めてだったり、まったく勝手が分からなかったりするものです。

そんな時に頼りになるのはやはり実際に利用した人の口コミや評判となるので、良い口コミも悪い口コミもなるべく多方面からチェックするのがおすすめとなります。

車一括査定のおすすめランキングTOP5


それではここから、数ある車一括査定の中から厳選したランキングのトップ5をご紹介します。

各社それぞれに特色があるため、自分に合った会社選びのためぜひこのランキングを参考にしてみてください。

1位:MOTA車買取

サービス名 MOTA車買取
提携事業者数 349
最大査定数 最大20社
大手買取業者との提携
連絡手段 電話のみ

MOTA車買取は、カーリースやWEBメディアなどを手掛けるMOTA(モータ)という老舗自動車メディアが運営する車一括査定です。

その最大の特徴は、最大20社の査定依頼の中から、高値をつけた最大3社のみから連絡が来るという点。

最初から厳選された買取業者とやり取りできるため、わずらわしい電話も最小限で済むほか、交渉もスムーズに進みます。

また申し込み翌日に最大20社の概算の査定金額が比較でき、利用者が主導権を持って売却手続きをしていくことが可能です。

MOTA車買取は、電話にわずらわされず愛車を売りたいというユーザーのニーズにいち早く応えたサービスでもあります。

クルマ好きに嬉しいサービスを展開しているMOTAですので、大切にしていた愛車を手放す際におすすめです。

MOTA買取公式HP

2位:カーセンサー

サービス名 カーセンサー
提携事業者数 1,000以上
最大査定数 最大30社
大手買取業者との提携
連絡手段 電話/メール

カーセンサーはたくさんの車一括査定の中でもあの株式会社リクルートが母体となる大手サイトで、一度に最大30社への査定依頼ができるのが大きな特徴です。

30社というのは業界トップの数字ですが、自分で査定数を指定することもできるため、なるべく多くの買取業者から査定を受けたい方から依頼数を抑えたい方までぴったりです。

さらに1,000社以上の買取業者と提携しているのも大きなポイントで、日本全国の地域を網羅できる可能性が高いため、地方にお住まいの方も安心して利用できます。

また、査定の申込み入力フォームにてメールでの連絡を希望する旨を送ることも可能なので、査定アポイントの電話がひっきりなしにかかってくるのを避けるのに有効です。

カーセンサー公式HP

3位:ズバット

サービス名 ズバット
提携事業者数 293
最大査定数 最大10社
大手買取業者との提携
連絡手段 電話のみ

ズバットは最大10社に査定依頼ができ、278社の買取業者と提携している車一括査定です。

なお、「ズバット」という名を聞いたことがあるかもしれませんが、ズバットは車だけでなく引っ越しや保険といった色々なサービスを比較する総合サイトであり、車買取についても口コミや商品選びのポイントなど多彩な情報を掲載しています。

またカンタンなチェック項目で、査定前に愛車の売却金額の相場目安を知ることができるのも嬉しいポイント。

そして、査定依頼をすると全国の中古車買取データを元にした買取相場を算出してくれるほか、体験談や買取業者の選び方、高額査定のガイド、何でも相談室などサイトのコンテンツも充実しています。

査定申し込みをする前にじっくり予習をしたい方、車を売るのは初めてという方にもおすすめです。

ズバット公式HP

4位:カービュー

サービス名 カービュー
提携事業者数 305
最大査定数 最大8社
大手買取業者との提携
連絡手段 電話のみ

カービューは、「carview!」という有名メディアでご存知の方も多いでしょうが、さらに、車好きが集まって様々な相談や感想を言い合えるみんカラ」というサイトも運営する車一括査定会社「です。

車の一括査定というサービスを最初に始めた会社でもあり、経験と450万件という利用実績を備えた老舗ともいえる存在です。

最大依頼数は8社と決して多くはありませんが、依頼数を抑えたい方や、「carview!」「みんカラ」利用者にはおすすめ。

またさらに、最大8社の中からあらかじめ任意の買取業者を選んで査定依頼をすることができ、自分の把握できる範囲で査定に出したい方に向いているサービスです。

ちなみに事故車査定専用のページも用意しているため、事故歴が気になる方はぜひチェックしてみましょう。

カービュー公式HP

5位:ナビクル

サービス名 ナビクル
提携事業者数 48
最大査定数 最大10社
大手買取業者との提携
連絡手段 電話のみ

ナビクルは、引っ越しや金融、結婚など様々な比較・検索サイトを運営するエイチームライフデザインが展開している車一括買取です。

これまでの利用実績は400万件以上で、カンタン3ステップで査定依頼だけでなく愛車の買取相場までわかる車一括査定となっています。

サイトはシンプルで分かりやすく、簡単な質問に答えるだけの車の売り方・買い方診断の無料チャートもあるので車の初心者にも安心。

提携数は他と比べるとかなり少なめではありますが、逆に、厳選された買取業者のみが揃っているとも言えます。

また、査定申し込みをすると愛車の買取相場がすぐにわかるので、その相場と比較しながら査定を受けられるため交渉を有利に進めることも可能です。

ナビクル公式HP

車一括査定とは?

車の一括査定とは、車を買取業者の査定に出したい時に、いっぺんに何社もまとめて行えるというインターネットのサービスのことです。

一度情報を入力するだけで済むので申し込みの手間が最小限になるほか、簡単に複数社からの見積もりが取れ、いわゆる「あいみつ(相見積もり)」がすぐに取れてより高く売ることが可能になります。

それでは、そんな車一括査定についてここから詳しく見ていきましょう。

車を売りたい人は必見

愛車を手放すのであれば誰でも、少しでも高く売りたい、いい値をつけてくれたお店に売りたいと思うものでしょう。

しかし、そんな買取業者に巡り会うのはなかなか簡単なことではなく、ひとつずつ業者をあたっていては膨大な時間と手間がかかってしまいます。

そこで車一括査定を利用すれば、何週間も何ヶ月も業者探しと査定申し込みを繰り返さずとも一度の申し込みをするだけで車を早く、簡単に売ることができます。

また、何といっても複数の買取業者から査定金額の見積もりを取れるため、その中から最も高値をつけた業者に売却することができ、1社のみに頼むよりも数万から数十万も高く売れる可能性があるのです。

このように、車を売りたい方であれば必ず候補として検討したいのが一括査定なのです。

車一括査定の基本的な流れ

車一括査定に興味はあるけれど、どうやって利用するのかよく分からなくて取っつきにくいという方もいるかもしれません。

また、たくさんの車一括査定サービスがあるため戸惑うかもしれませんが、実は、基本的な流れはほとんど同じです。

では、車一括査定のサービス利用の流れをひととおり順番に見ていきましょう。

WEBから申し込む

ほぼすべての車一括査定はWEB上のサービスとなっており、インターネットの公式サイトから申し込みを行います。

申し込みの際はまず、査定申し込みフォームから売りたい車の車種や年式などの情報を入力します。

入力項目はサイトによって若干異なりますが、細かい情報が必要なこともあるため、車検証を手元に用意して入力するとスムーズです。

また車についての情報のほか、ご自身の住所や連絡先を入力すれば終了。

なお、車一括査定サービスは基本的に申し込みから査定、売却まですべて無料となり、サイトの入会金や登録費用などもかからないため、安心してサービスを利用することができます。

買取業社から連絡がくる

WEBからの申し込みを行うと、その車一括査定サービスが提携している複数の買取業者から利用者に直接連絡がきます。

ここからは車一括査定サービスではなく、買取業者と直接個別にやり取りをしていくことになります。

連絡の内容は車の状態の詳細や見積もりの日程決めなどとなり、日にちが合えば素早くスピーディに査定をお願いすることが可能です。

なお、連絡方法は電話となり、査定申し込みをした直後からすぐに電話がかかってくる可能性があります。

多ければ10社~30社というたくさんの業者から次々と電話がかかってくることになるため、なるべく時間に余裕があるときを狙ってサービスを利用するのがいいでしょう。

なお、買取業者は査定依頼を受ける側であり、きちんとキャンセルされるまでは何度も連絡をしてきます。

度重なる電話に圧倒されてしまったり、数が多くて把握しきれないと思った時は、着信をスルーすることなく電話に出て、はっきりとキャンセルを伝えるのが最も得策です。

買取業者の数の多さに混乱してしまわないためにも、あらかじめ業者の整理ができるノートなどを用意しておくのがおすすめです。

査定をしてもらう

車一括査定での査定は、買取店に持ち込むのではなく自宅などに無料で出張査定してもらえます。

各買取業者から専門の査定スタッフが訪れて、直接車を見て内外装など細かい査定が行われます。

査定が終わればその場で見積もりを出してもらえますが、即決しない場合は返事はいったん保留とし、複数業者からの見積もりを比較した上で返答しましょう。

なお、買取業者側は、利用者が「車一括査定」から申し込んでいることを承知していますので、他の業者と比較することを遠慮したり、隠す必要はありません。

その点で、一括査定は自分で買取業者をまわって見積もりを取るより、ストレスなく相見積もりが取れるサービスと言えるでしょう。

見積書をもらい比較する

複数業者から査定を受け見積書をもらったら、それぞれをじっくり比較していきましょう。

買取価格の比較はもちろんですが、業者の雰囲気や値をつけたポイント、買取金額の振り込みのスピーディさ、キャンペーンの有無や特典なども含めて総合的に判断しましょう。

なお、見積もりには有効期限があるため、あまり検討が長引くとまた改めて査定をし直さなければならなくなります。

あらかじめ希望金額の目安などを決めておき、判断基準を明確にしておくとスムーズに比較できるでしょう。

なお、結果を出したら各買取業者に契約かキャンセルかを伝えましょう。たとえキャンセルをしてもキャンセル料などはかかりませんので安心です。

売却の契約をする

見積もりの中から納得できる業者があれば、売却の契約へと進みます。

売却に必要な書類を用意し、車を引き渡して買取金額を受け取れば売却手続きは終了です。

また、成約によって特典やキャンペーン商品をもらえることもありますので、申し込みをした車一括査定サイトを忘れずにチェックしておくといいでしょう。

なお、カーローンがまだ残っていたり、あるいは売却契約をした後で査定金額を引き下げられたり、誤って複数の買取業者に売却意志を伝えてしまったりといった注意点については後述しますので、のちほどじっくり見ていきます。

車一括査定
おすすめランキングTOP5

車一括査定をするメリットとデメリット


これまで見てきたように、車一括査定には便利でお得な点がたくさんあります。

ただ、本当に自分に合うやり方なのか、いい点だけじゃないのではないかと思う方もいることでしょう。

そこで、車一括査定をするメリットと、そしてデメリットもあわせてご紹介しますので、両方を判断してみてください。

車一括査定のメリット
  • 単独の買取や下取りより高く売れる
  • 申し込みの入力の手間が一度で済む
  • 買取業者は一括査定と承知しているので気兼ねせず交渉可能
  • 買取業者同士が競争するのでさらに高値の可能性アップ
  • 特典やキャンペーンでお得な場合アリ
車一括査定のデメリット
  • 買取業者から電話が殺到してわずらわしい
  • 査定依頼は一括でも、その後は1社1社との交渉となる
  • 電話や交渉ごとが苦手な人にとってストレス
  • 地域によっては買取業者が少なく、「一括」のメリットがない

車一括査定をするメリット

車一括査定をするメリットで最も大きいものは、車を高く売れる可能性が上がることです。

複数の買取業者の見積もりをいっぺんに取れて、最も高い値をつけた業者に売ることができるので、1社のみの査定よりも数万円、時に数十万円も高い値が付くこともあるのです。

もちろん、自分で1社1社まわって見積もりを取ることも可能ではありますが、一括査定であれば手間が格段に減ります。

たった数分、一度の入力で申し込みがいっぺんに済み、また出張査定なので業者をまわって車を査定してもらう手間と時間も省けます。

また、立て続けに出張査定を受けることで利用者も査定のポイントを把握しやすくなるため、交渉を有利に進められたり、今後、次の車を売る時の参考にすることもできるという利点も得られます。

そして一括査定で依頼された買取業者は「相見積もりを取られている」ことを承知していますので、業者同士が対抗心を燃やし、さらに高値が付きやすくなるというポイントも見逃せません。

交渉ごとが得意でない人にとっては、相見積もりを取ろうとしていることを隠したり、キャンセルの言い訳をひねり出す必要もないので、心理的にラクになるという面もあります。

その他のメリットとしては、各車一括査定サービスごとに特典やキャンペーンを用意している場合があり、アンケートに答えたり成約するとギフト券や商品がもらえることがあります。

査定を依頼する各買取業者でも特典やキャンペーンがある場合がありますから、両方ゲットすることができればさらにお得に愛車を売ることが可能です。

車一括査定をするデメリット

上記のようにたくさんのメリットがある車一括査定ですが、人によってはデメリットとなる点もあります。

まず大きなものとして挙げられるのは、一括査定で依頼した買取業者から電話が一斉にかかってくることでしょう。

前述したように買取業者は互いに対抗心を燃やして競争していますから、いち早く顧客を獲得するために一分一秒と先を争って電話をしてきます。

我先にコンタクトを取って査定のアポイントを入れようと繋がるまで何度もかかってくることがありますが、最大査定数が10社、20社ともなると利用者が混乱してしまうのは想像に難くありません。

以前にはこの営業電話が深夜や早朝まで苛烈だった時期もあり、トラブルが多発したこともあって、行き過ぎた電話には注意が必要です。

査定依頼を出すところまでは一括で出来ますが、業者ごとに出張査定の日程調整をする作業は1社ずつ自分で行わなければならないわけです。

またほとんどの車一括査定では連絡は電話で行うことになっていますので、電話が苦手な人、交渉ごとが不得手な人にはストレスとなってしまうことがあるでしょう。

そしてこれはデメリットというわけではありませんが、お住まいの地域によってはせっかく車一括査定を利用しても査定依頼先が1社のみとなってしまう場合もあり、「一括」のメリットを享受できない可能性もあります。

車一括査定
おすすめランキングTOP5

車一括査定の口コミ・評判


車一括査定にもメリットとデメリットがあり、利用する人によって合う・合わないがありそうなことがわかりました。

その実態を知るためには、利用者の声を聞いてみるのが一番でしょう。

それでは、実際に車一括査定を利用した人の口コミや評判をチェックしてみましょう。

車一括査定のいい口コミ・評判

車一括査定のいい口コミ・評判
  • 愛車の買取相場をずっとチェックしていたが、車一括査定でそれより25万円ほど高値で売れた。
     
  • 入力が本当に楽だった。1社ずつ申し込んでいたら途中で嫌になってやめていたと思う。
     
  • 最初はディーラーの下取りに出したが、価格に納得できなかったので車一括査定を利用。下取りより40万円も高く売ることができた。
     
  • 出張で来てくれた査定担当者が親切だった。査定のポイントなどをアドバイスしてくれ、装備を純正品に戻したら+3万円になりおトクだった。
     
  • 一番高値をつけたところに決めて他をキャンセルする時、他からも査定を受けていたことを相手も分かっているので、食い下がられることなくスムーズにキャンセルできた。

車一括査定のいい口コミ・評判としては、やはり車が高く売れたという声が挙げられます。

買取相場より高かったというものや、また下取りの見積もりと比べてかなり高く売れたという声が多く見られました。

特に、買い替えの際のディーラー下取りは手間が少ない分だけ値も低めになっており、それと比較すると車一括査定の高さが際立っています。

下取りより40万円も高く売れたという例も見られましたが、これなら車一括査定のデメリットを考えても十分な元が取れたと言えるのではないでしょうか。

実際、情報入力や申し込みの手間が少なくカンタンに利用できたという方も多く、何社か相見積もりを取るつもりであれば断然、一括査定がオススメとなります。

また、短期間で次々に出張査定を受けることで、おのずと自分でも査定のポイントがつかめてきたり、有益なアドバイスをもらえることもあり、主導権を持って有利に交渉を進めていきやすくなることも副次的なメリットと言えるでしょう。

車一括査定を使えば買取業者同士が比較されていることを承知しているという点も使いやすいポイントで、変に遠慮したり気を遣わなくていいためストレスが減るのが好評となっています。

車一括査定の悪い口コミ・評判

車一括査定の悪い口コミ・評判
  • 車一括査定の申し込みボタンを押した数秒後から電話が鳴り、それから半日鳴りっぱなしで休日が潰れてしまった。
     
  • 査定のアポイント電話に疲れ、結局最初にかかってきた5社の出張査定のみ受けることにしたが、残りの数社が査定を受けるようしつこく色々言ってきて嫌だった。
     
  • 担当者が上から目線で、いかにも他の買取業者より優位に立つことしか考えていない感じの話し方だった。もっと愛車のことをきちんと見てほしかった。
     
  • 走行距離もかさんだ10年落ちの車だったのだが、5社表示されたのに4社から電話もなくスルーされた。買取不能なのであっても、その旨連絡しないのは失礼だ。
     
  • 田舎だと車一括査定に申し込んでも、表示されたのは1社だけで意味がなかった。

車一括査定の悪い口コミ・評判としては、やはり何といっても電話についてのネガティブな意見が大半を占めていました。

一部の車一括査定では電話の自動システムを導入しており、一括査定の申し込みをした瞬間からプログラムが自動で電話をかけるので、ものの数秒で電話が鳴るようになっています。

なぜここまで競うのかというと、利用者がたくさんの買取業者から連絡を受けた時、一番最初にコンタクトを取ったところと契約に至りやすいというデータがあるのです。

そのため、その心理的な効果を期待して、どの業者もなるべく早く利用者と電話で話そうとするため、こういった電話の競争が起きているというわけです。

また、ひとつの業者と話している間にも別の業者が電話をかけていることになり、繋がるまでは何度も何度も発信するため、ちょっと目を離すと大量の着信履歴が残ることになります。

これを見ると辟易してしまう方が多く、ついそのままスルーしてしまいがちですが、業者は正式にキャンセルされるまでは依頼された立場ですから面倒でもきちんと通話してキャンセルしなければ何日も電話が続いてしまいます。

買取業者としても査定のアポイントを入れて売却にこぎつけなければ利益にならず、これが業者同士の競争や高値買取にもつながっているわけではありますが、利用者にとって負担となる一面があることは否めないようです。

このような買取業者の事情もあり、電話対応が急かしたようなものになったり、担当者はなるべく早く決めてしまおうという態度になりがちです。

利用者としてはそういった対応も含めて判断し、不愉快なことがあればキャンセルをしたり、買取業者でなく車一括査定サービス側にも連絡し、度が過ぎた行為があれば消費生活センターに相談するなどの措置を取りましょう。

その他、「一括査定」といっても地域によっては1社にしか査定依頼ができないという不満もあり、これについてはなるべく提携業者数が多い車一括査定を選ぶのがおすすめです。

車一括査定
おすすめランキングTOP5

車一括査定の注意すべき点


車一括査定について、良い点だけでなくデメリットがあったり、悪い口コミや評判も存在するようです。

そこで、車一括査定の注意すべき点をピックアップしてみますので、押さえるべきポイントをしっかり押さえて賢く利用しましょう。

車一括査定の注意すべき点
  • 信頼できる会社の車一括査定から依頼する
  • 依頼数は最低限に留める
  • 強引な営業があった場合は消費生活センターへ
  • 二重契約にならないようにする
  • 契約成立後の減額には応じない

信頼できる会社の車一括査定から依頼する

車一括査定の会社はたくさんありますが、車を売ることは人生でそう何度もあるわけではないため、「今回初めて一括査定を利用する」という人がほとんどではないでしょうか。

車一括査定などの買取サービスは1990年代から急成長を遂げましたが、実はサービスの拡大とともに、マナー違反や強引なやり方が横行することもありました。

そこで2014年に「一般社団法人日本自動車購入協会(JPUC)」が設立され、車の買取について健全な取引がなされるよう様々なルール付けがされるようになったのです。

例えば、車一括査定において以前は深夜や早朝にまで買取業者からの電話がなされていましたが、JPUCによって、電話は朝8時から夜21時までというルールが定められました。

信頼できる車一括査定の会社選びにおいて、この「JPUC」に加盟している会社かどうかがひとつの目安となるでしょう。

依頼数は最低限に留める

車一括査定のメリットはより多くの買取業者に査定を依頼できることではありますが、慣れない人があまりに多くの査定を受けようとすると、トラブルの元となってしまう可能性もあります。

車一括査定を初めて利用する人やできるだけ安全に取引をしたい人は、いたずらに依頼数を増やさずに、自分が把握できる程度の業者数をあらかじめ決めておくのも一つの手です。

適度な依頼数は3社~5社ほどが目安と言え、依頼先を大手のみに絞ったり、トラブルの際の問い合わせ先などを事前に調べておくのも有効です。

強引な営業があった場合は消費生活センターへ

もし、度が過ぎる強引な営業に遭ってしまったら、一人で抱え込むことなく、しかるべき機関に相談することがおすすめです。

たとえば、消費者間の紛争を解決するには全国に設置された消費生活センターや、前述したJPUCの車売却消費者相談室への相談が有効です。

実際に相談するような事態にならないことが一番ではありますが、このような相談窓口が存在していることを知っているのと知らないのでは大きな違いがあります。

強引な営業があるかもしれない、度が過ぎた場合は相談できるとあらかじめ理解できていれば、慌てることなくスムーズな取引ができるでしょう。

二重契約にならないようにする

車一括査定では、査定で納得する値を提示した買取業者と契約を結び、その他の業者はキャンセルすることになります。

ただこの時、ある業者と売却の契約をし、その後にさらに高値の提示を受けて別の業者とも契約してしまうと、二重契約になってしまうので注意が必要です。

これは理屈でいえば当然のことではありますが、車一括査定では複数の業者から最初の電話連絡と出張査定の日程調整、そして実際の出張査定と入り乱れるので、業者を取り違えてウッカリしてしまうこともあり得ます。

万が一、二重契約をしてしまった場合は速やかにキャンセルする必要がありますが、この時所定のキャンセル料がかかることもあります。

ただ、法外なキャンセル料を請求された場合は前述の消費生活センターやJPUCの車売却消費者相談室へ相談しましょう。

契約成立後の減額には応じない

車一括査定で高値をつけた買取業者と契約をしてから、それより低い値の業者を全てキャンセルした後に値を下げられたという事例があります。

その業者はとりあえず高値を提示しておいて契約にこぎつけ、その後に「実は後からキズやヘコみが見つかった」「故障部分を見逃していた」などと理由をつけて値を下げますが、利用者は他の業者を既にキャンセルしてしまっているため、値下げを受け入れてしまうというわけです。

一見、仕方がないようにも思えますが、実は、利用者は契約成立後の減額に応じる必要はありません。

車一括査定では専門のスタッフがしっかりと出張査定を行い、車全体を見た上で査定の見積もり金額を出すものです。

見積もりには有効期限があり、期限内はその金額で売却できることを約束するものですから、コロコロと金額が変わったり簡単に減額となったりはしません。

もし減額を言い渡されたらあくまで査定の見積金額を主張し、トラブルになりそうならやはり前述の消費生活センターやJPUCの車売却消費者相談室へ相談しましょう。

車一括査定
おすすめランキングTOP5

車一括査定のよくある質問


では、車一括査定について多くの人が疑問に思う、よくある質問を集めてみました。

車一括査定に必要なものは?

車一括査定を利用するにあたり、必要なものとしては以下の3つが挙げられます。

車一括査定に必要なもの
  • 運転免許証
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書

運転免許証は常に手元にあるかと思いますが、車検証は一般的に車のグローブボックスで保管されている場合が多いので、持ってきておきましょう。

そして自賠責保険証明書ですが、これは車検の際に提示が必要な書類で、車の運転時には携帯が必要なものです。

車検証とともに保管されていることが多いかと思いますので、あわせて手元に用意しておきましょう。

買取業社からはどのように連絡がくるの?

車一括査定を申し込んだら、複数の買取業者から査定についての連絡が入ります。

その方法ですが、申し込みの際に入力した電話番号への「電話連絡」となります。

現在、基本的に買取業者からの連絡は電話のみとなっており、メールのみのやり取りで直接話すことなく契約に至ることはありません。

車一括査定は電話連絡でやり取りをするものと思って申し込むのがいいでしょう。

どの地域でも対応している?

車一括査定の対応地域は全国規模でサービス展開しているところもありますが、会社ごとに対等地域は異なってきます。

その会社が提携する買取業者がどの地域をカバーしているかがポイントとなりますが、それは細かく表示されているわけではないため、パッと見ではなかなかわかりません。

幅広い地域に対応しているかどうかを知るには提携業者数が何社なのかが目安となりますので、心配な方は提携業者数がなるべく多い車一括査定を選ぶといいでしょう。

事故車でも売却できる?

査定金額がどうなるかはさておき、車一括査定で事故車の申し込みをすることは可能です。

事故車だからといって車一括査定が利用できないということはありません。

車一括査定の申し込みの際に事故歴の項目があればそれを入力し、通常の車と同様の手順で査定を受ける。ことができます。

また、車一括査定のサイトによっては事故車を専門に扱う別サイトを用意していることがあります。

事故車の場合はそちらを利用することもおすすめです。

ローンが残っていても売却できる?

ローンが残っている車であっても、車一括査定を利用することは可能です。

ローンを組むと車の所有権が自分ではなくディーラーやローン会社となることがあり、その場合は勝手に車を手放すことはできませんが、いくつかの手続きをすることで売却することは可能となります。

その際、売却額がローン残債を上回っていれば、買取業者からその差額を受け取って車を売却することができます。

逆に売却額がローン残債を下回ってしまった時は、差額を一括で支払うか、あるいは新たなローンに組み込むことで車を売却することが可能です。

なお、所有権などの手続きについては買取業者が行いますので、利用者は業者と相談しながら必要書類の提出を行うだけで済みます。

ローンが残っている場合は買取業者にあらかじめそのことを伝えておくことで、書類の準備などを事前に行い売却をスムーズに進めることができるでしょう。

代理人でも売却できる?

車の所有者本人ではなく、代理人であっても売却は可能です。

通常の車検証や自賠責保険証明書などのほか、委任状や、所有者の実印を押印した譲渡証明書などを用意すれば売却手続きをすることができます。

ただ、たとえば車の所有者が高齢の親で、病気や認知症などで書類の用意が難しいという場合、成年後見人制度を利用するなど別途手続きが必要な場合もあります。

手続きは所有者と代理人の関係によってケースバイケースとなることが多いため、代理人の事情を事前に相談しておくとスムーズです。

見積書に期限はある?

車一括査定では買取業者から出張査定を受け、その査定額の見積書を出してもらえます。

その見積書には有効期限が記載されており、査定金額はその日にちまで有効ということになります。

日数が経過すればそれだけ走行距離が増えたり、キズや汚れがつく可能性もありますので、査定の金額が有効となるのは査定日からおよそ10日前後となることが一般的です。

そのため、一括査定を利用する時はあまり間を置かずに複数社からの査定を受け、売却を決定する必要があります。
スピーディに検討できるよう、あらかじめ希望金額の目安や売却条件を検討しておくのがおすすめです。

車一括査定
おすすめランキングTOP5

車一括査定をして高く車を売ろう!


今回は、車一括査定の仕組みや選び方、メリット・デメリット、おすすめランキングなどをご紹介しました。

車一括査定は、利用したことがない方にとってはどのような仕組みなのか不安になることもあるかもしれませんが、全体像を把握して賢く利用すれば愛車を高く売れる可能性が格段にアップします。

スムーズな手続きのためには、愛車の希望金額や売却の条件などをあらかじめ整理しておき、出張査定のスケジュールなどを手際よく組んでいくことがポイントです。

買取業者とのやり取りで、もし強引な営業に遭うなどした場合は消費生活センターなど専門の期間を頼るといいでしょう。

自分に合う車一括査定の会社を見つけて、ぜひ納得のいく売却をしてください。

車一括査定
おすすめランキングTOP5