MENU

新車の値引きは3月の決算時期がねらい目?安く買える時期とは

2021.03.08

誰しも新車は安く買いたいものです。
実際にいつが買い時なのか、具体的な時期を絞って戦略を練っているでしょうか。
今回は計画的に商談を行う材料としていただく為の内容となります。

車両検討のメッカといえば3月の決算時期となります。
各種広告も打たれますし、知識として決算時期がいいらしいと認識されているはずです。

その根拠や、決算時期以外のおススメのタイミングについても述べていきます。
3月は勿論、それ以外にも買換え時は存在するということをご理解いただければ幸いです。

なぜ決算時期が値引きの狙い目なのか

決算時期は年度末ということでディーラーも膨大な目標台数(ノルマ)を抱えています。
ちなみに多くの販売店にとって目標台数とは登録台数のことです。
その為、お買い得車や値引きを大々的に宣伝しお客さんを呼び込みます。

なんとか3月中に契約、そして登録を済ませたい訳ですから、多少の薄利多売は構わないというスタンスな訳です。
こういった事情についてはご存知の方も多いかと思いますが、販売店側の事情について少しご説明いたします。

販売店は年間の販売台数をメーカーと取り決め、その台数を各店舗に振り分け、さらに営業マンごとに販売目標台数(さらに月ごとに振り分けます)を決めていきます。しかし市場が動かない月も多く、12か月均等に販売台数を割るのは現実的ではありません。

その為、ボーナス時期や決算の時期に、安くしますよ!と、キャンペーン時期を作ることでお客さんに行動するように訴求しているのです。

そして3月決算はまさに勝負の時期なのですが、3月だけでは期末中に名義登録がかけられない車両がでてきてしまいます(登録作業には1週間ほどかかります、さらに大前提として車が生産中ではなく完成している必要があるのです。)。
そうなると3月だけではとても目標台数を達成できません。
在庫に限りはあり、生産見込みの車両を登録するには逆算して3月初旬には契約に持ち込まないといけないのです。

ではどうするかというと、多くのディーラーは1月~3月というロングスパンで決算の台数を決め、達成しようとするのです。
極論、1月から営業マンは血眼で台数を上げようとしています。
チラシやwebを覗けばお買い得車が増えているかもしれませんし、上手に交渉を進めれば1月だろうと2月だろうと3月並の値引きが期待できるかもしれません。

その他の値引きが狙い目な時期

先の項でも少し触れましたが、3月に固執せずとも安く買えるチャンスはあります。
店舗や営業マンごとの事情を考えないのであれば、7月のボーナス時期が代表的です。
これは購買層のサイフが潤う時期を狙ってキャンペーンを実施しているということで、
ディーラーも在庫を増やし、お買い得車を多く設定していきます。

また半期決算期も販売目標台数が増える傾向にありますので、同様に狙っていくと良いでしょう。

モデルチェンジ時期の値引きの狙い目

モデルチェンジ時期も、既存車種を売り切りたい販売側は大幅な値引きを謳っているでしょう。実はフェイスリフトや大小マイナーチェンジ、フルモデルチェンジに関わらず値引きはかなり大きく行われます。

新車販売の観点からいえば、大小にかかわらず前の型は販売できないので、売り切らなければいけないのです。
勿論、フルモデルチェンジ車種については販売年数が長く、元々売りにくいという事情もありますので、より投げ売りに近くなる可能性はあります。

また新型になってしまうと値引き額については無いに等しいか非常に少なくなりますので、買い時を誤らないようにしましょう。

その他の値引きのコツ

この項でご説明することは、今までに紹介した時期での共通戦略といえます。
まず販売側は時期、さらには月と具体的な締め切りに追われています。決算時期なら(1~2月も同様ですが、)3月が〆であり、ボーナス時期は7月が〆となります。
営業マンは該当する月末までに登録をすることがマストなのです。

販売店側は絶対に登録をしたいという思いで商談を進めてきます。
月初めの商談だとまだ登録期間的に余裕がある状態です。車種によりますが、生産待ちでも登録が間に合うからです。
そうなると営業マンもじっくりと商談をすすめてきますし、値引き交渉も長引く可能性があります。
そのため月初めは、車両の見学や試乗を行い、営業マンに自身が検討している車両を認識させ、月の半ばに入るあたりで一気に商談を進めていくのがおススメです。
もちろん注意が必要です。そもそも在庫車種でマッチングする車種があるのか聞いておく必要があります。

在庫を抱えている車種かは素直に聞いてしまって問題はありません。
そういったことを意識しているお客さんは購入意欲が高いと判断され、営業マンも商談に前向きになりますので、交渉もしやすいでしょう。

在庫が無いか在庫車種が嫌であればオーダーが必要ですので、素直に月初めから商談を行い、月内登録に協力するようにして譲歩を引き出しましょう。

またモデルチェンジ時期については時期が車種それぞれですので、購入側がアンテナを張っている必要がありますが、実際のモデルチェンジ時期が来れば対応は同様と考えていきましょう。

まとめ

今回は決算時期を代表としたお得な時期について記事にしていきました。
決算時期は勿論ですが、他にも安く買えるチャンスがあるということがわかってもらえたと思います。
自身の欲しい車を少しでも安く買う為に、こういった時期にお店を訪問してみてはいかがでしょうか。

関連記事

・新車購入、商談を有利に進める準備①~某ディーラー元トップ営業マンのここだけトーク~
・新車購入見積りの理想は3枚?新車購入時に商談を有利に進める準備②
・『新車購入 、商談を有利に進める 準備③ 』