【イラストエッセイ】遠藤イヅルのいづるーむ  ートヨタ・スプリンター カリブー

2018.10.23

SSO-7070

現在では一般的なジャンルとなった“クロスオーバーSUV”のはしりとも云える、少し背が高い4WDのステーションワゴンがスプリンターカリブ。初代が登場した当時、全車4WDというラインナップはとても珍しかった。

“スプリンター”を名乗るが、初代はターセル/コルサ/カローラⅡをベースとしているため、1.5リットル3A-U型エンジンは縦置きに搭載される。
大胆なクオーターウインドウの切り方と縦長のテールランプが独特のテールエンド。縦長ランプはこの後各車が追随した。ドアミラーは1983年から採用開始。

illust & text by 遠藤イヅル

▼遠藤イヅルのいづるーむバックナンバーはこちら
https://car-days.fun/blog/tag/いづるーむ