MENU

登録済み未使用車とは?定義と特徴について

2021.04.04

中古車をウェブサイトで探している時や、大き目の中古車店をのぞいてみると、登録済未使用車(軽自動車は届出済未使用車)と表示された車両を見たことがあるかもしれません。
なんとなく安く買えるのかな、新古車かな?という程度の印象でしょうか。
今回は登録済未使用車についてどういったものなのか、購入のメリットやデメリットについて考えていきましょう。

未使用車とは?

そもそも未使用車とはメーカーが(実作業としてはディーラーが)販売実績の為に新車登録を済ませた車両で、使用運行されていない車両です。

初度登録済であればワンオーナーついた中古車ですので、ディーラー中古車店や大手中古車店で販売されることになります。買い手側はいわゆる新古車という認識になりますが、自動車公正取引協議会により、登録済未使用車(軽自動車は届出済未使用車)と表示するよう決められています。

ちなみに未使用車と思われがちですが、ディーラーに(店内等で)展示されている車両は登録をしていない場合が多く、新車となります。明確に試乗車とは線引きされており、そういった車両はディーラーの在庫車として目玉商品として販売されているはずです。

また試乗車落ちの車両はナンバー登録が済んでいるので新車ではありませんが、距離が数百~数千キロは進んでいるはずですので、未使用車として中古車店には並びません。
あくまで状態の良い高年式中古車といえるでしょう。

未使用車の特徴

前項で述べたように未使用車は新車と走行距離がほぼ変わりません。店舗に来るまでの陸送や一時的な展示の為に移動する以外は使用されていないはずです。
概ね100km以内しかメーターは回っていないと考えられます。

厳然とした中古車ですので新車と販売価格は違います。車両やグレード、オプション、人気車種かによって提示価格は変わりますが、1割から2割ほど安めの販売価格にとなる可能性があります。多めにオプションがついている場合などはさらにお買い得感がつよくなっているかもしれません。

未使用車を買うメリット

中古車なのに新車と変わりないコンディションであること、そして新車よりもお得感のある車体価格が魅力です。この2つが何よりのメリットとなります。

また新車から保証を継続させることで、ディーラーから万全の整備、バックアップが受けられます。現車販売なので納車までの時期を短くできるでしょう。
重量税は既に登録時に支払われていますし、取得税は残価率に応じて減税されます。

未使用車を買うデメリット

登録されているので、販売期間中も車検期限は短くなっていきます。新車は初回車検まで3年(普通車)と長いことも魅力ですが、未使用車は3年間残っていることはありません。

タイミングによるものの、エコカー補助金等、新車購入時の減税処置が受けられません。
車両のグレードはおろかカラーやメーカーオプションを選択することはできません。
後付けできるオプションはディーラーなどで購入できますので、それで対応がきるかもしれません。
理想のグレードでもオプションがついていなかったり、必要の無い高額オプションがついていたり、自身の都合とは別のところで金額が変動している可能性があり、何かしら妥協して購入することになるでしょう。

車体価格が安くなっているとはいえ、新車で理想の車をオーダーしたほうが結果的には満足度が高くなるのではないでしょうか。

そもそも未使用車は新車よりも金額的にお得なのかを見極める必要があります。
これは中古車販売では値引きが少ない傾向にありますが、新車は値引き交渉のできる車両が多い傾向にあるということです。
1割から2割、未使用車のほうが安く提示されているとしても決算期の新車ならば値引きを見込むと購入金額に大きな差がないかもしれないのです。

未使用車を選ぶときの注意点

コンディションはどれも良いわけですが、現車のみの販売です。
欲しい車両がカラーもオプションも全て決まっており、全て当てはまる未使用車を探すのは非常に難しいでしょう。

未使用車は台数が潤沢にあるわけではありません。メーカー及びディーラーも好んで未使用車を作り出すわけではありませんし、登録するにしろカラーは無難なもので、オプションも沢山付けない傾向にあります。
言ってしまえば台数目的の自爆購入なので、高い車をわざわざ登録する必要もないのです。

中古車販売店において未使用車は人気が高く、すぐに売れていってしまいますので、自分好みの車を探し切るのは非常に困難を伴うのです。

一期一会の要素が強い為、どこまでが妥協できるラインなのかをきちんと決めておく必要があります。

まとめ

今回は登録済未使用車についてご紹介いたしました。
欲しい車両と同じ未使用車が並んでいた場合は積極的に検討したいものですが、オプションやカラー、値段と冷静な判断が求められることも事実です。

悩んでいる間に売れてしまう人気商品ですので、決断力の求められる買い物となります。
しかし中古車というカテゴリーにおいて、最も満足度の高い商品であるのも事実でしょう。

もしあなた好みの未使用車が目の前にあったら、他の店舗に行っている時間はないのかもしれません。

関連記事

・新古車とは?メリット・デメリットと購入の心得について
・新車を買うならいつ?フルモデルチェンジとマイナーチェンジの違い
・新車購入時の駐車場はいつ契約すればいい?タイミングと選び方の注意点をご紹介!