MENU

新古車とは?メリット・デメリットと購入の心得について

2021.04.07

車の購入を考える際に、新古車を検討したことはありますか?
漠然と新車が安く買えるのでは?新車と同等の中古車かな?とイメージされたのではないでしょうか。そして実際に新古車の購入に至った方はいらっしゃるでしょうか。
今回は知っているようで知らない新古車について考えていきたいと思います。
新車でも中古車でも、購入を検討している方にとって有益な情報になればと思います。

新古車とは?

新古車と呼ばれる車両には以下のようなパターンがあります。

  • ディーラーが販売台数=登録台数を増やす為に、自社で購入し登録した車両。つまり自腹でノルマを達成しようとした訳です。
  • 試乗車として登録した車両。
  • 登録はしていないものの、展示車として使用しており、便宜上新古車と称して営業販売される車両。販売員経験のある筆者の感覚としては、購入するお客様側が新古車と捉えている印象が強いです。販売側はあくまで新車であり、在庫車であるという説明をするはずです。

大まかにこのような理由があり、登録=ナンバーがついているか、ピカピカの新車とは必ずしも言い切れない車両について、新古車と呼ばれ販売されます。法律上決まっているわけではなく、販売側と購入側が便宜上呼んでいるということになります。

新車・中古車・新古車の違い

前項と重複する部分もありますが、それぞれの違いについて記していきます。

新車について

購入した場合、名義登録が初めてで一人目のオーナーになります。また車両制作時に装着されるメーカーオプション(ラインオプション)やカラーの組み合わせを自由に決定することができます。自身の好みの車をオーダーメイド可能ということです。

中古車について

誰かが手放した車両ということですので、オーナーが何人いたかは車両ごとに異なります。また価格・オプション・色・車両状態はそれぞれまったく違うものになります。
また価格と車両状態の相関関係については自身の目利きも重要になってきます。

新古車について

購入を検討する時点でその車両はワンオーナーの可能性があります。基本的にはディーラーやレンタカー会社名義となっているでしょう。つまり名義登録が済んでいる状態です。車両は一点物の在庫のみで、メーカーオプションの選択は不可能です。ナンバーが付いた車両は新車としての販売はできませんが、車両の状態は新車とほぼ変わりないので、新古車として市場において呼ばれ販売されるのです。

新古車のメリット

新古車を検討し購入するメリットはどこにあるのでしょうか。いくつか考えられます。

価格

新車よりも車両価格が安く提示されています。
車両の人気や供給台数、価格によりますが、10万円~20万円程度は変わってくると推察されます。また登録作業が完了している為、重量税を払う必要がなく、残価率に応じて取得税が減額され、購入時期しだいで自動車税も免除される可能性があります。

納車時期

現車を購入することになりますので、早く納車されます。
新車のように作って運んでくる手間がないということです。
気に入った車がすぐに乗れるのは嬉しいのではないでしょうか。

新古車のデメリット

新古車を購入することのデメリットも把握しておく必要があります。
しかしこういったデメリットが気にならないのであれば、新古車を積極的に検討するべきでしょう。

在庫車・現車があるか

新古車とは中古車です。そもそも車両がお店に在庫として存在している必要があります。
ディーラーは可能な限り新車で売りたいので、積極的に新古車を用立ててはくれません。そういう意味では中古車以上に一期一会といえるでしょう。

グレード・オプション・カラーが選べない

新車に限りなく近いコンディションなのに、好みのグレード・カラー・オプションは選べません。それならば新車で好みを反映したほうが良いかもしれません。
またディーラーオプション系も一切ついていない可能性があります。
通常の中古車は実際にオーナーが使用していたため、実用的な装備、オプションが付いているはずです。
新古車は雨よけバイザー、ナビ・オーディオ、場合によってはカーペットすらついていないこともあるのです。

価格

メリットと同様のテーマです。そもそも安いのか?という疑問です。人気車種の場合は特に注意が必要です。一般的に中古車は新車ほどの値引きは行われません。
新車の定価とあまり変わらず、新車商談の場合見込まれる値引きが無い為、支払額が大差ないというパターンも往々にして存在します。
手間はかかるものの、新車の見積り、値引きの相場を調べた上で、新古車を検討する必要があるのです。

メーカー保証、車検期間

実質未使用とはいえ、登録し市場に出ている時点でメーカー保証は短くなっています。
車検期間も同様です。安くなっているとはいえ新車で買えば初回車検は3年ですので、どれくらい車検期間が短くなっているか、自身が許容できるかの判断が必要となります。

新古車はこんな人におすすめ

具体的にどういったカテゴリーや車種がほしいか決まっている人にこそ、おススメです。
例えば状態のいいセレナが欲しいが色にはこだわらない方は日産ディーラー系中古車店に通うのがおススメです。タイミングがよければ新古車のセレナと中古の様々な状態、年式のセレナを見比べることが可能です。限りなくコンディションのいい車両に心動くのであれば、是非積極的に新古車を検討してほしいと思います。ただし、人気車種はすぐに売れてしまいますので、店頭に並んでいれば買うぞ!と心に決めておくとよいかもしれません。
また大小マイナーチェンジ・フルモデルチェンジ後に試乗車・展示車落ちが新古車として販売されます。購入する側の情報収集も大事といえるでしょう。

まとめ

さて今回は新古車の基本について記事にしました。
聞いたことはあるけど、どういったものなのか具体的には知らないという方も多かったのではないでしょうか。
実際に新古車を購入したという方は少ないと思われますが、これを機会に購入の選択肢としてみてはいかがでしょうか?

関連記事

・新車を買うならいつ?フルモデルチェンジとマイナーチェンジの違い
・電気自動車を購入するなら知っておきたい!充電についての基礎知識
・新車購入時の駐車場はいつ契約すればいい?タイミングと選び方の注意点をご紹介!