【最新ニュース】新型スポーツカー!「ZENOS E10」正規輸入開始へ

2016.06.22

今年より正規輸入が開始される新型スポーツカーが「ZENOS E10」です。

 

このモデルは、2013年に英国で設立されたばかりの新興自動車メーカーである「ZENOS CARS」が送り出したライトウェイトスポーツカーで、生産は全てハンドメイドで行われています。

 

車体構造は、公道を走るレーシングカーというべきもので、横置きの2.0L直列4気筒エンジンをミッドシップに搭載。フロントサスペンションには、レーシングカー同様のインボードサスペンションを採用しています。キャビンは、とてもシンプルな仕上げで、2座のフルバケットシートを装着。近未来的なデジタルメーターを備えますが、走りに徹しているため、快適装備は一切なし。乗降用のドアすらありません。操作系は完全にアナログで、トランスミッションは、5速MTもしくは6速MT。ブレーキは、ABSレスのノンサーボとなります。

このように徹底した軽量化により車両重量はわずか700kgに過ぎず、スタンダードなNA仕様の最高出力は200psですが、かなり刺激的な加速が味わえます。

 

ユニークなのはデザインだけでなく、車体にリサイクルカーボンファイバーによるカーボンファイバー複合材を使用していること。結果、新しいカーボンファイバー材によるものとほぼ同等の強度や剛性、軽さを保持しながら、コストは10分の1まで圧縮させることに成功。

また、難しかったカーボンファイバー材のリサイクルにも貢献しています。

 

グレード構成は、2.0NAのE10と2.0LターボのE10Sの2タイプ。

予定価格は、648万円(税抜)からと公表されています。

日本にはまだ数台しか上陸しておらず、ナンバーを取得しているのは、現時点では写真のクルマのみ。遭遇したら、超ラッキーです。

 
 

text & photo by OHTO Yasuhiro