MENU

運転免許証不携帯で捕まったらどうなる?無免許運転との違いも解説

2022.02.19

車を運転するときは運転免許証を携帯するよう道路交通法で定められています。
もし違反すると「運転免許証不携帯」で反則金が課せられます。

運転時は運転免許証の携帯が必要なことは周知の事実でしょう。
しかし、罰則の具体的な内容、ゴールド免許への影響、自動車保険への影響などはよく知らない方も多いかもしれません。

そこで今回は運転免許証不携帯に関する基礎知識から捕まったらどうなるのか、そしてよくあるQ&Aを3つ紹介します。

運転免許証をうっかり忘れてしまうことは誰にでも起こりえます。
運転の前には免許証を持っていることを確かめるようにしてください。

運転免許証不携帯とは?


運転免許証不携帯とはどんなものなのか基礎知識を紹介します。

運転免許証不携帯は道路交通法違反になる

運転免許証不携帯は道路交通法に違反します。

道路交通法第95条第1項に「免許を受けた者は、自動車等を運転するときは、当該自動車等に係る免許証を携帯していなければならない。」と明記されています。

運転免許証不携帯と無免許運転の違い

運転免許証不携帯と無免許運転は以下のように全く違うものです。

  • 運転免許証不携帯:運転免許は取得しているが携帯せずに運転した
  • 無免許運転:運転免許を取得していない状態で運転した

違反の重さも全く違い、無免許運転の方が厳しく罰せられます。
運転免許証不携帯は反則金を払うだけですが、無免許運転は刑事責任が問われ前科として記録が残ります。

運転免許証不携帯で捕まったらどうなる?


運転免許証不携帯で捕まったらどうなるのか、以下の3つを解説します。

  • 罰則・罰金
  • ゴールド免許への影響
  • 自動車保険への影響

運転免許証不携帯の罰則・罰金

以下のように罰則が決められています(出典:警視庁HP)。

  • 点数:なし
  • 反則金:3,000円

トラック、普通自動車、軽自動車、バイク、原付など全て一律です。

ゴールド免許への影響

ゴールド免許への影響はありません。
もし運転免許証不携帯で罰則を受けても、次回の免許更新でブルーに格下げになることはありません。

運転免許不携帯は軽微な違反とされ点数が設定されていないため、ゴールド免許への影響がないということです。

自動車保険への影響

免許不携帯の状態で事故を起こしても、自動車保険への影響はありません。
通常と同じように保険が適用されます。

運転免許証不携帯でよくあるQ&A


運転免許不携帯についてよくあるQ&Aを3つ紹介します。

  • 捕まったあとの運転はどうする?
  • 運転免許証のコピーやスマホの写真でも大丈夫?
  • 運転中に運転免許証不携帯に気付いたら?

捕まったあとの運転はどうする?

警察官の裁量にもよりますが、そのまま車を運転させてくれることが多いようです。
絶対とは言えませんが、車を置いて公共交通機関で家に行って免許を取ってこい、などという厳しいことは言われないことがほとんどです。

ただ、厳しいことは言われない可能性が高いとはいえ、本来は運転免許証を持たずに運転してはいけません。
運転するときには確実に運転免許証を持っているか確認しましょう。

運転免許証のコピーやスマホの写真でも大丈夫?

運転免許証のコピーやスマホの写真では代用できません。
運転免許証そのものを携帯しなくてはいけません。

先にも紹介した道路交通法第95条第1項には「当該自動車等に係る免許証を携帯していなければならない。」とあります。
「当該自動車等に係る免許証」というものが、運転免許証そのものを指しているということです。

運転中に運転免許証不携帯に気付いたら?

運転中に運転免許証不携帯に気付いたら、できるだけ早く取りに帰りましょう。

もし帰る途中に警察に止められ免許不携帯を指摘されても、見逃してくれることもあるようです。
ただ、警察官の裁量に寄るところが大きいため、やはり運転の前に免許を携帯していることを確かめることが最も大切です。

運転免許証不携帯にならないように気をつけよう!


運転免許証不携帯について、基礎知識からよくあるQ&Aを紹介しました。

運転免許証を持たずに運転すると、運転免許証不携帯という違反に問われます。
点数は引かれませんが、3,000円の反則金を支払わなくてはいけません。

もし違反してもゴールド免許への影響はありません。
また、運転免許不携帯時に事故を起こして保険を使うことになっても、通常時と同じように保険が適応されます。

運転免許証そのものを携帯することが道路交通法で定められています。コピーやスマホで撮った写真を持っていても運転免許証を所持しているとは認められません。

運転免許証不携帯で捕まったり、運転中に免許を携帯していないことに気が付いたら、寄り道せず取りに帰りましょう。
警察官の裁量で不携帯でも運転して取りに帰ることが認められるかもしれないとはいえ、本来は運転中に運転免許証を携帯することが義務付けられています。

運転前には免許証を持っているか確認して、安心な運転を心がけてください。

関連記事

・運転免許証の住所変更をしないとどうなる?手続きの方法について
・運転免許証の更新を忘れたらどうなる?うっかりかやむを得ないかでの違いを解説
・運転免許証を紛失した時の対処法!いざという時に慌てず対応しよう