MENU

【これで解決】車検費用の相場はどれくらい?普通車と軽自動車の違いについて

2021.06.10

「今の車で車検を受けるの初めてなんだけど、どれくらいお金用意すればいいか分からない。」

「車検費用を安く抑える方法ってないのかな。」

今回はそんな悩みを解決していきます。

1回車検を受けていれば、次はこれくらいかかると予想が付きますが、初めての車検だったり。車を買い替えて最初の車検だったりするといくらかかるのか不安になりますよね。

この記事では、普通車と軽自動車の車検費用がかかるのかを詳しく解説していきます。

また普通車は車の大きさによって費用が変わるので、その点についても深堀りした内容になっています。

本記事を参考にして、車検費用に対する不安を解消してくださいね。

後半では、車検をお得に受けるために知っておきたい3つのサービスについても紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

車検費用は何がかかる?


車検費用の内訳は以下の3つとなっています。

車検費用の内訳
  • 法定費用
  • 車検基本料
  • 整備費用

この中で法定費用は固定となっており、どこで車検を受けても料金は変わりません。

一方で車検基本料と整備費用については、車検を受けるサービスによって異なります。

そのため、どこで車検を受ければ費用を抑えられるのか、どこなら安心して車検を任せられるのかを知っておくことが重要です。

車検費用の内訳について、詳しく見ていきましょう。

法定費用

法定費用は道路交通法によって決められた費用で、以下の3つから成り立っています。

法定費用の内訳
  • 自賠責保険料
  • 自動車重量税
  • 検査手数料

自賠責保険は普通車なら21,550円で固定、検査手数料は小型車なら1,700円、普通車なら1,800円で固定です。

自動車重量税は、車両が重いほど高くなり、以下の料金区分となっています。

車両重量 エコカー エコカー以外
0.5t以下 5,000円 8,200円
1t以下 10,000円 16,400円
1.5t以下 15,000円 24,600円
2.0t以下 20,000円 32,800円
2.5t以下 25,000円 41,000円
3t以下 30,000円 49,200円

またエコカーの中には完全に重量税が免除される車もあります。

以上の表より、重さによってエコカーでも2万円以上、非エコカーなら4万円以上の差が出ることを理解できると思います。

車検費用のことを考えるなら重量税のことを考えて車を買うのがポイントです。

車検基本料

車検基本料は実際に車を検査する際にかかる費用です。

車が大きくなるほど、車検基本料も高くなることが一般的です。

また選ぶ業者によっても車検基本料は1万円以上変わります。

そのため車検を安くで済ませたいなら、車検基本料を抑えられる業者を選ぶことが重要です。

整備費用

整備費用は、車の検査を行った結果、異常がある部品が見つかって、取り替えを行ったり事故を予防するために部品の交換を行ったりする際にかかる費用です。

どれくらいの整備を行うかによって整備費用は異なりますが、多くの場合は部品代と人件費がかかります。

使用する部品がメーカー純正製品であれば、高くなりカー用品店で売っている非純正品であれば安く済ませることができます。

料金がお得な
車検サービス3選

車検費用の支払い方法は?

車検費用には7万円以上の大金が必要になりますが、車検の直前になって一括で支払うのか厳しいとなることもありえますよね。

以下では、車検の費用を支払う際に利用できる3つの方法について詳しく解説していきます。

現金払い

ポイントが貯まることもなく、一括で5万円以上を用意しないといけないため、あまりおすすめはできない支払い方法です。

ただし法定費用は現金でないと支払えないことが多いので、法定費用として必要な額は現金として用意しておきましょう。

また最近は減ってきていますが、全額現金払いのみの車検場もあるので、事前に確認しておくことが必要です。

クレジットカード払い

クレジットカード払いなら、すぐにお金を用意できなくても車検費用を支払うことができます。

また利用しているカード会社のポイントも貯まるので、現金支払いに比べるとお得です。

ただし先ほど触れたように現金の支払いにしか対応していない車検場もあるので、利用する車検場がカード払いに対応しているのかを事前に確認しましょう。

後ほど紹介する楽天Car車検なら、検索で出てくる98%の車検場がクレジットカード利用可能です。

そのためクレジットカード払いを検討している方は、楽天Car車検で車検場を探すのがおすすめです。

車検ローン

一気に大金を用意できない方でも、車検ローンを組むことで車検代を分割して支払うことができます。

車検においてローンを組む方法は以下の通りです。

  • ディーラーや専門店と提携している信販系ローン
  • 銀行のマイカーローン
  • 消費者金融のカードローン

もしローンを組むなら、金利の少ない銀行のマイカーローンがおすすめです。

銀行で審査が通らなければ、ディーラーや車検専門店でローンを組みましょう。

消費者金融のカードローンは2つに比べて金利がかなり高いので、最終手段と考えておいてください。

たとえ銀行のローンであっても金利は発生するので、できれば現金やクレジットカードで一括払いするのがおすすめです。

料金がお得な
車検サービス3選

普通車と軽自動車で車検はどう変わる?

普通車と軽自動車では、車検において違いがあります。

以下では、普通車と軽自動車でどういった違いがあるのかを詳しく見ていきます。

車検内容・手続きの違いはあるの?

業者に依頼する場合、車検の内容と手続きに違いはありません。

また業者に依頼する場合は関係のないことですが、軽自動車と普通車では車検を行う場所が異なります。

普通車は運輸支局、軽自動車は軽自動車車検協会の車検場で検査を受けることになります。

業者で受ける場合には、業者側で手続きするため問題ないですが、節約するためにユーザー車検を行いたい方は気をつけましょう。

普通車と軽自動車の車検費用に関する違いは?

普通車と軽自動車では車検費用が大きく異なり、軽自動車の方が安くなることが一般的です。

普通車と軽自動車で車検費用がどれくらい違うのか、法定費用を表にまとめました。

普通車 軽自動車
自賠責保険(24ヶ月) 21,550円 21,140円
自動車重量税(2年) 12,300円~73,800円 一律6,600円
検査手数料 1,700円、1,800円 1,400円
合計 35,500円~97,150円 29,140円

自動車重量税は非エコカーの場合を記載しています。

軽自動車は重量税が一律なのに対して、普通車は車両の大きさによってかなり異なります。

重さごとの重量税は、先ほどの表を参考のしてみてください。

以上の表から、法定費用だけでもかなり違いがあることが分かると思います。

料金がお得な
車検サービス3選

車検費用の相場は?

車検を受ける場所ごとに、車検費用の相場は異なります。

車検場ごとにどれくらいの相場になるのか、普通車と軽自動車でそれぞれ見ていきましょう。

普通車の車検費用の相場

以下の車検場で検査を受ける場合における普通車の車検費用相場を表にまとめました。

小型車、中型車、普通車、大型車でそれぞれ記載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ディーラーで車検をする場合

法定費用 車検費用 合計
小型(2.0t~2.5t) 43,430円〜 40,000円~ 83,430円~
普通(1.5t~2.0t) 51,630円〜 41,000円~ 92,630円~
中型(1.0t~1.5t) 59,830円〜 43,000円~ 102,830円~
大型(2.0t~2.5t) 68,030円〜 52,000円~ 120,030円~

ディーラーでの車検は、料金が高くなる傾向にあります。

その代わり、乗っている車のメーカーの人が検査してくれるので、安心感を持って車検を受けることができます。

料金は高いですが、それに見合ったサービス内容となっているので、少しお金をかけてでもメーカーの車に詳しい人にしっかりと検査して欲しいと考える方におすすめです。

車検専門店で車検をする場合

法定費用 車検費用 合計
小型(2.0t~2.5t) 43,430円〜 13,000円~ 56,430円~
普通(1.5t~2.0t) 51,630円〜 14,000円~ 65,630円~
中型(1.0t~1.5t) 59,830円〜 14,000円~ 73,830円~
大型(2.0t~2.5t) 68,030円〜 14,000円~ 82,030円~

車検専門店はとにかく車検費用を抑えたいという方におすすめです。

整備の質やスピードについても評価も高いです。

安いから手を抜くというわけではないので安心してください。

ただしディーラーで車検を受ける場合とは異なり、純正のパーツを使って部品交換をするわけではないことを理解しておきましょう。

整備工場で車検をする場合

法定費用 車検費用 合計
小型(2.0t~2.5t) 43,430円〜 38,000円~ 81,430円~
普通(1.5t~2.0t) 51,630円〜 40,000円~ 91,630円~
中型(1.0t~1.5t) 59,830円〜 41,000円~ 100,830円~
大型(2.0t~2.5t) 68,030円〜 51,000円~ 119,030円~

整備工場には認証工場と指定工場があります。

もし整備工場を利用するなら、1日で検査を終了することでき、一定の基準を満たさないと指定されない指定工場がおすすめです。

指定工場なら整備の質が非常に高く、スピーディーな検査を受けることができます。

カー用品店で車検をする場合

法定費用 車検費用 合計
小型(2.0t~2.5t) 43,430円〜 33,000円 76,430円~
普通(1.5t~2.0t) 51,630円〜 33,000円 84,630円~
中型(1.0t~1.5t) 59,830円〜 33,000円 92,830円~
大型(2.0t~2.5t) 68,030円〜 33,000円 101,030円~

オートバックスやイエローハットなどのカー用品店でも車検を受けることが可能です。

車検費用自体はそこまで安いとも言えませんが、部品交換が発生した際の費用を抑えることができます。

部品交換の費用を抑えられるのは、カー用品を豊富に揃えているからこそできることです。

スピード感もあるので、車検を受けたその日に車を引き取ることができます。

ガソリンスタンドで車検をする場合

法定費用 車検費用 合計
小型(2.0t~2.5t) 43,430円〜 14,000円~ 57,430円~
普通(1.5t~2.0t) 51,630円〜 15,000円~ 66,630円~
中型(1.0t~1.5t) 59,830円〜 16,000円~ 75,830円~
大型(2.0t~2.5t) 68,030円〜 16,000円~ 84,030円~

ガソリンスタンドでの車検は、手軽に車検を受けられる、費用が安いなどのメリットがあります。

24時間営業の店舗であれば、いつでも予約や見積もりをすることも可能です。

ただしサービスの質が利用するガソリンスタンドによって大きく異なったり、数日かかるのに代車が借りられないなどのデメリットも存在します。

そのため費用を抑えて手軽に車検を済ませたい方向けと言えます。

軽自動車の車検費用の相場

先ほどと同じように、車検を行う場所別に軽自動車の車検費用の相場をまとめました。

普通車に比べて法定費用がかなり安いですが、車検費用は小型車とあまり変わらないのが特徴です。

ディーラーで車検をする場合

法定費用 32,770円〜
車検費用 38,000円~
合計 70,770円~

車検専門店で車検をする場合

法定費用 32,770円〜
車検費用 19,000円~
合計 51,770円~

整備工場で車検をする場合

法定費用 32,770円〜
車検費用 33,000円~
合計 67,770円~

カー用品店で車検をする場合

法定費用 32,770円〜
車検費用 33,000円~
合計 65,770円~

ガソリンスタンドで車検をする場合

法定費用 32,770円〜
車検費用 14,000円~
合計 46,770円~

車検費用は比較してお得に!大手3社をご紹介

ここまでの内容から、車検の費用を安くに抑えたいなら車検専門店やガソリンスタンドなど相場の安い車検上で検査を受ければいいことを理解してもらえたでしょうか?

しかしながら、これまでに紹介したのはあくまで相場です。実際には店舗ごとに車検費用は異なってきます。

店舗ごとに費用が違うのに、1個1個のサイトで車検費用を調べていたら日が暮れてしまいます。

以下では車検専門店の中でも安い車検場、ガソリンスタンドの中でも安い車検場を探すのに便利な大手比較サイトを3つ紹介していきます。

ホリデー車検


ホリデー車検は比較サイトではなく、全国220店舗を展開する完全予約制の車検場です。

完全予約制で立ち会いのもと車検を行ってくれるので、どういった料金内訳なのかが分かり安心して利用できます。

また立ち会いにより車の状態も把握しやすいので、車に対する知識も深まります。

車検費用は2万円前後で、プラスで法定費用がかかるので軽自動車であれば5万円以下で車検を受けることが可能です。

費用の面と時間的な面を考えるとかなりお得で、立ち会いのサービスだからこそ安心して利用できる車検場となっています。

ホリデー車検公式HP

楽天Car車検


楽天Car車検は1日車検可能、土日祝日でもOKなど様々な条件で絞り込みを行うことのできる車検のポータルサイトです。

掲載している98%以上の車検場がクレジットカード払いに対応しているため、現金をすぐに用意できない方やポイントをお得に貯めたい方にもおすすめです。

クレジットカードだけでなく、楽天ポイントも貯まるのでよりお得なサービスとなっています。

価格や条件だけでなく、口コミも参考にできるため、より自分に合った車検サービスを選びやすいサイトと言えます。

楽天Car車検公式HP

EPARK車検


EPARK車検は、全国3000店舗以上の車検場から検索することのできる車検のポータルサイトです。

地域やクレジットカード払い可能などの条件から車検業者を絞り込むことができます。

EPARKで発行しているクーポンを利用することで、車検基本料が安くなるため総額3万円台で車検を受けられる場合もあります。

近くにある車検場のクーポンがあったら利用してみるのもおすすめです。

EPARK車検公式HP

自分に合う車検業者を見つけよう!

いかがだったでしょうか?

車検費用の相場について、車検場別、普通車と軽自動車別に解説してきました。

あなたにとっての費用と安心感のバランスを取れる車検場を選んでみてください。

また以下の3つのサービスならお得に車検を受けることができるのでぜひ利用してみてくださいね。

車検サービスのおすすめ3選

本記事を参考に、車検費用の相場を理解して、どうすれば節約できるのかを理解してもらえればと思います。

料金がお得な
車検サービス3選