MENU

車好き釣りガールが選んだ『釣りにおすすめの車種&選ぶコツ』を一気にご紹介!

2020.12.30

みなさんはじめまして、釣りガール公式インフルエンサーのSatsukiです。小さい頃から車が大好きで、よく車の展示会に遊びに行ったりしています。そして大人になってからどっぷりハマって年間100日以上行っている釣り。

今回は『釣り好きの車選びのポイント』ということで、車が大好きな私がご紹介させていただきます!

釣りに適した車の選び方とは

釣りに適した車を選ぶには、運転性能や収納でいくつか抑えておくべきポイントがあると思っています。

釣り向け車選びのポイント
  • 荷物が多く乗せられる
  • 釣り竿収納を考えて天井が高い
  • 後部座席の収納
  • 長時間の運転がしやすい
  • 長距離を考えて燃費がいい

など釣りのことを考えると、どんどん要望が出てきます(笑)

これらの条件が全て揃った車が理想的ではありますが、釣りのジャンルや用途で重要視するポイントが変わってきますよね。
今回はいろいろなタイプの釣り車に適した車種をご紹介します!

釣りにオススメのコンパクトカー3選

荷物がたくさん積めて、となるとやはりSUVやミニバン、場合によってはバンのような大きい車のイメージがありませんか。大きい車の運転が苦手!という方も中にはいるはず…、駐車スペースが狭かったり釣り場までの道のりは何かと道が狭いですよね。

それに普段の街乗りやお買い物のときにも運転がしやすいサイズ感がいい!そんな方におススメなのがコンパクトカーです。
燃費順位で並べると、
・ホンダ フィット(38.6㎞/L)
・トヨタ アクア(38㎞/L)
・日産 ノート(37.2㎞/L)
といった3車種が挙げられ、小回りがきくだけでなくお財布にも優しいのが魅力といえるのではないでしょうか。

釣り好きから見た「ホンダ フィット」

ホンダフィット

荷室開口部の横幅が広く積み下ろしがしやすい

開口部が広いと大きなクーラーボックスもラクに積めますね!後部座席を倒すと多くの荷物が乗せられますし、公式サイトを見ると自転車もスッポリ。
シートアレンジが様々で用途に合わせて変えられることが嬉しいです。

長時間座っても疲れにくい構造のフロントシート

ボディースタビライジングシートという、人の骨格を研究してつくられ、背中からお尻にかけてしっかりと支えながら包み込むやわらかさだとか。
どうしても運転をしていると腰に負担がかかり少しでも軽減され快適になるなら長距離運転時もうれしい!

釣り好きから見た「トヨタ アクア」

トヨタアクア

全高は高くなくても室内長はしっかりと確保

室内長は2015㎜(フィットは1935㎜)、ハイブリットバッテリーをリヤシート下に設置することでゆとりのあるラゲッジスペースを確保されています。
天井部にロッドホルダーを設置するのは難しいですが、室内長が確保されているので少しの工夫で釣り竿もラクに積めそうです。

狭い道でも安心

釣り場に行くまでに山道を越えたり狭い道を通ることもしばしば。アクアの最小回転半径4.8mと小回りが利くので運転が苦手な方でも運転がしやすい車です。
縦列駐車もラクに駐車出来るのでいざというときに安心ですよね!

釣り好きから見た「日産 ノート」

日産ノート

普段使いにはちょうど良い荷室

荷室はそれほど狭くはありませんし、テールゲートを上げると四角い開口になっているため荷物の積み下ろしがしやすそうです。
タックルBOXやなにかと四角い道具箱などが多いので釣り人には嬉しいかもしれませんね!

e-POWERで快適な運転を

力強さ・なめらかさ・静かさが進化したとか…。モーター出力とトルクをこれまで以上に向上し、発進も追い越しも快適な力強い加速に。
釣りに行くとき高速道路も利用する機会が多いと思うのでどうしても快適さが加点されるとより嬉しい。

釣りにも便利な軽自動車をご紹介!

一つ前のコンパクトカーはもちろんですが、特に釣りする女性には軽自動車の需要がかなり高いと思います!

今の軽自動車って機能や収納も凄く良いですよね。釣り車にしている方も多いです。軽自動車で釣り車といえば、やはり釣り具が積みやすいハイルーフタイプではないでしょうか。
・ホンダ N-BOX
・ダイハツ ウェイク
・ダイハツ アトレーワゴン

釣り好きから見た「ホンダ N-BOX」


販売台数1位を獲得し続けているN-BOX。軽自動車と言えばこの車を思い浮かべる人も多いのでは?

天井も高めなのでロッドホルダーの取り付けが可能!後部座席がスライドドアなので荷物の積み下ろしもラクにできますね。走行に関しては、荷物を乗せることを考えるとやはりターボ車がオススメです。

釣り好きから見た「ダイハツ ウェイク」


実は私が軽自動車で釣り車にするなら一番欲しい車種です。見た目はアウトドアの雰囲気に馴染むデザインで、シートアレンジで後席がフラットになるところも嬉しいポイントです!
天井が高いのに加えて、乗降フロアの高さが低いのでラクに乗り降りができ、荷物の積み下ろし負担も軽減!運転席からの見晴らしも良く荷物も乗る、素敵な車ですよね♪

釣り好きから見た「ダイハツ アトレーワゴン」


釣り車用のセカンドカーとしても人気があるアトレーワゴン。荷室の容量は1,116Lと大容量!そして4人乗っても荷物が積める室内空間。荷物の量や人数に合わせていろいろなシートアレンジが可能です♪

荷室のカーペットには防水/防汚処理がされているため汚れてもサッと拭き取ることができるのも良いですね。そして、全車にターボエンジンが搭載されているのでスムーズな発進加速で快適な運転が出来ます。釣り人にとって嬉しいポイントがたくさん!

大人数の釣りならミニバンがオススメ!

基本1人で釣りに行かれる方でも、たまに大人数で乗り合わせて釣りに行かれるときもあるのでは。複数人で乗れると釣りの話をしながら楽しい時間を過ごせて良いですよね!

複数人乗れて、荷物も乗るとなればやはりミニバンクラスでは…?
・トヨタ ボクシー
・三菱  デリカ
・ホンダ ステップワゴン

釣り好きから見た「トヨタ ボクシー」

トヨタ ボクシー
ミニバンクラスではかなり人気の高い車種。見た目もスタイリッシュでカッコよく、ファミリー層にも凄く需要がありますよね!空間の広さはもちろん、インパネの形状が工夫されており視界の広さが良く運転がしやすい。

7人乗りタイプでは9段階、8人乗りでが5段階のシートアレンジが可能なため2.3列目シートを倒して横になることができ、釣りの休憩や移動中の一休みを快適に過ごせますね。

釣り好きから見た「三菱 デリカ」

三菱 デリカ
SUVのような走破性をもつミニバン、デリカD:5は4WDなので泥道やぬかるみ、釣り以外ではスキーやスノボー、キャンプ時にも大活躍間違いなし!の車種です。そしてディーゼル車なのでご家庭のお財布にも優しい。

こちらもシートアレンジが多様で用途に合わせて変えられ、見た目もオフロードのように仕上げてバスボートをけん引しているのをたまに見かけますが、ミニバンクラスで一番アウトドア向けですよね。

釣り好きから見た「ホンダ ステップワゴン」


ステップワゴンといえば、ワクワクゲート!テールゲートがヨコにも開く万能な扉。後ろが狭かったりしてテールゲートをあげれないときや3列目へ楽に乗り降りができ、シーンに合わせて3段階に開きます。

また、通常のテールゲートも床が低く大開口で重たいクーラーボックスや荷物が楽にのせることが可能♪3列目シートは床下収納なので無駄がなく、スペースを広く使うことができるのも嬉しいポイントですね!

全体的に開放的な空間で、運転席からの視界も良好で2.3列目に乗っていても圧迫感なく快適に乗れるので、複数人や家族で釣りに行かれる方には是非オススメしたい車種です。

釣行時の用途に合わせたオススメ車種

釣りは海、川など色々な場所で出来るので、運転性能や釣り具の収納といったポイントだけでなく例えば車中泊への使いやすさなども選ぶポイントのなってくるケースがあると思います。私が考える用途別のオススメ車種をいくつかピックアップしてみました。

車中泊をより快適にするハイエース

トヨタ ハイエース
ミニバンクラスでも十分車中泊はできますが、もっとサイズ感がアップしキャンプをされる方からも特に人気が高いのがハイエースですよね。私も凄く乗りたい車種です。

荷室の広さが圧倒的!元々商用イメージが大きいバンですが、最近ではアウトドア向けにカスタムをする専用のお店が出来たりして、キャンピングカー仕様や釣り車仕様のハイエースも多く見られるようになりましたね。運転席の位置が高く、前も短いため思ったより運転がしやすいし、意外と小回りが利きます。

ただ、デメリットとして良く耳にするのは、シートが硬く長距離運転には不向きで悪路走行にも不向きだそうです。良し悪しありますが、人も荷物もたくさん乗って余裕がある車って憧れます。

アウトドア全般向けな日産 エクストレイル

日産 エクストレイル
アウトドア車=SUV車のイメージないですか?サーフィン、スノボー、スキー、キャンプなど様々な状況で活躍するSUV。SUV販売台数では上位にランクインすることが多いエクストレイル。迫力あるフロントフェイスに高級感のあるインテリアで老若男女問わず人気です。

シートアレンジでは、2列目を倒すと荷室とフラットになり荷物の積み下ろしスムーズに。荷室やフロアだけでなく、シートにも防水仕様を採用しているので雪で濡れたままでも簡単に拭き取ることが可能!

360°セーフティアシストで安全運転をアシストする機能が全車標準装備されており、グレード設定により様々なサポート機能があり、安心して運転ができます。安全性重視であれば間違いない車の一つですね。

アウトドア×スポーティなスバル フォレスター

スバル フォレスター
見た目も室内もスポーティーなデザイン。

荷室は509L(SPORTは520L)という大容量で、幅広い開口部で荷室の側面には傷が目立ちにくいテクスチャー素材を使用、汚れも拭き取りやすいのでアウトドアの物でも気軽に積み込みができますね。釣り道具は何かと角をぶつけてしまったりよくあります。(笑)

走行面では、アイサイト搭載。ぶつからない為に衝突回避の支援や疲れない為に運転負荷の軽減など安全面でも安心な機能がたくさんあります。免許を取ってすぐなど、運転に自信がないけど普通車に乗りたい!という方にもおススメです。

釣りにオススメの車種まとめ

このような感じで、私の視点ではありますが用途に合わせた釣り車選びでご紹介させていただきました。ライフスタイルや釣りのジャンル、みなさんの用途に合った車がきっとみつかるはずです!こちらの記事が少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

ありがとうございました!

\あなたの”くるま知識”試してみませんか?/